• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

このwhatは?

What more striking evidence could be offered of this power of photograhy than the atomic bomb ? このwhatは疑問形容詞でしょうか?それと疑問文なのに平叙文のような気がするのですか、どのような文構造?なのでしょうか? ちなみにビジュアル英文解釈の文です。

noname#83384
noname#83384

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数51
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

疑問詞が主語になると,平叙文の語順になります。 簡単な例を挙げると, Who broke the window? 「誰が窓を割ったのですか」 疑問詞は先頭と決まっていますので, Did who ~などとはできません。 この文では,what more striking evidence が主語で,日本的には what は疑問形容詞とされています。 この場合も,what や who が一語で主語になるときと同様,平叙文の語順になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

疑問形容詞の場合もそうなんですね、有難うございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • mabomk
  • ベストアンサー率40% (1414/3521)

文法用語はとんとさっぱりまるで駄目坊です。 多分この文の意味は 「原爆(投下・惨状)の写真ほど写真が持つ圧倒的な訴求力を持つものはないであろう」だと思いますが、こんなややこしい文を捻くり捏ねくり廻して解釈して何の役に立つのかと云う私の素朴すぎる疑問はさておき、「この文を普通の人が艱難辛苦せずに読める平易な文に書き直しなさい」と云う問題なら得意です。(爆) Pictures of the atomic bomb is most strikingly evidencing the power of photography. 問題の文はとても捻くれた英国人ジャーナリスト辺りが「俺はこんなに難しい書き方が出来るんだぜ、どうだ、読んでみろ」な感じで書いた文を参考書屋さんが「うむっ、これは中々分かり難い」ってなノリで採用したものでしょうな、きっと。それに尤もらしき解説付ける参考書学者も学者だけど、オッと、これ以上は。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました

  • 回答No.1

疑問形容詞です。 でもあまりよい英語とはいえませんね。 こんなのは暗記するとひどい目にあいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました

関連するQ&A

  • what more striking...

    what more striking evidence could be offered of this power of photography than atomic bomb? このcouldの用法が分かりません。前後は現在の文脈なのに、couldが過去形なのはなぜですか。独立用法「かもしれない」だと不適切な感じがしますし。

  • この文のthan以下の省略されているもの

    某参考書の問題の中の文です、熊本大学の問題だそうです。 What more striking evidence could be offered of this power of photography than the atomic bomb ? この文のthan以下の文は省略を補うとどのようになるのでしょうか? 1)than the atomic bomb (is offered) the striking evidence(印象的な証拠) と the atomic bomb(原子爆弾)を比較している 2)than the atomic bomb (is offered of this power of photography) the striking evidence of this power of photography(この写真の力についての印象的な証拠)  と the atomic bomb of this power of photography(原子爆弾の写真についてのこの写真の力) 1)か2)のどちらかが思いついたのですが、正解はどうなるのでしょうか?

  • What more 修辞疑問

    ビジュアル英文解釈にのっている文章です。 What more striking evidence could be offered of this power of photography than the atomic bomb. 「写真のこの力について、原子爆弾以上に力強い証拠を示すことが出来ようか」 この文章の文型(文構造)とどう考えたらこのような意味になるかを教えてください。 あと訳をもう少しわかりやすい日本語にしていただけるとありがたいです。

  • 修辞疑問文について

    修辞疑問文 What more strinking evidence could be offered of this power of photography than the atomic bomb?(写真のこの力について、原爆以上に力強い証拠を示すことができるだろうか?) を、能動態で且つ肯定文にすれば以下のようになるでしょうか? This power of photography could offer to be no more strinking evidence than the atomic bomb 恐れ入りますがよろしくお願いします

  • 形容詞whatの判別

    今高校2年で英語を勉強しています。 Let me know what colors you like. この文のwhatについて質問です。 what(形容詞)を持っている参考書で調べると、 (1)疑問形容詞のwhat 「どんな名詞(をS)がVするのか」 (2)感嘆形容詞のwhat 「なんて~な名詞(をS)がVするのか」 (3)関係形容詞のwhat 「(Sが)Vするすべての名詞」 とありました。 この文のwhatは上の(1)~(3)のどれに属しますか? (2)でないことは明らかにわかるのですが、 「(1)教えて、どんな色をあながた好きなのか」「(3)教えて、あなたが好きなすべての色を」 と訳せるように、(1)と(3)だったらどちらも日本語としておかしくないと思います。 また、この場合で使われている形容詞whatなら疑問形容詞、この場合なら感嘆形容詞、この場合なら関係形容詞、 という明確な判断基準があるのなら、教えてください。 お願いします。

  • この Whatはなんでしょう?

