• 締切済み
  • すぐに回答を!

マイノリティの生き方について

世の中にはさまざまなマイノリティがいると思いますが、 「望ましい生き方や姿勢」というものはあるのでしょうか? 自分自身もそうなのですが、 日頃から、オープン過ぎても理解のない人から受け入れられなかったり、 かえって顰蹙を買ってしまうようなデメリットがありますし、 全てをクローズにしても、 そういった存在が「ない・いない」こととされてしまうような気がします。 また、学問として近いものがありましたら、 教えていただきたいと思います。 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数460
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4

もうひとつ、 私は統計をとられるたことが最近ありません。 あなたは統計をとられたことがありますか? 本当にマイノリティなのかも疑わしいです。 ただ、結果発表の声が大きかったり声が多かったりして惑わされているかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害者の問題と、マイノリティの問題(長文です)

    こんにちは、よろしくお願いします。 私の夢は、すべての障害者や、色々な人種、思想の人、色々なマイノリティの方が、みんな仲良く一緒に暮らすことです。 と本当に思っているんですが、障害者の問題と、マイノリティの問題を一緒に論じることって、一般的に何か問題を感じる方って、いらっしゃいますか。 というのが、たとえば、障害者問題で言えば、比較的、手話ですとか盲導犬だとかは、最近一般の人にも理解がありますよね。でも、いまだにたとえば地域で暮らす知的障害の方に対するかなり激しい差別があったり、することがありますよね。 マイノリティの問題で言うと、性同一性障害の方については、最近ずいぶん理解が進んでいますが、同性愛については、(特に男性同士)いまだに激しい差別にさらされることが多いですよね。 世の中に、なんとなく受け入れられやすいマイノリティと、生理的に受け付けないマイノリティがある、というのは、なんだかちょっと変な気がします。 障害者のノーマライゼイションについて考えるときにも、マイノリティの存在を認めることと、同じような問題であると思うのです。 ただ、一般の方にとって、マイノリティという言葉は、どこか「普通の人と違った少数派」といった、その言葉自体に差別的な意味を含んで使われることが多いような気がするんですね。 そういった意味において、障害者の方や、障害者にかかわって働いている方が、「障害者をマイノリティ呼ばわりするなんて、失礼な!」といった感情が生じる可能性があったりするのでしょうか。 (ちなみに、私は、同性愛者です。)

  • 社会的マイノリティーについて

    22の男です。 去年、欅坂46の「サイレントマジョリティ」って流行りましたよね。 この曲を聴いて、「あ、確かにこの世の中って多数派が優勢で、私みたいなマイノリティに属する人間が付け入る隙はないもんな~」と思うようになりました。 私もオタクで非リア充なので、誰にも理解されない時があって、公言したとしても共感してくれる人は0なのでそれがなかなか辛いものです。このままの自分を受け入れようと頑張るも、同類の人間が近くにいないという現実に気圧されてしまう。 思えば、 多数派=強者、絶対的優勢(流行に乗っているパリピー、リア充とか) 少数派=弱者、絶対的不利(オタク、マニア、偏った趣味を持つ人々、非リア充とか) こういった構図になってるので、どうしても劣勢に立たされてしまいますよね。 やっぱり少数派は少数派で細々と社会の激流に飲まれながら生きていくしかないのでしょうか? それとも、ノイジーマイノリティーとなって「マイノリティーも社会に貢献できるんだ!」ってことを主張するべきですか??

