• ベストアンサー
  • 困ってます

銀河系内で惑星が存在しえない領域はある?

銀河系内で、惑星――地球のような惑星に限らず、 ホット・ジュピターのような特異な惑星であっても、 存在しないと考えられている領域はあるのでしょうか? (現在の天文学の通説として。) 例えば、球状星団は恒星が密集していますが、 ああいう状態でも一つ一つの恒星に惑星が回っていることは ありうるのでしょうか? また、銀河系中心付近のバルジも恒星が密集していますが、 惑星は存在しうるのでしょうか? 回答宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数111
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#77472
noname#77472

散開星団では有るになっています。http://www.astroarts.co.jp/news/2007/03/29hyades_planet/index-j.shtml 重力的(物理的に)に存在出来ないと言う以外に無いと断言するのは難しいです。ロッシュ限界内でなければ存在は否定できません。 もうそろそろ結果も出る事でしょう。 http://www.astroarts.co.jp/news/2000/11/08hst1/index-j.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ズバリの回答ありがとうございます。やはり、恒星が密集している領域に惑星が存在するのは難しいか、あってもかなり特異な惑星なのかも知れませんね。参考になりました。

関連するQ&A

  • 銀河系のかたち

    銀河系の全体像は どのような観測から わかったのでしょうか? 夜空の点に見える星はすべて銀河系の星ですか? 銀河系外の星は「銀河」としてしか見えないのでしょうか? 球状星団は銀河系の中心部からはずれたハローにある とされていますが、  なぜハローを銀河系に含むのですか? 球状星団は銀河系外には存在しないのでしょうか? どなたか、よろしくお願いします・・・。

  • ガス惑星について質問です。

    ガス惑星と太陽系外にある地球型惑星・スーパー・アースを持つ恒星系について質問です。 アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」のガミラス星とイスカンダル星があるサレザー恒星系には、「エピドラ」という土星に似たガス惑星が出てくるのですが、ここで質問です。 現代の天文学では、地球に似た質量と大きさを持つ地球型惑星や地球よりも大きい惑星、「スーパー・アース」が確認されているが、では、地球型惑星・スーパー・アースを持つ恒星系にも、ガス惑星も存在してもおかしくないでしょうか?

  • 宇宙の中で恒星が密にあるところ

    太陽系は銀河系の中でさほど星が密でないところに位置しているようですが、銀河系の中で星が密な場所、あるいは星の多そうな球状星団の中などでは、恒星の密度はどのくらいなのでしょうか?そういう尺度があるのかどうか知りませんが、1立方光年あたり何個程度とか…。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

私が考えたのは 微量の不純物を含んだ月程度の大きさの珪素の塊がボイドに弾き飛ばされる そこは超低温なので超伝導状態になる ニュートリノが珪素の塊を貫通してたまたま電子を弾き飛ばす 電流が発生して珪素の塊は原始レベルの素子で構成された巨大コンピューターになる 何億年にもわたって宇宙の各所から伝播してくる電波を受信して膨大な知識を吸収する これくらいにしておきます 球状星団の中はどうなんでしょうか 私たちが惑星と呼ぶような天体は存在し得ないように思います 電磁波のエネルギーがあまりにも大きいので電子レンジの中のような状態だと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再回答ありがとうございます。球状星団に関しては、あまり詳細な情報が流布してない感じですが、仮に宇宙船で内部に進行していった場合の光景はどのようなものか大いに興味がそそられます。

  • 回答No.2
noname#77472
noname#77472

惑星の存在出来ない物理的要素は 片方向の重力場である場合です。 ですので球状星団には存在出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。「片方向の重力場」、初見だったので検索して、『急変する地球』というページを興味深く読ませてもらいました(まださわり程度ですが)。とするとSF小説「重力の使命」のメルクリンは、あんなに苦労しなくても探検旅行が出来たのかな? とも思いました。また「竜の卵」の中性子星の生物も、それを適用すると違う話になるのかな? など楽しい空想にふけれそうです。参考になりました。

  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

恒星が無い空間には惑星は存在しないでしょう たとえば「ボイド」と呼ばれている空間です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。確かに恒星あっての惑星ですものね。後はアルクトゥルスみたいに固有運動の大きい恒星同様な、「浮遊惑星」とでも言えるようなものがありうるか? でしょうか。恒星の消滅によってはじき飛ばされた惑星が、銀河系の質量を振り切ってハローを突き抜けてボイドまで到達する……というのは無理そうですね。参考になりました。

関連するQ&A

  • 太陽よりも大きな惑星は存在するのでしょうか。

     この銀河系には太陽の数千倍もの巨大な恒星が存在しますが、そうした恒星のまわりには、太陽よりも大きな惑星が存在するのでしょうか?  もし存在するとしたら、そんな巨大な惑星に生命が存在する可能性はあるのでしょうか?

  • 第2の地球 太陽系の領域

    SF小説などで地球に住めなくなり人類は別の惑星へ移住・・・みたいな ものがよくあります。とても興味があります。 (1)現実問題、地球と似たような条件の惑星って確認されているのでしょうか?このまま温暖化問題やその他の障害が続くと単純計算で地球はどのくらい年月で生物が住めなくなりますか? (2)銀河系の中に太陽系がありますよね?どこまでが太陽系の領域でそこから先はどうなっているんですか?同じような恒星系が確認されているのでしょうか?太陽系のお隣さんから銀河系中心部にかけての確認されてる恒星や惑星の名前と位置を教えて下さい!

  • 球状星団

    数十~数百個の星がまばらに集合したのが散開星団で、数十万~数百万個の星が 球状に密集したのが球状星団ですが、なぜ、球状星団に含まれる星の数は、散開 星団に含まれる星の数よりも圧倒的に多いのですか?

