• ベストアンサー
  • 困ってます

夏の白馬だけ、アイゼンが必要?

白馬だけに登ろうかと迷っています。 まず、ガイドブックに、 「雪渓があるため、アイゼンが必要」 と、書かれていますが、7月の連休でも、必要なのでしょうか。 次に、猿倉からの上りは相当きつそうな気がします。 このところ、登山の最後には膝の筋が痛くなります。 体力的に自信がないので、栂池のゴンドラ方向から上り、猿倉へは下るのはどうかと思っています。 でも、急な下りの方が、かえって膝にはきついのでしょうか。 「きつい」という表現は、ひとそれぞれに違うのですが、ご経験のある方の、その方なりの独自のご感想をうかがえますでしょうか。 場合によってはゴンドラで上がり、同じ道を下るほうがよいかなとも思います。 ガイドブックの写真をみると、山頂は相当な込み具合でした。 登山道は、行列状態に人が多いのでしょうか。 山小屋は二つあるようですが、泊まったことのある方、どのような感じか、教えていただけますでしょうか。 女性は、トイレが気になります。 以上、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4588
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「7月の連休」の頃は、白馬岳が1年のうちで最も美しい姿を、登山者に誇らしげに見せてくれますよ。 もちろん、この頃でも雪渓はたっぷり残っています。 アイゼンの要・不要についてですが、雪渓を歩き馴れた登山者以外は、ワンタッチの簡易型で十分ですから、装着した方がより安全だと思います。 それに、雪に足を取られながらの歩行は、想像以上に脚の疲労を蓄積させます。 なお、白馬尻の村営の小屋でレンタルしておりますので、購入するには及びません。 >体力的に自信がないので、栂池のゴンドラ方向から上り、猿倉へは下るのはどうかと思っています。 >でも、急な下りの方が、かえって膝にはきついのでしょうか。 はい、膝が不安でしたら、やはり雪渓を下るのはお勧めしたくないところです。 さらに、白馬岳登山の醍醐味、魅力となると、やはり大雪渓を登り、広大なお花畑の中を歩いて頂上を目指すところにあると思いますから。 >ガイドブックの写真をみると、山頂は相当な込み具合でした。 >登山道は、行列状態に人が多いのでしょうか。 好天に恵まれそうなら、「行列状態」と山小屋での混雑は覚悟する必要があるでしょうね。 私は、「村営白馬岳頂上宿舎」に泊まりましたが、トイレは男女別ですし、綺麗ですからご心配には及びません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 とても行きたくなりました。 なんとか、膝が痛くならないように筋力をつけると同時に、体重をおとすべくがんばりますっ!! アイゼンを借りることができるとのこと。 栂池に降りる場合は、どちらに返却するのでしょうか? 自分でも調べてみます。 とてもありがたい情報で、助かります。

関連するQ&A

  • 8月14日の夜白馬に泊まる、栂池まで送って!

    8/15朝に栂池自然園から、白馬大池経由で白馬岳に登り 8/16朝から大雪渓を下って猿倉に出ます。 大阪から自家用車で行こうと思うのですが、栂池に車を置いておいた場合 猿倉からタクシーで栂池まで行くのでしょうが、いくらぐらいでしょうか? また、白馬地方ののペンションなどで14日に泊まると15日早朝に 栂池まで送ってくれて、16日に猿倉まで迎えに来てくれ、その間自動車も 預かってくれる宿なんかないでしょうか? 16日のお迎えはなくてもいいです。 どうしたらよいのかお悩み中です・・・

  • 栂池=>白馬=>猿倉 or 猿倉=>白馬=>栂池

    栂池からゴンドラ&ロープウェーで自然園まであがって、 乗鞍・大池経由で白馬岳、村営に宿泊して、翌日に 猿倉に降りようと思っています。 このコースの逆の大雪渓を登って白馬岳を目した場合 白馬岳頂上を07:00ならば、自然園には何時になりますか? また、このコースは大変ハードだと思えるのですが、 栂池出発に比べて体力比でどれぐらいでしょうか? 八ヶ岳から白馬岳に変更することにしました。

  • 白馬岳について

    7月中旬に白馬岳登山を計画しています 前日に猿倉まで自家用車で行き、朝一からのスタートで大雪渓を登る予定です。 白馬山荘に一泊の予定ですが 復路は大雪渓の下りか栂池か、白馬は初めてにつき思案しています。 アドバイスをお願いします。 都合上下山日には大阪に帰りたいので。 40代の夫婦(登山歴7年)で3000m級は20前後 夏山専門につき冬季は大阪近辺の1000m級で6本爪でトレーニングしています。 *スパッツは必要ですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • monn93
  • ベストアンサー率0% (0/2)

