• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

まんが日本昔ばなしのある話のタイトルが思い出せません。

中盤以降でお坊さんみたいな人と、じゃんけんの様なことをして、負けたらでこピンみたいなことをするのですが、お坊さんらしき人は目が見えていないのか、主人公は負けても嘘をついてしまう話です。 最後、お坊さんらしき人の手が伸びてきて、思い切り一発仕返しをされるという話だったともいます。 1995年以降の作品であることは確実で、かなり後期の話だったとおもいます。 あまりにも怖くて、頭の中から未だに消えません。 でももう一度見たいものです。 情報が少なすぎて、期待はしていませんが、もし心当たりございましたらよろしくお願いたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数103
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#192240
noname#192240

今晩は 「湯侍とあんま」という話ではないでしょうか?↓ http://mannichi.hp.infoseek.co.jp/episode/1449.shtml ちなみに下記によると放送は平成6年(1994年)の4月30日のようです。↓ http://mujina.agz.jp/mbdata4.html ご参考まで。

参考URL:
http://mannichi.hp.infoseek.co.jp/episode/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まさにそれです!! では、動画を探して、14年ぶりにビビってきます(笑) 迅速な対応非常感謝します^^ ありがとうございました^^/

関連するQ&A

  • 漫画のタイトルを教えて下さい

    漫画の、というか何年か前にジャンプの読みきりでやっていたものだと思うんです。 その主人公は特殊能力をもっていて、~は嘘だ、と言葉を発するとその嘘が本当になるような能力だったかと… ある時主人公の前にもっと強い言葉の能力を放つことができる者が現れる。そして誰が言ったかは覚えてませんが、主人公に対し「嘘は弱いんだよ」と告げるシーンがありました。 知りたいのはその読み切り?漫画のタイトルと、漫画家の名前、あと、連載化されてコミック化になったことがあるかどうかです。 何かのコミックに短編で載ってたという情報でも構いません。 心当たりがある方いれば教えて下さい。もうずっと気になっていた作品なので…;( よろしくお願いします。

  • 映画のタイトル教えてください。

    友達などにもたくさん聞いたのですが、私が覚えている事が あまりにも少なくて、そんなんでわかるかって感じだと思いますが、、、。 おぼろげに覚えているのは、オチが、行方不明と思われた人が エレベーターに閉じ込められていただけだったというのと、 途中、倉庫で黒人が踊り狂っているシーンがある。 それくらいしか覚えていません、でも是非もう一度見てみたいと ずっと思ってもう7年くらいたちます。 見たのが1995年くらいだったと思います。 そのとき新作ではなかったので、80年代作品かも知れません。 こんな情報だとどうしようもないと思いますが、心当たりがある方は どうぞよろしくお願いいたします。

  • タイトル知ってる方教えてください

    主人公が田舎へ戻ってくる? 主人公はすこし記憶があいまいなところがある? 1話の最後らへんに 田舎に住むお婆さんが 記憶を失うのも無理はないとかいっていました どちらかというと ラブコメっぽかったです  絵てきに2000年~だとおもいます もしかしたらOVAかもしれません と 記憶の限りではそんなかんじなんですけど。。 心当たりの人おしえてくれませんか。。?

