• 締切済み
  • 困ってます

退職後の出産手当金について

近日職場に相談を持ちかけようと思ってる内容です。昨年9月付で入社した職場(福祉系)は「看護師以外の産休・育休制度に前例なく妊娠した場合は退職」との条件でした。入社してからその事を知り、知りながら妊娠しました。退職の事と出産手当金の制度改正により退職した場合には支給されない事は制度・職場の規定なので仕方ないと考え、上司と相談し退職日を11月20日に(給料の締め日でキリよくという事で)決めました。その後調べてみると産前42日から出産予定日までに退職すると出産手当金がもらえるかも?という事で、今一度職場に相談を持ちかけてみようかと考えているところです。 そこで、出産予定日がH21年1月11日ならば上記のような内容で支給条件が満たされるのはいつを退職日にすればよいのか?有給は残り5日残ってますが、退職日に勤務した場合支給されないとの情報でどのように消化すれば支給対象となるか?を教えていただけたらと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数302
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.1
  • origo10
  • ベストアンサー率71% (393/552)

 以前、類似の質問にアドバイスしたことがあります。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3410316.html(類似質問)  出産手当金の継続給付の受給のポイントは、次のとおりです。 1 1年以上の強制被保険者期間あり 2 その資格を喪失した際に出産手当金の支給を受けている者 3 「出産手当金の支給を受けている者又は受ける資格のある者」とは、  (1) 出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前42日までの間に  (2) 労務に服さない(産休等取得) 【注意点】  「産休」等を取得せずに退職されると、在職中はもちろん、退職後も出産手当金を受給することはできませんので、注意が必要です。  「2 労務に服さない(産休等取得)」が欠かせない要件となっています。  質問者さんの場合、9月に入社されてすぐに健康保険の被保険者となっていれば、9月以降の退職で「1」は満たせると思います。  「出産予定日が平成21年1月11日」ということですので、42日前は平成20年12月1日になると思います。(予定日は産前に含め、予定日を含めて42日前) http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu09.htm#02(12 出産に関する給付B 出産手当金)  土曜日、日曜日、祝日が休みとすると、11月20日まで勤務、11月21日、25日、26日、27日、28日まで年次有給休暇取得、12月1日付けで退職(12月1日は1日のみ産休)であれば、ぎりぎりで要件が満たせるのではないかと思います。 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/info02_43.pdf(11ページ 問4a:厚生労働省) (http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02e.html(医療制度改革に関する情報・健康保険に関するもの:平成19年1月31日付け事務連絡:厚生労働省))  ただこれは、机上の話で、体調不良により会社を休まざるを得ない場合もあり、また検診等は法的には会社は休めますが多くの場合無給になってしまいますし、周りの目もあり、年次有給休暇を使わざるを得ないケースもあると思います。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3703191.html(参考?検診等母性保護関係) http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2991427.html(参考?つわりと傷病手当金) http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/pdf/seisaku05e.pdf(女性労働者の母性健康管理:厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/pdf/seisaku05f.pdf(働きながらお母さんになるあなたへ:厚生労働省) http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/josei/hourei/20000401-25-1.htm(母性健康管理指導事項連絡カード) (http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/index.html:厚生労働省))  退職日は12月に入ってからであればいいと思いますが、会社が了解してくれるかどうかが問題だと思います。退職願(届)を出していないのでしたら、まずは就業規則等会社の規定を確認して、上司の方との話し合いではないかと思います。  年末のボーナスの基準日が12月1日の場合、12月1日の在籍者はボーナス支給対象となる場合もあり、会社は11月30日付けの退職(ボーナス不支給)を求めてくる可能性もあると思います。(これも問題と思いますが・・・。) http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3421210.html(参考?退職とボーナス)  また、社会保険料の事業主負担の点から、当初の話し合いのとおり11月20日付けの退職(月中途の退職の場合、その月の健康保険・厚生年金保険の保険料がかからない)にしてほしいと言われる可能性もあると思います。 http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-12436/(参考?月中途退職と社会保険料) http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hojin/02/02.htm(回答要旨・理由)  法人が負担する社会保険料は、被保険者が月末において在職している場合には、同者に係る保険料を翌月末日までに納付することとなり、被保険者が月の中途で退職した場合には、同者の退職月に係る保険料は納付する義務はない(健康保険法第156条第3項、厚生年金保険法第81条及び第19条第1項)ことによるものです。  「妊娠中の女性労働者を退職勧奨により労働者の意思に反して退職させること」については、法的には、男女雇用機会均等法違反なのですが・・・。  退職せざるを得ず、退職日の変更の相談にも乗ってもらえないないのであれば、「妊娠中の女性労働者を労働者の意思に反して退職させること」が法的に問題があることを指摘して強く出ることも、交渉の駆け引きかもしれません。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3547921.html(参考?