白馬には夏に3回登りました 一昨年は、大雪渓を登って朝日~小川温泉に下りました 雪渓にアイゼンは必携です。失礼ですが、経験がない方のようですから、雪渓を下るのは1度登ってからになさったほうが良いと思います。 栂池からも登ったことが有ります。その時は朝日~蓮華温泉に下りました。このコースも、白馬大池近辺に残雪が有ると難儀をします。 どうぞ、現地の残雪情報をお確かめください。 白馬は沢山のお花も、稜線歩きも、頂上からの展望もどれを取っても一級の山だと思います。3回とも頂上では白馬山荘に泊まりましたが、心配したほど込んでいませんでした。ここでは展望レストランでワインもビールも頂けます。トイレも沢山有りますよ。 無理のないコースで、白馬を楽しんでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 展望レストランでワインもビールも頂ける・・・!? 夫は大喜びでしょう。 お天気がよければ、良いです。

  • 回答No.2
noname#160718

 白馬の大雪渓はそれほど傾斜は強くないので、雪渓歩きに慣れた人なら登下降ともアイゼンは必要ありません。転んだら最後、もう止まらない・・・というような傾斜ではありませんから。  大雪渓を歩く時期としては、7月中が最も良いでしょう。これより早いと(例えば6月)落石の危険が大きいですし(雪が融けていく際に浮いた石が大量に落ちる)、遅いと(例えば8月下旬以降)雪渓が切れて不安定になります。  とはいうものの、雪渓歩きに馴れていないのであれば、アイゼンを装着することで安心感が確保されて歩き方が安定するので、やはり装着をお奨めします。4本爪の簡易アイゼンで十分です。本格的なアイゼンは初心者にはむしろ引っかけて転んでしまう危険性の方が危惧されますから。  アイゼンは白馬駅前の白馬館駅前案内所でレンタルできます。  白馬尻の小屋ではレンタルではなく販売じゃなかったっけ?いずれにせよ、レンタル料も販売価格も大差なかったと思います。この界隈の小屋の営業期間中に登ったことがありませんし、元よりアイゼンを借りたり買ったりすることもしないので、あまり記憶が定かではありませんが。  そのあたりは事前に白馬村と白馬館(この界隈の山小屋はほとんどこのどちらかの経営です)に問い合わせてみて下さい。 http://www.vill.hakuba.nagano.jp/index2.html http://hakuba-sanso.co.jp/  猿倉~白馬岳の登りは"楽ちん"というわけではありませんが、変化に富んでいるのでそれほど辛くはないと思います。並みの体力があることが前提ですが。  また、ご質問のとおり膝には下りの方が圧倒的に辛いです。  雪渓は慣れた人なら非常に楽に下れるのですが(雪渓では足にかかる衝撃が圧倒的に少ないため)、慣れていない人がおっかなびっくり下ると却って辛いでしょう。歩行そのものも登りより下りの方が技術的に難しいですし、初心者でしたらやはりここは素直に「登る」ことをお奨めします。  膝痛のカバーには、ストックを使うのが良いのでは。  それも片手で持つT字グリップのものではなく、両手で持つスキーのストックのようなものの方が膝の負担を軽減するには良いです。雪渓上でのバランスの補助にもなりますし。  また、サポートタイツ(ワコールやモンベル、ノースフェイス等が販売しています)も場合によってはかなり劇的な効果があると聞きます。 http://www.cw-x.jp/ http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=77000 http://www.goldwin.co.jp/tnf/products/under_and_tights/tights/  山小屋については、私は泊まったことがないのでよく判りません。  まあ、日本で一番登山者が多い山ですから(山頂付近の狭いエリアに1000人規模の山小屋が2つもある山なんて他にはありません)、トイレ等を含めた施設は整備されていると思いますが・・・  問題は天候で、7月の連休頃だとこの界隈(北ア北部)はまだ梅雨が明けていない年が多いです。梅雨明け前の、まさに前線が上空に居座っている「大荒れ」になることも多いので、天候には十分注意をして下さい。  天候に恵まれて楽しい山行になることをお祈りしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本で一番登山者が多い山なのですかあ。 1000人規模の山小屋が2つ・・・!? そうでしたか。 では、道に迷う心配はなさそうですね。 ストックとタイツは、良い方法ですね。 揃えたいです。 五竜のほうが、標高差的にはお手軽かな・・・とも思えますが、雪渓とお花畑も経験してみたいし・・・うーん、です。

質問者からの補足

お礼なのですが、追加できませんので、補足にいれさせていただきます。 白馬村観光局に問い合わせると、アイゼンは、駅前の「おじさんの店」と、総合案内所でもレンタルしているのですが、朝五時半でもあいているとのこと。 助かりました!!!

