• ベストアンサー
  • 困ってます

株式会社の資本金の減資について

株式会社の資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1744
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gutoku2
  • ベストアンサー率66% (894/1349)

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか  <メリットの一例>  ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合    減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります    (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)  ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が  見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。  もしも欠損金が無いのであれば、特段のメリットは思いつきません。 このほかに、減資により資本金が1億円以下となると、交際費の一部が損金と して認容されます。 http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/sy200430/200430l.htm 例 資本金1億円以下の会社が、400万円の交際費を使用した場合は、     400万円×90%=360万円 が損金となります。    税率を仮に40%とするならば、144万円税金が少なくなります。    (資本金1億円以上の会社との比較)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 資本金の減額(減資)について

    資本金の減額(減資)について 利益剰余金の合計(=利益準備金や別途積立金や繰越利益剰余金の合計) がマイナスでは無い場合、 欠損は無いといってよいのでしょうか? 欠損がない場合でも、 資本金の減額(減資)は出来るのでしょうか? 欠損が無く、 以下の2つ(不等号)の場合、減資可能というか、 関係ないでしょうか? ・利益剰余金の合計>資本金 ・利益剰余金の合計<資本金

  • 資本金と資本準備金の違い

    ただいま簿記の勉強中です。少し疑問が出てきたので 教えていただきたいのですが、株式会社が新株 発行などをする際、商法の認める限り株式払込剰余金 (資本準備金)にして、出来るだけ資本金への 組入れを少なくすると思います。この、資本金を 出来るだけ少なくする、ということが会社側にとっ て、どのように有利になるのでしょうか?どなたか 是非教えてください。よろしくお願いします。

  • 株式会社の減資についてお伺いいたします。

    株式会社の減資についてお伺いいたします。 この度、会社の減資を行うことにしました。 減資に関する流れについては、一通り確認いたしましたが、 一点不明な点があるのでお伺いします。 今回の減資によって、資本金を20分の1に圧縮する予定ですが、 株式数はそのままにしようと考えております。 その際、登記にあたって券面額の変更は必要でしょうか? 以前の商法改正により、資本と株数の関係がなくなっているので、 減資にあたって券面額の変更は不要という認識でおりますが、 いまいち認識が不確かなので、お伺いいたします。 お詳しい方、どうかよろしくお願いします。

  • 株式会社の資本金

    株式会社を設立するとき、資本金が1000万以上必要ですよね。また、株式会社を設立するには授権株式数の4分の1以上を割り当てないといけないそうですが、授権株式数の4分の1の株式を引き受けてもらって、その合計が1000万以上になれば良いってことですか?それとも、資本金1000万とは別に、授権株式数の4分の1の株を発行しないといけないのですか?そのばあい、授権株式数はどうやって決めるの?上限・下限が定められているのでしょうか?

  • 資本金の取り崩しについて

    会社経営をしていて、損益計算書で一番下の利益を 貸借対照表の資本の部に剰余金として入れると思います。 剰余金にするくらいなら、資本金の科目に当てればいいと思いますが なぜ、資本金に入れずに剰余金という形で会社に残すのでしょうか? 資本金だといざという時にすぐに取り崩せないからでしょうか?

  • 資本金700万円の株式会社?

    転職活動中でリクナビnextを見ていたら、株式会社なのに資本金700万円の会社をみつけました。 資本金が1000万円以下なのに株式会社ということはありえるのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 減資について教えてください

    当社の子会社が当期に減資を行いました。 具体的には資本金が10億円から1億円になりました。 仕訳を見ると資本金を剰余金に振替えていました(資本金/未処分利益)。 なので純資産自体は変わっていないことになります。 ここで質問ですが、資本金を減らして、その分剰余金を増やすということは、どういった目的で どういったメリットがあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 会社法における有償減資

    会社法の施行により有償・無償減資の区分が無くなり、いわゆる有償減資ができなくなってしまいました。この有償減資と同等のことをするためには、 (1)資本金の額の減少→剰余金へ (2)剰余金の配当 としなければなりません。 また、当社では純資産額が300万円以上ありませんので、剰余金の配当もできません。 ◆ここで質問なのですが、このようなケースでは資本金をいわゆる有償減資の形で実行することは不可能でしょうか? 結局、減資の目的は均等割課税を避けるためです。現在資本金:1,100万円、資本積立金額0円です。これを資本金1,000万円まで引き下げたいということです。

  • 払込資本の資本金組入れに関する疑問

    お世話になります。 払込資本は原則全額資本金に組み入れるか、又は払込資本の1/2を株式払込剰余金にすることができる・・・というように、ある本で書いてありましたが、それなら例えば100株を@1000円で発行し現金預金で受取ったら、下の2種類の仕訳しかないことになります。 【原則仕訳】 現金預金 100,000 資本金 100,000 【商法最低限度】 現金預金 100,000 資本金     50,000              株式払込剰余金 50,000 しかし商法最低限度が最低資本金に組み入れる額が50,000を下回ってはいけないという事なら、 現金預金 100,000 資本金     60,000              株式払込剰余金 40,000 とか 現金預金 100,000 資本金     70,000              株式払込剰余金 30,000 とかいう処理もありではないかと思うのですが、私の解釈は間違っていませんでしょうか?

  • 株式会社の資本金について

    大学で次のような問題を出されました。 全く分からないので、ヒントでも何でも構いません。教えてください! 友人関係にあるAとBは、株式会社の設立を計画し、次のように主張した。 A:資本金は一千万円とし、設立時には二人で出資して、会社の経営が軌道に乗れば、増資して会社の規模を拡大しよう、と主張。 B:私が会社を設立するならば、出資してくれる人がたくさんいるので、資本金を一億一千万円(AとBは一千万円出資)以上として、中規模の会社を設立しよう、と主張。 AとBそれぞれの主張に従って、株式会社を設立する場合、その相違点は何か?