妊娠中の退職勧奨等) http://www.wakayama.plb.go.jp/kintou/kikai/kikai08.html(参考?妊娠中の退職勧奨等) http://www.wakayama.plb.go.jp/kintou/kikai/kikai09.html(参考?妊娠中・産後1年以内の解雇) http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2810247.html(参考?産休と育児休暇 取得困難) http://www.nagasaki.plb.go.jp/q_and_a/index.html(仕事を続けたい、子育てもしたい)  産前42日以降に年次有給休暇を取得して労務に服さない日があれば、資格喪失後に出産手当金の継続給付が受けられるようですが、詳細は保険者(健康保険組合・社会保険事務所)に事前に確認され、慎重に退職日を検討されることをお勧めします。  傷病手当金の継続給付の場合、退職後に「一旦稼働して傷病手当金が不支給となつた場合には完全治癒であると否とを問はず、その後更に労務不能となつても傷病手当金の支給は復活されない。」という解釈運用もなされています。12月以降の退職日に産休を取得して欠勤としてそのまま退職される(出産手当金を1日分発生させる)と問題ないと思いますが、12月1日に産休を取得し、12月2日に出勤して12月2日付けで退職した場合、資格喪失後に出産手当金の継続給付が受けられるか等については未確認です。「退職日に勤務した場合支給されないとの」とのご質問ですが、このような退職の可能性があるのでしたら、退職日を決める重要なことですので、確実な回答を得られる保険者(健康保険組合・社会保険事務所)に具体的なことを説明して確認されることをお勧めします。 http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/infom-index.htm(社会保険事務所) 【その他参考?URL等】 http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1456/C1456.html(退職届の撤回等) http://www.pref.osaka.jp/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A223.pdf(退職願の撤回等) http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200403.html(退職願の撤回等) http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-210/roudousoudan/jirei/jirei24.html(退職願の撤回等) http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/taishoku/J01.html(退職届の撤回等) http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1888526.html(確定申告等) http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/10.htm(確定申告等) http://papa.fpex.info/koujo.htm(確定申告等) http://www.e-roudou.go.jp/annai/k_kinto/21004/2100412/2007032601.pdf(働く女性の妊娠・出産と育児に関する労働法) http://www.gifu-roudoukyoku.go.jp/kintou/ikukaihou/maternity.pdf(働く女性のマタニティースケジュール) http://www.hokkaido-labor.go.jp/7koyou/sonota/sonota02.pdf(妊娠・出産や育児のために利用ができる制度) http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%92%8d%4e%95%db%8c%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=T11HO070&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(健康保険法) http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%fa%90%b6%94%4e%8b%e0%95%db%8c%af&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S29HO115&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(厚生年金保険法) http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=10054(昭和26年5月1日 保文発1346号 北海道保険課あて 厚生省保険局健康保険・厚生年金保険課長連名回答) 3 資格喪失後継続して、傷病手当金の支給を受けている者については、保険診療を受けていても一旦稼働して傷病手当金が不支給となつた場合には完全治癒であると否とを問はず、その後更に労務不能となつても傷病手当金の支給は復活されない。 http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=10081(昭和27年6月12日 保文発第3367号) (四国電力健康保険組合、徳島支部常務理事あて 厚生省保険局健康保険課長回答)  法第58条において「継続シテ報酬ノ全部又ハ一部ヲ受クルコトヲ得ベキ者ニ対シテハ之ヲ受クルベキ期間、傷病手当金又ハ出産手当金ヲ支給セズ」(現法第108条「報酬の全部又は一部を受けることができる者に対しては、これを受けることができる期間は、傷病手当金又は出産手当金を支給しない。」)と規定されているが、これは被保険者の給付受給権の消滅を意味するものではなく、その停止を意味するにすぎないから、その者が資格を喪失し事業主より報酬を受けなくなれば、法第55条(現法第104条)により当然にその日より傷病手当金は支給すべきものと思料される。従つて、例示の場合、その傷病手当金は資格喪失の日から療養の給付期間満了の日(昭和27年11月25日)まで支給すべきものと考える。  なお、法第55条の「資格ヲ喪失シタル際、疾病、負傷又ハ分娩ニ関シ保険給付ヲ受クル者」(現法第104条「その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているもの」)とは、現にこれらの保険給付を受けている者は勿論その受給権者であつて、法律第58条(現法第108条)の規定により一時給付の停止をなされている者をも含むものと解されるから申添える。

