• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

There is no more left.

There is no more left. のleft の品詞は、何になるのでしょうか。 no more は、形容詞だと思うのですが、leftは、名詞や代名詞でしょうか。それとも受動態になってるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

noname#191458

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数507
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。いつもお返事を有難うございます。 ご質問1: <left の品詞は、何になるのでしょうか。> 過去分詞になります。 ご質問2: <no more は、形容詞だと思うのですが> いいえ、名詞になります。 1.moreはmuchの比較級で、名詞として過去分詞の主格の働きをしています。 2.名詞muchは不可算の意味で使われ、「たくさんのこと」という意味があります。 3.noは名詞moreを修飾する形容詞で、「これ以上~ない」という否定の意味を添えます。 4.つまり、この英文は There is much (is) left 「沢山のことが、(手付かずでやり)残っている」 というthere is構文で、muchと(is) leftの間には主述関係があります。 4.このような主述関係を伴うthere is構文は、普通に使われています。 例: There are some girls singing at the street. 「道路で何人かの少女達が歌っている」 ここではgirlsとsingingの間に some girls are singing at the street という主述関係が成り立つのです。 ご質問3: <leftは、名詞や代名詞でしょうか。それとも受動態になってるのでしょうか。> 1.leftは過去分詞で、is leftとなっていますから、形は受動態の形です。 2.しかし、ここでの用法は「完了」の用法になります。 3.このleft<leaveは「残る」という意味の「自動詞」として使われています。 4.自動詞が受動態の形になるの?という疑問もあるかと思いますが、英語では自動詞がbe動詞と共に使われて、「完了」を表すことがあるのです。現在完了のhaveと同じ用法に相当します。 例: He is gone.「彼は行ってしまった」 The work is done.「仕事は済んだ」 5.ご質問文は「何かが残っている」という、「完了の状態」を全部否定し、「もう何も残っていない」という完了の状態を示しているのです。 6.以上からご質問文の意味は文脈に応じて 「これ以上何も残っていない」 「もう何も見当たらない」 などとなります。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

このたびも解り易く教えてくださいましてありがとうございます。 muchが不加算名詞ということで、とてもよくわかりました。There is 3 minutes left. Thare are five apples left. 等と、同じように考えることが出来て、名詞部分を変えていろいろ応用できそうです。【主述関係を伴うthere is 構文】、is leftが「完了」の用法、is done, is goneと同じ働きであることと、沢山を学ぶことができました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • There is文 について

    There is文 について There is S 分詞 の構文に関して、このSと分詞の関係を、後置修飾と考えられている方がいるので確認します。 わたくしは、There is 文は倒置と考えますので、 There is plenty of wine left. のような文の元は Plenty of wine is left there.で受動態。 後置修飾だと Plenty of wine left is there. 何か不自然です。 名詞での修飾語・被修飾語は直結しますので、後置修飾ではないと思うのですが、専門家の方々ご教授願います。

  • there is no better time

    there is no better timeこのno better timeの品詞はなんですか? there副詞 is(V) no(副詞?) better(形容詞?) time(名詞?) よろしくおねがいします

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 There is no more thing that is left. の略と考えてください。 no more は形容詞的な言葉ですが、thing を吸収して代名詞の役割も兼任しています。 left は過去分詞です。 文全体が受動態になっているのではなく、関係詞 that 以下の部分が受動態になっています。 受動態の後ろの which is, that are,・・・の類が省略されて、過去分詞だけで形容詞的な働きをするパターンは、しばしば出現します。 http://www.eibunpou.net/08/chapter19/19_1.html (上記で、there is とのつながりで、便宜上"thing"と書きましたが、実際は thing のような可算名詞ではなく不可算名詞であると考えてください。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます thng that isを入れるととても解り易くなりました。There is 以下が節になるとまったく考えつきませんでした。過去分詞で形容詞のような働きをするパターンに注意して読むようにしようと思います。ありがとうございました。また、例文・解説が載ってるサイトを紹介してくださいましてありがとうございます。活用させていただこうと思います。 

関連するQ&A

  • there構文のthereの品詞について

    there is(are) +名詞 で始まる構文は形式上の主語はthereで、後に続く名詞が意味上の主語といわれています。 単語としてのthereは場所を表す副詞としての利用法が一般的ですが、代名詞となる場合も辞書などには書かれているので、there構文上のthereは主語の位置に来るので、代名詞かと思っていましたが、副詞であるという人もいます。 thereの品詞というのは本当のところどちらなのでしょうか?

