-PR-
解決済み

藤子不二夫とドラえもんの最終回について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.40877
  • 閲覧数166
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 44% (21/47)

質問1
藤子不二夫って一体何人いるんですか??

質問2
 ドラえもんの最終回って実はのび太は交通事故にあって植物状態でドラえもんのことは全て夢のなかの出来事だったって聞いたんですけど本当ですか??

質問3
 出木杉くんの下の名前ってなんですか??

 くだらない質問でごめんなさい。けど気になって夜も眠れません。誰か教えて下さい!!
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 22% (113/506)

1については初め、2人でその名前を名乗っていたので、
2人と答えればいいでしょうか。
が、藤子不二雄だけで考えると1人かな?
で、その2人のうちドラえもんを描いていた方が何年か前に
亡くなられましたが、藤子・F・不二夫さんです。
F・不二夫さんの作品の特徴は、「ドラえもん」や「パーマン」など
が代表作の通り、子供向けで夢がある作品となっています。
片方のA・不二夫さんは確か本名は我孫子(あびこ。字は違うかも。。。)
さんとおっしゃい、「笑ゥせぇるすまん」などが代表作の通り、
独特な画の描き方でちょっと毒のある内容、そして大人向けの雑誌に
掲載されているというのがF・不二夫さんと一番違うところでしょうか。

2は「小学x年生」で何回か書かれたようですが、コロコロコミックや
他の雑誌などでいろいろと掲載されており、どれが本当の最終回か
分からない状態でしょう。
詳しくは他の方の回答にもあるように「藤子不二雄atRANDOME」
を参考になさって下さい。

3の出木杉くんは
「出木杉英才」と書いて「できすぎひでとし」と読むそうです。
が、「ひでとし」は公式的な見解はなく、「えいさい」かも知れません。
ちなみに「出"来"杉」は間違いで「出"木"杉」が正確な書き方です。
また「太郎」と言うのは初期の頃はそうでしたが現在では
「英才」と言うのが公式でもそうなっています。
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

めっちゃ詳しいですね!!
かなり判りやすい解答ありがとうございます。
前からFさんとかAさんとか一体何人いるんだろうって気になってたんですよね。
これですっきりしました。
投稿日時 - 2001-02-16 10:44:31
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 30% (7/23)

最終回はいろいろな説がありますね。 出来杉くんの名前は確か英才です。 出来杉英才。うーん、かしこそう! では。 ...続きを読む
最終回はいろいろな説がありますね。
出来杉くんの名前は確か英才です。
出来杉英才。うーん、かしこそう!
では。
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

まじで!!
さすが出木杉くん!!
名前まで頭よさげ★☆
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-16 10:48:45


  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 20% (53/262)

最終回の質問多すぎです。 過去の質問を見て下さい。 文末に藤子藤子不二夫のURL記載しておきますので、そちらでご確認を。 http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko2/saisyu/... ...続きを読む
最終回の質問多すぎです。
過去の質問を見て下さい。
文末に藤子藤子不二夫のURL記載しておきますので、そちらでご確認を。


http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko2/saisyu/...
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

ありがとうございました。
早速そのサイトに行ってみます!!
投稿日時 - 2001-02-16 10:53:33
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 48% (19/39)

1について 2人一組だったと思います。 後に、藤子A不二夫と、藤子F不二夫と名乗るようです。 どっちがどっちか忘れましたが、一人は、笑うせえるすまんのような大人向け の漫画を書いてて、 残る一人は、ドラえもんやパーマンのような、子供向けの漫画を書いてるみたいです。 2について その最終回は、コロコロコミックで連載されたらしい話を聞きます。 ただ、この悲しい結末があまりにも世間に不評だっ ...続きを読む
1について
2人一組だったと思います。
後に、藤子A不二夫と、藤子F不二夫と名乗るようです。
どっちがどっちか忘れましたが、一人は、笑うせえるすまんのような大人向け
の漫画を書いてて、
残る一人は、ドラえもんやパーマンのような、子供向けの漫画を書いてるみたいです。

2について
その最終回は、コロコロコミックで連載されたらしい話を聞きます。
ただ、この悲しい結末があまりにも世間に不評だったので、
別の雑誌か何かで連載が再開されて(要は、話が終わってなくて、のび太も元気)
あの最終回は幻になったという話も聞きますが・・・。
ほんとのところ、どうなんでしょうね?

3について
太郎です。
出木杉 太郎。
しずかちゃんが、「太郎さん」と言ってます。
コミックの何巻かは忘れましたが、のび太が「できる君」と言ってますが、
これは、出木杉くんのミスプリだと思うのですが・・・。
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

ありがとうございました。
すっきりしました。
3については”英才”というなまえも有力みたいですが。
投稿日時 - 2001-02-16 10:52:29
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 30% (7/23)

お、太郎でしたか? 私は何巻か忘れましたけど出木杉くん宛にきたはがきに出木杉英才って書いてありました。 うーん。 ...続きを読む
お、太郎でしたか?
私は何巻か忘れましたけど出木杉くん宛にきたはがきに出木杉英才って書いてありました。
うーん。
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

どうやら”英才”が正しいようです。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-16 10:50:18
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 40% (2/5)

1と3はもうはっきり回答されているので、 2について回答します。 藤子不二夫については http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko/ でいろいろ情報が得られます。 あと、最終回の件ですが、 http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko2/saisyu/dora1.html から本当の最終回3作品と、デマの解説(?)がありま ...続きを読む
1と3はもうはっきり回答されているので、
2について回答します。

藤子不二夫については
http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko/
でいろいろ情報が得られます。
あと、最終回の件ですが、
http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko2/saisyu/dora1.html
から本当の最終回3作品と、デマの解説(?)があります。

これで、すっきりしましたか?
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

すっきりしました!!ありがとうございます。
これで夜もぐっすりZzz…
投稿日時 - 2001-02-16 10:38:39
  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 30% (18/60)

揚げ足取りかもしれませんが。 藤子不二雄先生(不二夫は赤塚先生です)は元々「藤本弘」「我孫子素雄」の両氏による合作という形で活動を開始なさっています。その後、お二方が目指す方向性(特に青年誌に於いて)の相違から、それぞれ単独で作品を発表なさる時は「藤子・F・不二雄」「藤子不二雄A(本当は○が付いてます)」の作家名を使用されています。 些細なツッコミですみませんでした。 ...続きを読む
揚げ足取りかもしれませんが。
藤子不二雄先生(不二夫は赤塚先生です)は元々「藤本弘」「我孫子素雄」の両氏による合作という形で活動を開始なさっています。その後、お二方が目指す方向性(特に青年誌に於いて)の相違から、それぞれ単独で作品を発表なさる時は「藤子・F・不二雄」「藤子不二雄A(本当は○が付いてます)」の作家名を使用されています。
些細なツッコミですみませんでした。
お礼コメント
erio

お礼率 44% (21/47)

なるほどぅ☆
あいがとうございます。
投稿日時 - 2001-02-16 10:55:04
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