参考URL:
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/info02_43.pdf,(11ページ)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変ていねいで詳しい回答で感謝します!退職も手当金も完全に諦めていたことだけに、これからもうひと頑張りだなという気持ちを奮いたたせていただけたように思います。社会保険事務所に退職日の事や申請の時期など問い合わせてから会社に相談してみようと思います。本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 出産手当金について

    現在、妊娠中の者です。 今、パートですが自分で社会保険料を支払って働いています。 4月17日が出産予定日で、3月20日付けで退職します。 あるサイトで、『出産手当金を退職後にもらうことは基本的にできません。 出産手当金を受けるための条件には、 1.勤め先の健康保険に加入していて、産休中も継続していること 2.出産後も仕事を続けること(被保険者資格が継続していること) という条件を満たす必要があるのですが、出産後に退職すると2の条件を満たすことができなくなるからです。 ただし、場合によっては退職後でも出産手当金の支給を受けることができることもあります。 出産手当金は産前42日から支給されますので、 ・産前42日~出産 までの間に退職をすれば、出産手当金の支給対象になります。』 というのを見たのですが、 私も場合によっては(予定日がずれる可能性がありますが)産前休暇開始まで働いていることになります。 この場合、私の出産手当金の期間はどれくらいになるのでしょうか? もし、予定通り4月17日に産まれたとしたら、 私の産前は3月5日から始まるとしても、勤務先からの給与が出てるので、3月20日までの手当金は対象外になるのかなぁって思っています。 そうなると、3月21日以降は手当金の対象になるのでしょうか? また産後は手当金の対象になりますか? ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

  • 会社退職後の出産手当金について教えて下さい。

    会社退職後の出産手当金について教えて下さい。 この度、妊娠致しまして、2011年1月11日が出産予定日になります。 制度の改正があり、会社を退職すると出産手当金が貰えなくなったとのことですが、 産前休暇が2010年11月30日からなのですが、それ以降に退職すれば手当てが貰えると 人づてで聞きました。 私は2010年12月末退職予定なのですが、出産手当金は貰えるのでしょうか? 実際に退職された方で出産手当金を貰った方はいらっしゃいますか?

  • 出産手当金について。

    出産手当金について。 下記内容で出産手当金をいただけるか、教えてください。 退職日 5月15日 出産予定日 6月23日 出産日 7月1日 *退職日は公休で出勤してません。 *それ以前は有給消化です。 *被保険者として1年以上加入。 産前42日前以降退職日までに欠勤がないと支給対象にならないと聞きました。 公休で出勤してない状況が、欠勤扱いになるかいまいちわかりません。 お答えお願いします。

  • 出産手当金と退職後の保険について

    出産手当金と退職後の保険の加入について教えてください。 出産予定日が4/14です。 3/10まで出勤して3/11から欠勤扱いでお休みします。そして3/20付けで退職となります。 この場合退職日が産前42日以降になるので出産手当金の支給対象になりますよね?そうすると支給期間は3/11から産後56日までということでいいのでしょうか? あと、退職後の保険ですが、主人の会社の扶養条件が「向こう1年間の所得推定額が130万未満」となっています。 例えば1月から3月間での給与合計と出産手当金でもらえるであろうおおよその金額を足して130万を超えないようなら主人の主人の扶養に入れるのでしょうか? それとも130万÷(12ヶ月×30日)の計算で3612円以上になってしまった時点で扶養にはなれず、国保に加入しなければいけないのでしょうか? また、国保に加入したとしたら支給期間が終わる産後57日目から主人の扶養に入ればいいのでしょうか?

  • 出産手当金について教えてください。

    10月12日出産予定日です 8月31日退職した場合 ちょうど42日なんですが、出産手当金ってもらえますか?? もし、出産日が1日でも遅れたら 出産手当金ってもらえないんですか???

