• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

詐欺罪の時効の日数の起点は?

H13/7にリフォーム工事を請負、施主より3度の入金がありました。 先方の事情により工事が1年遅れ、3年目には会社が倒産してしまい 工事は完了しませんでした。 民事裁判では解決しているのですが、先方は納得いかず、刑事告訴 (詐欺罪)されてしまいました。 初回の入金はH13/7(500万)で、最終入金はH14/8(100万)です。 この場合時効はいつになるのでしょうか? ご回答、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数9569
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • rioric
  • ベストアンサー率34% (10/29)

詐欺罪の公訴時効は7年です(刑事訴訟法250条4号)。 そして時効の起算点は「犯罪行為が終わったとき」(刑事訴訟法253条1項)と法律上規定されていますが、判例上、これは「犯罪の最終的な結果が発生したとき」を意味すると解釈されています(最判昭和62年2月29日)。 ここで、詐欺罪とは「人を欺いて財物を交付させた」場合に成立するので(刑法246条1項)、被害者が財産を「交付した」時点が「犯罪行為が終わったとき」に該当すると考えられます。 そうすると、最終的に支払いが行われた平成14年8月が公訴時効の起算点となり、それから7年後の平成21年8月に時効が完成するものと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

 刑事事件における時効(公訴時効)は,犯罪行為が終わった時から進行します(刑訴253条)。  詐欺罪は,相手から財物の交付を受けた時点で既遂となります。3回の入金が一体の行為として評価されると最終入金日のH14/8から数えます。  3回の入金が独立の行為と評価されるとそれぞれの入金日が,それぞれ起算点となります。  どちらになるかは文面では判断できません。  なお,詐欺罪の時効は7年です(刑訴250条4号)。  ところで,刑事告訴されて,警察の捜査は進んでいるのですか?民事は訴訟で決着がついたみたいですが,質問者さんの書き込みだけで判断すると,刑事事件にはならなさそうですが。質問事項ではないので,深くは突っ込みませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

警察の聴取は2回で終わりました。 捜査官の話では詐欺には当たらとのことでした。 しかし、三ヶ月後(現在)検察官からの呼び出しがありました。 先日、検察庁に出向き検察官の聴取を受けました。 その時の内容は警察での聴取と同じようなものでしたが、 今週、再度出向く予定です。 現在、宙に浮いた様な状況のため、今回の質問をさせていただいた次第です。

関連するQ&A

  • 詐欺罪の時効は7年と聞きましたが

    私は建築業者ですが、ふとした漏水事故から大きな賠償問題に発展してしまいました。 14年前竣工の建物ですが、当時から我慢していたお客様の不満が、今回の事故で一気に噴出して大変な損害賠償請求になってしまっています。 当初の約束と違う不具合のある建物をつかまされた、という事でお客様はご立腹ですが、詐欺罪の時効は7年という話を聞いた記憶があります。お客様が14年前の罪で私を刑事告訴したくても時効になるような場合、お客様は民事で私を訴える事になるでしょうか?お客様は、巧妙にだまされ続けて訴える機会を失った、と怒り心頭のお気持ちを訴えています。 仮に民事で争う事になった場合、不満を14年間我慢したお客様の「我慢行為」=「訴えを起こさなかった」=「早期に訴えなかった不備」という司法判断がされる可能性もありますでしょうか?(こちらとしては助かりますが、お客様が控訴して更に争いが長期化する事が心配です) このような場合、「14年前の工事に関する詐欺」が刑事で時効になったとしても「14年間巧妙にだまし続けられた詐欺」という事で刑事告訴も有効になるのでしょうか? 目下お客様とはなかなか冷静なやりとりができず、言葉をえらびながら慎重に折衝しなければなりませんので色々調べているところです。 請求被害額は最低で6500万円~被害鑑定によっては1億円超になりますので弁護士報酬もとても払いきれず公的機関の無料相談を尋ね歩く事しかできませんが、弁護士さんの無料相談では、とにかく訴訟で決着、という事しかおっしゃってくれませんので、弁護士報酬が払いきれない私のような身の上ではどうしていいのか、刑事告訴されて公費で弁護士をつけてもらうか示談ぐらいしか思い浮かびません。ここのQ&Aでお伺いするにも限度があると思いますが、どうか何とぞお許しいただけます範囲でよろしくおねがいいたします。

  • 詐欺罪で起訴する予定ですが、時効中断は起訴した時からですか?