    以下の文のwhatは文法的に言うと何にあたるのでしょうか? 関係詞でもないようだし・・・ I was not as polite as what you used to think of me. あと以下の文と始めの文どちらが英語的にいいかんじなのでしょう。 I was no more polite than what you used to think of me.

  • What was termedの使い方?

    NHKラジオ英会話講座より The 60s saw an explosion of what was termed garage bands--groups of kids who practiced in their garages. 60年代はね、いわゆるガレージバンド--ガレージで練習した若者たちのグループのことだけど--それが急増した時代だった。 質問:what was termed でお尋ねします。 (1)訳文によりますと「いわゆる」となっています。what is calledも同様の意味ですが置き換え可能ですか? (2)これは副詞句と考えていいですか?慣用句ですか? (3)関係代名詞と考えた場合、whatは主格で先行詞はgarage bandsですか?garage bands what was termed と倒置してますか? (4)what was termed garage bandsがofの目的語という考えもありますが、そうするとwhatは2つ訳し方があるのでしょうか?   疑問文として「ガレージバンドと呼ばれているいるのは何ですか?」  平叙文として「ガレージバンドと呼ばれているいる物。」 平叙文とは、どうも考えられないのですが・・・、有りですか?whatの使い方がよく判りません。何か基本的なアドバイスをお願いいたします。以上

  • このwhat節は疑問節か感嘆節か関係形容詞なのか

    We cannot hope to understand these strange beginnings of art unless we try to enter into the mind of primitive peoples and find out what kind of experience it is which makes them think of pictures, not as something nice to look at, but as something powerful to use. find out以下の文にwhat節があります。 おそらくwhat節は what kind of experience it is だと思います。(間違っていたらご指摘ください。) このwhat節についての質問です。 今のところ、この節は疑問節だと考えております。 が、関係形容詞の筋を捨てきれていません。 感嘆文でも関係形容詞を使った文でも、<what+名詞+S+V>は成り立ちます。 ただ、感嘆文の場合、<what+冠詞+名詞>となります。kindは数えられる名詞であり、必ず冠詞が付くはずです。冠詞が付かないときは、その名詞が数えられないか、もしくは複数形のみです。 本文を見ると、kindは単数形であるにもかかわらず、冠詞が付いていないのです。よって、感嘆節は違うと考えております。 関係形容詞の場合、その書き換えとして all the kinds of experience that it is となり意味は通ります。 疑問文what kind of~という典型文を考えてみますと、疑問節のほうが関係形容詞よりも自然ではないかと思っております。 ただ、確信が持てません。 もう二つ疑問があります。 what kind of experience it is のitが何を指しているのか。 この節の後ろに付いている関係代名詞の先行詞はwhat節でいいのか。 どうぞお教えください。もし宜しければ、参考までに和訳も書いてくれたら嬉しいです^^

  • 関係形容詞whatについて

    I gave him what help I could give. この文章で whatは「すべての」という意味で形容詞としてhelpを修飾している。 またhelpという先行詞の関係詞として関係詞節内で目的語の働きをしている。 関係形容詞whatはこの二つの役割を兼ねているもの もしこの文章を2つの文章で表すとすると I gave him help. I could give all the help. という考え方では間違っているのでしょうか?

  • 関係形容詞のwhatについて

    疑問形容詞のwhatはすぐ気がつくのですが、関係形容詞のwhatに手を焼いています。どういう頭の動きをすれば気づけて、スラーっと読めるようになるのですか?いつも止まってしまって「あれっ!なんだこれ??」となって気づけなくてわからなくなるのですが。