• 締切済み
  • すぐに回答を!

培養細胞への巨大DNAの導入

200kb程度の巨大なDNAをを培養細胞に導入したいと考えています。 リポフェクションやエレクトロポレーションではどのくらいのサイズのDNAまで導入可能なのでしょうか。またそのようなおおきなDNAを細胞に導入する方法はありますでしょうか(マイクロインジェクション以外で)。 ご存じであればご教授おねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数1
  • 閲覧数318
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

リポフェクションやエレクトロポレーションで、やってみるしかないんではないでしょうか・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはりやってみるしかないでしょうか・・ どのくらいのサイズまで入れたことがあるとかの情報があればありがたいです。

関連するQ&A

  • カイコの細胞培養について。

    今まで、人ガン細胞培養を行っておりましたが、カイコの細胞培養も行わないといけないこととなりました。 人ガン細胞の培養方法とは、培養液が違う点、培養温度を25度前後にする点、CO2インキュベーター内ではなく通常のインキュベーター使用をする点、以外に注意することはございますでしょうか? CO2インキュベーターを用いないという点が一番不思議に思ったのですが、昆虫系の細胞培養というのはこれが普通なのでしょうか? カイコ細胞培養などに詳しい方にご教授願えましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 細胞培養とウイルス培養に関して。

    もの凄い初歩的な質問でしたら、申し訳ありません。 タイトルにもありますが、細胞培養とウイルス培養って何が違うのでしょうか? 私なりの解釈だと、 細胞培養は、寒天培地などの人工培地に、細胞液?を添加して培養するのに対して、 ウイルス培養は、ウイルスを何かの細胞に組み込んで、それを培養するという解釈ですが、どうなんでしょうか? また、細胞培養、ウイルス培養ともに培養ですが、使用器具や操作方法などに違いはあるのでしょうか? 回答いただけるととても助かります。 よろしくお願いします。

  • HeLa細胞を培養していたら長細い細胞が目立ってきました・・・

    培養を始めて1ヶ月程度のものです。 HeLa細胞を2週間前から培養しています。 最近細長い細胞が1割程度を占めてきました。 特にこれといって問題はないのですが、こんなことはよくあることなのでしょうか? やはり腕が悪いのでしょうか?

  • Hela細胞の培養

    こんにちは。初めて質問します。大学でHela細胞を培養していたのですが、フローズンストックから細胞を起こしたところ、まったく付着しなくなっていました。起こしてから1週間ぐらい様子を見た後も個数は増えているのに、細胞の状態は変わりませんでした。前に培養を終了してフローズンストックを作成してから約1年経過したものを起こしたのですが、これはやはり死んでしまったのでしょうか?判断に困っています。どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授ください。

  • 書籍の選択 培養細胞

    バイオ系の博士1年の学生です。 培養細胞を用いる手法の利点や問題点を、ある程度詳しく知りたいのですが、それにふさわしい書籍を探しています。 実際にこれから培養細胞を使った実験をする予定はないのですが・・ 最近はじめた研究は、「培養細胞を使うよりも簡便な方法」というのがウリの様なのですが、自身が培養細胞を扱った経験が無いため、培養細胞を用いた手法の問題点を具体的にどのくらい解決できるのか、がよくわからないのです。 少し調べると例えば、 「培養細胞は細胞の調整に時間がかかる」 「内在性因子による非特異的な反応が問題となる」 「ロットによって反応に差が出てくる」 などの記述が見られるのですが、では実際細胞の調整にかかる日数は何日くらいなのかとか、非特異的反応で実験がうまくいかなくて困るというケースが実際どのくらいの割合であるのか、などについて 自身の手法と比較するためにも具体的に知りたいのです。 培養細胞を用いるという手法についての歴史や、ある程度詳しく概観するような内容を含む書籍をご存じの方がいらしたら、教えて頂けると助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 細胞への遺伝子導入

    細胞にエレクトロポーレーションでDNAを導入する際の疑問です。 導入するDNAは環状の場合と直鎖状の場合では、細胞へ導入されるときの入りやすさが違うのでしょうか?それとも、導入されてからのDNAの維持の仕方が違うのでしょうか? もうひとつ。安定的な株と、一過的な株の違いはどこにあるのでしょうか?細胞由来だったり、取り込ませるベクター由来だったり、その理由がわかりません(;;)

  • 細胞培養の血清

    実験で培養細胞にリガンドを振りかけて,サイトカインの誘導など色々な細胞現象を見ています. ここで,培養細胞を培養のみしているときは培地に子牛血清を10%入れているのですが,上のような実験をするときには,論文等を参考にして無血清や1%程度の血清濃度で行っています. これは何でですか.宜しくお願いします.

  • 細胞の培養

    人に移植するような細胞の培養方法は、医療行為であり特許は適用されないんですよね? あれ、でもおかしい。確か培養は医師免許がいらない→医療行為じゃないということで、培養方法などは特許権取得が可能なような。 それとも医療行為ではないものの、産業上の利用可能性がないということにあたるからですか? ネットで調べてみたものの、ここのところがなかなか見つからないので、どうかどうか、教えてください。

  • 内皮細胞の培養方法について

    現在、卒業研究のため血管内皮細胞の培養を行っています。 今回、より生体内に近い条件としてトランスウェルという培養容器での培養を試みることにしました。 しかし、培養する細胞は初代培養(primary culture)で、増殖因子を添加した状態でトランスウェル上で培養すると、血管のようになってしまったり、 あるいは、メンブレンフィルター上で不均一な増殖をしたり・・・ 実験に使えるような状態に、上手に培養することが出来ません。 どなたか、トランスウェルを用いた血管内皮細胞の培養方法をご存知の方、方法やアイディアなどありましたら教えてください。

  • 低酸素での細胞培養方法

    今、PBMCの細胞培養をやっているですか、低酸素での細胞培養方法を教えていただきたいです。宜しくお願いいたします。