• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

塩化カルシウムのPH

塩化カルシウムは、強塩基と強酸の化合物、なのに中性ではなくアルカリ性を示すのでしょう? Ca(OH)2+2HCl→CaCl2+2H2O

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数13073
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nious
  • ベストアンサー率60% (359/595)

Ca^2+は、次のようにOH^-と錯体を作る性質が少しあります。 Ca^2+ + OH^- ⇔ [Ca(OH)]^+ ;平衡定数 K=20 よって極僅かに加水分解を起こす事により、極めて弱い酸性を示すかも知れません。 Ca^2+ + H2O ⇔ [Ca(OH)]^+ + H^+ ; 平衡定数 Kw*K=2*10^(-13) だから塩基性を示す事は考え難いですが、弱~い酸性を示す可能性はあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明有り難うございました。

関連するQ&A

  • 塩化カルシウムの塩基性

    塩化カルシウムは、強塩基と強酸の化合物、なのに中性ではなくアルカリ性を示すのでしょう?指示薬のフェノールフタレインが赤くなりました

  • 塩化カルシウム

    塩化カルシウムに水酸化ナトリウムを加えると、白濁しました。---(1) これに塩酸を加えると、白濁が消えました---(2) 別の試験管には、塩化カルシウムに炭酸ナトリウムを加え、白濁しました。---(3) これも塩酸を入れると、白濁が無くなりました。---(4) (1)、(2)、(3)、(4)の化学式は自分的には・・・ (1)CaCl2+2NaOH→Ca(OH)2+2NaCl (2)Ca(OH)2+2NaCl+2HCl→CaCl2+2H2O+NaCl (3)CaCl2+Na2CO3→CaCO3+2NaCl (4)CaCO3+NaCl+2HCl→CaCl2+H2O+CO2+NaCl だと思うのですが、合っているでしょうか?

  • 塩化カルシウム6水和物は何g得られるか?

    「90%のCaCO3を含む石灰石180gから、塩化カルシウム6水和物は何g得られるか」という問題です。 自分では CaCO3+2HCl→CaCl2+H2O+CO2 という反応式から出せないかなぁと思ったんですが、CaCl2・6H2Oの「6H2O」の部分はどう処理すればいいのでしょうか? 教えていただけるとありがたいです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#160321

>強塩基と強酸の化合物、なのに中性ではなくアルカリ性を示すのでしょう… 一般に塩化カルシウムは「化学屋」の間では「酸性」を示す可能性が高いと信じられています。 ですので、塩基の乾燥には使いません。 もちろん酸の乾燥には使えません。不揮発酸と混ずるとHClガスを発生する方へ平衡がずれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実はあるHPの塩化カルシウムの取扱いの注意で、塩カルは微アルカリ性と書かれてまして、疑問に思い調べたのですが良く解らなかったので投稿しました。 そのHPは:http://www.osumi.or.jp/filton/cacl2/cacl2.htm 解答有り難うございました。

関連するQ&A

  • 滴定について(至急・・・)

    カルシウムを最初に水に溶かすと、Ca(OH)2と水素ができて、そのCa(OH)2をHClで滴定し、CaCl2と水ができるという実験についてです。 式にあらわすと、 最初の方は、Ca+2H2O→Ca(OH)2+H2 滴定の方は、Ca(OH)2+2HCl→CaCl2+2H2O このようになると思います。 そこで、もし、カルシウムが、滴定を始めたときにまだ残っていたとしたら、塩酸を加えるたびに、 Ca+2HCl→CaCl2+H2 という反応も起きると思うのですが、カルシウムがこうして残っていた場合、滴定に誤差がでてきてしまうものなのでしょうか? それとも誤差はでないのでしょうか? もしも誤差が出てしまう場合、塩酸はより多く必要になるのか、それとも少なくて平気なのか、教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 中和熱(量)について

    下の化学式による中和反応で発生する熱量をおしえてください。 1)Ca(OH)2+2HF → CaF2+2H2O 2)Ca(OH)2+2HCl → CaCl2+2H2O 3)Ca(OH)2+CO2 → CaCO3+H20 知識が乏しいので上の式だけでは答えが出せないかもしれませんが 他に、条件が必要であればご指摘ください。 宜しくお願いいたします。

