• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

沖縄戦‐本当に日本軍は自国兵に銃口を向けたのか?

沖縄戦を題材とした反戦ドラマで、 日本軍が敵の射殺を拒んだ自国兵に対し、 銃口を向けるシーンがありました。 本当に旧日本軍は、身内である日本兵に対し、 そのような扱いをしていたのでしょうか?     *** 倒れた米国の兵士にとどめを刺すようにと、 上司に銃を渡され射殺を命じられた日本兵が、 「私にはそんなことは出来ません。」 と泣きわめきながら拒むシーンでした。 米兵の射殺を拒んだその日本兵の頭に、 上司の銃が突きつけられたところで、 そのシーンは終わりました。 直後に、その日本兵の死を告げる手紙が、 遺品と共に家族へ届けられるシーンが続き、 そこでドラマは幕を閉じました。 この演出から推測すると、 この日本兵は敵兵の射殺を拒んだために、 上司に射殺されたようにも受け取れます。 旧日本軍は世界的に見ても稀なほど、 倫理観が高く、規律正しかったと聞いています。 もしそれが本当ならば、上のシーンは、 歪んだ反日思想に基づいた演出ではないかと、 私は疑問に思いました。 実際にはどうなのか、私にはわかりません。 戦史に詳しい方からの情報をお待ちします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数759
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#125540

戦史に詳しくはありませんが、反日思想というわけではないでしょう。 規律が正しいということは、厳しいということでもありましょう。 普通、口答えなんてできません。 (軍規とはちょっと話が違うかもしれませんが、ビンタとか、帰ってくるなという斬り込みの命令とか、読んだことありませんか? 水木しげるさんの戦争マンガを読むとビンタされまくりです) また、規律が正しいとしても、 現場がひどい状況になると規律が乱れることがあったようです。 (暴れたとかでなくて、ジャングルに逃げちゃったとか>レイテ島) それと、規律が正しいことと、軍の外から見てそれがどうかというのはまた別です。 たとえば。 南の島で「食糧を入手しろ」という命令にキチンと部下が従うのは規律正しいかもしれませんが、現地人の畑からトウモロコシを勝手にもいでくるのは、倫理的にはどうなんでしょ。 やった人を責めているわけではなく、視点の違いです。 兵隊さんにしてみれば、食べるものがとにかく無いんだから・・・・。 兵士が勝手に養魚場の魚を盗もうとして上官に叱られたという話もありますが。 >「私にはそんなことは出来ません。」 >と泣きわめきながら拒むシーンでした。 やらざるを得なくてそうした人のほうが多かっただろうと思います。 沖縄戦はまだ勉強しておりませんが、南洋戦線関係の何冊か本を読んでいると、部下思いの立派な上官殿からとんでもない上官殿まで、いろいろ登場します。 「日本軍としての傾向」「海軍としての傾向」「陸軍としての傾向」(あるいは体質)はあったのでしょうが、一つ一つのケースを見ていたら、一概には言えないんじゃないでしょうか。 (だから、ああだった、いやそんなことはない、と証言が食い違うんじゃないかと思ってますが・・・・これは個人的感想です) 大岡昇平の本や、『アーロン収容所』など読んでいると、戦争はドンパチばかりではない、というのがよく分かります。 生きている人間が戦うのだから、すっきり美的にはいかないのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 何をもって「倫理観が高い」と言えるのかは、 視点によっても大きく変わってくるようですね。 一般国民の食料を軍隊が強引に奪うというのは、 決して珍しい出来事ではないのでしょうか。

関連するQ&A

  • 反戦ドラマの内容、そのまま信じられますか?