  • マイノリティの問題解決に向けて

    ひとりの台湾系日本人として,わたしは日本社会に存在するマイノリティの「問題」に向きあってきました。 マイノリティの「問題」を解決するにあたり,わたし自身が考えたことは,マイノリティ自身の,うそ,いつわりのない,「ほんとうの心の内」を明かすことが解決法のひとつであると,わたしは考えるようになりました。 「ほんとうの心の内」を明かすことで,マイノリティの人々が「日本人と共に歩みたい」,「日本人と同じ価値観を分かちあっている」,「日本をまもりたい」,「日本の将来のために,何かをしたい」,「日本社会のなかで受けいれられたい」,「日本人から認められたい」などの「特別な気持ち」があることを,多くの人々が理解できるはずです。 「ホンネ」で語ることが,マイノリティの問題解決につながるのでしょうか? 参考までに: わたしは台湾系日本人で,日本教育を受けた経験があり,日本語でコミュニケーションをすることが可能です。 それと同時に,わたしは台湾にたいする「特別な思い」があります。わたしは,「台湾は東アジアに存在する国民国家のひとつ」であると考えています。台湾の将来については,「危惧」することがいくつかありますので,「台湾という国民国家がなくなってほしくない」という「特別な思い」があります。 台湾への「特別な思い」を強調することが多々ありますが,わたしはそれと同時に日系人の歴史に向きあい,日系人との「対話」に取りくんでいます。 歴史を学ぶことは小さい頃から好きなことではありましたが,滞米生活を機に日系人の歴史に向きあうようになりました。 (言葉は悪いのですが)「半分しか日本人でないわたし」が日系人を歴史に向きあったのですが,そこには「もうひとつの理由」がありました。それは,わたしがみずからの「日本のアイデンティティ」に真摯に向きあっていることを,日本人に「証明」したいという「強い気持ち」です。 多くのマイノリティにとっては,日本ににたいする「(良いイメージの)特別な思い」があると,わたしは考えています。それを,マジョリティが理解すること,さらには,マイノリティ側の人々がそれを「説明」することが,いまの日本社会には必要だと思います。 マイノリティだって,「皆と仲良くなりたい」と思っているのです。

  • 回答No.3

私はひとりぼっちではないのか。 人間らしい心を持ち合わせていなくて、だから誰とも親しめず。 メディアに映される一般大衆をまるで期待はずれ、別の生き物のように考えてしまいます。 まかり通る恋愛だとか青春だとかの色事を忌避しているんです。 勝手に想定する場面ですが、 ある部屋の住人Aが当然の事のように享受している金銭や車や愛人、そしてシアワセ、結婚、出産。 隣部屋の住人Bが当然の事のように苦しみ喘いでいるイジメや自己嫌悪や嫉妬、そして絶望、ひきこもり、自傷。 住人Aと住人Bは赤の他人です。最期の最期になっても存在に気づくことすらありません。 「自分の持ち物」で手一杯、忙しいようです。 持ち物というと、自分の人脈、自分のお金、自分の仕事、自分の休暇等々。 普段、顔を合わせているにも関わらず、挨拶すらしません。 気づいたのは、最近の日本人は無情なのだということです。 「ひとりぼっち」という境遇も私の持ち物ですので、みんな知らん振りです。 ひとごみはそれと関係無く、今日もうごめきまくるでしょう。 これが「資本(持物)」主義でしょうか。 どうにかしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

新聞、テレビで「マイノリティ」ということばをよくみかけるようになりました。新聞をよく読んでください。朝日新聞、どの新聞でも、日曜日に読書の特集をやっています。山崎朋子さんの柳田國男のほんの紹介がのっていました。7月20日の朝日新聞だったか?国会で「アイヌ」のひとたちが日本の先住民である、という決議がされました。 日本は、不思議な国です。被爆者、ハンセン氏病の患者、水俣病の被害者など、困っているひとを差別することです。子どもの世界のいじめ、おとなのせかいのいじめ、自殺、犯罪など、本来助け合わなければいけない人々が、分断差別されています。 学問のことはしりません。差別と闘うなら、耳を澄まし、眼をみはれば、すぐそばに、同じ境遇の人がいるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

今、「リトル・トリー」という本を読んでいます。フォレスト・カーターという人の自伝的小説です。チェロキーインディアンの子孫でした。 アメリカ先住民、イヌイット、オーストラリア先住民(アボリジニ) http://www.australia.arakawanet.com/html/sitemap/category/aborigine.html 日本では、沖縄、アイヌの伝承民謡、民話、宗教、生き方など。 中世、網野善彦、隆慶一郎さんの時代小説、福岡正信さんの著作など。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • LGBT 。マイノリティを認める社会の疑問

