• 締切済み
  • 困ってます

初盆について

今年のお盆はワタシの母方のおじいちゃんが亡くなり初盆になります。 通夜・葬式は行ったのですが初盆は行けないかも知れません。 初盆なのに孫が来ていないのは失礼なのでしょうか? 場所もうちからメチャ(2)遠くて彼岸に行けるなら彼岸の時に参ろうかなって思っています。 ダメでしょうか?

noname#64417

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数633
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.1

いいえ、全く失礼ではありませんよ。 遠方の方は交通費だけでも大変ですし、宿泊しなければならない場合もあります。 一周忌・三回忌とつづきますし、地域差もあるでしょうけれど、初盆は内々でおやりになる方が多いと思います。 気になるなら、ご仏前だけ送られるのも方法ですし、いけない事情と彼岸に参るつもりというご連絡をされてもいいのではないでしょうか。 気にとめて下さってるという事だけでも、嬉しいと思いますよ(゜-゜)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ayakacchiさんへ 回答していただきありがとうございます。 最近このことばかり気にしていたのでayakacchiさんの回答を見て安心しました! とっても(2)参考になりました! 本当にありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 喪中の初盆について。。。

    私の母方の祖母が今年亡くなり半年経っていて喪中です。今年のお盆は初盆にあたるのですが、私の父(長男)は今年のお盆をやる気満々なのです。毎年、父の家にお盆や正月は親戚が集まります。喪中なので、父の方のお盆は控えたほうがいいのですよね?カテ違いだったらすいません。。。

  • 初盆で揉めています。

    今年の二月に伯母が急死しました。 葬式は仏教で挙げたのですが、 そのあと伯母の一人娘の希望 (この娘は長男のところに嫁ぐので 位牌を持っていくことが出来ず、他に誰も面倒をみれないため) 我が家のお墓に入れるためにキリスト教に改宗して、 納骨式はキリスト教でやりました。 この時は親戚も反対はありませんでした。 伯母の母親(私の母方の祖母)がどうしても 初盆をしたいといっています。 祖母は少々ボケていて、牧師さんに駄目だと言われても お墓に食べ物や線香上げたり、 何度「キリスト教には初盆は無いんだよ」言っても その時は納得するんですが、2.3日経つと忘れてしまい、 また初盆をするといっています。 親戚も初盆はやれ、提灯を買えといっています。 おまけにほおずきまであげろと言っています。 何とか穏便に解決する方法は無いでしょうか? ちなみに家が信仰しているのは プロテスタントのペンテコステ派です。 よろしくお願いします。

  • 初盆を迎えるに当たって

    生後三ヶ月と20日で、可愛い孫を亡くしました。 未熟児で肺にも障害があり、酸素ボンベをつけたままでしたが、20日間は自宅にも帰ることができて、よかったととも思っています。 いつになったら立ち直れるだろうか?と 辛い思いでしたが、私がいつまでも落ち込んでくよくよしていたらいけないと、何とか明るく振舞わねばと思う毎日です。 通夜葬儀は、身内だけで密葬し、お坊さんもよばなくても 送る人の心からの追悼の気持ちでということで、お位牌もありませんが、いつも、供花 ミルク 果物など お供えして話しかけています。 今年が初盆になりますが、どのようにしてあげるのが 一番いいのか? どなたか教えていただければと思い 質問いたしました。 よろしくお願いします。

  • 友人の初盆

    40代、女です。 昨年の暮れ、小学校からの友人が亡くなりました。 そして、今年の連休前、私の実父が亡くなりました。 私は、友人のお通夜、お葬式に行き、 友人のお母様が、私の実父のお葬式に出席してくれました。 今年は、友人宅と私の実家は、共に初盆です。 私は、友人の初盆に行きたいと思ったのですが、この地方の風習で、 初盆同士は(49日以内の葬式同士も)行ってはいけないと言われています。 そこで、お供えだけでもと思い、一筆を添えて、品物を送ろうと 思っていますが、友人宅には迷惑ではないでしょうか? また、この地方のお盆はほとんどが8月中旬なのですが、友人宅は 7月に済ませてしまったようなのです。それでも送ってかまわないものでしょうか? 小中高と一緒で仲の良かった友人だったので、何かしたいのですが、 友人宅に迷惑になるのでは、と悩んでいます。

