• ベストアンサー
  • 困ってます

訓読み音読み両方を教えるか

田舎で小学校低学年対象とした塾をしています。 ご両親の転勤で、そのうち東京に戻る子供が多く、親御さんは、「東京のレベルに合わせてほしい」ということをおっしゃっています。 漢字ドリルなどを見ると、教科書には出てこない読み方がよく出てくるのですが、都会の学校では、音読み訓読みを一緒に教えるのですか。例えば、二年生の教科書なら「風」に対して(かぜ)しか教えないところを「風せん」の(ふう)まで教えるべきなのでしょうか。 ご回答、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数631
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。この前のご質問にも回答していますので、ご参照下さい。 ご質問1: <都会の学校では、音読み訓読みを一緒に教えるのですか。> はい、教えます。経験からの回答です。 理由は、効率がいいことと、一度出てきた漢字は読み方が何であれ「一度習った漢字」として見なされるため、全ての読み方に対応できないといけないからです。 漢字は国語のための学習ではなく、同時に学習している算数、社会、理科などで応用されます。 その時、風船が理科の教科書に出てきたから「ふうせん」と覚えるのではなく、国語の授業で「ふうせん」と習ったことを、応用として確認する手順の方が、子どもの記憶に鮮明に残るからです。 つまり、他の読み方を他の教科や漫画などで「ながら覚え」するのではなく、国語の授業で習ったことを「確認する」という学習がより効果的になるのです。 日本は教育のレベルが高いですから、田舎も都会もあまり関係ありません。田舎にも都会以上の優秀な子どもが沢山埋もれています。彼らの潜在能力を最大限に引き出すのも教師の力量です。 子どもの受容能力は大人の想像以上ですから、音読みも訓読みと同時にすぐに覚えることができます。特に日常使われている例文を用いれば、簡単に覚えます。 実際、何故「かぜ」を「ふう」と読むのか、理屈では理解できません。どの言語もそうですが、「そういうもの」として認識させるしかないのです。 例えば風(かぜ・ふう)なら、 「風(かぜ)に乗った船だから、ふうせん」 というように、意味的に理解できるように覚えさせると、子どもはそういうものとして覚えていきます。 大人の心配をよそにどんどん記憶していきますから、効率を考えて同時に教えることができるものは、一緒に学習させるといいと思います。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

両方の質問に対して、とても丁寧にご回答いただいて、本当にどうもありがとうございました。たくさんの参考になるご意見とノウハウを頂いて、とても感謝しています。

関連するQ&A

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • jo-zen
  • ベストアンサー率42% (848/1994)

以下のURLを参考にしてみてください。   http://shakai.at.webry.info/200801/article_12.html 現在の教育の問題点が明確になるかと思います。塾ですので、学校ほど制約を受けずに済むと思いますので、活用できるのではないかと思います。 >漢字ドリルなどを見ると、教科書には出てこない読み方がよく出てくるのですが、都会の学校では、音読み訓読みを一緒に教えるのですか。例えば、二年生の教科書なら「風」に対して(かぜ)しか教えないところを「風せん」の(ふう)まで教えるべきなのでしょうか。 ⇒教えるべきだと思います。別々に教えたのでは、ある時期までは中途半端な状態ですから、「風せん」を「かぜせん」としか読めませんし、後で「ふう」という読みを新たに教えたのでは、児童が混乱したり、先生に対する信頼を失わす原因になりかねないと思います。系統的に一括理解をさせた方が、児童にとっても覚えやすいと思います。「読み(音・訓)」及び「書き(字形・筆順)」は表裏一体だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても興味深い内容のURLをありがとうございました。 回答者様のご意見も本当にその通りだと思いますので、今後、音訓織り交ぜながら学習させていきたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • suunan
  • ベストアンサー率14% (224/1569)

両方教えるべきです。 都会がどうとかは無関係に、 両方教えた方がはるから効率が高いからです。 たとえば都道府県の位置と産物を教える場合、 位置をひととおり教えてから産物に移るより、 各地の位置と産物を同時に教えた方が良い。 なぜなら、位置は暑さ寒さや海沿いか山林かを含んでおり、 産物と関係があるので丸暗記ではなく理論的構造があり、 総合するとこちらが覚えやすいからです。 漢字の場合も訓と音を同時に教え、 その字を含む熟語をいくつか教え熟語の意味も教えれば 効率が高いし面白みもあって効果ばつぐんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 本当にその通りです。 時間をかけて、今後、関連する熟語をたくさん出して行こうと思います。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 訓読みと音読みって何…?