    私はAという人間から提案された新規事業への投資誘いを受け、約6年程前に1000万程お金を出した者です。 私が調べたところ、その事業が行われたという完全な証拠がない為、Aに投資金の返金を求めていましたが、A曰く 「あのお金は、当時一緒に仕事をしていたBという人間が持って逃げた」などの理由と共に だらだらと先延ばしされ、私も悪いのですが気がつけば6年近くが経過してしまいました。 知り合いから、詐欺罪は7年が時効だと聞いたので、このままでは Aにお金をうやむやにされると判断し、時効を中断させる目的もあって AとAの言っているBという人間の2人を相手とした詐欺罪での 刑事告訴を考えています。 警察に行って事情を説明したのですが、弁護士をたてなければ刑事告訴として受理してくれないようなので 現在、弁護士に依頼して刑事告訴をするつもりなのですが 自分で調べている内に 刑事告訴をしてもすぐに裁判になるわけではなく、検察官(?)が起訴して初めて裁判になると知りました。 このような場合、弁護士をたてて刑事告訴をした時点(警察が捜査として動いてくれた時点)で時効は中断されるのでしょうか? それとも検察官が起訴だと決めた時点(裁判になった時点)から時効は中断となるのでしょうか? また、時効の中断となった場合、その中断の期間などはありますか? 宜しくお願いします。

  • 詐欺罪に当たるか

    マンション管理組合で、平成27年に工事を実施したが、その工事が国土交通省のエコ推進に関する補助金の対象工事であり補助金を受け取りました。 流れとしては5月に申請代行業者として請負契約をした業者が書類提出等の業務を行い、7月の初めに補助金対象事業であることの決定通知書を受け取っている。その通知書を受けて請負契約をして着工し(通知を受け取るまで契約・着工はしてはならないとの注意書きがある)11月に補助事業実績報告書を提出し、12月には確定通知書を受け取り入金となった。この流れに関しては何らおかしいところはなく、正しい手続きにより補助金を受け取ったものである。 しかし7月の中旬過ぎまでマンションの理事会には一切知らされていなかったもので、それは5月の総会資料や7月までの理事会議事録にも記載されておりません。 ところが7月の中旬過ぎになり、業者が訪れて「場合によっては補助金の対象になるかもしれない。」「いや大変煩雑で補助を受けられるかどうかわからない。」「やっぱりだめかもしれない。」等のやり取りが数回に渡りもたらされた結果、「補助金を受け取ることができるかどうかはわからないが、ダメもとで専門の業者に依頼し、その業者に成功報酬として交付補助金の数10パーセントを払う」こととして8月にその専門業者に申請手続依頼の契約をした。しかし申請は5月の段階で済んでおり、手続は工事を請け負った業者が代行業者として書類の提出等を行っているにもかかわらず。 多額の報酬を支払うべく別の業者に依頼する必要はなかったと考える。その専門業者は工事を請け負った業者の取締役が会長となっていることが後になり判明した。 現在は様々な理由で前理事長は失脚しているが、前理事長の失脚に合わせるように専門の代行業者も消滅している。 これは成功報酬として手数料をだまし取った詐欺罪に当たるのではと考えているところです。 また、数か月前から補助金対象工事であることが分かっていて手続きもしていながら、7月まで管理組合には一切知らされていなかったことを考えると、最初は補助金そのものをだまし取ろうとしたのではないかとも懸念されるところです。 私は素人ですので、よくはわかりませんが、詐欺罪は成立するのではないかと思いますし、もし補助金そのものをを狙ったとしたなら、横領未遂(正しい言葉かはわらないが)になるのではないでしょうか。 ご意見をお願いいたします。

  • 民事裁判と刑事告訴のタイミングは

    被害者(例えばイジメでの負傷とか、性的暴行とか)は、民事裁判(損害賠償請求)と刑事告訴(または被害届)との両方を出せますね。 民事裁判(損害賠償請求)は1年から数年、刑事告訴(または被害届)の結着(不起訴処分など)は数か月と思います。 この2つのタイミングとしては、 (1)まず民事裁判(損害賠償請求)をして、その最中に刑事告訴(または被害届)、 (2)まず刑事告訴(または被害届)をして、それが数か月後に結着してから、民事裁判(損害賠償請求)、 (3)まず刑事告訴(または被害届)をして、それが結着する前に、民事裁判(損害賠償請求)、 などの方法があります。 上記の(1)から(3)のどれかにより、被害者側に有利・不利はあるでしょうか? 例えば、上記(1)ならば、「刑事裁判を、民事裁判の相手方を動揺させるために利用しているのではないか」と検察官から思われて不起訴になりやすくなるなど。

