• ベストアンサー
  • 困ってます

アナログ方式について

こんばんは。 アナログ方式のうちNTSCは525本の走査線を1回につき262.5本に分けて送っていますが、なぜ525本なのでしょうか。どうして、きりの良い偶数本にしていないのでしょうか。 理由をご存じの方、教えて下さい。よろしくお願いします。

noname#91219
noname#91219

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数251
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ブラウン管を光らせる電子ビームを移動させるため、水平方向の移動や画面上から下への垂直方向への移動に、回路でのこぎり波を使っていました。 こんな波形です。 http://www.interq.or.jp/japan/se-inoue/ckt17.htm アナログ回路しかない昔のことですから、こんな単純な波形しか作りようがなかったわけです。 ですから、走査線は、次の図2のようになっているのですが、 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060309/114478/ 何故かというと、 まっすぐ水平に描いて、一段だけ急激に下がって、また、まっすぐ水平というような、そんな急激に変化させることは出来ないんです。 また、奇数フィールドを走査し終わって、画面上に戻るとき、1段分下に戻るなんて器用なことは出来ず、一番上にしか戻ることしか出来ませんよね。 したがって、おのずと斜め右下へ走査線が描かれることになります。 このような斜めの走査線で画面一番上から始まって一番下で終わる線の場合、どうしても奇数の本数しか描けないのです。 例えば、本数を極端に少なくして紙に描いて考えてみると分かりますが、2.5本+2.5本は描けても、2本+2本は描けないですよね。 以上は、ブラウン管について書きましたが、カメラの撮像管も同様です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

 単純にいうと、一画面分をまとめて送っているのではなく、上のラインの端から順番に横に送っていき、一本終わったら一段おいて次のラインをまた横に、と繰り返しているのです。非常に高速なので人間の眼では残像が残って全体があるように見えるわけです。  例えば、単純に走査線が3本だとしましょう。上から1番、2番、3番とします。 ・まず、最初は1番のラインを送ります。 ・次は、2番を飛ばして3番のラインを送ります。 ・その次は上に戻って、1番を飛ばして2番のラインを送ります。 ・更に次は、3番を飛ばして上に戻って1番を送ります。  このように、本数が奇数だと単純に一本飛ばしで送れば済むので都合がいいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

このご質問を見て私も興味を覚えましたので、少し調べてみました。 門外漢ですので勘違いしていることが有るかもしれませんが、お気付きの方は ご指摘下さい。 NTSC の走査方式についてはご存じと思いますので省略致します。 NTSC 方式は、当初、1941年(昭和16年)に白黒テレビ(フレーム数:30、フィールド数:60) が技術標準として定められ、1950年にカラーテレビ(フレーム数:29.97)が標準化されました。 当然ながら、ここで標準化された技術は当時の(真空管を基本とする)回路技術で 実現可能な方法ですので、現在ではかなり遅れた感じがするのは否めません。 白黒方式のフィールド数は 60(枚/秒)ですが、これは米国の商用電源周波数(60Hz)に 同期させたものです(当時は御利益が大きかったらしい)。 ご質問とは逆の順ですが、フレーム走査線を奇数にした理由は、走査線を1本付加する ことで奇数フィールドと偶数フィールドの帰線距離を等しくでき、帰線回路を簡素化 できるためとのことです(具体的なことは分かりませんでした)。 実際の放送では(262本×2)+1本ではなく、 ご質問文にあるように 262.5本×2 で送られています。 通常、一枚の画(フレーム)は525本の走査線で形成されていると説明されていますが、 実際に映像信号を含んだ有効走査線は485本です。 残りの走査線(40本前後)は垂直同期信号、垂直帰線、字幕(キャプション) 信号などに使われており、画面には表示されません。 次ぎに、走査線525本という数字の出所ですが、これについては下記の式が関係しています。   水平走査周波数(15,750 Hz)×2÷走査線数(525)=フィールド周波数(60Hz) 即ち、当時、フィールド周波数(60Hz)を生成する方法は、主発振器で水平走査周波数の2倍 の周波数を作り、これを分周して得るものでした。 水平走査周波数は、音声信号との干渉を避けるため上記付近が選ばれたようですが、 これを分周(今の場合は奇数で)する実用的な方法としては真空管式マルチバイブレータしかなく、しかも 一段では小さな数値(奇数の)でしか分周出来ませんので、何段も重ねる必要がありました。 一方、走査線の数はあまり少なくては画質が悪いし、逆に多いと(当時の技術レベルでは) 問題がありますので、500~600本前後に設定されたようです。 ここで、上述のように、水平走査周波数(ある程度決められている)の2倍の数値を割って60(Hz) を得ることを前提として、奇数を掛け合わせて 500前後になる分周方法を考えると下記のように なります。    3×5×5×7=525(本)  【PAL、SECAM の場合: 5×5×5×5=625(本)。フレーム数:25枚/秒】 これが525本の根拠で、この結果から逆に水平走査周波数(白黒:15,750 Hz)が決定されたのでしょう。 詳細については、下記をご参照下さい。 NTSC(Wikipedia) http://en.wikipedia.org/wiki/NTSC NTSC方式とは(日経エレクトロニクス) http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060309/114478/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アナログの地上波放送(:NTSC方式)の終わり

