• 締切済み
  • 困ってます

破産者が法人であり、所有株式の議決権は?

ある会社の株主総会の招集通知を作成するのに困っています。 その会社は、現在まで600株を発行しており、そのうち400株 の株式を親会社が所有していましたが、4ヶ月前に親会社は倒 産してしまい、またその会社の代表取締役も自己破産の手続 きが開始されてしまっています。 そのため、破産管財人がその株式を管理している状態です。 QNo.201642で、議決権行使者は破産者であると回答がありま したが、法人の代表取締役は民事の委任の終了要件に該当し、 その法人には平取締役(3人)しか残っていない状態で、誰が その破産株式会社の代表で議決権を行使できるのかがわかり ません。 このような場合は、誰に対して招集通知を送ったらいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1314
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2

>この破産法第78条の条文のどの部分が、破産管財人が議決権を行使できると定められていると解釈できるのでしょうか? 「破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利は、裁判所が選任した破産管財人に専属する。」となっています。破産会社の有する株式も破産財団に属する財産であり、その株式の議決権の行使は管理行為にあたります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足にも回答していただきありがとうございます。 破産管財人へ招集通知しようとおもいます。

関連するQ&A

  • 欠席をする株主総会に対する議決権の行使

    今度、私が株主の一人でもある、取締役会非設置の小さな会社(さらに代表取締役が辞任していて現在空席)で株主総会が開かれます。ただ、その日は都合が悪く出席できないのですが、いくつかある議案のうち、1つを除き全て反対したいと思っています。 上場しているような企業の場合、「議決権行使書」というものをあらかじめ書面で郵送しておけば出席および有効な投票として扱われるようなのですが、こういう小さい会社で、かつ招集通知にも定款にも議決権行使書に関する記載が無い場合でも有効なのでしょうか? また、開催まで日がほとんど無いため、法的に有効な議決権行使書の書き方のサンプルのようなものも探しています。ご存知の方、助けて頂けると幸いです。

  • 遺産分割協議未了の閉鎖会社の株式の議決権等について

    こんにちは。 以下の件で悩んでおります。 弊社(中小企業であり、株式の譲渡には取締役会決議が必要です。)の株主が亡くなりました。この方は20%ほどの株式を持っていました。 この相続人の間で遺産分割協議は未了であり、株主名簿の書き換え、株式譲渡の請求もされていません。(なお、株主名簿の閉鎖期間はありません。) 上記の状況で、弊社の定時株主総会のため、招集通知を送付する時期がやってきました。ここで、わからない点がいくつもでてきました。 1 定時株主総会の招集通知は、亡くなった株主に対して発送することで問題はないでしょうか。 2 以上の状況で当該株式に係る議決権は相続人の誰かが行使できるのでしょうか。 3 2で、Noの場合、取締役会の決議により、相続人全員の共同での議決権行使を承認することは可能でしょうか。 弊社は、株主同士の対立があるために、株主総会決議が確実に有効となるような方法をとりたいと考えております。 法律に明るい方のお知恵を拝借させていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 議決権の委任について

     当社役員A(代表権無し)は、株式会社Bの副社長をしており、かつ、当社は(株)Bの株主です。 (株)Bの株主総会において、当社役員Aは代表取締役として出席します。 このとき当社の株主としての議決権を、役員Aに代行させることは出来るでしょうか。  代行出来る場合、根拠となる法令等あればご教示願います。また、その際、委任状は必要でしょうか。ちなみに、当社で代表権を有するのは取締役社長のみで役員Aに代表権はありません。 (参考)1法人において、ある個人が役員かつ株主である場合は、個人としての権利を行使出来ると思いますが、今回のように、ある個人が一方で副社長、一方で法人株主の役員の場合、当該個人は法人株主の議決権を代行し、代表権と議決権、2つの権利を行使出来るでしょうか。