  • 明礬と塩化カルシウムの反応について

    明礬と塩化カルシウムの反応について 明礬(硫酸カリウムアルミニウム12水和物:AlK(SO4)2・12H2O)に、塩化カルシウム(CaCl2)を反応させて、硫酸カルシウム6水和物(CaSO4・6H2O)、塩化アルミニウム(AlCl3)、塩化カリウム(KCl)ができる反応は、以下であっていますか? AlK(SO4)2・6H2O + 2CaCl2 → 2CaSO4 + AlCl3 +KCl + 6H2O

  • 塩化カルシウム溶液へのアルカリの添加

    塩化カルシウム(CaCl2)溶液に対しpH調整を行い、アルカリ性にしようとしています。 塩化カルシウム溶液に、アンモニア水を加えると、カルシウムのアンモニア錯体が生成するのでしょうか。 また生成した場合、イオンとして溶解するのか、または不溶で析出するのか、どちらでしょうか。 次に、同じアルカリでも水酸化ナトリウムを加えると、Ca(OH)2が生成し、沈殿してしまうのでしょうか。 pH調整後の溶液中に不溶物は無いことが求められています。 ご存知の方、いましたら宜しくお願いします。

  • 熱化学式の計算問題教えて下さい!

    化学の問題の解き方がわかりません。どなたか教えて下さい! 酸化カルシウム1molに塩酸を加えて1molの塩化カルシウムが出来るときの反応熱は194kjである。また酸化カルシウム1molに水を加えて1molの水酸化カルシウムができるときの反応熱は65kjである。このデータから、熱化学方程式を用いて、水酸化カルシウムと塩酸の反応から1molの塩化カルシウムが出来るときの反応熱を計算するといくらになるか?という問題です。 CaO(固)+HCl(液)=CaCl(固)+OH(気)+194kj CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kj Ca(OH)2(固)+HCl(液)=CaCl(固)+H2O(液)+OH(気)+Q ? この式合ってますか?どうやって計算したら良いのでしょう?よろしくお願いします!

  • 塩化アンモニウム+水酸化カルシウム

    この2つが反応すると 2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2H2O+2NH3 となりますが,これを酸と塩基の強弱の考えのもとに説明するとどうなりますか? 解答を見てもいまいちよく分かりませんでした。 解答には 「酸の強さはNH4+>Ca2+,塩基の強さはOH->Cl-なので弱塩基のNH3が遊離する」とあります。 これは 強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基 という決まりに関係があるのでしょうか? 教えてください。

  • 酸・塩基反応

    酸の反応として、 強酸(例HCl)+弱酸の塩(CaCO3)→強酸の塩(CaCl2)+弱酸(H2CO3=H2O+CO2) になりますよね。 で、質問なんですが、塩基でも同じことができるのかどうかなんです。 強塩基(例NaOH)+弱塩基でできた塩(MgCO3)→強塩基でできた塩(Na2CO3)+弱塩基(Mg(OH)2)が起こるのでしょうか? 炭酸塩でなくて硫酸塩では、 2NaOH+MgSO4→Na2SO4+Mg(OH)2の反応が起こるのでしょうか?また、この反応はNaOHが塩基、MgSO4が弱酸として働く酸塩基反応(中和反応)と解釈していいのでしょうか? 頭の中でぐちゃぐちゃになってしまい、混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 化学反応式の係数

    何度もすいません・・・ 水酸化カルシウム+塩酸 ()Ca(OH)2+()HCl→()CaCl2+()H2O の係数の求め方がわかりません。未定係数法を使うのですか? やり方を教えて下さい!

  • 塩化アンモニウムと水酸化カルシウム

    2NH4Cl + Ca(OH)2 → CaCl2 + 2NH3 + 2H2O (弱塩基の塩)+(強塩基) → (強塩基の塩)+(弱塩基) この時生成された水はどっちの枠組みに入るのでしょうか?それともそもそも関係がなくて余ったから水ができたのでしょうか?バカですみませんがよろしくお願いします。

  • 水酸化カルシウムについて

    カルシウムを水に入れると気体を発生しながらとけ、水溶液は白濁してくる。反応式を答えよ。 という問題で、 答えはCa+2*H2O→Ca[OH]2+H2で、これはわかったのですが、 解説を見ると「Ca[OH]2は水にあまり溶けないので白濁する。」とあります。水酸化カルシウムは強塩基なので水にはよくとけるんじゃないかなと思ったのですが(電離度が大きいと強酸強塩基に分類されるのですよね?) 問題集が間違っているわけはないので、自分はどこを勘違いしているのでしょうか? よろしくお願いします。