関連するQ&A

  • 猿倉~白馬鑓温泉の登山道について

    温泉が好きで、いつか白馬鑓温泉に行ってみたいと思っているのですが、ガイドブックを見ても詳しい説明を見つけることができませんでした。猿倉から鑓温泉を往復するコースにしようと思っています。 登山といえば、富士山に3回と、上高地~涸沢を往復したくらいです。(パノラマコースを通ったので、鎖場も歩きました。いずれも一人で 行きましたが、下山時は、同じく一人で登ってきた登山経験豊富な女性と鎖場を帰ってきました。) 雪渓も通ったことはありませんし、軽アイゼンも使ったことはありません。そこで質問です。 (1)猿倉~鑓温泉までの道の詳細は、どのような本を見ればいいのでしょうか? (2)どの程度の山を登っておけば、鑓温泉に挑戦しても大丈夫なものでしょうか? 滝も好きで、ある程度整備された山道を一人で歩くことはありますが、もともと登山を目的にしているわけではないので、登山仲間の会などに入るのは気が引けてしまいます。 こんな質問をするものが登る山ではないと、指摘をされるのは覚悟して いますが、情報が欲しいのです。宜しくお願いします。

  • 軽アイゼンの存在意義が無い気がします。

    先日初めて雪渓の登山道を登ってきました。 アイゼンは用意していなかったのですが、 野営場の方にも問題ないと言われ、 実際、歩く上での問題は感じないで 楽しむことができました。 その際、登山道を歩いていて、前を歩いている方が 少しきつくなった傾斜で立ち往生しているのを見かけました。 2人とも6本爪と8本爪のアイゼンを付けていました。 その傾斜、私は普通に登れました。 そこで、今回の疑問が思い浮かんだのです。 土踏まずにあるあの爪を使おうとすると、 傾斜に対して平行に足を置こうとしてしまいますよね。 あれって、逆に傾斜を登りにくくしている気がします。 ブーツの爪先や踵を蹴り込めないアイスバーンに対して、 12本爪や10本爪のアイゼンが有効なのは理解できます。 でも土踏まずの歯は、 傾斜が少なく柔らかい雪面では意味が無いし、 急斜面のアイスバーンで足の裏を傾斜に置こうとすれば、 頭から滑落する危険性さえ出てくるのでは。 夏山専門だった私の行動範囲が 軽アイゼンで広がるなら購入を検討したいのですが、 どうも正しい使い方が想像できません。 トレッキングブーツでの雪渓歩きと、 アイゼン&ピッケルのアイスクライミングの間に、 軽アイゼンが必要とされる場面というのは あるのでしょうか。 もしくは軽アイゼンが無いとこういう場面で危険だから ぜひとも持つべきという初心者へのご注意があれば。 よろしくお願いします。

  • 5/20から涸沢に行きたいのですが・・・

    5/20~1泊or2泊程度で涸沢まで行きたいと考えております。各山小屋の登山道情報もチェックしていますが、実際最近涸沢に行かれた方のご意見をお聞きしたいのです。 関東在住30代女性 冬山経験なし アイゼンは白馬の大雪渓に利用したのみ 2年で百名山の30座を登頂(槍ヶ岳、八ヶ岳、白馬、立山、富士山等) 涸沢ならば小屋泊まり、横尾ならテント泊 同行者は私と同じレベルの方です。 雪崩の心配等はありますか?登山道で特に危ない部分はありますか?1度しかアイゼンの経験がない私では無理でしょうか? あと、特に持っていった方がよいものがあれば教えてください。 また、他にお勧めがあれば教えてください。 もちろん最終的には自分の責任で選びます。 よろしくお願いいたします。

  • 白馬岳登山

     宜しくお願い致します。  7月の21・22日に一泊二日で白馬岳に登ろうと思っています。  予定としては明け方白馬着、猿倉駐車場に車を止め登山開始。  白馬大雪渓を通り山頂で泊まり翌日下山と考えています。  そこでアドバイス願いたいのですが、2日目の下山の際、来た道を戻るのではなく別ルートで降りるとしたらどのようなルートが考えられますでしょうか。(ゴールは駐車場のある猿倉です。)  また、この時期の猿倉駐車場の混雑具合などわかりましたらお願い致します。  <ちなみに私は26歳男性。16歳弟と登ります。弟は剱岳登山経験アリですが私は2,000m級の山、初登山です。> 

