• 締切済み
  • 困ってます

定数変化法と未定係数法どっちを使いますか?

二階の非同次微分方程式で定数変化法(ロンスキアン)と未定係数法がありますが、どちらが解を求めやすいのでしょうか?個人的には定数変化法のほうがいいのですが、講義で未定係数法しか扱ってないのでどちらを使おうか迷ってます。皆さんの意見をください

noname#81393
noname#81393

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数672
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

手計算でぱっと特殊解を見つけたいなら、それっぽい関数をつぎつぎ入れてみて、線形性を使う、てのが一番楽で早いと思います。 消えてしまったらxをかける。 真面目にやる場合は、どっちでもたいして手間は変わらんと思う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 定数変化法って全ての解を出せる?

    微分方程式の初歩の初歩でひっかかってます。微分方程式の定数変化法って、解を仮定して解いてる訳だからすべての解の形をを求めてるわけではないんですか?

  • 微分方程式の定数変化法について

    y'+P(x)y=Q(x)を解く際に まず、y'+P(x)y=0の解を出し、その一般解を求めます。 定数変化法では、その解y=Aexp(-∫P(x)dx)のAをxの変数とみなし、一行目の微分方程式にあうようにAを決定するとしてとくわけなのですが、どうして それで一般性を失わないのでしょうか? それですべての一般解を表せているという事がうまく飲み込めません。

  • 定数変化法を用いて解く微分方程式について

    y''' - 3y'' + 4y' = 0 という微分方程式の一般解を求めよという問題なのですが、 まずy=e^λxとおいてこの式に代入して λ^3 - 3λ^2 + 4 = 0 ⇔(λ+1)(λ-2)^2 = 0 よって特解はλ=-1、λ=2からy=e^(-x),y=e^2x このあと、なのですが参考書では定数変化法を用いてy=a(x)e^2xを代入して求めるとあるのですが、 そこでそうせず、一般解が y = C1e^(-x) + Ne^2xになると考えて Nを定数変化法を用いてN = C2x + C3 であるので一般解は y = C1e^(-x) + (C2x + C3)^2x C1,C2は任意定数 となるという考え方であってるのでしょうか?はたまたこの式だからこういう考え方ができるというだけのでしょうか?

  • 二階微分方程式を定数変化法で解けという問題なんですが・・・

    二階微分方程式を定数変化法で解けという問題なんですが・・・ y''+8y'+17y=2e^-3x という問題の、最後の方がどうしても分りません。助けてください。お願いします。

  • 2階非同次線形方程式

    次の2階線形の微分方程式の特殊解が答えと一致しないので分かる方、教えて下さい。 y''-2y'+y=(e^x)/(√(1-x^2)) 同次方程式として y''-2y'+y=0を解き、λ^2-2λ+1=0からλ=1の重根を出し、ロンスキアンを使う。そして定数変化法により、特殊解を求めたいと思っていますが、ならないのでお願いします。 答えは y=(c1+c2x+√(1-x^2)+xarcsinx)e^x になっている。

  • 微分方程式の問題です。

    微分方程式の問題です。「d^2v/dr^2+(1/r)*dv/dr=a (aは定数)を解く際、u=dv/drとおくと、変数変換したもとの微分方程式の同次方程式の解がu=C/r (Cは定数)で与えられ、次にu=(C/r)*wとおいて、wを求めれば、再び変換することでvを求めることができる。」というのは定数変化法を用いていると思うのですが、u=C/rが求められた時点でu=dv /drを使ってvを求めて、その後定数変化法を用いてvを求めるとうまく求められません。また、変数変換後に定数変化法を用いるのに何か条件などは必要ないのでしょうか?どなたかご教授願います。

  • 微分方程式の質問です。

    微分方程式の質問です。 定数係数2階線形D.E.の一般解を求める問題で、特殊解は定数変化法で求めなければいけません。 y″+4y=4/sin2x です。 解けなくて困っています。 回答おまちしております<(_ _)>

  • 微分方程式で質問です

    『二階線形微分方程式 u''+2u'+5u=5sint を考える。  (1)u0(t)=αcost+βsint が特殊解となるように、定数α、βを定めよ。  (2)一般解を求めよ』 (1)はわかったのですが、(2)がわかりません。 u''+2u'+5u=0 を解いて、定数変化法でやろうかと思ったのですが(1)との繋がりが見えずに困っています。 よろしくお願いします。

  • 未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 

    未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 一階の線形微分方程式の解き方は dy/dt + p(t)y = g(t) のとき e^∫p(t)dt を両辺にかけて そのあとで両辺を積分してyについて解く と習いました。 そして、未定係数法は2階の線形微分方程式を解く方法の一つとして、 習いました。 ここで疑問に思ったのが、 この未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? だとしたら下のような手順でよいのでしょうか? 同次式: dy/dt + p(t)y = 0 の一般解を求める (積分定数が残る) 非同次式: dy/dt + p(t)y = g(t) の特殊解を求める (積分定数はない) yの一般解 = 同次式の一般解 + 特殊解 よろしくお願いします。

  • 微分方程式の係数変化法の質問

    微分方程式の係数変化法の質問 まず同次方程式の解を求め、次のようになりました。 y'+x/y=0 の解 Iny=-Inx+c ∴y=ーc/x しかし、解説にはマイナスはついていません。これはどうしてなのでしょうか?