    LGBTとは L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー。 順番に、女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人 ということですが、LGBの3つは自分自身のことではなくて 「性愛の対象が誰か」 ということを表す単語ですね。 Tがいわゆる性同一性障害という「生まれつきの疾患」(疾患と言ってはいけないのか)です。 これを十把一絡げに「性的マイノリティ」とかいって「婚姻」はできないけど「パートナー証明」を出すとかしてますが、それって「自分はリベラルだからマイノリティを差別してませんよ」的な社会的アピールなだけの気がするんです。 渋谷区がLGBが社会的に認められるなら、小児性愛はどうなんですか? ロリはマイノリティの人権として認めないの? オカマを認めるのにイヌとか2次元を性愛の対象としている性愛マイノリティは認めてもらえないんですか? 渋谷区にはロリアニメの抱き枕と結婚したいマイノリティだっているんじゃないの? って話になるんじゃないですか?違いますかね? と、ふと思ったので。。。

  • <マイノリティの利権>という「言説」

    日本社会においては,<マイノリティの利権>という「言説」がありますが,マジョリティである「いわゆる純日本人」にとって,このような「言説」を「高らかに主張」することによって,どのような「メリット」が考えられるのでしょうか? 参考までに: 利権というものは,マイノリティだけの特徴ではありません。マジョリティの側に立つ人々のなかにも,なにかしらの利権から,さまざまな恩恵を受けている人々が多くいます。 わたし自身はマイノリティのひとりとして日本社会のなかで生活をしていますが,生まれてから一度も,<マイノリティの利権>による恩恵を受けたことがありません。ひとりのマイノリティとして,そのような「言説」が,さも事実であるかのように扱われることは,大変遺憾なことです。 <マイノリティの利権>という「言説」の社会的な背景には,マジョリティである「いわゆる純日本人」の「ネタミの心」があると,わたしは考えます。このことを,わたし自身の「経験」をとおして,考えてみることにします。 わたしは台湾系日本人です。そして,親や親族のつながりなど,さまざまな「良い影響」があったので,わたし自身はみずからの台湾との「つながり」を,大切なもの,欠けがえのないものとして受けとめています。 このような事情があって,わたしはたびたび,台湾系日本人,あるいは,台湾につながりをもつ日本人であることを,自己紹介のときなどに「主張」しています。 ところが,このような自己紹介をすることを,快く思わない「いわゆる純日本人」がいました。そういった人々にとっては,わたしがみずからのアイデンティティを「強調」することが,台湾系という,(「いわゆる純日本人」からみれば)特殊なアイデンティティを,「利権のようなもの」として扱っていると,「誤解」したと(あるいは,「曲解」したと),わたしは考えます。言葉をかえると,「ハーフであることが特権のようなものであるという,大きな誤解をした」ということになります。 日本社会という,マイノリティにたいしては「同化の強制」が存在する社会のなかにおいて,みずからのアイデンティティを確立することは,容易なことではありません。わたし自身の場合は,みずからの「日本のアイデンティティ」を第一に尊重したうえで(そうでないと,日本社会のなかで認められない),台湾系であることの「意味」,「意義」,「日本社会に貢献できる要素」を見出すことは,難しい作業でした。 多くの「いわゆる純日本人」にとっては,民族的なバックグラウンドというものは,「手にすることのできない,輝かしいもの」なのかもしれません。「ハーフにたいするあこがれ」というものがありますが,いまだに,そのような「幻想」をもっている「いわゆる純日本人」は少なくありません。 しかしながら,「みにくいアヒルの子」という童話のごとく,民族的なバックグラウンドを当事者が重要なアイデンティティとして受けいれるためには,さまざまな「試練」があることを,「いわゆる純日本人」は理解しなければなりません。

  • マイノリティは脅威!?