  • 回答No.1

>誰がその破産株式会社の代表で議決権を行使できるのかがわかりません。  破産管財人です。 破産法 (破産管財人の権限) 第七十八条  破産手続開始の決定があった場合には、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利は、裁判所が選任した破産管財人に専属する。 2  破産管財人が次に掲げる行為をするには、裁判所の許可を得なければならない。 一  不動産に関する物権、登記すべき日本船舶又は外国船舶の任意売却 二  鉱業権、漁業権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、育成者権、著作権又は著作隣接権の任意売却 三  営業又は事業の譲渡 四  商品の一括売却 五  借財 六  第二百三十八条第二項の規定による相続の放棄の承認、第二百四十三条において準用する同項の規定による包括遺贈の放棄の承認又は第二百四十四条第一項の規定による特定遺贈の放棄 七  動産の任意売却 八  債権又は有価証券の譲渡 九  第五十三条第一項の規定による履行の請求 十  訴えの提起 十一  和解又は仲裁合意(仲裁法 (平成十五年法律第百三十八号)第二条第一項 に規定する仲裁合意をいう。) 十二  権利の放棄 十三  財団債権、取戻権又は別除権の承認 十四  別除権の目的である財産の受戻し 十五  その他裁判所の指定する行為 3  前項の規定にかかわらず、同項第七号から第十四号までに掲げる行為については、次に掲げる場合には、同項の許可を要しない。 一  最高裁判所規則で定める額以下の価額を有するものに関するとき。 二  前号に掲げるもののほか、裁判所が前項の許可を要しないものとしたものに関するとき。 4  裁判所は、第二項第三号の規定により営業又は事業の譲渡につき同項の許可をする場合には、労働組合等の意見を聴かなければならない。 5  第二項の許可を得ないでした行為は、無効とする。ただし、これをもって善意の第三者に対抗することができない。 6  破産管財人は、第二項各号に掲げる行為をしようとするときは、遅滞を生ずるおそれのある場合又は第三項各号に掲げる場合を除き、破産者の意見を聴かなければならない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答していただきありがとうございます。 この破産法第78条の条文のどの部分が、破産管財人が議決権を行使できると定められていると解釈できるのでしょうか? 教えていただけると幸いです。

関連するQ&A

  • 破産法の破産者の範囲

    破産法第2条 4  この法律において「破産者」とは、債務者であって、第三十条第一項の規定により破産手続開始の決定がされているものをいう。 において、「破産者」の定義が定められていますが、 法人が破産した場合には、 どこまでが「破産者」になるのでしょうか。 代表取締役、取締役等、どこまでが含まれるのかを教えてください。 また、許認可関係の欠格要件関係で「破産者で復権を得ないもの」とありますが、破産した会社の役員は、破産中はこの要件に該当するのでしょうか。 教えてください。

  • 議決権の有無

    議決権があるかどうかを教えてください。 A社は、株主が約100名ほどいます。 A社の代表取締役甲と、その家族乙、丙で、約20%ほど持っています。 株主の一人に、B社がいます。 B社の株主は、甲、乙、丙の3人であり、この3人で100%持っています。 この時に、B社は、A社の株主として、議決権は行使できるのでしょうか?

  • 株式会社の議決60%必要が55%のときは?

    株式会社の定款に議決は株式の60% 以上でなされる とあります 株主は全部で20人で、それぞれ1株 もっています 今回 決算が済み株主総会で役員改選 となりましたが、11対9と対立して 取締役が一人も決まりません 何度 株主総会を開いても同じです この場合に、直近の代表取締役の現在の 権限は どういうものになりますか? また、厳密には今はだれも取締役でも ないわけであって、直近の代表取締役の 名前を外部に表現するときは、現在は 正式な代表権を持っていないことを 相手に示すような 例えば 「任期消失 代表取締役」などのように、相手に 何の問題もない普通の代表取締役 では ないんだなと わからないと 取引の安全がそこなわれるおそれが あると思いますが、まだ権限があった時 と全く同じように振舞っても何も問題は 無いのでしょうか?

  • 株主総会の議決権について

     おはようございます。   代表取締役がすべての株式を保有しており、他に二名の取締役がいるのですが、この場合株主総会の議決権はどうなるのですか?  そもそもこういった形での株主総会は成立するのですか?          

  • 破産者が株主の場合

     破産管財人は、「破産財団の管理および処分をなす」権利を持っているわけですが、破産者が、株を持っている場合、その配当利益の管理・処分や、株式自体の換価・配当を管財人がなすのはいいとして、株主としての議決権は、どうなるのでしょうか?そういった共益権の行使までも、管財人のものとなるのでしょうか?  また、株式に財産価値がないとして、破産宣告・同時廃止になった場合、管財人はつきませんが、この場合は、この株式について、議決権は誰のものになるのでしょうか?  破産したら、株主として欠格になるという条文はないと思いますが、管財人もつかず、換価手続もないとしたら、議決権は、破産者が行使するしかないように思いますが?