  • 刑事告訴の時効について

    たびたびすみません。 強制執行について質問した者です。 民事に勝訴し、このまま相手から、なんの音沙汰もなければ、刑事告訴を考えています。 相談したいのは時効についてです。 詐欺罪になるのですが、お金を取られたのが、 平成12年7月。 警察に相談に行ったのが平成13年7月。 被害届け出していません。  というより、友人関係にあったので相手にしてもらえなかったです。 弁護士に相談したのが平成13年9月。 判決が平成16年10月です。 お金を騙し取られて、もうすぐ5年になります。 刑事告訴することは可能でしょうか。 宜しくお願いします。

  • 名誉毀損、若しくは脅迫の時効について。

    数年前にした、名誉毀損、若しくは脅迫の行為が、現在になって刑事告訴、若しくは民事訴訟の対象となりうるのでしょうか? 法律で定められている名誉毀損、脅迫の時効とは、告訴されてからの期間を指すのでしょうか?それとも、当該行為が行われた時点からの期間を指すのでしょうか? ご回答お願いします。

  • 自殺未遂

    いじめで、自殺未遂!相手を訴えたい!でもいじめでは刑事告訴はできないそうです。民事裁判ってお金がかかりますか?

  • 刑事告訴の進め方で有効なのは?

    別の質問を昨日しているのですが、 現在民事裁判をしています。 刑事告訴は色々な理由で難しいのは分かってはいたのですが、 友達に送ったPC・ハードディスク・コントロ-ラ-の買い取り希望を相手側がし、 支払いの約束の証明があるにも関わらず、自分から不当要求行為があると警察に相談に行き、 貰った物と自己の占有の主張と一切の支払い、返却の拒否をされています。 そちらは民事で決着をと思っています。 この場合、難しいのは分かるのですが、それでも告訴に持ち込めるとすればどのように刑事告訴 に持ち込めるものなのでしょうか? とりあえず、民事裁判では送ったの物の証明・相手の買い取り希望からの支払い拒否の流れまで は提出しています。そして民事裁判ではあくまであげたものではないという証明させるための裁 判のつもりでいます。 相手が売っているのか分からない場合、単純横領でいけますか? もしくは、別の何かで告訴できるようならそれはどのような罪での告訴が可能でしょうか? 例えですが、刑事告訴の相談の際、示談交渉は一切しないので起訴まで言った場合、検察はこち らの住所等教えないでほしいと伝えて告訴に望む。とか何かアドバイス的なものでも構いませ ん。どんな罪でどう対応すれば告訴まで行けるかアドバイスがあれば教えていただきたいです。 難しい、厳しい中からでも何かアドバイスでもあればと思い質問してみました。

  • 刑事告訴で棄却 民事告訴で一審 敗訴

    教えて下さい。私は被告側です。(絶対無罪です。) 原告は詐欺罪において、まず刑事告訴しましたが、で棄却されました。警察の捜査で証人に対して、証人尋問をした際 詐欺罪ではない事がわかりました。 ところが 民事訴訟では この証人の尋問では 警察に言っている事と逆の証言をしています。 つまり この証人は刑事告訴において 真実を述べ、 民事告訴において虚偽を言ってしまっています。 しかし 民事裁判では この証人の証言を まともに 真実として 証拠採用をしており、 被告人は損害賠償を請求される始末です。 警察は民事不介入ですので被告は立証ができず、犯人にされてしまい、 損害賠償支払い命令となっています。  この証人の警察での調書を入手できれば良いのですけど、入手できないですよね。 立証方法があればご教示下さい。  

  • 工事代金の売り掛け回収について!

    知人(A)に依頼されて工事を請け負いましたが代金が未納で困っています。 連絡が全く取れない状況で、家族に問い合わせても、まともまともな回答は得られません。 また(A)の依頼により、他業種の施工者も2社紹介しました。 私を含め、3業種で工事代金が1000万になります。 工事期間は約2ヶ月で、入金は私のみ15万円もらいましたが、他は全く入金がありません。言い逃ればかりを聞いて1ヶ月を過ごしてきましたが、精神的に限界に来ています。 そこで、詐欺事件で刑事告訴できないか思案しています。 私は(A)とは過去、仕事上の付き合いがありますが、他は今回がはじめての取引です。 商売上の取引とは言え、あまりにも誠意のない対応と、はじめから支払う気持ちが無かったのではないかと思われます。 このようなケースの場合でも詐欺罪での刑事告訴は難しいでしょうか?