    アナログの地上波放送が終わりました。 放送方式がNTSC方式であったと理解しています。 NTSC信号を処理する回路はデジタル放送に変わってからは装置の中に存在しない、となっています。 と、言うことは今後NTSC方式の映像信号を扱う機器は衰退する運命にあるのでしょうか。 テレビ放送と共に発展してきた民生機器はアナログ技術の発展に大きな影響を与えて来たが、 アナログの地上波放送終わりと共に、アナログ回路を教えていく上で学生に興味を持って もらう材料が減ってしまったとある大学の教授様が言っていました。  今後アナログ回路を勉強して教えていく上で、学生さんに興味を持って持って頂ける 製品材料は何か無いのかなと思いまして(←問いです) (NTSCが伝送フォーマットであるのか記録フォーマットであるのかよくわからないのですがどうでもいいこと)

  • 通信方式の違い【アナログ・ディジタル】

    ものすごいおおざっぱな質問になってしまうのですがアナログ通信方式とディジタル通信方式の違いってなんなのでしょうか? 本でも調べてみたのですが情報の所在が波形で示しているのがアナログでパルス列で示してるのがディジタルとかくらいにしか比較として書いてなかったりするのでよく分かりません。 おおざっぱすぎて回答に困るかもしれませんがよろしくお願いします。

  • アナログ方式について質問

    アナログ方式について質問 今般、ネットワーク5Gが開始される 現代社会においていまだにアナログ方式 を選択している行政に違和感を感じます 今回の給付金振込も申請書が届いてから 審査をして尚二週間も三週間も時間を 要するアナログ方式 オンライン申請も開始されましたが 自治体によっては中止するところも 本当にネットワーク社会が構築されてる のか些か疑問に感じました 政府が5Gを推進するのであれば 行政の仕組みも変えないと無理が 出て来ます、手書きや判子制度を 改めてデジタル化を展開しないと 世界から孤立してしまいます! マイナンバーカード制度を利用して 5Gネットワークを構築すれば 給付金振込なんて5秒も掛からない 日本社会がアナログ方式から 抜け出せ無い根本的理由は何だと 思いますか? 行政の改革変革は可能だと思いますか?

