• 締切済み
  • すぐに回答を!

土地の賃貸借契約

 亡くなった親の不動産(土地)を相続することになりました。この土地は賃貸借契約となっているので、賃貸借契約を改めて結びなおすことになります。相手方は、当方の土地にはみ出して家を建てたので、仕方なく賃貸借契約を結ぶことになった経緯があります。  そこで、私が改めて賃貸借契約を結ぶにあたり、次のような内容の条文を契約に盛り込むことは可能でしょうか(文言は練り直す必要があると思います)? 1) 貸手の同意を得ることなく、借手は、貸手の土地の上にある借手の建物を増改築しない。 2) 貸手の同意を得ることなく、借手が、貸手の土地の上にある借手の建物を増改築した場合、本賃貸借契約は終了し、借手は更地にして土地を直ちに返却するか、あるいは、借手は、本賃貸借契約の対象となっている土地を時価にて直ちに買い取る。借手が更地にして土地を返却する場合、更地にするための費用は借手が負担する。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数462
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

 契約の当事者(地主)が相続人に変わるだけで、契約を結び直すことにはなりません。  もし、相続で契約を結び直し条件も変わるとすると、よほど若い地主とでなければ、恐ろしくて借地契約など出来ませんよ。そもそも借地は契約期間が長いのが当たり前ですから。  結局はビジネスの相談ですから、弁護士にきちんと聞いた方がよいでしょうね。弁護士であれば法的にいんちきな方法であっても依頼者有利に持っていってくれるでしょう。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地賃貸借が伴う建物賃貸借契約の印紙

    通常建物賃貸借契約書には印紙貼付不要ですが、明らかにその土地の賃貸借契約が締結される場合には、課税となります。別個に土地賃貸借契約を締結(そちらは印紙貼付)していてる場合でも、当該建物賃貸借契約に印紙を貼付する必要はあるのでしょうか。

  • 2年間の土地賃貸借契約

    2年間の土地賃貸借契約 某市に土地を賃貸することになりました。 ある施設の改築の間の仮設施設の設置を目的とした土地賃貸借契約(契約期間2年)を結びます。 これはいわゆる借地権ということですよね? 調べたところ借地権は30年未満の期間の場合、30年となるとあったのですが、 今回の場合も期間2年という契約書でも30年となるでしょうか? 事業用定期借地権でも10年以上とありました。 予定では2年の期間終了後は仮設物を取り壊して、更地に戻すという話しなのですが、 これは契約書にはどのように記載があれば問題ないでしょうか? 気になる点としては、 ・期間2年と記載があっても30年は使用されるのではないか? ・事業用定期にしても10年以上は使用されるのではないか? まとまりのない質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

  • 建物賃貸借契約の敷金について(長文ですいません)

    ちょっとややこやしいお話なのですが、よろしくお願い致します。 A(賃貸人)とB(賃借人)の間で建物賃貸借契約があります。 10月中にはその契約を解除しようと考えています。 ここでちょっと問題がでてきたんです。 もともと更地はあり、この更地をAが借りました。 更地にAが建物を建て、その建物をBに貸したという 契約なのですが、建物のお金は(2)にある BがAに支払った敷金で建てたようなのです。 それでAに解除を申しいれた所、更地にして返して欲しい と言われたのです。 そうなると建物の解体などでお金がかかりますよね。 それでBはAに支払った敷金を全部とは言わないが 返却して欲しいと言ったのです。 そしたらAは敷金の事はは知らないと言ってきたのです。 いったいどういう事なのでしょうか? 下記に契約書の内容を一部書きます。 Aはその所有する建物をBに賃貸した。 (1)賃貸借の期間は2年間とする。   この場合2年を過ぎるとどうなるのでしょうか? (2)賃貸敷金としてBはAにお金を支払った。   契約を解除したらある程度の   敷金は戻ってくるのでしょうか? (3)賃貸借契約満了後又は賃貸借契約解除後は、本件建物を 原状に回復し明け渡さなければならない。賃貸借期間満 了後又は賃貸借契約解除後本件建物の明け渡しに至るま では、1ヶ月賃料の倍額の金員をその日数に応じて賠償 金として支払うものとする。   原状に回復にかかった費用は、自己負担ですか?   賠償金とはどういう事で? その他賃料として毎月一定の金額を支払っています。 一度支払いが出来なかったのですが、これはなんらかの ペナルティになるのですか? 結局建物は今現状、誰の物なんでしょうか? ご意見よろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#65504

