• 締切済み
  • すぐに回答を!

Windows 2008 Serverへのリモートデスクトップ接続

お世話になります。 Windows 2008 Serverにターミナルサービスを追加し、Windows XP SP3よりリモートデスクトップにて接続を行いたいと考えています。 Web等を参考に作業を進めていき、リモートデスクトップ接続が可能な状態に設定を行いました。 ところが、ログイン画面までは正常に表示ができるのですが、ログインパスワードを入力し、ログインしようとすると「データの暗号化のエラーのため、このセッションは終了します。リモートコンピュータに接続し直してください。」と表示され、ログインできません。 ユーザはAdministratorの権限を保持していますので、権限は問題ないかと思います。 また、上記現象後に何度も試行するとログイン画面に行く前の段階で同様のエラーが表示されるようになってしまいました。 同様の現象は別のPCからでも発生するため、クライアント側の問題ではないように思えます。 どなたか解決策等ご存じの方がいらっしゃいましたらお教えいただければと思います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2764
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • foitec
  • ベストアンサー率43% (1079/2453)

ターミナルサービスに対しクライアントのツールが古いのが原因のばあいと Windows 2008 Server(これはWindows Server 2008のことですか?)の暗号化ポリシーによります。 前者はXPの管理ツールパックではなくWindows Server 2003版にアップグレードする必要があります。 Microsoftのサイトからダウンロード可能です。 後者はどのようなポリシーを設定したのかの書き込みが無いので解決策は提示できません。

参考URL:
http://support.microsoft.com/kb/304718

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • Win2003serverのリモートデスクトップのログインできない!

    Win2003server(standard)のリモートデスクトップ機能を使用しているのですが、今日リモートからログインしようとしたら「ターミナルサーバーの最大接続数を超えています」と表示されログインできません。リモートデスクトップの最大セッション数はいくつなのでしょうか?またログインできていない私が、邪魔なセッションを切ることは可能なのでしょうか?アドミンは私なので物理的に可能であれば他セッションを切ってしまいたいと思っています。それとも黙っていればセッションタイマーか何かで勝手に落ちてくれますでしょうか?

  • Win2003serverのリモートデスクトップのログインできず・・・無念

    Win2003server(standard)のリモートデスクトップ機能を使用しているのですが、今日リモートからログインしようとしたら「ターミナルサーバーの最大接続数を超えています」と表示されログインできません。リモートデスクトップの最大セッション数はいくつなのでしょうか?またログインできていない私が、邪魔なセッションを切ることは可能なのでしょうか?アドミンは私なので物理的に可能であれば他セッションを切ってしまいたいと思っています。それとも黙っていればセッションタイマーか何かで勝手に落ちてくれますでしょうか?

  • Win7端末に対するリモートデスクトップ接続

    現在、Windows7に対してAdministratorでリモートデスクトップで ログインしようとしておりますが上手くいきません。 以下のような状況ですが、何かチェックするポイント等ございましたら ご教示ください。 ・リモートデスクトップ接続せず、直接ログインは可能です。 ・リモートデスクトップでログイン画面がでますが  直接ログインできた時のパスワードを入力してもログインできません。  (パスワードが間違っていないことも確認いたしました。) ・コンピュータはドメインに参加しておりません。 ・ファイアウォールは無効としております。 ・システムのプロパティ(リモート)では  「リモートデスクトップを実行しているコンピュータからの接続を許可する」  にチェックが入っています。 ・他のユーザからのセッションはございません。 ・リモートデスクトップ接続しようとしているユーザはAdministratorです。 ・明示的にリモート接続ユーザにAdministoratorをaddしても  状況に変化はございませんでした。 認識不足で申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

  • WinXPのリモートデスクトップのログインできず・・・無念

    WinXPserver(standard)のリモートデスクトップ機能を使用しているのですが、今日リモートからログインしようとしたら「ターミナルサーバーの最大接続数を超えています」と表示されログインできません。リモートデスクトップの最大セッション数はいくつなのでしょうか?またログインできていない私が、邪魔なセッションを切ることは可能なのでしょうか?アドミンは私なので物理的に可能であれば他セッションを切ってしまいたいと思っています。それとも黙っていればセッションタイマーか何かで勝手に落ちてくれますでしょうか?

  • 管理リモートデスクトップ

    server2003は、管理リモートデスクトップがあるので2セッション迄は 遠隔ログインが可能なようですが、いわゆる、ターミナルサーバー環境(ターミナルサーバーをインストールしCALを購入)でのリモートデスクトップとは機能・動きは違うのでしょうか?違うのであれば相違点を教えて下さい。

  • Windows10リモートデスクトップの接続表示

    Windows10リモートデスクトップを利用した リモートデスクトップの接続時に 接続先のモニタ出力はログイン時の画面に切り替わります。 ログイン時の画面に切り替えないでそのままの画面を表示し続ける方法は ありますか? リモートアシスタンスではできるのですが、 接続先のPCで少し操作が必要なことが分かりました。 単純にリモート接続で、接続先の画面を表示し続ける方法があれば 教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • windows7でのリモートデスクトップ接続

    新規マシン(DELL vostro460 window7Pro)へリモートデスクトップ接続での接続を試みていますが、ログインできません。 ログイン画面は表示されますが、”ユーザー名またはパスワードが正しくありません”と表示されます。 管理者権限を保有するユーザーで、新規マシンの起動時に指定しているID/パスワードです。 接続元マシンはXPSP3Proでリモートデスクトップ接続のソフトもバージョンアップしました。 XP同士のマシンでは問題なくできていました。 windows7では何か特別な設定が必要なのでしょうか?(セキュリティ設定でのリモートデスクトップはデフォルトでOKされていました) windowsファイヤーウォールはOFFにしています。 その他、セキュリティソフトは入っていないと思います。

  • Win10でリモートデスクトップ接続ができない。

    リモートデスクトップ接続時に「このコンピュータで利用できるターミナルサーバークライアントアクセスライセンスがないためリモートセッションは切断されました」エラーが表示されます。 http://faq.mypage.otsuka-shokai.co.jp/app/answers/detail/a_id/284580/~/%5Bwindows%5D https://www.u.tsukuba.ac.jp/ufaqs/remote-license-error/ 以前も同様の現象が出て、上記を試して復旧しました。 今回も同じパターンだと思いやってみたのですが復旧しません。 他の対応方法をご存知の方がいれば教えてください。

  • XPリモートデスクトップの接続中について

    リモートデスクトップで接続すると、リモート先に「パスワード入力画面」が出てきます。 このパスワードに入力すると通常の画面に戻りますが、リモート接続の方が切れてしまいます。 これは「接続する側」と「接続される側」が“同時に同じパソコンを使用することは不可能”ということなのでしょうか? でも複数ユーザが同時にログインできるとかいう話も聞いたことありますが…。 その場合でもログイン先のPCは使用不可なんですかね? それとも可能にする設定とかあるでしょうか? ご存じの方アドバイス願いします。

  • Windows 2003 Server に対してリモートデスクトップ接続

    はじめて質問させていただきます。 Windows 2003 Server に対してWindow XPでリモートデスクトップ接続した場合、 ターミナルサービスの機能によりクライアント側もデスクトップ操作が可能な状態が保持されますが、 運用の問題があり、Window XPに対してリモートデスクトップ接続した場合のように、 クライアント側をロック状態(使用不可状態)になるようにしたいのです。 リモートデスクトップ接続した場合のクライアントの挙動をXPと同等にしたいのですが、 そのような使用方法は可能なのでしょうか? 御教授いただけますようよろしくお願いいたします