  • 代表取締役の退任について

    こんばんは。株式会社のことで質問させてください。 平成元年に設立された株式会社で、現在、取締役が1人(株主でもある)、代表取締役が1人(株主ではない)がおります。この代表取締役は今年の6月で2年の任期が満了します(取締役兼株主も含めて株主は10人います。)。株主としましては、代表取締役の再任はしない予定です。来月くらいに臨時株主総会を開いた上で、「代表取締役については、取締役の再任はしない。」ということを決議しようと考えております。 お聞きしたいのは、株主総会の招集手続と株主総会の議事録の件です。 この会社は特に取締役会の設置などの取り決めはしておりません。そうすると、代表取締役以外のもう1人の取締役でも株主総会の招集を決定できることになるのでしょうか? できるとしたら、その取締役単独の名前で、株主に対して招集通知を送付すれば良いのでしょうか? また、株主総会には、任期満了に伴う退任を決議される代表取締役の同席させなければならないのでしょうか? 同席の必要があるのであれば、株主総会の開催を当該代表取締役に伝える必要があるのでしょうか? 株主総会の議事録には、代表取締役の署名・押印が必要なのでしょうか? 以上、貴重なお時間を割いて申し訳ありませんが、どなたかご教授ください。よろしくお願いします。

  • 「譲渡制限株式の議決権」について教えてください

    私は特例有限会社(株は私と取締役の義兄で半分ずつ持っている。)の代表取締役ですが、義兄が3年前に亡くなったので彼の息子を取締役にしましたが、素行が悪く無断欠勤が続くため解任したいのですが、下記の理由で議決権を認めず株主総会で解任の議決ができるでしょうか。 1 相続による名義変更申請がいまだされていない。(他の相続人の印    が無いと認められないと思う。) 2 最近発覚したのですが、義兄の株の一部分がその息子に生前贈与され ていたらしい(譲渡制限株式なので贈与された部分は会社の承認が必 要だと思われる。これもよくわからない)その株数は不明です。 通常だと私の持分は過半数ではないのですが、これらの状況で過半数を主張して解任できるでしょうか。わかる人教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 非公開株式会社の株の所有者

    私個人が代表取締役として、非公開株式会社の法人登記をしたのですが、登記簿謄本に書かれている情報等は以下です。 ●発行可能株式総数→2000株 ●発行済株式の総数→300株 ●資本金の額→300万円 ●株式の譲渡制限に関する規定→当会社の株式を譲渡により、取得するには株主総会の承認を要する となっております。 また、役員は、代表取締役含め3人。定款では、株券を発行しない。としております。 株の譲渡に関しては、理解しているのですが、登記時点で株(300株)の所有者は誰になるのでしょうか?明確な書面もありません。ちなみに、資本金を出したのは、私個人です。 登記時点では、株の所有者は、法人(会社)にあるのでしょうか?それとも私(代表取締役)にあるのでしょうか? 法務局で聞いたのですが、“多分、資本金を出した人かな?”とか言われ、はっきりした回答を得られず困っております。 よろしくお願いいたします。

  • 会社法に関しての質問です

    調べてみたのですが、よい回答が見つからず困っています。 回答の方よろしくお願い致します。 (1) W株式会社は公開会社であり、大会社であり、監査役設置会社である。(なお、種類株式発行会社ではないので、種類株主総会については考慮する必要は無い。 ・A会社の取締役を解任する方法を述べなさい。 ・ W会社の会計監査人を解任する方法を述べなさい。また、それらの方法のうち、取締役を解任する方法を異なる部分を理由とともに述べなさい。 (2) X株式会社とのその取締役Aに関する ・ AがX会社と取引をしようとする場合、どのような手続きを経なければならないか述べ、その手続きを経ないでなされた取引の効力について論じなさい。 ・ AがX会社と取引をした場合において、Aおよび他の取締役のX会社に対する責任について論じなさい。なお、X会社は監査役設置会社であるものとする。 (3) 株主総会および取締役会に関する ・ すべての株主に株主総会の招集通知を発しなければならない場合において、一部の株主に招集通知が発せられずに開催された株主総会の決議の効力について論じなさい。 ・ すべての取締役に取締役会の招集通知を発しなければならない場合において、一部の取締役に招集通知が発せられずに開催された取締役会の決議の効力について論じなさい。 回答して欲しいものが多くて申し訳ないですが、 お願い致します。

  • 代表取締役の解任の取締役会招集について

    取締役会で代表取締役の解任を検討しています。 その場合は代表取締役が特別利害関係人にあたり、 取締役会での意見陳述権・出席権もないと聞いた覚えが有るのですが、 但し定款で代表取締役が招集権を持っています。 この場合も取締役か監査役が まず代表取締役に招集請求後、招集不通知を待ってから 改めて招集しなければならないのでしょうか? (5日待てない状況なので…) お知恵拝借できれば幸いです。よろしくお願いします。