    今年も終戦記念日が終わりました。 皆さんはテレビなどでたまに放映される、 いわゆる“反戦ドラマ”を見ますか? 見たことのある方へお聞きします。 【質問1】 あなたの印象に残っている“反戦ドラマ”を、 いくつでも良いので教えてください。 なお、列挙の際には好き嫌いに関わらず、 強く印象に残っている順に並べてください。 【質問2】 あなたは“反戦ドラマ”を見る際に、 ドラマの中に出てくる出来事を疑うことなく、 ありのままに受け取りますか? それとも反日思想に基づく歪んだ演出がないか、 常に脚本の前提を疑いながら見ますか? (特に沖縄がらみのドラマについて。) [参考] 当質問は以下の前質問を基にしたものです。 沖縄戦‐本当に日本軍は自国兵に銃口を向けたのか? http://okwave.jp/qa4277271.html

  • 第二次大戦の戦場において、日本兵とアメリカ兵に関するエピソードについて

    第二次大戦の戦場において、日本兵とアメリカ兵に関するエピソードについて調べています。 敵国でありながらも、なにかそこに、人間同士の普遍的な心理のやりとりがあったのではないか、という視点で、国家としてのイデオロギーでなく、戦場・その現場で米兵と日本兵との間にどんな現象がおきたか、という具体的な事象を調べています。 例えば、私が資料をあさる中で読み知った中では、 銃撃戦の最中、やられた友軍の戦士の遺体を自隊陣営に引きずる間は敵兵は銃撃を中断した。それが終わった瞬間、銃撃を再開してきた。奴等も武士道精神がわかるのか?と思った。 自隊からはぐれ、迷い、ジャングルで遭遇した日本兵と米兵。互いに銃を構えるも、双方とも撃てない…。 etc… このような事象そのものについて詳しい方、資料等ご存知の方、広く教授願います。

  • 県民を守るため日本軍が沖縄戦で必死に戦ったのに

    沖縄の連中が自分らを捨て石と被害者意識を持ったまま70年以上も誤解が解けない理由は何ですか?

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
noname#65584

 【質問】  戦時中の軍隊内でのいじめやしごきに対して,戦後や除隊後に部下からの復讐ということはあったのでしょうか? http://mltr.ganriki.net/faq08k04.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

 そうしたことは真実である、と考えざるを得ません。  最近NHKが多数放送していた「証言記録 兵士たちの戦争」の中で、自軍の兵士に撃たれたりする事件が各所の戦地で起こっていたことが、生き残った(どこでもほとんど90%以上が戦死していたようです)兵士の方々の肉声で語られています。もうほとんど終わってしまったかもしれませんけれど、機械があれば是非御覧になることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ご紹介いただいた番組を、 機会があれば私も見てみたいと思います。 もしそれが真実だとすれば残念ですね。 戦争中にはそのような自国兵の射殺も、 かなりの頻度で行われていたのでしょうか。

  • 回答No.7
  • komes
  • ベストアンサー率29% (147/494)

戦争というのは単純に定義するなら「殺し合い」です。 殺人という行為を美名化しているにすぎません。 日本軍が捕虜を銃剣でつく練習台にしたことは枚挙にいとまがないくらいの事実です。 日本軍にはジュネーブ協定の教育はありませんでしたから、捕虜になればどんな取扱いをうけるかは実体験していたわけです。 したがって日本兵にとっては捕虜になることは不名誉を通りこして殺されるという印象が強かったと想像します。 極限状態になった兵士にとって本能に従うのは無理からぬ行動です。 平時の私たちには想像できないような行動もあったとおもいます。 日本軍が世界にまれなほど倫理感が高かったと思いたいでしょうが事実は明らかに反対です。 最後に軍命令や上官の命令には絶対服従というのが軍隊の鉄則です。 これを叩き込むのが新兵いじめですから軍隊で黙認されていたのです。 これにより星ひとつ違っても絶対服従がすりこまれるのです。                      

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 やはり自国民への残虐行為はあったのでしょうか。 >日本軍が世界にまれなほど倫理感が高かったと思いたいでしょうが事実は明らかに反対です。 これは、他国の軍隊にも増して、 自国兵や一般自国民に対する残虐な行為を、 旧日本軍は行ってきたという意味でしょうか? それとも、自国民への残虐さに関しては、 日本も他国も同じであったという意味でしょうか?