  • 恒星や散開星団、球状星団の質量について

    タイトルのままですが、いろいろなところに恒星までの距離や明るさは 載っていますが、恒星・散開、球状星団の具体的な質量はどれくらいなのでしょうか? どなたか詳しく載っている本やHPがありましたら おしえていただけないでしょうか?

  • 地球に近い惑星、3個も?

    地球に近い惑星、3個も? =22光年先の恒星に―国際チーム http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000039-jij-eurp 地球からさそり座の方向に22光年しか離れていない小さな恒星には惑星が5~7個あり、このうち3個は地球よりやや大きな岩石質の「スーパーアース」と呼ばれるタイプの可能性があることが分かった。欧州南天天文台がドイツ・ゲッティンゲン大などの国際研究チームによる観測成果として26日付で発表した。 この3個は恒星からの距離が適度に離れ、温度も高過ぎないため、生命に適した水が存在する可能性がある。地球がある銀河系には小さな恒星が非常に多く、ありふれた恒星にも地球に近い惑星がある場合、地球以外にも生命が存在する可能性が大幅に高まる。 この恒星「GJ667C」は、質量が太陽の3分の1程度しかない矮星(わいせい)で、他の二つの恒星と重力で結び付いた3連星の状態にある。このため、惑星からは大小計3個の「太陽」が見えるはずという。 ・ ・ ・ ・ ・ 真の「文明起源」になるために、朝鮮人はこの星へ移住してはいかがでしょうか。

  • 「銀河系」の中に、我々地球人以外に「知的生命体」が存在しますか? 

    「銀河系」の中に、我々地球人以外に「知的生命体」が存在しますか?  過去、同様の質問が何度もなされてきましたが、今回は銀河系に絞ってみました。ちなみに、銀河系の中には、2000億個~の恒星があるといわれ、また、その大きさ(直径)は10万光年くらいだそうです。

  • 「銀河系」の中に、我々地球人以外に知的生命体が存在すると思われますか?

    「銀河系」の中に、我々地球人以外に知的生命体が存在すると思われますか?  過去、同様の質問が何度もなされてきましたが、今回は銀河系に絞ってみました。ちなみに、銀河系の中には、2000億個~の恒星があるといわれ、また、その大きさ(直径)は10万光年くらいだそうです。

  •  太陽系外の惑星に関する質問です

     太陽系外で地球によく似た惑星(水が液体の状態で存在しており、生命あふれる惑星)は極めてまれであると唱える学者もいれば、それらは多数存在していると唱える学者もいるようです(わが銀河系内だけで1億個以上あるという者もいるらしい)。  あまりにも差がありますが、どうしてこうなるのでしょうか(ただし、まだ地球によく似た惑星が多いか少ないかは決められませんが)?

  • 銀河系で知的生命体がいる可能性のある星の数は14~140個!?

    先日、NHK高校講座「地学」を見ていたら非常に興味深いことを言ってました。 それは、 銀河系に地球と同じくらいの高度な文明を持つ知的生命体が存在する星(惑星)がどの位あるのか?というもの。 仮にその星(または地球)から発信された電波を受信し、再びその星(地球)に向けて発信し到達した時点で、お互いその存在を認識=確認するというもので、そこまでに至る可能性ははたしてどの位のものか?・・というものでした。 まず、地球誕生から現在まで46億年の間で電波を他の天体に向けて発信出来る年数を100年(事実、電波を発見し自由に使えるようになったのは20世紀に入ってからの僅か100年)とした場合、同じように恒星の一惑星でたまたま緒条件が幾つも重なり何とか生命が誕生し、かつ奇跡的な進化を経て我々人類と同等、またはそれ以上の文明を持つ知的生命体が存在する確率というか個数は銀河系約2000億~4000億個の恒星(=持っている惑星という意味)の内、僅か14個という実に寂しい結果でした。 また、先の100年をもっと広げてこの先(地球を含めてお互い)1000年文明が続くとした場合は、×10=140個まで増えるとのことだそうですが・・・ いずれにしても、この広大な宇宙に我々人類のような生命体がいるのか?(仮にいたとして現在地球と同時進行で同じような文明を発展させているのか、または途上か、すでに滅亡しているか)、はたして全くいないのか・・・ 以上、このことに興味をお持ちの方からのご意見をお聞かせ頂けたらと思います。

  • 恒星と惑星と衛星のバランス。

    以前からおぼろ気には考えていましたが、『恒星(太陽)と惑星(地球)と衛星(月)』について、お聞きします。太陽系を例に挙げた場合、地球というのは、生物が連続して生存可能な区域内にあるそうです。おそらく地球と太陽の距離が近ければ、今のように春夏秋冬も無く、『住めるには住めるが、暑くて仕方が無い』と言った事や、逆に離れていれば、それこそ惑星中南極または北極のようなもので、寒くて表にも出られないと言った事になったかも知れません。また、太陽と月のバランスも素晴らしく、ほぼ同じ大きさに感じ、月食に感動し、日食にも感動出来ます。さて、当方は、今までこの月と太陽の距離というか?大きさというか?もし、他に同じように、連続生物生存可能領域内に惑星を持つ恒星が存在したとして、その惑星が衛星を付き従えていた場合、やはり、その惑星から見た、太陽のような恒星と、月のような惑星の、見た目の大きさは、地球のそれと、ほぼ似たようなものになるのでしょうか?仮に月が、もっと大きかったり、近くにあれば、衝突の危険もあるでしょうし、それより遠ければ、引力が働かず、離れて行ってしまう等はあり得る事なのでしょうか?偶然に偶然が重なった、宇宙の中でも、他に例がないほどの絶妙のバランスにより、起きた奇跡なのでしょうか?