  • 母がしてくれた話

    昔、母が話してくれたお話の、元の作品が何なのか教えていただきたいのです。  小説なのか、映画なのか、作り話なのか何なのか・・・  自分じゃ調べられませんでした。 ちなみにタイトルも作者も何のメディアなのかもまったくわかりません。 内容もうろ覚えで・・・  かなり昔の話なので、記憶も曖昧なのですが、覚えている範囲でお話しします。  主人公は男の人で、どこかで不思議な絵を手に入れます(手に入れた経緯は不明) その絵には草原に立つ、女の人の後ろ姿が描かれています。 主人公は、その絵を(たしか枕元)に飾って床につくのですが、その絵を飾って以来、不思議な夢を見るようになります。  夢は日によって内容は違うのですが、どこか繋がっているようです。 何日目にみた夢かは解りませんが、夢の内容のいくつかをお話しします。  (1) 主人公は洞窟を歩いています。しばらくすると通路の先がT字路になっていることに気づきます。そして、T字路に差し掛かろうとしたとき、頭の中に女の声が聞こえます。  たしか「その先に注意しなさい」と(台詞は正確ではないかも) 男性はちゅういしながら通路の先を陰から覗くと、通路の奥に一つ目の牛のような怪物を見つけます。  すると、また頭の中に「上着を脱いで反対の通路に投げなさい」と 声が聞こえます。 主人公はどうしようか迷ったあげく、いわれたとおりにします。 すると、怪物はその投げた上着の方へと走り去ってしまいます。 そして無事、男はその先へ進める事ができ、その日の夢は覚めます。  (2) その日の夢の中で、主人公は幅のとても広い川の岸に立っています。 その川はとても汚れていて、真っ黒でタールの様にドロドロしています。   主人公はどうやって川を渡ろうかと考えていると、川から点々と岩が突き出ているのを見つけます。 主人公は、その石の上をジャンプして 渡っていくことにします。  しかし、飛び石を続け中程に差し掛かった頃、ものすごく喉が渇いてきます。 汚い川の水でも飲みたいくらいに。  耐えきれず、真っ黒な川の水を両手ですくい上げたとき、また頭の中で女の人の声が聞こえます。「その川の水を飲んではいけません」と  主人公は、迷ったあげく飲むのをあきらめ、飛び石を続け、反対側の岸にたどり着きます。 すると、岸にたどり着いたとたん喉の渇きが嘘のように無くなります。 そして、目が覚めます。  (3) おそらくこれが最後の夢になります。   主人公は草原に立っています。 草原を少し歩くと、先の方に女の人の後ろ姿が見えます。 主人公は、女の人のすぐ後ろまで近づきますが、女の人はこちらに振り向こうとはしません。 女の人に声をかけようとしたとき、また、頭の中で女の声が聞こえます。  「彼女の顔を見てはいけません」と  主人公は、いつものように悩みますが、どうしてもその女の人の顔がみたくて仕方ありません。   主人公は、等々誘惑に耐えきれず女の人の肩に手を置いて、声をかけてしまいます。    その後女の人は振り返ろうとしますが、その後どうなったのか、残念な事に肝心な落ちが思い出せません・・・  暇なときでよろしいので、このお話に聞き覚えのある方がいらっしゃいましたら、コメントいただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 古い感動シネマなのですが、映画のタイトル教えてください。

    内容は1999年に旅行中に飛行機で見た古い映画です。 うろ覚えなため、正確さ鮮明さがなくて申し訳ないのですが・・・。 ・まず貧乏なお坊さんのような人が ぶらぶらしていて、主人公と知り合い。 ・主人公が仕事とするTVCMでお坊さんが商品を売るようになってから   爆発的に売れるようになり、人気者になりお金持ちになり、 ・お金の欲のない明るい性格のお坊さんは、仕事と主人公との友情のためだけに  がんばっていって。 ・その人自体は本当はお金など欲しくなく、人がとても好きな人で  お金のためにどんどんと精神が蝕んでいって。 ・最後、主人公がそれに気がつき辞めさせて自由にする、  とても道徳的な気分にさせてもらえる映画だったような気がします。 TVCMで人気になる役柄がエディーマーフィーのような黒人で垢抜けた人 でした。 エディーマーフィー主演映画でずいぶん探したけれど、 一度も見つからなくて当時、悲しかったです。 どなたかお詳しい人、古い映画で悪いのですが、ご教示ください。