  • 回答No.6

有名な件では長勇が友人の藤田勇にかたったという >日本軍に包囲された南京城の一方から、揚子江沿いに女、子どもをまじえた市民の大群が怒濤のように逃げていく。そのなかに多数の中国兵がまぎれこんでいる。中国兵をそのまま逃がしたのでは、あとで戦力に影響する。そこで、前線で機関銃をすえている兵士に長中佐は、あれを撃て、と命令した。中国兵がまぎれているとはいえ、逃げているのは市民であるから、さすがに兵士はちゅうちょして撃たなかった。それで長中佐は激怒して、 「人を殺すのはこうするんじゃ」 と、軍刀でその兵士を袈裟がけに切り殺した。おどろいたほかの兵隊が、いっせいに機関銃を発射し、大殺戮となったという。長中佐が白慢気にこの話を藤田くんにしたので、藤田くんは驚いて、 「長、その話だけはだれにもするなよ」 と厳重に口どめしたという。 最後の殿様 徳川義親自伝 より がつたえられています。 >旧日本軍は世界的に見ても稀なほど、 倫理観が高く、規律正しかったと聞いています。 命令に服さなかった兵隊を殺すというのは軍の統制上あるいはやむを得ないこともあるでしょうが、それだけですまなかったこともあるようですよ。 もう4年前に無くなった近所のご婦人は、 サイパン島で入植に成功した家庭で育った方でしたが、 サイパン島に米軍が攻撃をかけてきたときに非難していた壕に兵隊がやってきて、 銃剣を突きつけられ、これは軍で接収するから出て行け、 と艦載機の飛び回るなか追い出されてしまったそうです。 その兵隊たちのこもった壕の方に砲撃が加えられたときには 「バカやろう死んでしまえ」と心底思ったということでした。 じっさい近頃は実体験した人がどんどん亡くなっていますから ことさら美化した物語を宣伝するケースもでてきています。 美化したお話に慣れた人にはちょっとショッキングかも知れませんが 何でも都合の悪いことは「反日」で片付けるのは 精神的に怠け癖をつけることにもなりかねませんので注意すべきでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 もし本当だとすれば残念な話ですが、 戦争中にはそのような自国民への残虐行為も、 少なからずあったということでしょうか。

  • 回答No.5
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

>日本兵は敵兵の射殺を拒んだために、上司に射殺された これは日常的です。 歩兵隊が前に進軍して、歩兵隊が変なことをしない様に歩兵隊に向けて銃口を向けているのが歩兵隊の後ろに控えている銃撃隊。銃撃隊が変なことをしない様に後ろに隊長が銃を構えているというのが、日本軍の進軍形態です。 現地人の処刑でも同じように末端兵が直接殺害を担当しますが、末端兵が拒否した場合には、上官が末端兵を銃殺します。そして、現地人の殺害は別の末端兵が行います。行わなかったならば、上官が射殺します。 現在では多くの方が死亡しているので、(死亡した旧日本兵が)殺人をしたことは家族が隠しているでしょう。しかし、昭和40年代には、結構、処刑を担当した人が゜生きていて、話しに出ました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 もし本当だとすれば残念な話ですが、 戦争中にはそのような自国兵の射殺も、 決して少なくはなかったのでしょうか。

  • 回答No.3

旧日本のみならず、世界中の軍隊組織において「抗命(命令に逆らうこと)」は最大の犯罪です。兵士個々人が勝手な思想に基づいて行動していたら、軍隊は崩壊します。 その意味で敵である米兵に対する射殺命令を拒んだことは立派な犯罪であり、万一運良くその場で上官から処刑されなくても、軍事裁判にかけられることは間違いありません。 本来上官は部下を思いやり、部下は上官の為に命を懸けて任務を遂行するのが軍隊のあるべき姿ですが、大東亜戦争も末期になると美徳も崩壊してしまいました。特に最前線の兵士はヒロポン(当時は合法)で無理矢理志気を高めていたので、普通の人では考えられない残忍な任務もこなせたと思われます。 でもかのマッカーサーも部下を見捨ててバターンから逃亡したのですから、どこの国でもあり得ることだと思います。 しいて言うなら「勝てば官軍」ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 そのような行為はどうやら必ずしも、 日本に限ったことでもないようですね。

  • 回答No.2
  • jamiru
  • ベストアンサー率5% (170/3044)

心配ない。外国でも軍隊は自国兵を殺害しているよ。 日本と外国とで違う点は、銃を突きつけるのは部下で、撃たれるのは上官なんだけどね。 色んな映画で、部下が上官を殺しているシーンがたくさんあるでしょ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 上官が命令に従わない部下を射殺するのは、 旧日本軍にだけに見られた行動なのでしょうか。 命令に従わない部下を銃殺する旨の定めが、 公式な軍規に存在した訳ではないですよね?

