• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

岩石について

課題で、6種類の岩石を見極めるというものがありました。 そして、それは深成岩である花こう岩・ハンレイ岩・せん緑岩。火山岩である流紋岩・玄武岩・安山岩であることがわかりました。 ここからが質問です。検討として、「なぜそのような岩石ができるのか」と言うことを書かなくてはならないのですが、正直、理由がわかりません。(とらえ方もわかりませんし・・)教えてくださればとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

noname#3025

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数380
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Mulumba
  • ベストアンサー率45% (27/59)

取り敢えずうろ覚えの知識で解答しますので、 あとはこれを参考にして自分で考えてみてください。 先ず、これらの岩石を虫眼鏡などで良く観察してみてください。 手許になければ教科書に載っている写真を見てください。 火山岩と呼ばれるものは、ガラス状になっているのに対し、 深成岩と呼ばれるものには、粒々が見られると思います。 これは、深成岩、火山岩と呼ばれるものは、火成岩といって、 マグマが冷えて固まってできたもので、その固まり方によって、 見かけの特徴が決まるからです。 つまり、地中深くで、ゆっくりと冷えて固まった場合は、 結晶が良く発達して、深成岩になりますが、 地表近くで、急激に冷やされた場合、結晶が発達する間がないので、 ガラス状になってしまうのです。 また、同じ深成岩、火山岩でも、それぞれ色合いが違うことが観察されますが、 これは、岩石に含まれる成分が異なるからなのですが、マグマが冷える時、 マグネシウムや鉄を多く含む黒っぽい鉱石(カンラン石や黒雲母等)が、ナトリウムやカリウムを多く含む白っぽい鉱石(長石や斜長石)よりも融点が低いために先に結晶化します。 そのため、黒っぽい鉱石が未だ結晶化していないマグマが冷えて出来た火成岩は 黒っぽい色をしているのですが、黒っぽい鉱石が結晶化した残りのマグマが冷えて出来た火成岩は白っぽい色をしているのです。 つまりこれらの岩石は、できた場所、もとになるマグマの成分の違いによって 6つの種類に分類されます。 どの岩石がどんな条件でできたかは自分で考えましょう。 なお分かっているとは思いますが、マグマとは地殻を構成する岩石が、 温度上昇や圧力低下等の条件変化で溶けたしまったもので、 地表に現われたものが溶岩と呼ばれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます

関連するQ&A

  • 学校の授業で結晶分化作用によって、玄武岩質マグマ→安山岩質マグマ→デー

    学校の授業で結晶分化作用によって、玄武岩質マグマ→安山岩質マグマ→デーサイト質マグマ→流紋岩質マグマ、、、となっていくとならいました。 また、岩石の分類でいう火山岩と名前が似ているなと思いました。これはそれぞれのマグマが結晶すると玄武岩質マグマは玄武岩に、安山岩質マグマは安山岩にということでしょうか? そういうことなら、なぜ深成岩の名前を使わないのでしょうか それと大陸地殻なんですけど、火山岩と深成岩の名前が教材にごっちゃに書いてあるのですがどういうことでしょうか。また、大陸地殻の順番は下から順に結晶分化作用に近いようですが、関係あるのですか?

  • 玄武岩と安山岩と流紋岩と、斑レイ岩と閃緑岩と花崗岩の産地教えてください

    玄武岩と安山岩と流紋岩と、斑レイ岩と閃緑岩と花崗岩の産地教えてください

  • 岩石が見られる地域

    地学のレポートを製作するために、花こう岩および玄武岩が見られる地域を探しています。 近畿地方にそういった場所はありますか? また、どういった地域にこれらの岩石が見られるのですか?

  • 花こう岩が放射性元素の含有量が多いのはなぜですか。

    ある問題で下のようなものがありました。 Q:放射性元素の含有量が最も多い岩石は(    )である。 ア 玄武岩  イ 花こう岩  ウ かんらん岩  エ 班れい岩  オ 安山岩 答えはイの花こう岩なのですが、理由がよくわかりません。 教科書を調べると確かに花こう岩の放射性物質からの熱量がもっとも大きいことが書いてあります。 なぜでしょうか? わかる方お願い致します。

  • 火山岩の区別の仕方

    流紋岩、デイサイト、安山岩、玄武岩をその場で見て、どうやって区別するのか分かりません。分かる人がございましたら教えてください。 また凝灰岩についても、これが凝灰岩だと見ても分からないのですが、このことについても分かる人がいましたら回答をお願いします。

  • 火山の形と火成岩について

    火山についての質問です。 それは、火山の形と、火成岩の関係についてです。 学校で以下の2点を学習しました。 (1)火山の形は、マグマのねばりけと関係がある。  マグマのねばりけが強い火山は、  ドーム型をしていて、火山灰や溶岩は、白っぽい。 (2)火成岩の、流紋岩、花こう岩は、  無色や白色鉱物が多くふくまれる白っぽい。 この2つから考えると、 ドーム型の火山の火成岩は、 流紋岩や花こう岩である、ということですか。 また、なだらかな形をした火山の火成岩は、 玄武岩や斑レイ岩である、ということにもなりますか。 教科書には、(1)と(2)のことが別々に書いてあり、 結びつけて書いてはないので、質問のようなことは言えないのかな、 と悩んでいます。 どなたか、ぜひお教えください。

  • 地学得意な人Help!!!!!!

    問題なのですが東日本火山帯(北海道から東北日本を経て小笠原諸島につながる火山帯)は太平洋プレートの沈み込みが原因であるが北海道から東北日本にかけては安山岩~デイサイトの火山が多いのに対し、伊豆・小笠原諸島には玄武岩の火山が圧倒的に多い。この違いの理由がわかりません。これはマグマが生じてから地表に達するまでの過程(通過する地殻の厚さや密度、高生する岩石の違い)を考慮するのですが、チンプンカンプンです。

  • No.44 赤土の中にできる水晶ですが,

     九州の方からいただいた「両錐」の水晶は,鉱液が冷え固まったと考えられる赤い粘土質と,いいますか,粘土が固まったような,水ですぐゆるくなる石の中に中にありました。  たしかに,水晶は晶洞に出来やすい物で,「赤土にしかできない」という表現は誤りとは思いますが,高温高圧下,低粘度の鉱液があれば,あのような成長が可能かと思います。  経験的に水晶は,岩石の裂け目や,安山岩など火山岩や,裂灌充填(漢字こう?)された鉱脈中の泡(晶洞)にできやすい様です。もし,手近にありましたらアフリカのアメジスト(紫水晶)の底を裏から見てください。銅や鉄の豊富な鉱液が冷え固まったような土(岩?)が付着しています。 尚,地学は専門外ですので,皆様のお教えお待ちしております。     拝

  • モネ『睡蓮』との比較

    レポートで「花」というテーマに関連した作品を2つ選び、共通点・相違点に留意しながら比較・検討せよ、という課題が出されました。 私はモネが好きなので、モネの『睡蓮』と誰かの作品を比較しようと思いました。 しかし、誰の作品と比較するかなかなか決まらず、この場で質問させていただくことにしました。 みなさんでしたら、誰の作品と比較しますか?(日本人画家の作品でも構いません)理由なども一緒にお答えいただけたら嬉しいです。

  • ケアプランの「生活課題」についての質問です。

    ケアマネジャーの方に質問致します。 ケアプランの「生活課題」を考える際に、どのような支援を行えば利用者の現在の状態が改善するかについて検討しなければならない理由を教えていただけないでしょうか? 宜しくお願い致します。