• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

自転車同士の事故での過失割合

  • 質問No.4242015
  • 閲覧数764
  • ありがとう数31
  • 回答数2

お礼率 37% (3/8)

こんばんは、初めて質問をします。
今日、自転車同士の事故に遭った者です。
事故の状況を説明しますが、あくまでも警察に聞かれたことを書き込みします。

僕は、自転車通行可の標識がある歩道(片道2車線の歩道ありの国道)で、道路右側の歩道を走行していました。(すぐ止まれる程度の速度で走行)
途中、歩行者が多くなった為、やむ終えず車道に出て走行していました。
車道に出てからすぐ、歩道(自転車通行可)を走行していた対向の自転車が、いきなり車道側に飛び出し、僕の自転車の右斜め前方に衝突しました。僕は衝突の弾みで転倒。右ひじの擦り傷、右手の擦り傷、頭部の打撲(タンコブが出来てます)になり、相手方は唇を少し切った程度でした。
丁度警察署の前での事故でしたので、すぐ警察に行き、話をしました。
お互いの自転車の検分では、相手方の自転車の整備不良(前輪の空気が0の状態)で、話を聞くと、前輪を気にしながら走行して、スリップした時に衝突したと言ってました。

この事故の場合での過失割合はどうなりますか?
お手数かけますが、よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 55% (564/1018)

軽い怪我のようで幸でしたね。私の扱った事故では自転車同士の衝突で一方が死亡した例があります。相手も賠償金とかで大変でした。お互いに気をつけましょう。

さて、センターオーバーの場合、車同士なら100/0です。自転車同士もそれに準じて判断しますから、今回のケースでも、左側通行をしていない質問者さんが100%の過失が基本になります。自転車の場合は車ほど厳格に考えなくてもいいではないか、という意見もあるでしょうが、道路交通法第18条で、「(左側寄り通行等)自動車にあつては道路の左側に寄つて通行しなければならない」となっている以上、法律に違反しています。これには、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の罰則があります(自転車の場合には警察も大目には見てくれるでしょうが)。
ただし、止むを得ない事情で右側通行を余儀なくされた場合には過失割合の修正要素として考慮されるでしょうが、このケースではどうでしょうか。

質問者さんは、「歩行者が多くなった」ことを止むを得ないとしていますが、これは右側通行の理由にはなりません。何故なら、歩行者の安全確保のために法は徐行を命じています。そして自転車から降りて押して進べきでしょう。道路の右側を走行するのを正当化しません。
一方相手は、歩行者の安全のため歩道を降りて車道に出たのですが、「キープレフト」の原則に従っている以上過失はないというべきでしょうし、正面から自転車が来ることを想定しての注意義務もありません。また、自転車の整備不良は、これが衝突にどれだけ影響したかは不明でしょうから、これも修正要素として、相手の過失を加重できないと思います。たとえスリップしても、右側を走って来る者がいなければ事故は起こりませんから。

ということで、質問者さんの100%の過失が相当でしょう。現実は甘くはありません。なお、民事上の過失割合には警察は関与しません。道路交通法も過失割合についての具体的な規定はありません。
お礼コメント
BBC1350

お礼率 37% (3/8)

naocyan226さん、回答ありがとうございます。

やはり、当方の100%の過失ということになるのですね・・・
転倒時に頭部を打撲したせいか、めまいと首の左側に重い痛みがあっても、結果的に泣き寝入りになるんですね・・・。

ありがとうございました。
投稿日時:2008/08/12 16:30

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (755/2505)

難しいですよね。

文章からいうと、あなたは、歩道に歩行者が多いと言っても、反対車線を走行していたことになりますよね。
相手は、道交法に従って走行していたことになります。

道交法からいうと、70(あなた):30(相手)か、60(あなた):40(相手)、良くて50:50くらいではないでしょうか。

警察が、道交法の通行区分帯をどこまで見るかで違って来ると思います。
補足コメント
BBC1350

お礼率 37% (3/8)

回答ありがとうございます。
確かにやむ終えずとは言え、逆走していた僕が悪いと捉えられると思っておりました。相手方の整備不良と前方不注意でおきた事故でしたので…
投稿日時:2008/08/10 20:35
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