    ・マイノリティは脅威であるという「根拠」はどこにありますか? 外国に「つながり」をもつ立場として、ここ最近の日本社会における排外主義の高まりに危機感をいだいています。 排外主義を標榜する市民団体のなかには、活動の第一の目的に、「純日本人」以外の日本人を日本社会から「排除」することを挙げている組織があります。こういった組織に属する人々は、日本社会においては少数派ではありますが、そういった人々の存在、組織の存在は、外国に「つながり」をもつ立場としては、非常に恐ろしいものです。 わたし自身は外国に「つながり」はもっているものの、日本の歴史や、日本の文化を学び、「知日」、「愛日」という立場をまもっています。日本社会にたいしては、やや批判的ではありますが、批判をする以上に、日本社会を深く理解している立場です。 外国に「つながり」をもつ人々をふくめた、マイノリティの人々は、いまの日本社会にとって「不都合な存在」なのでしょうか? すでに外国に「つながり」をもつ日本人の多くが、社会人となり、日本社会に「貢献」しています。彼ら彼女らは、日本社会の脅威なのでしょうか? いくら外国に「つながり」をもつ人々が<努力>をしたとしても、日本社会が外国に「つながり」をもつ人々にたいする<まなざし>を改めない限り、彼ら彼女らにたいする偏見や誤解は解けないだろうと思うときがあります。

  • ニッポンはマイノリティを「否定」、「黙殺」するのか

    日本人は、日本社会のなかで生を営むマイノリティ集団―たとえば、在日コリアンや在日中国人などの、外国につながりをもつ人々、同和地区につながりをもつ人々、アイヌの人々、ハンセン病患者、エイズ患者、LGBT関係者、障碍者、被爆者、水俣病関係者など―の存在を、どのようなものとして受けとめられているのでしょうか? ・日本社会の構成員であり、彼ら、彼女らにたいする差別や偏見を許してはならない。 ・日本社会の構成員ではあるが、社会の「表舞台」には立ってほしくない存在である。 ・日本社会の構成員ではあるが、彼ら、彼女らのアイデンティティについては、認めたくない、あるいは、共感できない部分が存在する。 ・日本社会の構成員として認めたくない。できれば、彼ら、彼女らの存在は「否定」、あるいは、「黙殺」したい。 先日の、ある地方公共団体の市会議員による、日本社会における先住民族の存在を「否定」することを意図した発言が、現在も大きな議論をよんでいます。当人の真意は、社会福祉政策による恩恵を必要としている人々がかかえる諸問題を提起したかったことでした。しかしながら、当人の先住民族やマイノリティ集団にたいする基本的な知識、認識が著しく欠如していたことから、多くの人々は彼の発言を問題発言として受けとめ、「舌禍事件」へと発展しました。 社会福祉政策がかかえる諸問題について論じたいのであれば、わざわざ先住民族の「存在」について触れ、それを強調する必要はあったのでしょうか。先住民族が直面している問題をふくめて、日本社会においては、マイノリティ集団にたいする批判のなかには、日本社会の「構造」がマイノリティ集団に悪影響をもたらしたといった見方ではなく、マイノリティ集団みずからの「精神的な問題」であるという指摘が少なくありません。こういった問題が論じられるたびに、「個人の問題」―たとえば、差別や偏見の問題であれば、差別や偏見をする人々や、それを受けとめる人々の「心の問題」であることが強調されるように―であることが「強調」されます。 わたし自身、外国につながりをもつ立場で日本社会のなかで生を営んでいます。この市会議員の「問題発言」は、わたしにとっては、極めて衝撃的なものでした。彼自身のマイノリティ集団にたいする浅はかな知識、理解の程度のみならず、彼が世間に向けて発信した「メッセージ」の裏側で、彼自身の「真意」に、先住民族の存在を認めたくないという<強い考え>があることを読みとったとき、心の底から怒りがこみあげてきました。こういった存在を知るたびに、わたしは、わたしのような外国につながりをもつ人々は、日本の市民権を持っていても、決して日本社会では歓迎されない存在であることを悟るのです。

  • 神様が私達に求めてる生き方とは?

    神様(世の創造主)を信じてる方だけにお聞きします。 神様は、私達に何を求めてると思いますか? 私は、神様は私達に 「世の中のために生きて、自分自身も楽しみなさい。」 と、こう言ってるような気がします。 要は、ギブ&テイクに生きなさいと言う事です。 ギブ(楽しむ)だけでもいけないし、テイク(人のため)ばかりでもいけない。 皆様のお考え方はどうなのでしょうか?

  • 生き方が分からなくなってしまいました!!

