• ベストアンサー
  • 困ってます

WW2前後の、都市に住んでいる白人、低所得者、郊外に住んでいる白人を描いた映画

あるアメリカ映画についての本に、 『WW2前には、高所得者は街中に住んでおりコメディ映画は都市を舞台にしたものが多かったが、 WW2後、白人を主とするミドルクラスは相次いで都市郊外に移り、コメディ映画の舞台も郊外の一軒家が多くなった。 都市には黒人、アジア系、ヒスパニックなどの移民、低所得者が残され白人たちには"犯罪の多い危険な地"と認識された。映画も、都市に足を踏み入れるミドルクラスはハンフリー・ボガードなどのタフガイばかりとなった』 とあったのですが、本当でしょうか? もし知っていたら、WW2前の都市に住んでいる白人を描いた映画、WW2後郊外に住んでいる白人を描いた映画、黒人など低所得者が住んでいる荒れた都市を描いた映画を教えてください。 WW2前の都市に住んでいる白人といえばキャサリン・ヘップバーンとケイリー・グラントの「素晴らしき休日」でしょうか…

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数94
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#70703
noname#70703

時代とともに都市の一部がスラム化していくというのは、どこの国にもあります。日本でも下町が一部スラム化し、東京の西部の方がだんだん高級住宅地になっていきました。 アメリカでは、たとえば、ニューヨークは今でもセレブの住む地域と、「ウェストサイド物語」をはじめとするスラム化した地域があります。 アメリカ映画を多く見てきた私からすると、上の記述はあまりにも大雑把で乱暴に感じます。実際は、もっと複雑です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか… やはり一概には言えないのですね。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ribisi
  • ベストアンサー率28% (247/864)

ウィリアム・ワイラーのアカデミー賞受賞作『我等の生涯の最良の年』(1946)は、第二次世界大戦終戦後のホームタウンの様子が描写されています。参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 映画のタイトル

    かなり前にテレビの深夜放送で見たので、覚えているシーンもかなり曖昧で断片的なのですが、どうぞよろしくお願いします。 1. 雰囲気的に20年以上前のアメリカ映画だと思います。(カラーです) 2.舞台はアメリカの田舎、あるいは郊外(都会ではありません)   人種隔離時代が背景で、人種差別が描かれています。 3.映画館には、白人席と黒人席があり、 4.映画館の火事で、黒人の少年が焼死してしまいます。 5.白人の子供2人が屋根の上で(ジュースを飲みながら)寝転んで、焼死した黒人少年のお葬式を見ているシーンがあります。 (6.白人の子供二人が黒人の教会に入るシーンがあります。たぶん) これだけのシーンしか思い出せないのですが、もしも思い当たる映画がございましたら、どうぞ教えて下さい。よろしくお願いします。

  • アメリカの都市構造について

    アメリカには白人、黒人、アジア系等、様々な人種がいますが アメリカを支配してる当の白人は街の郊外に住んでいると聞きました。 本当でしょうか。 アメリカの主な都市の人種の居住区は 一体どうなっているのでしょうか? 御願いします。

  • この洋画のタイトルはわかりますでしょうか?

    今から20年くらい前(大体1991~1995くらいかな)、レンタルビデオ店の店外モニターでちらっと見た洋画が忘れられません。 *多分コメディ *主演と思しき俳優は黒人男性 *舞台は多分アメリカ。ニューヨークかなあ? *以下内容のほんの一部(私の見た部分) 都市にて主人公が、タクシーに乗る。運転手も黒人男性。客が同じ黒人だというので、運転手が主人公に向かって「やっぱり黒人は良い。黒人最高」的な事を話しかけ始める。 だが、主人公は後部座席で白人に変装しているのだった。変装しつつ運転手に適当に相槌をうつ。 そして目的地に到着。散々黒人礼賛をした後、運転手が(料金を受け取る為に)後ろを振り向くとそこにはなぜか白人が(笑) 「ひえーーーーー!!」(実際にこう字幕が出ていた)と運転手。 着いたのはサウナ(会員制?)だった。ボディガードが立ってる物々しい雰囲気の中を裸になって入って行く主人公。確か中に数人いて(全員白人男性)、マフィアかなんかの密談のような感じ。変装後の主人公も顔見知りらしく話に加わる。 しかしそこはサウナ。高温によって主人公の変装が溶け始める(笑)汗と共に滴り落ちる顔の一部。周りも異変に気づき始める。 と、いうところで待ち合わせの人が来たのでそれ以上はわかりません。その場を去ってしまったので店の人にも訊けずじまい。(その店は行きつけの店じゃない、出先の店だったのです) それからビデオ店に行く度にコメディのコーナーで探しているのですが、何しろ情報が少なすぎてわからないし、それっぽい物も見当たりませんでした。オンラインで検索してみたりもしましたが、主演俳優もわからないし…で、今に至ります。 あきらめてきたのですが、近頃どうしてもその洋画が観たくなって、質問させて頂きました。どなたか映画通の方で、それはこれじゃないか?とお心当たりのある方はいらっしゃいませんでしょうか?情報お待ちしてます。 少なくとも1995年以前の映画なのは確かです。海外ドラマ…ではないと思いますがわかりません。 宜しくお願いします。

  • この映画のタイトル知ってますか?