  • 台湾、ミャンマーでは、昔のアナログポータブルテレビ

    台湾、ミャンマーでは、昔のアナログポータブルテレビが使えますか? 方式はNTSCのようですが、アナログかデジタルか分かりません。 ご存知の方教えて下さい。

  • 順次走査とProgressive Scan

    テレビ受像機やコンピュータディスプレイの表示走査方式の質問です。 「順次走査」と「ノンインターレース 」と「プログレッシッブ」の違いの質問です。 最近は「プログレッシッブ」を使用して記述することが多くなったように思いますが 上の3つは何が異なるのでしょうか、それとも何も違いはないのでしょうか マーケティング上「プログレッシッブ」の方がかっこいいからなのでしょうか よろしくお願いします。 なお、画像を上から順に走査して表示するなど基本的なことは理解はしています。 また、「飛越走査」「インターレース」などは、奇数ラスターと偶数ラスターを交互に走査するなどの説明も特に必要ありません。

  • TVについて

    NTSC方式(TVについて)の合成映像信号を量子化することで、変わる点(変わる事)について教えてください。量子化という概念(アナログをデジタルに変換ということはわかるのですが)があまりぴんとこないんで教えてください

  • 水平ブランキング期間の間の名称は?

    こんにちは。ちょっと質問させてください。 目下、NTSC方式に関するわりと正式な原稿を書いております。 そこで、タイトルのとおり水平ブランキング期間の間のいわゆる輝度信号と色差信号が混ざった映像として見える部分の期間を何というのでしょうか?…というのが質問です。 いろいろ調べましたところ、「映像信号」「有効走査期間」「映像表示区間」等ありましたが、どれもそれを書いた人が勝手につけた名称らしく、確信が持てません。本当は何というのでしょうか?専門の方がおられましたら、ぜひ御教授願います。 ついでに、NTSCの信号全体(NTSC方式の信号)のことはどう呼んだらよいのでしょうか?これも「映像信号」「テレビジョン信号」等ありましたがはっきりしません。 ちょっと舌足らずかもしれませんが、御存知の方、ぜひお願いいたします。m(_ _)m (他にも英語では「interlace」なのに日本では「インターレース」「インタレース」「インターレス」等これも統制がとれてませんよね。。)

  • 4:3およびNTSCの映像資産、今後発売のTVではどうなるの?

    2006年12月に全国で地上デジタル放送が開始され、アナログチューナーのみ内蔵の家電品は次々と生産終了しています。 今後は地上アナログチューナーを省いたモデルも出てくると予想されますが、今後発売されるTVは、もしかすれば今までの映像資産が再生できなくなると言う話を聞きました。 現在日本のテレビ放送はNTSC方式ですが、デジタルでは全く違う方式に変わります。そうなると、今後はNTSC放送を映し出す回路を省き、デジタルハイビジョン規格に一本化される可能性もあります。 同様に、デジタル放送では16:9が中心となる以上、4:3の映像を16:9の画面いっぱいに映し出す方式も、撤廃される可能性があります。 将来発売されるTVでは、今までのNTSCかつ4:3の映像資産は、どうなるのでしょうか?

  • テレビの NTSC と PAL

    国によってテレビジョン方式がちがいますが、例えば、日本で購入して日本で使用してる 液晶デジタルテレビ受像機を、PAL方式採用の国 オーストラリアで、オーストラリアの放送を受信可能でしょうか? 従来のアナログのテレビ受像機の仕様書には、NTSCと明記してたと思うのですが、最近の薄型液晶デジタル・テレビ受像機の仕様書には、NTSCの記載がないようです。互換性が有るということなのでしょうか?

  • 同一画面が2cm横にずれて写る

    富士通FMV-DP-846Aモニター突然表示不具合が起きました。画像は出るのですが、同じ画面が2枚写ります。1枚目は若干左下に、2枚目は1枚目の右側に2cm程度ずれて写ります。正確に書くと同じではなく1ドットずれた画像です。想像するに、インターレース方式の奇数走査線と偶数走査線が数センチずれて表示しているような気がします。商品価格が安いので、メーカーに修理依頼する気持ちはありませんが、個人修理が出来る範囲の不具合でしょうか?よろしくお願いします。