    私の育った環境は複雑で、子供のころから大人と同様の振る舞いや 感覚を身につけるよう強いられてきたので、 気が付いたら人よりも気が強く我慢強い性格になってしまっていました。 今現在42歳ですが、普段、自分の仕事以外の時は、 家族を交えての他人との交流が多く、それも皆、 私の両親の年齢(60代半ばからそれ以降)の方が多いので、 とても、堅苦しい世界で生きています。 私の両親とも親の言うことは絶対という考えで育ったので、 未だに私も毎日母親にその日のスケジュールを全部教伝え、 そのスケジュール通りに行動しないと叱られることがあります。 たとえば、仕事帰りに急に友達から連絡が入り、 食事や飲みに行くことなどご法度です。 予め伝えておけば何も言われないのですが、 女性がフラフラと遊び歩くなんてとんでもない!!と考えているようです。 また、風邪などを引いても祖母も母も一日中寝たっきりということが、 あまりなかったので、ちょっとの熱や風邪で私が休むと”だらしない” と言って叱られます。 そのほかの休みの日も前述したように家族同士でお付き合いのある知人友人との 食事会などに参加しないといけないので、 休みの日でも休んだ感覚が全くなく、結局、年末に少し気が楽になれる程度で、 ホットできることがありません。 このように書くと自分のことを疎かにし全く自分のやるべきことができて いないかのように聞こえるかもしれませんが、 実際には自分自身もチャッカリとしており、キャリアアップのための勉強、 各種セミナーやお稽古事などそれらもきちんとこなしています。 ただ最近ふと思うことは、なぜ、そこまでして自分は頑張らなければ いけないのだろうか?ということです。 周りの仲の良い友達たちは普通の家庭に育ち、 自分たちも普通のサラリーマンと結婚をし、手抜きの料理を作っても、 掃除が下手でも誰にも何も言われないし、自分の子供に勉強を教えられない くらい無教養で世間離れした生き方をしていても幸せに暮らしているのに、 なぜ、自分はこんなに努力に努力を重ねなければいけないのか? と疑問に思います。 私はバツイチですが、別れた主人もやはり私の両親と同じような 感覚の持ち主だったので息苦しく感じ、それが嫌で離婚に至りました。 たまには辛そうな顔や嫌な声も出してみたい。 思いっきり相手に嫌味を言ってやりたいと感じたりします。 でも、そうすることがみっともないということが刷り込まれている私には、 どうしても、堅苦しい生き方しかできません。 あと数年で45歳になりますが、 このまま笑うこともなく絵に書いたような完璧に近いけれど、 つまらない人生を送ることに疑問を感じています。 こういいながらも自分の友達のようにはなりたくない自分もいるので、 自分自身が何を求めどのような生き方をしたいのかが分からなくなってきています。 母親曰く若い頃、散々、贅沢もしたし、世界中も旅行したし、 良くも悪くも、普通ではできないような経験を沢山していて、 物質から始まり資格まで、欲しいものは何でも手にしてきたのだから、 単なる我儘だとも言われています。 確かにそれも一理あるのかもしれませんが、 実際には、どうなのかわかりません。 私はどこをどのように変えればいいのでしょうか? アドバイスお願いします。 追記 親とは同居しておりません。 自分の城は自分で構えています。 経済的にも自立しております。 だから、本当、強すぎるのかもしれませんね。

