• 締切済み
  • 暇なときにでも

戦場にかける橋の疑問

日本軍が捕虜や現地人を過酷な条件で働かせ多数の死者を出したとされていますが、労働を日本軍が強要した証拠は何でしょうか。 南京大虐殺は誰もその現場を見ていないと戦争論で看破されましたが、それと似ていると思います。 連合軍の主張する日本の戦争犯罪について何故いつも証拠や根拠の説明が少ないのかご存知の方がいたら教えてください。

noname#65221

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数91
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.7

無かったことを立証するのは不可能だということを知らない小林よしのり氏とあなたは、ある意味幸せな人で大変うらやましく思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 南京大虐殺の疑問

    太平洋戦争時の中国の指導者であった蒋介石は、日本軍が誤爆した南京空襲については国連に報告していますが南京大虐殺について国連に報告していないことが明らかになっていますが、戦後何十年もたった1980年頃になった頃から中国が事あるごとに南京大虐殺の話を持ち出します。 死亡人数の数から考えると南京大虐殺を国連に報告する方が重要だと思いますがなぜ彼は国連に報告をしなかったのでしょうか? またなぜ戦後何十年も経ってから突然、南京大虐殺について中国は日本を何度もなんども責めているのでしょうか?

  • 戦争批判の漫画本を探しています。

    私は、現在31歳の男性なのですが地元の公立中学校の時に図書室に置いてあった本で、おそらく左翼系の方が書いたものではないかなと思うのですが、戦争批判本で、第二次大戦中の日本軍によるアジア侵略の内容を漫画で描いた本がありました。 それは、完全に漫画本なのですが、大きめサイズで、題名が「戦争」とだけありました。ハードカバーで、内容は、第二次大戦中のアジア侵略と、日中戦争時の南京大虐殺と、日韓併合による韓国支配の様子を、いかに日本がアジアに対して酷い事をしたかという事をクローズアップした描写で描かれていました。題名が「戦争」でシリーズ化されており、全て漫画で、内容は日本軍によるアジア侵略時の日本軍の蛮行というような内容なのですが、題名がわかる方おられますか?特に日中戦争時の南京大虐殺を描いていた巻が非常に印象に残っており、また読んでみたいと思い、質問しました。確か、日本軍の内務班での生活で、古参兵による初年兵の暴力等のイジメシーンや、南京大虐殺時に日本兵が捕虜になった中国兵を銃剣で刺して、そのあたりから日本兵の精神が変わってしまったというような、日本軍がいかにひどい事をしたのかという描写と、それにもとずく戦争批判の漫画だったように記憶しています。