     大分昔、多分30年程前、にテレビで見た映画なのですが、あるシーンだけ強烈に印象が残っていて、ほかのすべてについては、全く覚えていない作品があります。  おそらく舞台は20世紀初頭のアフリカで、白人の領主か誰かが、黒人二人にタバコを与えた後、首吊りに処すのですが、途中で別の良い白人の邪魔が入り、一瞬宙に吊らされた黒人二人は無事下ろされて、笑いながら貰ったタバコを吸う。記憶しているのはこれだけです。  だれかこの映画のタイトルが分かりましたら、教えていただけませんでしょうか。

  • こんなアメリカ製TVドラマタイトル教えて

    小耳に挟んだ情報ですと、アメリカに大変面白そうな、次のような舞台設定のドラマがあるそうです(話自体はこれ以降もっと続く)。コメディらしいのですが、その舞台設定が大変皮肉と風刺の効いた重い話なので、原典に当たってみたいと思いますのでタイトルを御存知の方教えてください。 日ごろから進歩的リベラルな白人夫婦が人種差別はいけない、と言っていたところ、娘が結婚したいと連れて来たボーイフレンドに会ってみたら黒人だったので慌てふためく

  • 『天国と地獄』のアメリカ人の描写について

    最近、あるアメリカ人から黒澤明監督の『天国と地獄』について質問を受けましたが、 自分の知識では答えきれない部分がありました。 この映画は1963年製作で、当時の「現在」が舞台です。 映画の後半、「根岸屋」をモデルにしたとされるバーか何かで、 多くのアメリカ人エキストラを見ることができます。黒人もいれば、白人もいます。 横浜なら当然だろ、と気にもしなかったのですが、 先のアメリカ人はこの場面を見て「当時のアメリカ国内ではありえない」と言うのです。 確かに、1963年と言えばアメリカではまだ公民権法も制定されておらず、 日本占領中に作られた「進駐軍クラブ」も黒人専用のものがまだ残っていたと聞きます。 しかし、この場面では黒人と白人が同じ店の中にいるだけでなく、 談笑しているようなところも見受けられます。 そこで質問ですが、当時の横浜で、このように同じ店の中で黒人と白人が一緒に楽しんでいるなんてことがあったのでしょうか? (これらのエキストラは本物の米兵だったそうですから、 ありえない設定なら「自分たちは同じ店で遊んだりしない」とか言いそうなものです。) 要するに、意図はともかく、この描写は当時の風俗として現実的なのか、ということを知りたいのです。 当時の横浜、特に伊勢崎町や「根岸屋」をご存知の方がおられたら、教えていただけないでしょうか。

  • 映画のタイトルが分かりません

    うろ覚えなのですが・・・ご存知の方いらっしゃいましたらご回答下さい。 舞台はアメリカの大都市で黒人の医者?会社役員という比較的地位の高い職業に就いていて、婚約相手が犯人に誘拐され人質となってしまいます。 そこでFBIの捜査員でベテランでもある初老の刑事が黒人の男性と接触します。この刑事は白人で恐らくアンソニー・ホプキンスだったと思うのですが定かではありません。 犯人側の次々の要求に黒人男性は苛立ち彼女の身を案じます。 映画の中間の記憶がスッポリ抜けていてあとはクライマックスのシーンしか覚えていないのですが。。。 犯人は地下鉄を爆破する事を告げこの爆弾を探させます。そして倉庫内?で見事爆弾を見つけ解除に成功します。 しかしその倉庫内で犯人と撃ち合いになり絶体絶命に陥りますが白人刑事 の機転で犯人を撃つのに成功しクライマックスへ・・・ 最後に黒人男性は教会で結婚式をします。そこにこの刑事が来ています。当初はくる予定は無かったそうです。。。 このように少ない情報で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

  • 大昔の黒人ミュージカル映画に詳しい方

    とある動画サイトで見つけたものです。 MGMのような大昔の白黒ミュージカル映画で、舞台の裏かスタジオかで食堂の勤務者のウェイトレスとコックやウェイターなどの端役達が超絶技巧のジャイブやジルバを踊るシーンのある映画でコメディっぽいものです。最後に舞台監督や製作者らしき白人達から見つけられて拍手されて大急ぎで走り去るシーンのあるものです。 輸入版でもいいから何とかして見たいと思っています。よろしくお願いします。

  • 高出産費用と低所得者

    アメリカでは出産費用が高いのに、低所得者の出生率が高いと聞き、不思議に思いました。 低所得者は出産費用が割安になったりすることがあるのでしょうか??(アメリカ人の場合です)

  • 映画のタイトルが思い出せません!

    1~2年前にテレビで紹介されていた映画のタイトルが思い出せません。 ミニシアター系の単館ロードショーだったと思います。 東西冷戦末期の東欧の国(東ドイツだったような…)の一都市が舞台で、熱心な共産党員の母が病気で意識を失っている間に国が崩壊していまい、その息子が目覚めた母にまだ共産主義政権が続いているように装う為に奮闘するコメディーでした。 確か舞台になっている都市の名前がタイトルの一部分になっていたような気もするのですが…。 また、DVDになっているかもお分かりでしたら教えていただければ幸いです。