• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

RAW264.7マクロファージについて

RAW264.7マクロファージについての質問です。 免疫学関係の実験論文を読んでいてどう検索していいものか分からず、ここで質問させていただくに至りました。 マウス由来のRAW264.7マクロファージは、マウスのどの部分から抽出された細胞なのでしょうか。 どうして、炎症性のサイトカインに関するような免疫応答の実験では、この細胞を用いるのでしょうか。 なぜ、この細胞を使うことで免疫機能をみることができるのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数17310
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tatoo
  • ベストアンサー率53% (38/71)

これからいろいろな実験をする、または関連する論文を読むのかと思いますが、実験ではよく“細胞株”というものを使います。 細胞株についてはこちらをご覧ください。 また、その中の細胞株の樹立についてもご覧になるとよくわかると思います。 http://cellbank.nibio.go.jp/visitercenter/whatsculture/cellculture01.html さて、RAW264.7はマウスの単球性白血病由来の細胞株です。 上記のHPの内容を理解していただければわかると思いますが、 実験を行うとき、ある細胞のある物質に対する反応や、ある細胞の動きをみたい場合、 その細胞を生体から取ってこなければならないということをするのは大変です。 その細胞の生体内での数が少なかったり、取ってくる作業によって性質がちょっとずつ違ったりなど。 その時に、不死化して同じような性質の細胞がたくさん得られるということで細胞株は大変有用なのです。 RAW264.7は単球の一部の分化能を持っています。それでサイトカインやLPSに対して反応します。 「得やすい」「一部の分化能をもっている」ということで実験に使いやすいのです。 しかしながら、がん由来の細胞株ですので、どの細胞株でも言えることですが、 正常な生体内にある細胞とは由来が同じであるというだけで完全に同じであるわけではないので、 きちんとした実験では、正常な生体内の細胞で実験を行う必要はあります。 生体内の細胞をprimary cellとか初代培養細胞とか言います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 とても分りやすく書いてあって、大変助かりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 分化誘導マクロファージとRAWの違い

    THP-1細胞のような単球系細胞を分化誘導してマクロファージ化させた細胞とRAWのようなマクロファージ様培養細胞との違いを教えていただけますか?勿論、THP-1はヒト由来で、RAWはマウス由来だということは理解しております。マクロファージとして実験に使う場合、どちらがマクロファージの性質をよく保存しているのでしょうか? 基本的な質問で大変申し訳ございませんが、何分この分野は素人なもので教えていただけますと大変助かります。

  • 免疫学についての質問

    免疫学初心者です。 基本的なことかもしれませんが、分からないので教えていただきたいです。 マクロファージはキラーT細胞などを活性化させるために、サイトカインを放出しますよね。(間違っていたら指摘お願いします) ヘルパーT細胞も他のT細胞やB細胞を活性化させると教科書にあったのですが、こちらはどのようなもので活性化を促すのでしょうか。

  • 細胞性免疫について

    細胞性免疫について 細胞性免疫で、質問があります。 活性化されたTH1細胞が、末梢でマクロファージと相互作用したのちに マクロファージが血液中の細菌を殺す場合には、 マクロファージは、とりあえず、TH1細胞が出した サイトカインの周辺に存在する物を(正常なものも含めて)貪食するのというニュアンスでしょうか。 それとも、何らかの方法で、マクロファージが細菌だけを認識する方法があるということでしょうか。 液性免疫では、抗体が細菌に結合していてマクロファージが貪食しやすくなっているのはわかるのですが、細胞性免疫の場合のみだと、どうなるのでしょうか。 基本的な質問ですいません。 ご存知の方が、いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • alanami
  • ベストアンサー率43% (17/39)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 免疫学の教科書について 教えてください。

     いま大学3年生です。免疫学の授業を受けているのですが、免疫学を学ぶことが楽しく なってきました。うちの大学では教科書を導入せず、パワポで授業をしています。そこ で質問なのですが、わかりやすいおすすめの免疫学の教科書を教えていただきたいです。  ちなみに、将来は免疫系の研究をしていこうと思っています。発展的な内容もどんど ん勉強していきたいです。  免疫学も内容が広いと思うので、うちの大学で行っている免疫学の授業内容を以下に書 きます。やはり学校で習っている内容の方が勉強しやすいと思ったので。  御回答の程、よろしくお願いします。 <うちの大学の免疫学の授業内容> (1)免疫学研究の流れ,免疫学の概念,免疫学の組織と細胞 (2)自然免疫細胞の種類と機能 (3)自然免疫による認識機構 (4)自然免疫細胞が産生するサイトカインやケモカインの役割 (5)T細胞の基本的機能 (6)免疫細胞の選択,細胞死 (7)B細胞と抗体 (8)モノクロナール抗体の作製 (9)免疫学を応用したいろいろな技術 (10)アレルギーと過敏反応 (11)自己免疫と移植免疫

  • 免疫におけるB細胞とマクロファージ系細胞の基本的な役割について教えてください

    学生の頃,免疫学の講義が無かったため基本的な知識が欠落していて教科書にも載ってないような基礎的なことがわからないため苦労しています。よろしくお願いします。 1.抗体産生の場合ですが,抗原提示細胞が提示された抗原に対応するヘルパーT細胞群を活性化するといところまではわかるのですが,その後具体的にどういう細胞間相互作用で対応するB細胞群を活性化するのでしょう? またB細胞も抗原提示細胞ということですが,B細胞による抗原提示はヘルパーT細胞の機能やB細胞の分化増殖にどういう関わりを持つのでしょう? またこの時に登場するTCR,BCR,Ig群の抗原認識部位はすべて同一アミノ酸配列と考えていいでしょうか? 2.マクロファージ系の細胞にも幾つか種類がありますが,単球,普通に言うマクロファージ(この二つは血液中のIgG産生でしょうか?),樹状細胞(粘膜にあるものは粘膜免疫でしょうが皮膚やその他の組織にあるものは?),Kuppfer細胞,oligodendrocyteなどはそれぞれどういう免疫現象に関わっているのでしょうか?   宜しくお願いします。