  • 南京大虐殺について複数質問があります。

    本当は別々の質問にしようかと思ったのですが、関連した質問が複数ありますので、一つにまとめる事にしました。 (1)南京大虐殺の国際的認識はどのようになっているのですか? 南京大虐殺がどのような事件だったかは、日本人からすればじっくり検証して如何なる物だったのか確かめたいところです。それがままならないから否定説というもの浮かび上がるのでしょう。 ですが、いくら日本人が否定説を唱えても公的場所や国際世論において南京大虐殺が事実となっている事は揺らぎません。 そこで質問です。南京大虐殺は国際的に見てどういう風に認識されているのですか?例えば被害人数は何人だった事になっていますか?やはり中国の主張に合わせて30万人という事になり、アメリカなどでは広島長崎の原爆投下や東京大空襲の被害者人数をすべて合わせた数よりも多い事になっているのでしょうか? 少し南京大虐殺とはずれますが、もし30万人という中国の主張を丸々受け入れてるとしたら、日中戦争の被害者人数3500万人というのも同じように受け入れられているのでしょうか? (2)南京大虐殺はホロコーストと同列におけるものなのでしょうか? ドイツが中国やフランスと共同でジョン・ラーベという映画を撮影したそうです。ドイツ人の監督曰くこれで日本人の反省を促したいと言ってるようですが、個人的に言わせてもらうとドイツ人に責められる筋合いはないというのは本音です。 南京大虐殺とホロコーストを同列に並べるような考えはアメリカ、ドイツ、中国、日本とどこの国でもちらほらと見られます。ドイツ人としては、自分たちはホロコーストの事を反省している、日本は南京大虐殺の事を反省していないとの事です。 ですが、戦争による敵対意識によってもたらされた南京大虐殺という戦争犯罪と、戦争とは関係なくユダヤ人を根絶やしにしようとしたホロコーストという民族浄化、これらは残酷な虐殺行為という事で同列に考えられるようなものなのでしょうか? (3)南京大虐殺が起きたにも関わらず中国政府は何をしていたのですか? 日本は長崎と広島に核を投下され、首都圏である東京を爆撃される事によって敗北を迎えました。これ以上戦う事は罪のない国民を犠牲にする事になりますからね。 しかし、中国は南京大虐殺が起きたにも関わらず、なぜ首都を重慶に移して日中戦争を続けていたのですか?国民がこれ以上犠牲になってもいいのですか? 中国政府曰く南京大虐殺の被害者人数は原爆や大空襲の被害者数よりも多いのですよね?だったら尚更敗北を認めなければ、国民はますます犠牲になるばかりですよ。 そもそも、30万人もの国民が殺されていたにも関わらず中国政府や中国軍は何をしていたのですか?原爆や大空襲のように短期間に大勢の人が死んだのならまだしも、南京大虐殺が行われたのは2ヶ月という長い期間なのですから助ける余裕はいくらでもあったはずです。何故軍を追加して日本軍と戦い、国民を守ろうとしなかったのですか?中国政府は国民を見捨てたのですか? 大虐殺が起きたにも関わらず戦争を続けた国民党に罪はないのですか? (1)~(3)は一度にすべて答えても、答えれるところだけ答えても構いません。

  • 回答No.6

カンチャナブリは映画で出てくるようなジャングルの奥地じゃなくて、 ちゃんとタイの農民たちは住んでいた田舎です。タイの一般の農民は 軍に農産物を売ったりして共存してきました。彼らは目撃者です。 そして戦後もカンチャナブリで農業を続けてきました。 さすがに現代では当時を知る人は少なくなりましたが、戦争世代が 現役だった時代に日本のテレビの取材を受けているのも見たことがありますよ。 とりあえずカンチャナブリにある連合軍墓地のすぐ横(北側)にある 博物館に行ってみてください。証拠品は多数置いてあります(医師の 診断書とか捕虜の日記とか)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.5
noname#69405

南京大虐殺が『戦争論』で看破された、とどうして言い切れるのでしょうか。 もしあなたが小林よしのり氏の『戦争論』だけを読んでその様な判断をされたのだとしたら、それは大きな問題です。 日本軍の戦時中の行いについては、非常に多くの学術的研究(歴史学を専門とする人々によって書かれた物)が既に存在しているのですから、そういったものとの間での慎重な検討を経た上でしか、「看破」などという表現を使うことは出来ないはずです。 大学の図書館などで、そういった学術書や当時の一次資料(日本軍の手によるものを含めて)などに目を通してはいかがでしょうか。決して「証拠や根拠の説明が少ない」事はないことがお分かりになると思います。 学術書が読みづらいと言うことであれば、一般向けの書物であっても、岩波などの新書は歴史学者の手によるものも多いので、そういったものをお読みになるのもよいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.4

現地に行って連合軍捕虜墓地の数千本の十字架を見てください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.3