>賃貸借契約を改めて結びなおすことになります。 勘違いされている様子ですが、いきさつは相手に問題があったようですが、借地契約を一度結ばれたのでしたら、それは相続の対象として、契約そのものも相続することになります。 つまり、契約を結び直す必要はなく、結び直しではないので、相手の承諾無しに契約内容の変更もすることはできません。 今までの契約内容に1,2の内容が盛り込まれていなければ、相手の承諾がなければ変更・追加は無理です。 また、1,2の様な内容は、建物を目的とした借地契約である場合、契約にあって地主の承諾無しの増改築が禁止されていても、状況によっては裁判所が地主の承諾に代わる増改築許可を出すことがあり、最初にそのような取り決めがあっても、その契約が絶対有効になるとはいえない内容です(いきさつからすると裁判所は許可を与えないかもしれませんが)。 残念ながら借地借家法という強力な法律により借り手が保護されているため、建物がある場合、地主の権利や民法にある契約の自由は大幅に制限されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 賃貸借契約の相続?について

    賃貸借契約を結んでいる土地がありますが、契約者が死んでしまいました。その際、どのような手続きを取ればよいのでしょうか。変更契約書で対応できますでしょうか。また相続人全員から何らかの同意書を取るべきでしょうか。教えてください。

  • 建物の賃貸借契約について

    この度、建物を借りて店舗を開設しようと考えています。建物の賃貸借契約において、契約を解除する際には、新しく借主を見つけてくるか、あるいは建物を買い取らないといけない、と契約書に書いてあったのですが、こういった建物の賃貸借契約では、よくあることなのでしょうか?

  • 賃貸借契約について

    現在、マンションの一室を周辺近隣より3万円程安い価格で貸しています。そこで、周辺近隣と賃貸価格を合わせようと考えています。建物賃貸借契約の種類は一般借家契約で契約期間は現在のところ平成24年3月25日から平成25年3月24日の1年間です。(自動更新)に契約上なっています。 そこで質問なのですが、借主と家賃値上げ交渉を行おうと思っています。もし、借主が値上げに応じない場合、建物賃貸借契約を解除できるのでしょうか。また、平成25年3月24日まで契約期間が残っている状態で、契約が切れる半年前に建物賃貸借契約を解除できるでしょうか。うまく伝わっているか分かりませんが、よろしくお願いします。

  • 建物賃貸借契約

    建物賃貸借契約、建物賃貸借契約の改定合意書は立会人として宅地建物取引主任者の印がなくても「書類として」成立するのでしょうか。客観的にこの契約は成立していると言えるのでしょうか

  • 土地の普通賃貸借契約について質問です。

    27年前に店舗用建物所有を目的とした借地契約を結び、その土地に2階建ての建物を建築し所有しています(表示登記も済ませています)当初より3年に一度、貸主側で作成する3年更新の土地賃貸借契約書を取り交わしてきました。 当初より建物は、事業用として他人に賃貸し、現在の賃借人は1Fを飲食店、2Fを従業員用住居として使用しています。土地貸主の申し出により、 先日、その3年更新の際に、土地貸主より「30年で土地を返却する約束だったから、3年後は更新はナシ、返してほしい」との申し出がありました。当初その様な取り決めをした覚えはないし、何より、現在建物に入居中の飲食店オーナーは3年後以降も当地で商売を続けたい意思をもっています。 田舎なので、事を荒立てたくない気持ちが強いので、私としては土地の返還には応じる気持ちはあるのですが、心配なのは現在建物入居中の飲食店オーナーへの賠償がどうなるのかです。 【質問1】 上記の理由を飲食店オーナーに説明し建物賃貸借の解約申し入れをした場合、オーナーから店舗改装費や移転費用などの補償を要求された場合、建物貸主である私に補償義務は発生するのでしょうか? (飲食店オーナーとの建物賃貸借契約の更新期間は2年間、双方からの申し出がなければ同一条件にて更新される。解約の申し入れの猶予期間については貸主からは6カ月前、借主からは3カ月前、という内容で現在入居10年目になります) 【質問2】 借地借家法では建物所有目的の土地賃貸借の更新期間は当初30年、最初の更新時が20年、それ以降は毎回10年。それより短い更新期間を定めてもそれは無効である、と私は理解しているのですが、その趣旨から行くと、今回、万一話がこじれた場合、土地貸主の返却の申し出を拒否する事も法的に可能だと思うのですが、いかがでしょうか? 【質問3】 もっとも好ましい方法として考えているのが、現在私が有している、建物所有権と賃貸権をそのまま土地貸主に無償にて譲渡する、というものなのですが、恐らく土地貸主は「更地にして返してくれ」と主張してくる事が予想されます。その場合に発生する建物解体費及び駐車場の舗装撤去費などは、私が全て負担しなければならないものなのでしょうか? 以上、 どなたかお詳しい方、ご教示よろしくお願い致します。