  • 回答No.1
  • sotom
  • ベストアンサー率15% (698/4470)

軍隊である以上、虐待などがない方がおかしいのです。 しかし、この場合は、反日思想は関係ないでしょう。 この件に関する詳細は知りませんが、軍隊というのは、上官に反逆、 反抗するものを銃殺に処することは珍しくないからです。そうしないと 戦闘行動に支障が生じるからです。上官反逆罪でわ? 所詮、軍隊というのは殺し合いをする集団です。旧日本軍は倫理観が 高い? つまらぬ幻想を抱くのはこの際止めましょう。 倫理観の高い殺戮集団? 矛盾してませんか?? もし、仮にそうだとしても、自国に対する徹底的な情報封鎖を以て、 勝てない戦争を継続し、庶民に異常な負担を生じさせ、核兵器まで 落とされる羽目になりました。歴史に「もし」はありませんが、もっと 早い時点で降伏していれば、こんな事はなかったのかもしれません。 いくら倫理観が高くても、勝てない戦争を継続する事を選択した判断、 見通しの悪さ、判断力の無さ、所謂”アタマの悪さ”はどうしようも ないでしょう。 大戦の軍事行動を美化する旧世紀の教育から、目を覚ました方がいいの ではないでしょうか。言葉がきつくなりますが、ご一考願います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 反逆する兵士を銃殺するのは、 日本だけではないようですね。 >所謂”アタマの悪さ”はどうしようもないでしょう。 明らかに勝算が無い状況での無理な戦争継続が、 核兵器の投下をもたらしたとすれば、 非戦略的な決断だったと言えるかもしれませんね。

関連するQ&A

  • 南京の虐殺の疑問

    http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/656291 ここを読んで疑問に思いました。 処刑時、機関銃の列に移動する際に抵抗する中国人がおらず、大人しく日本兵の銃口の前に並ぶ人たちばかりだったのはなぜですか? 南京で虐殺が起きたとされる時以前は日本兵と中国兵は激しく戦闘していたのに矛盾しませんか?