強制労働は、虐殺ではないのですよ。生存者が多いのですよ。 その中には、証言を文学作品にできる才能を持つ人もいる。技術系の仕事をしていて、データや論理を明確に書ける人もいる。自国軍の諜報活動や政府の仕事をしていて高官に情報を送れる人もいるんです。 戦争映画「戦場にかける橋」と、SF映画「猿の惑星」の共通点を、知っていますか? 原作者が同じなんです。ピエール・ブールというフランス人で、ゴム業界のエンジニアでした。当時のマレーシアは天然ゴムの世界的生産地でしたから、滞在していたんです。 欧州でドイツが周辺国に開戦した時(真珠湾攻撃の2年前)から、反独闘争に参加。フランスがドイツに降伏すると、ベトナム駐在のフランス軍に追われる立場となり、シンガポールのイギリス軍に参加。まだ日本軍が来ないうちから、情報収集や諜報活動をしております。 日本が参戦して、シンガポール陥落後には、イギリス軍と一緒に日本軍の捕虜になって収容所いり。泰緬鉄道建設の強制労働にも従事したらしい。帰国後、自分の体験だけでなく戦友の話からも膨らませて、「戦場にかける橋」を執筆。 ところが、映画化されると、英軍士官と日本軍士官の信頼関係が美しく描かれているのが不満になり、「もっと、規律こそ有るが、わけのわからない者に支配された、立場逆転の恐怖だった」ことを主張するために「猿の惑星」を書きました。 他の似た人の話が混じっているかも知れませんが、「技術系論文」「文学作品」「諜報報告」のどれも書ける人が、捕虜収容所にいたんです。 もちろん、ピエール・ブール以外にも「証言」を新聞などに書いた人は多いでしょうね。西洋人は、層が厚いんですよ。 もし、カチンと来たのなら・・・、日本人マンガ作家「水木しげる」さんの南方戦線の話を読んでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.2
noname#77472

ロバの耳に念仏を唱えるのはどうかと思います。 まあ、 将軍職を返上しても家柄は決して討てないと思考する人もいますし、 このジャンルは何を言っても無駄なようで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.1

??? あほか。誰もその現場を見ていないと論破されたなんて正気の沙汰じゃない。論外だ。小林ナントカは、あの顔みただけで、インチキ臭いじゃないか。内容はどうあれ、アレを信じる気になる人が信じられない。人を見る目ってもんはないのかな。 http://www.okinawatimes.co.jp/spe/gif/heri_tou20040919.jpg この顔だぞ、この顔。顔が嘘そのものだろ。ま、世の中、麻原のようなブタを狂信するひともいるぐらいだから、そのくちなんだろうけど。やだね。 泰緬鉄道の建設は、誰がやっても困難な事業なのに、日本軍は短期間で、十分な医療設備もなくやった。当然、労働者に大量の死者がでるわな。常識だよ。人命の損失を消耗ときりすてるところに犯罪性があるわけだ。 戦中の日本の人命軽視はひどいもんだが、相手が外国人であれ、日本人自身に対してであれ、大罪なんだよ。特攻やインパール作戦において、日本人に対して日本政府と軍部がとった態度をみれば、捕虜や二級市民扱いの現地人の命を尊重するもないし、ある意味合理的ですらある。だから有罪なわけよ。 泰緬鉄道の建設は、参加人数が多いので、生存者もたくさんいて、証拠も腐るほどあります。でも、小林の馬鹿本を信じちゃう犠牲者には、何を言っても馬の耳に念仏というか、時間の無駄だよね。信じたいものしか信じないということだから、現実の世界に住んでない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 東京裁判になぜ中国人証人が出て来なかったのか?

    東京裁判にはアメリカ人の証人が出てきて音吐朗々と日本軍の南京での残虐ぶりを語りましたが、日本側の弁護士が、 「貴方は貴方自身の目で何人の虐殺を見ましたか?」 と訊ねたら証人は急に元気がなくなり、 「一人です」 と小さな声で答えました。 アメリカは日本との戦争を正義のための戦争としたかった。 残虐な原爆を使用したことで良心の呵責がありました。 対独戦争はユダヤ600万の虐殺がありました。 対日戦争もそれに匹敵する日本側の悪事が必要でした。 南京虐殺は絶好のネタでした。 連合国側の検察官は中国人の証人を米軍機に乗せて最低でも3人くらい東京に連れて来て証言させるべきでした。 なぜそれをしなかったのか? 実は虐殺がまったくなかったからではありませんか? 南京大虐殺は日本を貶めるためだけのデマではありませんか?