  • マウスの混合リンパ球反応について。

    マウスの混合リンパ球反応について。 ある論文の実験で、予め免疫したBALBマウス由来の樹状細胞とB6マウス由来のナイーブCD4TもしくはCD8T細胞を使って混合リンパ球反応を調べているのですが、このとき同マウス由来の細胞でこの反応をみることはできないのでしょうか。またCD4T細胞無しで、樹状細胞とCD8T細胞とは直接反応するものなのでしょうか。 ご回答宜しくお願いします。

  • 脂肪細胞をマクロファージが貪食するという事

    HIFUという脂肪細胞を死滅させる美容機器について質問です。 熱処理で死滅した脂肪細胞はマクロファージの貪食作用により数週間で体外に排泄されるとありますが、マクロファージって脂肪細胞を食べるのでしょうか? 脂肪細胞はマクロファージを呼び寄せる物質を放出し、脂肪細胞に炎症をおこさせると読んだことがあります。 貪食作用とは違うような気がするのですが。。 また、もし破壊した脂肪細胞を貪食するというのであれば、以前流行っていた脂肪を破壊するキャビテーションでも同じような作用を起こすと思うのですが キャビテーションの場合、破壊された脂肪はリンパの流れにのせて体外に排出されるため即効性があり、HIFUはマクロファージに食べさせるので時間がかかるということです。 体内で脂肪が分解されれば、同じような作用はおこらないのですか? どうしても理解できないため教えて欲しいです。

  • 博士課程からの分野変更・・

    大学院修士課程で希望の分野の研究室に所属できなかったのですが、どうしてもその分野が勉強したいため、博士課程でその分野の勉強をしたいと考えています。 その修士課程と博士課程の研究分野の違いとは、「細胞分子生物学(DNAなど)」と「免疫学」くらいな感じです。 修士(分子生物学)の2年で分子生物学全般の実験技法や知識をつけ、博士課程(免疫学)でそれを発展させるということは可能でしょうか? やはり修士から(この場合だと)免疫学の論文を読んだり、実験を学んでいないと将来、免疫学の研究分野に進むことは厳しいですか?

  • P815 cell って???

     免疫学の論文を読んでいると,よくP815 cellとか,J774A.1 cellといった語が出てきます.一体これらはどういう細胞なのでしょうか?  素人からすると何のことか全くわかりません.何故このような表現をするのでしょうか?(あるいは,アルファベット,数字の意味するものって何なのですか?)  できるだけくわしく教えていただけるとうれしいです.よろしくお願いします.

  • 免疫染色を分泌蛋白で検出できますか?

    免疫染色を用いて、炎症組織で分泌する細胞が浸潤してきたことを調べたいと思い、いろいろと試していますが、うまく染色することができません。 見たいタンパク質はサイトカインです。LPSを投与して刺激した後に、各種のサイトカインの発現パターンを免疫染色で調べています。 1)分泌蛋白を染色する場合には組織の固定方法をパラホルムアルデヒド で行うことで問題は無いでしょうか? 2)固定は還流固定の方がいいのでしょうか? 3)分泌されている蛋白が大量にある場合には、特定の細胞を染め出すということはできないのでしょうか? 4)染色できるとしたらどのようなサイトカインであり、染色できないのはどのようなサイトカインでしょうか? 5)使用する抗体によって結果が大きく左右されるものなのでしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

  • 免疫機能の違い(マウスと人)

    よろしくお願いします。 マウスと人で、免疫機能の違いについて教えてください。 一般的にいわれているマウスと人での免疫機能の違いについて、 特にTNF関連のサイトカインを中心に教えていただければと 思います。 論文も探したのですが、具体的にこれらを比較した論文は ないようで、 よくまとまった総論などございましたら大変助かります。 具体的には、 Transgenicではない、C57BL/6という通常の免疫機能をもつ マウスについて知りたいのです。 以上、よろしくお願いします。

  • 抗体のクローニング法

    スタンダード免疫学を読みました。抗体と抗原のざっくばらんなプロセスは理解したのですが次に実験方法などを知りたいです。 たとえばインターロイキン2などのサイトカインがあり、それに対する単クローン抗体が存在する場合、IL2をクローニングするにはどうしたらいいのでしょうか。 ご教授お願い申し上げます。 またそのような実験方法などが解説されている参考書や教科書はどんなものがビギナーにはおすすめですか。

  • 阻害剤について追加質問です。

    すみません。阻害剤のことでまた質問があります。 過去の論文でヒト由来の血管細胞に阻害剤や刺激剤を用いて検討し、目的タンパクの関与を示すものがあったのですが、この阻害剤の濃度と時間を参考にしたいと考えています。 しかし、私が使っている血管細胞はマウス由来でしかも株化細胞です。 種類が違う細胞でも阻害剤や刺激剤の濃度と時間を参考にして実験を検討しても大丈夫なのでしょうか。 宜しくお願いします。