  • 偽善感満載なマイノリティ擁護

    下記の考え方に間違えがあるとしたら、それはどこでしょうか。 理由を添えてご回答願います (勿論理由さえあれば、「正しい考え方だ」というご回答でも構いません。) ----------------------------------------------------------- 偽善感満載なマイノリティ擁護はもうやめるべきだ。 先日も「LGBTが非生産的だ」という政治家の発言が問題になったが、 本来生物は子孫を残すものだということを考えると何も間違っていない。 この政治家は生物の本来のあるべき姿を考慮して 生物学的に正しいことを行ったにすぎない。 非常に科学的、学問的な考えに基づいた答えなのだ。 (だから生物学者で反対する人はいないはず。  いたらそいつはモグリだ) そもそもLGBTの連中は病気ではない。 SMや乱交と同じ性癖である。趣味趣向である。 なぜ個人のマイナーな趣味趣向を執拗且つ特別に 擁護しなければいけないのか。 もっというと、マイノリティを擁護する連中もよく分からん。 昔石原元都知事か「同性愛者はどこかおかしい」と言って批判を集めたが、 この発言は理論的にも正しいのである。 なぜならば 「マイノリティ=ふつうじゃない=おかしい」 なのだから。 これでビジネスを動かしていない、 成果を大していないとなるとゴミでしかない。 それにしても「多様性は大事だよね」とかいう奴らの 偽善ぷりはどうにかならないか。 こう言う奴らに限って「アニオタもきい、死んでくれ」とか 「低収入の男はお断り」とか「従順な女が最高」だとか 平気で矛盾したことを考えているのだ。 いい加減偽善ぶるのはやめないか。 くだらぬ建前や偽善を捨てて率直な社会のあるべき姿を語らないか。 ----------------------------------------------------------- PS この質問をさせていただく背景は長くなるため   下記URLに記載いたしました。よろしければご参照ください。 https://okwave.jp/profile/u2855858.html

  • これからの選択について

    私は今40歳で心療内科通院歴13年、精神障害者手帳を昨年10月に取得しました。 雇用保険の受給を受けながらオープン・クローズの両方で就職活動してきましたが、煮詰まってきたこともあり、今年の2月から某支援センターに相談しながらオープンに絞って活動していました。 ですが思うようにいかず、某支援センターの担当者の方との話し合いも不調に終わるようになりました(このあたりはやはり結果が出ていない自身の苛立ちがまずありますが、担当者の方との考え方との隔たりがありました。)。 そんな中で4月に入って、2~3年前に登録していた派遣会社から連絡があり、未経験職のとある契約社員(勿論クローズ枠です)の誘いがありました。 最初は未経験職ということもあって引き気味でしたが、せっかくの機会なので話を聞いてから判断しよう、という結論に達しました。 面接は計3回あり、こちらからもいろいろ質問し、現状の自分の経歴でもOKということで採用となりました。 5月から勤務し始め、今のところ色々と勉強段階ですが、思ったより業務が複雑で現段階でかなり精神的に不安に陥っているところです。 まだ1カ月も経っていないので不安なのは当たり前ですが、この業務を1人でやって行くのか、と考えてしまいますし、入ってから自分自身他の人よりマイナス面をいくつか抱えていることが分かりました(車での移動がかなり多く、自分自身練習して臨んだのですが、やはりかなり不安なこと←まだ私1人での運転業務はありませんが、これからあります。)。 そこで相談なのですが、私の契約は7月末でいったん切れますが、私自身このままやって行けるかどうかの判断をどう考えるか、なのです。 オープンによる活動の煮詰まりや、せっかく来た機会を逃したくない、という考えで今の職場を選びましたが、現在の不安感が慣れていない環境によるものなのか、自身で思っている以上に精神状態が思わしくないのか、自分自身でも把握しかねているのです。 今の職場の給与はやはりオープンのものより結構いいのですが、やはりそれ相当のものがあるようです。 オープンで活動しているときには、給与面でなかなか辛いものがあり、絞られてしまうのです。 今実家住まいですが、短期で辞めてしまうとまた居場所がなくなってしまい、ストレスもたまってしまうので、できるだけ頑張らないといけません…年齢的にも苦しいので。 今までオープンで働いたことはなく、クローズで事務・接客での就業経験が述べ各5年ずつありました。 その経験を活かしてオープンで活動していたのですが、家に7万円位入れる必要があり、それでどうしても給料の条件が上がってしまうのです。 今精神的に弱っており、逃げの姿勢に入ってしまっているのは認めるところですが、このままやって行くべきなのか、もうオープンでやって行けばいいのか…悩んでいます。 それでは、よろしくお願いします。

