• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酸化還元~過酸化水素の損失?~

過酸化水素とヨウ化カリウムの反応について質問です。 過酸化水素水を過剰のヨウ化カリウムと混合した後、生成したヨウ素を定量する実験手順なのですが、 過酸化水素水とヨウ化カリウムを反応させる際に栓をする手順がありました。 この手順をふむ理由を解答では過酸化水素の損失を防ぐためとあったのですが、 どのような経緯で過酸化水素が損失するのでしょうか? 教えていただけますと大変うれしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数431
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

栓をするのは、ヨウ化カリウムから発生する ヨウ素を逃がさないためです。 ヨウ素の濃度が高いと液から 気散するからです。 過酸化水素は、ヨウ化カリウムと反応するため 損失することはないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 流動パラフィンに溶けた過酸化水素の量

    流動パラフィンをつかった実験をやっています。 過酸化水素水(市販30%)のエマルションを作製した後、 遠心分離によって、油層と水層に分離しました。 水層の体積の減少はほとんどないのですが、 過酸化水素はわずかに流動パラフィンに溶けているようです。 水溶液状態での過酸化水素の定量はわかるのですが、 このように油層にわずかに溶けていると思われる過酸化水素を 定量するにはどのような方法が可能でしょうか? よろしくお願い致します。

  • 過酸化水素の定量について教えてください。

    過酸化水素の定量(ヨウ素滴定) クリーム状のサンプルに含まれる過酸化水素の定量の計算式に比重を使う意味が理解できません。 化学が苦手で、参考書を引きながら考えましたが分かりません。宜しく御願いします。 【条件】 サンプルW(g)と水10mLを攪拌し10%硫酸5mLと1Nヨウ化カリウム10mLを添加しよく攪拌する。 30分放置後、1%デンプン溶液を1mL加え攪拌する。 ビュレットで0.1Nチオ硫酸Na(F:Factor)をV(mL)滴下したところで色が変わった。 過酸化水素のサンプル中の含有量を求める。 過酸化水素分子量:34.014 【回答計算式】 過酸化水素の含有量(%)=(V・F・0.17007・比重)/W *上の計算式は途中式を簡略したものだと思います。 【質問・考え】 過酸化水素の含有量(%)=過酸化水素の量g / サンプルの量g×100 サンプルの量は、分かっているので『過酸化水素の量g』を求める。 そのために、使用したチオ硫酸Naの物質量(mol)を求める。 チオ硫酸Naの物質量(mol)=V(mL)/1000×0.1N(mol/L)・F 過酸化水素1に対してチオ硫酸Naは2倍反応に使うので 過酸化水素の物質量は『チオ硫酸Naの物質量(mol)/2』 つまり、過酸化水素の量g ={V(mL)/1000×0.1N(mol/L)・F}/2×34.014 これを計算して簡単にすると、『V×F×17.007/10000』 よって 過酸化水素の含有量(%)={V×F×17.007/10000} /W ×100 ={V・F・0.17007}/W になると思いました。 ★この計算であってますでしょうか?比重を計算する必要があるのでしょうか? 分かりにくい文章で申し訳ありませんが、宜しく御願いします。

  • 過酸化水素について

    細胞に500μM程度の過酸化水素処理を施して実験をしているのですが、そもそも細胞内にはどの程度の過酸化水素が含まれているのでしょうか 500μMという濃度はかなり高い濃度なのでしょうか

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • km1939
  • ベストアンサー率33% (59/176)

No.1さんのいわれる通りです。  よう素フラスコ(共栓つきフラスコ)に試料の一定量を取り、暗所に  一定時間放置、後チオ硫酸ナトリリウムで適定する手順だと思ます。  これはよう素が光の影響を受けないようにするためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 過酸化水素の分解反応について教えてもらいたいです!