  • なぜ日本軍を信頼できるのでしょうか

    なぜ日本軍を信頼できるのでしょうか。 安全保障関連法という法律が無理やり制定されました。その真意には先行きに軍隊を作りたいという気持ちがあるようです。その方々はどうやら日本軍が軍として役に立ち、国民に幸福をもたらすと考えていらっしゃるようです。要するに日本軍を信頼している。新しいはやり言葉でいうとリスペクトしているらしくみえます。 なぜあなたは日本軍を信頼できるのでしょうか。それが私には不思議です。 まず世界全体一般軍事について、戦争の全てについてよく聞くことですが、始まりの大義名分とは自国防衛、平和のためといいながら、実のところは侵略です。たとえば国連軍が派遣した核排除のためのイラク戦争でさえ、核はなかったのに内政に干渉し、一国を滅ぼしたことは事実です。 核保有の疑いは言いがかりにすぎず侵略行為でした。このように「国際平和・自国防衛」の戦争は全世界の歴史に一つたりとありません。専守防衛戦争も同じく世界に皆無です。 平和と命を失うばかりの軍に資金と名目を与えてはなりません。  以上は世界一般の話ですが、ご当地、昔の日本を振り返れば、特に中国で英米蘭支配進行中の大陸の時勢に悪乗りして日本軍が中国を侵略しました。もちろん朝鮮でも併合という侵略行為をしてきました。 シナ事変・日中戦争、その日本の侵略を抑制阻害しようとした英米の経済封鎖・エネルギー封鎖があり、それに耐えない情けない軍の反抗が太平洋戦争へ続きました。 開戦の真珠湾攻撃では宣戦布告の前から作戦を開始して、いわゆる敵の寝首をかく卑怯な夜討ち戦法というわけです。70年後、いまだに米国人の怒りを新たにさせる出来事です。 さらに悪いことに沖縄戦では住民の命を盾に日本皇軍が逃走しました。国民の命さえ友軍が奪ったのです。あなたに怒りは生まれませんか。気にしませんか? またインパール作戦では誤った戦法の命令から、兵士の万死、憤死、餓死、犬死をさせる程の悪行を重ねたのです。万死、憤死、餓死、犬死のどれが表現に適するかあまりの悪行に表現がしきれません。70年後の今ご存じない方も多いでしょうがWEBや図書館で調べてみてください。 良いことなし、およそ信頼に能わない日本軍です。 このような皇軍評価では、「自分の父や親戚の苦労を無にするか!「軍神英霊の御霊を粗末にするな」「戦死を犬死と呼ぶな」、「泉下におられるであろうお父さまがお嘆きだ」とか言い出す御仁がいます。そのような流れでは、そのあとに反省や評価や信賞必罰が続けられません。 当然ですが、反省の声がないことから、日本の軍隊には進歩がないのです。 すでに軍備について最先鋭新鋭の設備と世界に誇る戦機量を持つ日本ですが、レベルは小学生に自動車を買い与えたようなものです。 インパール作戦の何が悪かったのか、兵站です。無補給のまま、めいめいが背にした3日分の食料で1か月行程の山路を生きて超えることはできません。銃器、戦器も補給できません。いまだに何も進歩していません。 日本軍の兵站技術の歴史は織田信長の戦国時代からほぼ進歩していません。現地で軍票により購買、物々交換、野盗となって近隣住民食料を略奪のどれかです。太平洋戦争のアジアでは補給艦隊が全滅したこともあり、主に略奪です。 父の話によると軍営においては毎日営舎内で上官命令による互いの盗みあいと拳骨ビンタの嵐が新兵を襲うそうです。すると上官の調達命令に躊躇なく、盗みであっても命令に従う兵卒を作れたのでしょう。するとよい人には過酷な地獄の生活です。兵営では校長先生、教師、神父、僧侶の名のある人間は首をつって死ぬしかない暮らしだったそうです。 名士の皆さんに生きざまを公衆に強く主張できる場があれば、犬死ではなかったかもしれません。 そんな場がない軍隊だったので、便所の中で首を吊っていたそうです。3人にであった、知るだけで2ケタの人数を数えたと父は述べていました。悲惨な死を迎えた名士たち、その生き様主張の場も昔も今もいまだにありません。 兵站補給線は米軍が日本軍の補給艦隊を狙い撃ちして全滅させ、結果米国が全面勝利を得たように、戦争の勝負を分ける最前線です。もし私が軍に入れば狙いは兵站補給線です。真っ向から等しい力が対峙するような前線では火ぶたを切らず静かに息をこらし時期を待ちます。  もし精鋭部隊と新兵部隊の区別がつけば、新兵を狙います。父によると新兵20人以上の働きが古年兵1名で成しえるそうです。古年兵と同等の力は前線経験2年以上ないと得られぬそうです。私も最精鋭の外人部隊と戦いたいとは思いません。ですからイスラム兵が戦地で日本兵と米兵を見たら、決して米軍を狙わず日本兵を狙うのが道理です。日本軍の任務は最も危険なのです。 日本では職業軍人でも戦地で見れば新兵の日本兵がもし兵站補給線にいれば、敵から見ればカモが葱を背負って歩いているのです。 なぜあなたは日本軍を信頼できるのでしょうか。それが私には不思議です。良いことなし、およそ信頼に能わない日本軍です。

  • 大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について

    大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について 戦争映画が好きで、よく第二次世界大戦のものを見ます。 最近wowwowでThe pacific(太平洋戦線)やband of brothers(ヨーロッパ戦線)等、第二次世界大戦のドラマや映画が放送されています。 それで、日本兵の描写について少し気になるのですが・・・ 日本兵が大声を上げ、九九式短小銃を構えて私を撃ってくださいといわんばかりに敵めがけて突進していくのですが、アメリカ兵に射撃されてしまいます。 うまく説明できないのですが、戦時中本当に日本兵はこのような戦い方をしていたのでしょうか? 万歳突撃等が有名ですが、あまりにも自殺行為な気がしてなりません。 アメリカ海兵隊のような感じではないですよね 銃撃シーンもありましたが、部隊が全滅後にに上記のような感じです(万歳突撃でしょうか) お国を守ってくれた英霊についてよく知りたいと思い質問しました。 わかりにくい質問かと思いますが、当時の日本兵の戦い方、戦術、環境などを教えていただければ、と思っています。 そこら辺詳しくお願いします!