  • 地学は人類の特殊性という哲学の命題にどう答えるか

    僕はよく宇宙や地球の中でどうして生命や意思のような特殊な存在が生まれたのかと悩むことがあります また自分自身がマイノリティであるため何故生まれてきたのかと悩みます 哲学や脳科学、物理学などもこの問題を考えると思いますが地学はどのようにこの問題に取り組んでいますか? 現在僕は大学で地学をやっていてこれから鉱物科学や岩石学によって地球や惑星、物質の進化について学んでいこうと思っています またこういうテーマは東大の松井孝典という方が考えているようですが他にこのテーマを考えている人や学問分野、参考になる書籍を教えてください このサイトでは有用な回答が多いのでよく利用しています よろしくお願いします

  • おお金に関わらない生き方

    初めまして。私は、大学一年生の女です。かなり長いのですが、読んで何か意見をくだされば嬉しいです。カテゴリがよくわからなかったので、その他にさせてもらいました。 高校生から大学生になり、時間がたくさんできたので、最近自分の幸せや、自分のこれからの人生、どのような生き方をしたいか、考えるようになりました。 そこで、人生の先輩方の意見や話を聞きたくて、投稿することになりました。 いきなりですが、自分がお金というものを好まないことに最近気づきました。 私が今考える、自分にとっての幸せというのが 「自分の好きな人と、家族を持つこと。贅沢なものもいらないし、例え貧乏になったとしてもその人と一緒にいられること。好きな人の幸せ、家族の幸せが、私にとっての幸せ。」 なのだと考えています。それが一番早くに自分の中で定まりましたので、それをベースに自分の生きたい生き方はどんなものなのかを次に考えました。 上記に少しだけ書いていますが、私は特にお金に対する執着というものがさほどありません。人並みの物欲はありますが、服は別に古着でも構わないし、中古のものを買うことに抵抗も全くありません。 親は私に話をしませんでしたが、家計が常に厳しい中で育ちましたので、物欲を我慢し続けるうちに基本的な欲というものが薄れ、今に至るのだと思います。 私の両親は、お金のことが原因でこの前離婚しました。 父も母も嫌いなところはありますが、それでもどちらも 尊敬していたし、好きでした。 両親だけでなくとも、世の中にはお金が絡んだ問題はたくさんあります。 好きあっていても、お金が絡むことが原因で別れてしまったりすることも、あります。 私の中では、お金は人を惑わすというイメージが離れません。 お金持ちになりたいなんて思わない。両親のことと、私が愛情のほうに感心を持っていることで、私が考える生きたい生き方が 「お金、お金、お金、ばかり考えて生きたくない。将来の夫と、家族の幸せのために尽くしたい。毎日毎日毎日お金の心配ばかりして、これからの人生を送りたくない」 ということでした。 それでも、日本で生活を考えてる限りほんとのサバイバル生活以外にお金に関わらない生き方はないですよね。 それに、お金を 「たくさん持っていれば、それだけ自分と家族が自由に活動でき、笑顔になはことができる手段になる。あればあるだけ、それを恵まれない子供たちに寄付することで、笑顔になる人がいる、」 と考えれば、嫌なだけのものではないのだということも理解しています。 いやな、お金のことも知らずにこんなことを言っても、ただの夢見る少女でしかないということも理解しています。 そこで、これからお金の勉強をしようと思っています。 私が人生の先輩方に聞きたいことは ●お金の勉強が出来ることは、簿記とFP検定以外に、何かありますか? ●なるべくお金に関わらない(考えない)生き方で私か思い付くのは、極端なことも含めて ・農業 ・玉の輿 ・お金のことを気にしなくていいくらいのお金持ちになること ・自分で本を書いたり、能力を身につけて独立すること なのですが、他に何かありますか?ちなみに、今のところ日本からでる気はありません。 社会もろくに知らない若輩者で、この世の中が厳しいものだということは理解しています。 また、綺麗事はかりを並べたただのバカだと思われる方もいるかもしれません。 それでも将来私が生む子供に、私が味わったようなショック、友達の中で自分だけゲームを持ってないなどの孤独感、生活が厳しいことが原因の両親のギスギス感、感じさせたくないのです。 物凄く長い文章ですが、ここまで読んで頂き、ありがとうございます。 内容が内容ですので、厳しい意見も覚悟しています。 よろしくお願いします。