  • -is leftと the rest is- の違いについて

    たとえば、「10分残っている」を英訳する場合、”There is 10 minutes left”だと思うのですが、”the rest is 10 minutes”という言い方も可能でしょうか?ヘルプいただければ幸いです。

  • there is 構文について

    There are only a bit left. の文で主語はonly a bit leftになると思うのですが、a bit とleftの関係が分かりません only a bit is left と考えればよいのでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • there is, there areについて

    こんにちは。 英語で、there areの後には複数名詞が来ると習いましたよね。そして、there isは単数名詞ですよね。私もずっとそう思っていました。 例)There are so many people in Tokyo. しかし、ネイティブの方が、 There's so many people in Tokyo. のような使い方をするのを本当によく聞くのです。 これはなぜなのでしょうか?そして、もしこのような言い方をすることがあるのであれば、それはどのような時に起こるのでしょうか。 ご存知でしたら教えてください、よろしくお願いします。

  • leftについて!

    there was no pizza left. この文のleftは形容詞で、 一時的な状態のため一語でも後ろから修飾しているのでしょうか? わかるかたお願いします。

  • There is ”人名”ってありですか?

    英語の勉強のために、英語で書かれた本を読んでいます。 その中に、 There was Willie, the "Good Boy" of the village. って言う文があります。 私の持っている文法の本には、 There be動詞+A(名詞)の主語にあたるAには、通例代名詞や特定の名詞は置けない。 と書いてあります。 Willie←は人名みたいなのですが、これは特定の名詞にあたらないのでしょうか? 何事にも例外はあります。これは、普通はダメだけと場合によったらOKの例外的表現でしょうか? よろしくお願いします。

  • There is/are a A and a B.

    こんにちは、釣り質問じゃありません。 基本中の基本で、普通はareと習いますよね? AとBが共に単数名詞でも、片方が複数名詞でもareですよね?  でもネイテブの参加するフォーラムを覗いていたら、Aが単数名詞だったら、isという意見が多いような印象を受けて、戸惑っています。 There is a red kind and a green kind http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2848254 There is one apple and two pears. http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2822319 日本の教科書や参考書では、どう書かれていましたっけ? 手持ちのものでは、全部areなんですが、There is a Aと言った後、Bの事言うの忘れてたと思った場合にのみ、There is a A and a B.だけど、始からAとB両方頭に入っていたら、There are a A and a B.だと書いてあります。 でもネイテブのフォーラムでの回答を見ていますと、 There is a A and (there is) a B.という感覚ですよね? 始からAとBについて話す(/書く)つもりでも、isと言う人もいるんですよね? 文法的にどうなっているのでしょうか? よろしくお願い致します。(*過去質問で既に出ていないか調べてみようとしましたが、there is構文の過去質問が多すぎて調べ切れませんでした。 もう既に何度も話し合われた事でしたらすいません。)

  • there isはなぜ第一文型なんですか?

    There is no better time to visit beautiful Sidney, and Sidney Tours can help! There is(V) no(副詞?) better(形容詞) time(名詞)(S) to visit(to不定詞他動詞の役割) beautiful Sidney(O), and Sidney Tours(S) can help(V)! 上の文について1つだけでも教えて下さい 1,これは等位接続詞で繋がれた重文ですか? 2,andの前にカンマがあるのとないのでどう違うのでしょうか? 3,これは第1文型ですか?その場合SとVが逆になっているのになぜ第一文型になるのでしょうか? よろしくおねがいします

  • left の使い方

    There is a box left.と There is a left box.の"left"はどう違うのですか。

  • There is much money あってますか?

    There is much money. There are much money. どっちが正しいのですか? お金は不可算名詞だから、IS ですか? MUCH があるから ARE ですか? 教えてください