  • 南京大虐殺のように僅かな数の兵隊が何十倍もの犠牲者を出した事件は他に歴史上にありますか

    南京大虐殺のように短期間に空襲も無いのに僅かな数の兵隊でその何十倍もの大量の犠牲者者を出した事件は歴史上にありますか。 南京大虐殺が事実であるほど日本軍がすさまじく強かったならば、どうして日本はアメリカに負けてしまったのでしょうか? 教えてください。

  • 南京大虐殺について

    南京大虐殺について教えてください。 南京大虐殺は、南京においての虐殺ではなく、南京へ進軍する際に日本軍が行ったすべての殺戮について含むと聞きました。これは一体どのような事なのでしょうか? 軍が進軍し南京を平定しようとした場合、大量殺戮や遺体の処理などを行えば相当な足かせになります(言葉は適切では無いのですが、ここではあえて割り切って使わせてください) なぜ、このような作戦が取られていたのか教えてほしいのです。また、一説には、陸軍のナンバー2ぐらいの立場の人が、中国軍をおびえさせ降伏させることを目的に命令を出していたと聞きました。その命令書は残っており、東京裁判等でも証拠として使用されていたと聞きました。このあたりの真意がわかりません。詳しいかた、どうか教えてください。

  • 大日本国帝国時代の日本軍についてです。

    日本は数十年にわたって軍事国家でした。 そうして外国と大戦を繰り返す中で日本軍は南京大虐殺を始めとした悲惨な事件を起こしたとされています。 ですが、僕にはその事実は理解できません。 日本人はそんなに残酷な民族だと思えないのです。 実際南京大虐殺は捏造だという説もあるようですが、本当にそんな事件を起こしたのでしょうか? 今となっては真実は分かりませんが、有力な説を教えてください。

  • ポルポトの大虐殺における中国の関与

    1970年代、カンボジアでは、ポルポトが、自国民 約250万人を殺戮しました。 これは、中国の毛沢東による文化大革命の輸出で、北京政府の指導したものでした。 ポルポトの大虐殺が、中国の指図によるものだと、国際社会に知られるようになると、中国共産党は、突如、日本軍の南京大虐殺を言い立てるようになりました。 中国が言い立てる南京大虐殺は、証拠もなく、まったくの捏造です。 でも、カンボジアのポルポトの大虐殺は、事実ですよね? ポルポトの大虐殺を指導したのが、毛沢東だということも、事実ですよね? 嘘の南京大虐殺を言い立てたって、北京政府のポルポトを使っての大虐殺の罪は、消えませんよね?

  • 平時における他国の捕虜や民間人を不当に殺害することはどのような法律に違反するのでしょうか?

    南京大虐殺論争において捕虜や民間人の殺害がいわゆるハーグ陸戦法規に基づいて合法か非合法であるかが争われていると思います。ところで南京大虐殺があったとされる年はまだ戦争状態ではなく事変という状態であったと主張する人、つまりシナ事変という言葉を使用している人がいますが、そのような人たちは南京大虐殺があったとされる日に起こった中国人の捕虜や民間人の殺害についてはどのように発言しているのでしょうか?事変、つまり戦争状態でないのであればハーグ陸戦法規に基づいての殺害が合法か否かの判断はしないでしょう。そうなると、平時において他国の捕虜や民間人を不当に殺害することはどのような法律に違反するのでしょうか?素人判断ですが、捕虜も民間人もいくら殺害しても問題はないとはされていないとおもいますが、実際はどうなのでしょうか?

  • バターン死の行進について

    バターン死の行進とはアメリカ軍の捕虜を遠くの捕虜収容所まで歩かせその結果多くの米兵が死んだ事件です。これは戦争犯罪と言われていますが、捕虜を収容所まで歩かせるのは普通ではないでしょうか。8万もの捕虜を収容所まで車等で送るのは当時、機械化が進んでいた米軍でも無理ではないでしょうか?ましてや機械化が遅れていた日本軍ならなおさらです。しかも日本軍は鉄道があるところでは鉄道を使ったといいます。護衛の日本軍も歩いて護衛したらしいのですが、日本軍は、銃などの荷物を持っています。丸裸の米兵より過酷なはずです。さらに収容所までの道のりで十分な水を与えなかったといわれていますが、護衛の日本軍も多くがこの行進で死んでいます。(生きて虜囚の辱めを受けず)がモットーの日本軍が予想を大きく上回る8万もの捕虜をえたとき水が少ないジャングルで8万人の水を確保するのは無理なんじゃないでしょうか。 結論としては、8万人の捕虜を得たときそれを収容所まで歩かせるのは、そのままそこで殺したりするよりはよっぽど人道的だと思うのですが、なぜこれが戦争犯罪なのですか。