  • ドラマ好きのみなさん、日本のドラマ面白いですか?

    私は普段ほとんどドラマは見ないのですが、新しく始まった「ドリーム☆アゲイン」が面白そうだったので見てみました。 まずはあまりに反町さんが野球がヘタッピだったのにはびっくりでこれなら巨人ファンで野球が上手くて有名なギバちゃん(柳葉敏郎)のほうがよかったんじゃないのと思いましたが、まあ日本のドラマはまず主演ありきだそうですからそれは大目に見ました。 けれども、どうにも演出の拙さが耐えられません。例えば、冒頭に戦力外通告を受けるところがありますが、あそこをなぜあんな簡単なシーンで済ませたのかが分かりません。球団の制服組の人がタバコを落ち着かなく吸いながら「君は長年チームに貢献してきたけど・・・」とかなんとかごにゃごにゃいいながら「実は君は来年の構想に入っていない」とここでおごそかに解雇通知書を出したほうがリストラの重みがでると思いますがどうでしょう。 また、野球のスイングをやらされるシーンでもあれは現実味が全然ありません。いくらなんでも元プロ野球選手に「下請けだろ」なんて口をきく非常識な奴なんていないでしょう。どうせなら、上司と一緒に挨拶に行って上司が「こいつ、元プロ野球選手なんですよ。知りません?小木って」といわせて、それで相手が「いやあ、スイング見たいなァ」といったところで上司が「ちょっと見せてやってよ。ウチ、下請けだろ」と強要させたほうが現実味があると思うのですがどうでしょうか。 そんなこんなで30分と持たずに見るのをやめてしまいました。どうにも、日本のドラマはこういう「視聴者を引き込む力」が弱く感じて仕方がありません。最近はどこの局でもドラマの視聴率が低迷しているそうで、それは「荒唐無稽なマンガを原作にしているからだ」なんていう声が強いそうですが、私には脚本と演出の拙さが原因に思えるのですがドラマ好きのみなさんはどう感じていますか?

  • 旧日本軍では飲酒はある程度自由だったんですか?

    過去の戦争映画やドラマなのを良く観るのですが、軍艦内や戦闘前夜の飲酒、特攻隊が出撃前夜に遅くまで酒宴を催したりするシーンなどを良く見かけます。 旧日本軍では、飲酒に関して一応の決まりごとなどはあったのでしょうか? また、陸軍と海軍の違いについても教授いただけると助かります。

  • テレビを観て、ふと疑問…

    皆さん、おはようございます。 よく、ドラマを観ていて、被害者が犯人に殺されて天井まで血しぶきがブシューっと飛び出るシーンがありますね。 あれは、業界用語のシズルと同じようなものですか。 また、銃や刃物や爆発物が当たると血しぶきが出るというのは映画やドラマならではの演出なのでしょうか。 それでは、人間の体の中で銃や刃物や爆発物が当たるとどうなるのですか。 ご存知の方、宜しくお願い致します。  

  • 沖縄戦の事実をできるだけたくさん教えてください

    沖縄戦では様々な酷い事が行なわれましたが、悲惨という面だけが強調され、それらの経緯が省略されがちです。 実は○○で・・・ というように何も考えずにいたずらに悲惨さだけを強調する人たちを黙れせるネタを教えてください。 例えば沖縄戦ではありませんが 「普天間が危険だと言っているが実は初めに基地があって街はその後できた」というようなものです

  • 沖縄戦について

    沖縄戦は、兵隊の死者よりも、民間人の死者ほうが多いと聞いたことがあります。沖縄戦は、日本で唯一の地上戦ですが、だからといって、なぜ、民間人ばかりが死ぬのかよくわかりません。(民間人は、兵隊と違い、戦わず、防空壕に入って入れれるのでは…。)

  • 沖縄戦

    沖縄戦は民間人も戦闘員にした所で 効果があると思ったのでしょうか? 足手まといになるとは思わなかったのでしょうか?

  • 沖縄戦で

    八原大佐の作戦通り自給戦でいけば、沖縄は終戦(8月15日)までもったと思いますか??