• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

個人経営の塾の採算について

  • 質問No.4188670
  • 閲覧数2935
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (5/524)

現在、大手塾の塾長をしています。

将来的に、独立して、自らが講師になって、自分の塾を経営したいと思っています。



そこで個人塾経営の経験のある方に、質問させていただきたいのですが、
夕方から夜にかけては、五教科の指導をするとして、
昼間、朝の時間帯には、何をされていらっしゃいますか。

夜の授業に向けての準備でしょうか。
パソコンや外国語を教えていらっしゃるでしょうか。
もしくは他のお仕事、副業などでしょうか。
それともお休みされているでしょうか。




個人塾の経営はなかなか採算的に厳しいものがあると聞いております。

儲けようとはまったく思っていません。
生徒たちの将来に役立つ、効果的かつ温かな教育ができればそれでいいと思っています。

現在と同じように、パートの妻と共稼ぎをしながら、
家族を養っていきたいと考えていますが、
妻の負担をできるだけ、軽くしたいと考えています。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (29/96)

NO.3です。

*生徒が集まるようになるまでは、副業と考えてた方がいいです。
*口コミが最強ですが、時間がかかります。
*昼間は、生徒のための庶務や、営業活動ですが、融通はきくと思います。
*教室を開放しておけば、早い時間から生徒が遊びに来ます。
*乳幼児が親子で利用できるスペースや、 
 お年寄りが利用できるスペースがあると、昼間も埋まります。
*地域社会との接点が多いと、口コミも広がり易いと思います。

こんな感じだと思います。
お礼コメント
teruteruma

お礼率 0% (5/524)

丁寧なご回答を、本当にありがとうございます!
非常に参考になりました。
やはり、塾の経営が軌道にのるまでには、
かなりの艱難辛苦がありそうですね。

しっかりと作戦をたてて、行動します。
本当にありがとうございました。
投稿日時:2008/08/03 18:51

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 30% (29/96)

はじめまして、こんにちは。
先ず、教室になる場所の目処はありますか?
補足して下さい。
補足コメント
teruteruma

お礼率 0% (5/524)

DQragnarokさん
ご連絡ありがとうございます。
現在、奈良在住なのですが、
関西圏内で塾を開けたらと考えています。

妻と私の実家が、大阪にあるので、
できれば関西でと考えております。
投稿日時:2008/07/29 00:09
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (578/1805)

高校生の勉強を全科目、めんどうをみてあげられますか?大学生の教養部程度の全科目、相談にのってあげられますか?小学校、中学校での不登校、落ちこぼしは、将来、大きな問題になるでしょう。
「子ども支援塾」八杉晴実さん、
http://www.arsvi.com/0b/96022916.htm
を読んでみてください。
NHK高校講座http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
http://www.kasetu.co.jp/
http://www.tarojiro.co.jp/index.html
http://www.shufu.co.jp/essay/miyamoto/
吉田松陰の松下村塾をめざしてください。
応援します。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (169/1028)

あなた本気で個人の塾経営やろうとしてますか?
あまり経営を考えないで、口ばっかり個人塾と言っているだけのように聞こえます。

どう採算をとるのか、儲けがいらないなんてのは、キレイすぎるたわ言です。
キチント一家が繰暮らせることが大事、利益が上がらない塾経営は破綻します・・一家離散ですよ。

経営のバランスをとるために、昼間の時間をどうするかは自動的に決まって来るはずですね。
私は、四谷大塚の下で塾経営をし、毎日30~40人の小学生を教えていました・・勿論一人ではなく、何人かの先生を雇ってですが。
四谷大塚のシステムは週単位でカリキュラムが回りますから、日中は準備に追わえれていました。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