  • 本のタイトルを教えて下さい

    友人から聞いて読みたいと思っている本があります。 友人はタイトル、作者等を覚えていません。 短編集の中の一編だったように思うそうです。 あらすじは、盲目の人達の世界に迷い込んだ主人公が、初めは自分だけ目が見えることに優越感を抱いていたのに、 だんだん目が見えることにより自分の世界が狭まっていると感じはじめます。 最後には主人公も盲目の世界の住人になることを選びます、というよなものです。 どなたか心当たりのある方、教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 腕を切り落とされても追いかけてくる女の話。

    30年くらい前に『こわい話』という児童書に掲載されていたお話です。 内容は、お坊さんが野原で迷って一軒家を見つけて泊めてもらいます。家には女の人が一人ですんでいます。 ここからの展開が良く分からないのですが、何か恐ろしい事があって、お坊さんは(くさりかたびら)を見つけて着込み、逃げ出します。すると、女の人が追いかけてきます。お坊さんは仕方なくその片腕を切り落としますが、それでも追いかけてくるのでもう片方の腕も切り落とします。 覚えているのはこれだけです。この作品の題名がわかりません。 今の児童書にはこの話は見当たりません。この本には他にもイザナギイザナミの話や、鬼にされた孫太郎 もありました。たぶん日本の古典にある話だと思います。絵本ではなくて、挿絵の本でした。 この話の題名の分かる方いらっしゃいますか?

  • タイトルや詳細が思い出せない!

    小学生の頃読んだと思うので児童書だと思います。 所々の描写はすごく印象に残っているのにタイトルも著者も出版者も全く思い出せなくて、もしお心当たりがあれば教えてください。 現代ものですがファンタジックな作品だったと記憶しています。 中学生か、小学校高学年くらいの女の子が主人公。 その主人公は既に死んでいるユーレイで、墓場が舞台。 確か、他のユーレイにはあるのにその子は生前の記憶がない。 生きている(←多分)中学生か高校生くらいの男の子とそのユーレイの少女が出会う。 「雨がしとしとと降っている。寝転がっている私の体を雨粒が通り抜けていく」みたいな、雨がユーレイの少女の体を透き通っていくようなシーンの描写があった。 確か、最後まで記憶が戻らない少女が、現状を変えたくてその男の子と自転車に二人乗りして墓場の門を出たところで話が終わる (上記「確か」とあるのは記憶があいまいではっきりと断言できない点です) お心当たりありましたらお知らせ下さいませ。

  • ある漫画を探しています。タイトルを教えてください

    以前に掲示板で紹介されていたのですが、当時、身内に闘病している者がいたので、すぐに読む気になれず、その時になったら・・・ と思っているうちにタイトルを忘れてしまいました。 内容は ・主人公が女の子 ・ずっと入院生活だが、主人公はポジティブな性格(当時の書き込みより) ・確か母親は亡くなっている。 ・最終回で主人公は亡くなっている(多分)※病院の外に居るのは幽霊になったからか? ・最終回は酒を煽り、娘を亡くした事を悲しみ、泥酔した父を見て、風邪を引かないようにコートか何かを掛けてあげる。 ・最後に母親が迎えに来て一緒に天国へ。(ここで亡くなった事を匂わせている) かなりうろ覚えですが、少しでも「あれ?あの作品かな?」と心当たりのある方教えてください。 宜しくお願いします。

  • 漫画のタイトルが思い出せないんです。

    タイトルの思い出せない漫画があります。 どうか、ご存知の方、お助けください。 15年以上前の作品です。 美術系というか芸術系の漫画で、たしか主人公はマルコ? マルコは少年で、大人と美術制作対決などもするが、常に 人の心を打つ作品を作り、勝利します。 たしか最後は円筒状の石を壁に埋め込む作品を作って・・・ という話だったと思います。 単行本の初めの方は、木を削って鳥を作り、感動をさそう・・・ そんな話だったと思います。 マガジンだったか、サンデーだったか、連載していた雑誌は不明です。 よろしくお願いします。