  • 初盆の行い方

    母が3月に亡くなり、今年が初盆です 以下のような環境なのですが、どうやって法要を行えばいいのか・・・ 父は老人ホームにいます 姉は遠方で、病弱。お盆もこちらには来ません 母方の実家も遠方で今はやり取りしている親戚もいません 私は父方の本家と同じ県内で一人暮らしです 両親の実家は今は無人で人を招き入れたり、法要を行える環境ではありません。 四十九日法要は、父方の本家の仏壇を借りて和尚様をお呼びし行いました。 母の納骨も父方のお墓にいたしました 母の希望で、永代供養をお寺にお願いいたしました 私の仕事の休みが不定期で、お盆に休めない状態です。何とか、11日か12日ぐらいい休みをもらおうかと思っています。 父方の本家は毎年お盆に全親戚が集まって宴会があるようで、父は老人ホームを外出して参加の予定です。 そのため本家のお嫁さんたちは、食事の用意や宿泊の用意でお盆は大忙しだと思い、 仏壇をお借りしての法要は迷惑なのでは。。。。と感じている私です。 以上のような状態で、母の初盆はどうしたらよいでしょうか。 例えば、お寺に相談してお寺で拝んでもらうとか。でしょうか。 参加は私と父だけで十分なのですが

  • 主人の祖母(姑の母)の初盆

    来月、主人の祖母の初盆があります。 かなり行事に関してはキッチリした家系なので、 まだ6ヵ月(母乳要)の息子を連れて、 通夜、葬式、49日、納骨式と出席させられました。 納骨の際には 『また改めてお墓参りに行くし、長丁場になると息子も疲れて可哀想だし、 主人だけで良いかな』って言う気持ちがあったので やんわり断ったのですが、 写経を出席者みんなで一文字ずつ書き写すから 安易に断らないで!と言われてしまいました。 写経をみんなで書くなんて初めての事だったので 凄く驚きました。 こんなにキッチリしている家系での初盆、 何を着て行き、何を持って行って、幾らくらい包めば良いでしょうか?

  • 盛り塩について

    つい先日、祖父を無くしました。ワタシは迷信深いほうではないのですが、祖父のお通夜の時、誰かが背中をなでたような感覚がした後(実際誰もさわっていませんでした)、通夜・葬式の間中ずっと肩こりがひどかったのですが、自宅に戻ると楽になり、夜になるとまたひどくなります。ワタシが現在住んでいるところは、戦時中祖父が滞在したところで、晩年ずっとたずねたがっていました。 そこで、盛り塩をしようと思い立ったのですが、もし祖父がついてきたのだとすれば、追い出すようなまねをしたくないです。 今はこの世にいない人に対して、盛り塩をすることは失礼にはあたらないでしょうか?

  • 初盆のお布施について

    今年3月に父がなくなりました。 この夏の初盆は、それなりのものを備えて準備をしておりました。 お寺さんに来てもらうことは考えていませんでした。 (生前の父は、そういったものに無頓着なタイプで言ってみれば無宗教に近かった) ところが長男の私が不在の時の先日お寺さんが見えられて、玄関先で「8月14日の○○時ごろ(時刻失念)初盆のお経をあげるので用意しておきなさい」 みたいな紙切れを置いて行かれました。その余白には手書きでお布施は8万円と明記してありました。 通夜葬式の時の態度にも、疑問符の付く態度が多く はっきりいって「こいつ何様?」って感じの坊さんでしたが、 そのとき自宅にいた家人でさえも、玄関先での失礼な態度に驚いていました。 来てもらわなくても、一向に構わないと思っていますが、どういった対処がいいでしょうか? 相談すべき家族兄弟は、「断ってもかまわないが、長男の私の決定を尊重する」といってくれています。 こういった場合のお布施の相場、およびどのようにするのがいいのかを教えてください。(家人一同8万円には驚いた)

  • 初盆での質問

    今年が初盆です。そこで疑問があります。 (1)迎え火と送り火で「おがら」を燃やしますが、それはベランダで燃やしていいのでしょうか。うちはマンションなのでそこしかありません。他の場所で燃やさないといけないとかありますか。 (2)霊供膳は朝夕つくらないといけないのですか。 初めてなのでわからないです。この質問の他にもこうした方がいいというのがあれば是非教えて下さい。回答よろしくお願いします。

  • 初盆のやり方について

    今年の春に母が亡くなり、来月初盆を迎えます。葬式の時にお願いしていたご住職に来て頂く予定でしたが、時間がとれないということで、お寺の本堂でまとめて施餓鬼法要となりました。  既定の条件として、(1)施餓鬼法要は盆明けの17日2時から、(2)法要を行うお寺と墓と自宅がそれぞれ5km位離れていること。 (3)初盆に来て頂くのは極近い親戚で約10名くらい。  以上のような条件で、 当日どの様なスケジュールで動いたらよいのか、悩んでいます。   具体的には、(1)前日に盆送りして良いのか、(2)皆で墓参りをするべきなのか、(3)会席を設定する場所は何処がよいのか。 等が良く解りません。 つまらないことかもしれませんが、アドバイスをよろしくお願い致します。