  • 栂池から白馬岳

    いつかは、猿倉から大雪渓を登りたいのですが、体力的に自信がありません。 栂池から登るというのは、イマイチの計画でしょうか? ・・・というのは、私以外のメンバーは、体力も経験もあり、大雪渓を登るのに問題がないのです。 私に合わせてくださるのですが、そのような方たちへ提案する計画として、です。 「なんだあ、大雪渓のぼろうよ。」 といわれると、ヤブヘビになって大変なので、中途半端な提案はしないほうが良いかとも思えるのです。

  • 白馬岳登山の保険

     近々、白馬岳に登山に行きます。  万一に備えて国内旅行保険(ハイキング保険)に入っていこうと思ってますが、「アイゼン使用の登山は対象外」とあります。  アイゼン使用の登山でもOKなのは山岳保険だと思いますが、夏の白馬の雪渓登りがピッケル・ザイルのバリバリ雪山レベルとは到底思えません。  軽アイゼンを着けていると保険の対象外になるなら、アイゼンなしで登らないといけないの?という矛盾を感じてます。(逆に危険な気がする)  白馬の雪渓の場合、万一に備えるためには国内旅行保険ではダメなのでしょうか?  夏の縦走路でも稀に雪渓を横切ったりします。大抵ステップが切ってあるのでアイゼンなしで歩けますが、用心して軽アイゼンを着けてしまうと事故に遭った時に保険対象外になってしまうのでしょうか?

  • 富士山の現在の状況が知りたい。

    今週末に富士吉田口(スバルライン)五合目から山頂へ登り雪渓を滑る予定です。 なるべく新しい登山道情報、雪渓情報を教えてください。

  • 涸沢ヒュッテ~ザイテングラート~奥穂高岳往復ルートについて

    9月上旬に標記のルートでの登山を計画している登山初心者中年夫婦です。 登山の主な経験は以下の通りです。 1.谷川岳:土合口~天神平~肩の小屋~トマの耳       ~オキの耳~トマの耳~西黒尾根~土合 2.白馬岳:猿倉~白馬尻~大雪渓~白馬山荘(泊)       白馬山頂~白馬大池~栂池〔ガイド付〕 3.立山:室堂~雄山~大汝山~雷鳥坂~室堂 4.那須岳:茶臼岳~三斗小屋温泉(泊)       ~朝日岳~大丸温泉 スピードはゆっくり(コースタイムの1.4倍を目安)ですが、安全な山行を心がけています。 ただ、1の西黒尾根(下り)で高所恐怖症の妻がクサリ場で足が竦んで(腰が抜けて)号泣し、コースタイムの2倍以上かかったことが気がかりです。 このような状況ですが、標記ルートご経験者のアドバイスをいただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 登山の出発時間 白馬岳

    4年前より、無雪期に主人と日帰り登山(標高差800~1200m位)を楽しんでいる30代後半主婦です。シーズン5~6回程度。 今回どうしても山小屋泊の登山をしたく、8/23に白馬岳に登る予定です。(猿倉~大雪渓~村営頂上小屋泊~鑓温泉~猿倉1泊2日) 自宅より白馬駅までマイカー1時間、バスで猿倉入り予定。 で、以前より疑問だったんですが、山登りって(特に泊まり)、何時に登り始めるのが普通ですか? 無論早いに越したことはないと思いますが、ガイドブックの1つに、白馬岳登山について「遅くとも昼には大雪渓の入口に到着しよう」と書いてあり、それ遅くないの???と思いまして。 5:45発白馬駅始発バスで行こうと思ってましたが(6時半頃に登り始め)、もう1~2時間遅くてもいいのでしょうか?当日の体力を考えると、早起きのしすぎもツライので。 日帰りのときは大体のんびりと8時頃から登ってました・・。 ご意見いただければ幸いです。よろしくお願いします。

  • 大山に登山予定 雪は解けましたか?

    百名山に挑戦中の者です。 登山道に積雪があると道に迷った苦い経験があります。 ガイドブックでは4月下旬から登山適期ですが、実際は軽アイゼンが無くても登れますか? 鳥取県にお住まいの方、最近登山した方教えて下さい。