    前から気になってたんですが、 漢字にある訓読みと音読みって何か意味あるんですか? 教えて下さい!

  • 訓読みと音読みについて

    昼間と書いて「ひるま」と読むのに、なぜ夜間とかいて「よるま」と読まず「やかん」と読むのでしょか?「ひるま」は訓読みで「やかん」は音読みだとおもいますが?普通、訓読みに対しては、反対語も訓読みだとおもいますが、そこのところ自分も学がなくて恥ずかしいのですが、なぜそん言い方をするのでしょうか?ちなみに普段昼間といわずに日中っていうのかな?せけんでは。

  • 音読みと訓読み

    小学6年生の問題に「個人」「新型」「歌声」は ア、音と音 イ、音と訓 ウ、訓と音 エ、訓と訓 のいずれでしょう?と言う質問があります。 辞書を引けば答えはわかるのですが、訓と音って、どういうように区分けするのでしょうか? いままで、雰囲気で「人:ヒト(訓)、ジン(音)」と分けていましたが、子供に教えるのにどういうように説明すればわかりやすいでしょうか?自分がわかっていなくて答えられません。

  • 音読みと訓読みについて

    恥ずかしい話ながら度忘れしてしまいました。 音読みがカタカナで訓読みがひらがなだったでしょうか? 例えば「飛」という感じなら、 音読みは「ヒ」で訓読みは「とぶ」の「と」でいいのでしょうか?

  • 音読み・訓読みについて。

    私は、今家庭教師で中学3年生を教えています。そこで、国語の問題集を解いている時に問題が発生しました。音読み・訓読みについてです。 問)次の1~3の漢字の、読みの組み合わせとして正しいものはどれか。 1.素直 2.油絵 3.生地  ア.音+訓 イ.訓+音 ウ.訓+訓 エ.音+音 解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」と書いてありました。 つまり「油」は、「あぶら」と読めば意味が分かるので訓読み。         「ゆ」と読めば、意味分からないから音読み。 と言うわけです。 3番の「生地」は、答えではイの「訓+音」となってました。 しかし、「生」を「き」と読んでも意味は分かりません。だったら音読みなんじゃないか、と生徒に言われて困ってしまいました。確かにそうだと思うのです。 前置きが長くなりました。ゴメンナサイ。私の質問は、 音読み・訓読みは、どう見分けたらよいのか。また、「生地」の「訓+音」はどう説明したらよいのか。 です。 今度の土曜日にその生徒と会うので、それまでに解決したいのです。どうかよろしくお願いします。

  • 音読み、訓読みについて。

    昔国語の授業で習った、音読み・訓読みについて、友人と意見が割れてもめています。例えば、国という字の『くに』と『こく』という読み方は、どっちが音読みで、どっちが訓読みなのでしょう?自分の考えではなく、完全に知っている人、教えてください。

  • 音読み、訓読み

    子供の宿題を解いてみようと思いましたが・・・・・ 恥ずかしいのですが、はっきりわかりません。 解答よろしくお願いします。 手帳 花火 本箱 空気 1.二字とも音読みする言葉は? 2.二字とも訓読みする言葉は?

  • 音読みと訓読み

    私はもう少しで漢検を受けるのですが、音読みと訓読みがいまいちわかりません。学校では「音っぽい読み方をするのが音読み」と習ったのですが、全然わかりません。何か音読みと訓読みの違いを教えてください。

  • 音読み・訓読み

    漢字を音で読むと言うのはどうゆう意味なんですか。またその場合の音とは何ですか。 同じく、訓で読むという場合の訓とはどうゆう意味なんですか? できるだけ詳しくお願いします。

  • 「音読み」と「訓読み」

    「音読み」と「訓読み」について教えて下さい。 あまり意識して読んだり書いたりすることが無かったので、 いざ考えるとどっちがどうだったか…。 考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。 『北』の場合。 音:きた  訓:ホク 『二十日』の場合。 音:にじゅうにち  訓:ハツカ 上の考え方で合ってますでしょうか。 子供の頃に覚えるようなことですが、教えて下さい。 どうぞ宜しくお願いいたします。