  • 出産手当金について

    現在妊娠中で、会社は産休が取れないため、出産前には退職予定です。 去年改訂された出産手当金について、詳しくご存知の方いらっしゃいますでしょうか? 以前は、辞めてから6ヶ月以内の出産なら手当金が支給されたのが、改訂後は、産後も仕事を続ける人にしか支給されなくなる、というものです。 ”退職させられる人の出産手当金をもらう法”というのを、あるサイトで読んだのですが、それによると出産予定日の42日以降なら出産前に退職しても手当金をもらえる可能性があるというような内容でしたが、詳しいことがよくわかりません。 もし、そのようなケースで手当金の支給を受けたかたや、詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひお話を聞かせてください。 去年の改訂は、どう見ても退職させられる妊婦が不利益になる改訂に思えて悲しいです。 かなり長い間働いていましたので、産休があるのなら産後も復帰したい気持ちはもちろんあるのですが、会社は産休制度が全く機能していないので無理なんです。・゜・(*ノД`*)・゜・。 どなたかご存知の方、回答お待ちしております。 よろしくおねがいいたします。

  • 退職後の出産手当金など

    初めまして。 出産の為、10月末で退職する為、出産手当金や扶養の事を色々と調べています。 だいたいは、分かったのですが、まだ分からないことがあるので、教えて下さい。 出産予定日→12月4日 退職日→10月31日 強制被保険者期間→約5年 (1)産前42日以降の退職の為、退職しても、出産手当金をもらう事が出来ますよね? (2)退職日(10月31日)に労務に服していない事が条件となっていますが、10月31日に年次休暇を取れば、出産手当金支給の対象になりますか? それとも、欠勤しないとだめですか? (3)扶養についてなのですが… 給料が時給制で 時給1100×7.5時間勤務(土日祝日休み)=1日8250円支給 されているのですが、出産手当金をもらう場合、旦那の扶養に入る事は出来ませんか? (4)よく、12月に出産すると、税金がたくさん戻るっていう話を聞くのですが、どういう事ですか? 産まれてくる子は、旦那の扶養に入れるつもりなのですが、旦那が年末調整すれば良いのですか? 他に自分で何かしないといけないのですか?

  • 出産手当金について教えて下さい。

    出産手当金について教えて下さい。 私は12月30日に出産予定です。 出産予定日から42日前まで、56日後が出産手当金の対象になると書かれています。 これでいきますと、11月18日までの勤務でその後は産休と言う形になると思います。(出産手当金対象期間に入る) しかし、もし11月末まで勤務を続けた場合、この支給額が少なくなる事がありますか?? 12日間長く働く場合・・・12日分職場からお給料が支給される事になるので、出産手当金としていただける金額が少なくなってしまいますか?? 分かりにくい表現で申し訳無いのですがご回答宜しくお願いします。

  • 出産手当金について

    以前にも出産手当金について質問させていただいたのですが・・・ 私は会社を産前休42日後の2月いっぱいで退社し出産手当金を申請しようと思い会社の人事の人と相談していましたが、1月20日に早産してしまい1月末の退社にしていただきました。 休日は土日祝祭日なので1月16日まで勤務し、19日は検診の為休んでいました。 そこで質問なんですが、出産手当金申請書の出産のため休んだ期間(支給期間)はいつからいつまでになりますか?? 産前42日の休日も支給対象になるんですか??

  • 出産手当金を受給したいのですが…

    平成19年の4月から出産手当金の支給が改正になると聞き、色々調べておりましたら、ココにたどり着きました。 私の出産予定日は5月18日です。 私の会社は、産休は取得しにくい状況にありましたので、出産手当金の受給は諦めて、もし5月11日までに出産出来れば、出産手当金を受給出来ると認識しておりました。 しかし調べるうちに、産前42日に入ってから退職すれば、5月11日以降に出産しても、出産手当金を受給出来る事を知りました。 私の予定日が5月18日ですので、産前42日前の、4月6日まで勤務すれば、5月18日以降に出産しても出産手当金を受給出来る事は可能なのですか? 産前42日とは、出産予定日を含めて42日前なのでしょうか? 無知識な私ですが、教えて頂けると助かります。 ※現在の健康保険には、一年以上加入しております。