  • 太平洋戦争で連合軍も無降伏主義をとっていたら

    太平洋戦争で連合軍も無降伏主義をとっていたら 太平洋戦争時の日本軍は事実上の無降伏主義を採っており少なくとも部隊単位での降伏は皆無だったかと思いますが、連合軍も同じ方針だったとしたら…と考えてみました。 史実において連合軍がまとまった形で降伏したのはフィリピン、マレー・シンガポール、ジャワだったかと思います。これらの戦いで連合軍側が玉砕するまで絶望的な抵抗を続けた場合、それぞれの戦いの帰趨ひいては戦争全体の帰趨はどのように変わっていたと思われますでしょうか。各国の世論がそれを許すかという問題は考えないものとして。 また逆に、日本軍が「常識的な」レベルで降伏を認めていたらどうなっていたと思われますでしょうか。

  • 【南京大虐殺の不思議】南京大虐殺の時の中国の総書記

    【南京大虐殺の不思議】南京大虐殺の時の中国の総書記は蒋介石だったが蒋介石は日本軍の日本側のスパイだったはず。 なぜ日本軍側の蒋介石が制圧している中国で日本軍は南京大虐殺を実行しなければならなかったのか? 蒋介石は現在の中国共産党に追いやられ台湾に逃げ込んだ。 そして中国は蒋介石を戦犯者で裏切り者で売国奴だと言っている。 蒋介石が日本側に願えった日本側のスパイで売国奴なのは間違いないが、当時、日本側の蒋介石がいる中国で日本軍が大虐殺をする必要性が分からない。 なぜ日本は南京大虐殺を実施せざる負えなかったのでしょうか? 殺す必要がなぜあったのか教えてください。 殺したのは現在の蒋介石を追いやった中国共産党なのでは? それだと辻褄が合う。 蒋介石を追い出すためにゲリラ戦をやって南京大虐殺によって南京を奪還した。 で勢力を拡大させて蒋介石を台湾に追いやって中国人が中国の主権を取り戻した。 ハッピーエンド。 このハッピーエンドだと何が悪いのでしょう? 南京にいる日本人か中国人か分からないので中国共産党が南京にいる人間を全員中国人日本人関係なく抹殺した。 で、中国共産党が中国人によって中国の政権を取り戻すまでに中国共産党がゲリラで抹殺した総数がいま言っている南京大虐殺の人数なのでは? 当時はゲリラで何十万人も殺したので殺した数がゲリラの中国共産党の誇りだったが、政権を持ったところでその殺害した人数の多さが誇りではないと気付いたがその数字はカウントしていたので捨てることが出来ずにその殺害者数のカウントを日本軍が殺した数にすり替えた。 で南京で日本軍が中国人を殺した数として歴史に残そうと決まったが月日が経って外国が再検証する者が現れて当時の南京にはそれほど人口が居らず南京大虐殺の殺害人数と辻褄が合わなくなっている。 だが中国共産党は発表してしまった手間、当時は中国共産党がゲリラで殺した日本人と中国人と合算した総数が歴史に載せるときはカッコ良くしようとして日本軍が殺した数字にすり替えたが歴史検証されてボロが出ている状態になっているという認識で良いですか? 検索されると自国民にボロがバレるので閲覧禁止にしている。 別に中国共産党が日本の売国奴の蒋介石から中国を取り戻すために南京でゲリラをやって盛った数字だと言えば中国人も良くやったと言うと思うけどなぜ言えないのだろう。

  • ハム速というブログで南京大虐殺は嘘だったと書かれて

    ハム速というブログで南京大虐殺は嘘だったと書かれているのですが・・・ 【貴重写真】『南京大虐殺』は捏造だった!…南京の本当の写真 http://www.hoshusokuhou.com/archives/34972823.html この旧日本軍の入城で歓喜した中国人たちはどこに消えたのでしょう? これだけ大勢の証人が中国人でいるのに、なぜ誰も南京大虐殺は中国共産党による後からの歴史捏造だと誰も指摘しなかったのかが不思議でなりません。 旧日本軍入城後に歓喜した中国人たちはどこに消えたのですか?