  • 土地賃貸借契約の解約でもめてます。

    コンビニの土地賃貸借契約を昨年5月末に締結し、工事開始の1週間前に突然、この出店自体を解約することが決まりました。幸い、田んぼの埋め立て工事に入る前の決定でしたので、実質的な損害は、昨年と今年の稲作無収穫分などですが、契約書の中で中途解約と解約金の条項があり、賃借人は賃貸人に対し、6ヶ月前の予告をもって、この契約の解約を申し入れることができる。ただし、賃借人はこの予告期間にかえ、6ヶ月分の賃料相当額を賃貸人に支払い、即時解約することができるものとする。また、賃借人の申し入れによる解約が為された場合には、敷金の無利子預託の定めに関わらず、賃貸人は、賃借人が賃貸人に預託中の保証金の解約時における未償還残額の9割相当額を、解約金として没収することができるとあります。 昨日、コンビニ会社に前項についての6ヶ月分の解約金を請求しました。敷金はまだ頂いてないので触れませんでした。しかし、土地工事開始の契約が終わってないから、この条文は無効だと言われました。 土地賃貸借契約の締結は、この条文にある契約を指すとしか我々は読み取れなかったのですが、先方の言い分は本当に正しいのでしょうか?土地賃貸借に詳しい方、是非、教えていただけませんか?

  • 土地の賃貸借契約時の特約として・・・

    (1)土地の賃貸借契約を結び、借主が土地上に建物を建てました。 (2)期間満了を理由に貸主が建物収去土地明渡請求をしました。 (3)裁判では和解交渉もなされましたが、成立しないまま結審という  直前に借主は建物買取請求をしましたが時機に後れたものとして  却下されました。 (4)借主は基準時後に建物買取請求をしました。 時機に後れたものとして排斥された買取請求権でも 再度行使すれば、認めるべきという考えが多数であると思います。 しかし、それではあまりにも貸主が不憫であると思います。 そこで本題ですが、貸借契約時の契約書に 【建物買取請求権を行使する際は、早期に行使するものとし  基準時後の行使の場合は、買取額の一割を減すことに同意す】 などといった特約を入れた場合、裁判ではこのような特約は 認められるでしょうか?

  • 賃貸借契約の物件の表示について

    亡父が事業者と建物の賃貸借契約を公正証書で結んでいましたが、その事業者が高齢で賃貸借を終了することになりました。幸いに別の事業者が同じ建物を借りてくれることになったのですが、前の公正証書の物件の表示が建物「鉄筋コンクリート葺二階建工場兼事務所 一階○平方米,二階○平方米」となっていました。前の事業者は土地と建物両方使っていましたし、これから契約する事業者も同じように使います。 それで疑問なんですが、物件の表示には土地の表記は入れないほうがいいのでしょうか。土地を入れると貸主のほうに何か都合の悪いことがあるのでしょうか。生前父が土地を貸してその土地に建物を建てさせると土地が返してもらえなくなるというようなこと言っていましたが、建物だけの賃貸借契約でいいのでしょうか。教えてください。

  • 土地賃貸借契約の契約者が亡くなった場合

    当社が借りている土地の地主(土地賃貸借契約の契約相手(個人))が亡くなりました。 土地は奥さんが相続し、次回より奥さん名義に地代を振り込みしてくださいとの連絡がありました。 この場合、契約書は作り直しする必要がありますでしょうか? もし、しない場合、将来的に考えられる問題点はありますでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 土地の賃貸借契約について

    私の所有している40坪程度の更地を貸して欲しいという人が現れました。なんでも近くに建設中の建物の建築職人の飯場を一時的に建築したいとのことで、工事が終れば原状に戻して返却するということでした。 つきあいのある不動産業者もいないので、自分で契約書を作成して貸そうと思うのですが、土地所有者と借地上の建物の所有者との間のトラブルなどの話を聞くと、きちんと約束どおりに更地にして返してもらえるのか不安になります。こういった場合、どのような点に注意して契約書を作成すればよいのでしょうか。また、重要事項説明書を作成する場合、貸地の場合はどういった事項が重要事項になるのでしょうか。不動産に詳しい方、教えていただければと思います。