    先日、学校の授業の一環として過酸化水素の分解反応の実験を行いました。 しかし、反応の説明がとても難しくてよく理解できませんでした。 過酸化水素分解反応をわかりやすく説明していただけんませんか また、過酸化水素の分解を促進する触媒や酵素って何がありますか? 学校の実験では、カタラーゼと二酸化マンガンを使用しました。

  • 過酸化水素と塩素共存化の分別定量

    過酸化水素と塩素(次亜塩素酸)共存化での分別定量をしたいのですが、DPD、ヨウ素滴定とも共に干渉するらしく正確な測定ができません。 それぞれを定量する手段があれば教えてください。 水道水中で電気分解して過酸化水素と次亜塩素酸を生成しています。 また、水道水の硬度が高い場合の影響もあれば教えてもらえると助かります。ヨーロッパのミネラルウォーターのような水など。

  • 過酸化水素の定量法

    液体サンプル中の過酸化水素を定量する方法を教えてください。

  • 過酸化水素についての問題です

    市販のオキシドール(密度1.01)1mlを共栓フラスコにいれ希硫酸5mlおよびヨウ化カリウム試液10mlをくわえ密栓して30分放置したのち、0.1mol/lチオ硫酸ナトリウム液で滴定したところ、終点までに18mlを要した。過酸化水素の質量パーセント濃度はいくらか。 という問題です。 酸化還元の式の立て方もよくわからないので 解説をお願いします。 ちなみに答えは30%です。

  • 過酸化水素の安定性

    仮に市販の過酸化水素水を酸性溶液にするため、いわゆる“酸”溶液中に溶かすとします。 この場合、ギ酸など、還元作用のある酸を使用すると、当然、酸化還元反応が起こってしまい、過酸化水素が分解してしまいます。 理化学辞典などによると“リン酸”が分解抑制剤に使用されるとあるのですが、リン酸以外で、混ぜても分解が起こらない、むしろ分解を抑制する酸をご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 あと、どういった機構でリン酸が過酸化水素の分解抑制剤として働くのかも、ご存知のからいらっしゃったら教えてください。

  • 過酸化水素(オキシドール)の殺菌作用について

    ふと疑問に思ったのですが、過酸化水素(オキシドール)はどのような反応をすることで殺菌作用を起こすのでしょうか? 過酸化水素というより、過酸化水素が放出した酸素により生成されたヒドロキシラジカルが殺菌作用を起こすということはわかったのですが、なぜヒドロキシラジカルが殺菌作用をおこすのかがわかりません。 誰かわかる方、教えてください。

  • 酸化、還元剤

    0.1mol/lのヨウ素カリウム水溶液1mlに1mol/lの硫酸1mlを加えたのち、3%の過酸化水素水2mlを加えると、無色のヨウ素カリウム水溶液が褐色に変化し黒色のヨウ素の沈殿が生じた。 このとき起こった化学式は?という問いでなぜヨウ素カリウムが還元剤、過酸化水素が酸化剤とするのですか?硫酸が酸化剤になったり、過酸化水素が還元剤になぜなってはいけないのですか?

  • 過酸化水素の化学式。

    僕は中一の生徒です。 もうすぐ期末試験なので質問させていただきます。 1 過酸化水素水の化学式 2 過酸化水素の化学式 の二つです。 よろしくお願いします。

  • 過酸化水素の分解反応

    過酸化水素の分解反応を水温20℃で鉄ミョウバンとヨウ化カリウムを触媒として、速度係数を求めたのですが、二つとも同じくらいの結果になりました。触媒を変えたのだからもっと変化が大きいのかと思っていたのですが、この結果は良いのでしょうか?それとも失敗でしょうか?

  • 過酸化水素の反応

    第6類危険物の過酸化水素についてお伺いいたします。過酸化水素は、自分より酸化力の大きい過マンガン酸カリウムのような物質と反応するときは、還元剤になるそうですが、そうすると、過マンガン酸カリウムから酸素を奪って酸素を発生する、というような反応になるのでしょうか?