• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

MSVBVM50.DLLが見つからなかったため・・

あるアプリケーションをWindows Vistaで使用したいのですが、アプリケーションを実行しようとすると、「MSVBVM50.DLLが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。」などと表示されて、実行できません。 さらに深く調べてみると、「このプログラムには、欠けているWindowsのコンポーネントが必要です」であるとか「この問題は、Windows Vista とこのバージョンの Microsoft Deprecated DLL Components の間での互換性に関する問題が原因で発生しました。」と表示されます。 とりあえず、ランタイムファイルであるMSVBVM50.DLLをどこかで入手すればいいのではないかと思い、以下のフリーウェアをダウンロード後にインストールを試みましたが、正常にインストールされませんでした。 http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se081909.html さらによく調べた結果、もともとWindows Vistaには上位のバージョンであるMSVBVM60.DLLが標準装備されているとのことです。下位のバージョンであるMSVBVM50.DLLとの互換性がないのでしょうか・・? なお、このアプリケーションはもともとWindows XPで動作するように開発されたものらしく、機種や環境による依存性の確認は行われていないとのことです。Windows XPで正常に動作するかはまだ試していないのでうが、とある事情でVistaでもこのアプリケーションを使用しなければならない状況です。 今の状態ですと、Vistaでの使用は無理でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数28126
  • ありがとう数33

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ランタイム研究所::VB Runtime http://www.runan.net/program/runtime/vb.html 基本ランタイム(必須) Msvbvm50.dll 05.02.8244 (SP2) インストーラ付き(883KB) ↑ダメ元でこちらを試されては? ※仕様上、古くても同一ランタイムがある場合は、ファイルはコピーされませんのでご注意ください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 教えていただいたランタイムをインストールした結果、無事アプリケーションが動作するようになりました。 困っていたので本当に助かりました。

関連するQ&A

  • VB DLLプロジェクトについて

    いつもお世話になってます。 VB6.0で開発を行っております。VBのDLLを作成しております。 そこで、お聞きしたいのが、DLLプロジェクトのプロパティの中に、コンポーネントという項があるのですが、 その中のバージョンの互換性について教えていただきたいと思っております。 まず、根本的にこれは設定をするとどういうことになるのでしょうか?バージョンの互換性という意味がよくわからないので、教えていただきたいと思います。 それと、「互換なし」、「プロジェクト互換」、「バイナリ互換」はどう使い分けるものなのでしょうか? ヘルプを見てもよくわかなかったので、教えていただきたいと思っております。 何卒よろしくお願い申し上げます。

  • DLLがない。

    vectorで、とあるフリーソフトをダウンロードしました。 家のパソコン(Win Me)では作動したのですが、職場のパソコン(Win 98)では、 「必要なDLLファイル MSVBVM60.DLLが見つかりませんでした。」 とメッセージが出て作動しませんでした。(「MSVBVM50.DLL」はあったのですが・・・。)動作OSにはMeも98も書いてありました。 職場でも使えるようにする方法を教えて下さい。

  • gdiplus.dll が無い

    大変困っています、皆様どうぞよろしくお願いいたします。 excel2010 でファイルに名前を付けて保存時に、突然終了してします。 エラー時の詳細を見ましたら、「gdiplus.dll unloaded」 となっていました。 以下にそのエラー詳細を記述いたします。 -------------------------------- 問題イベント名:BEX アプリケーション名: excel.exe アプリケーションのバージョン:14.0.4756.1000 アプリケーションのタイムスタンプ: 4b9c08e8 障害モジュールの名前: gdiplus.dll_unloaded 障害モジュールのバージョン: 0.0.0.0 障害モジュールのタイムスタンプ: 4cd536ec 例外オフセット: 742a836d 例外コード: c0000005 例外データ: 00000008 OSバージョン: 6.0.6001.2.1.0.256.6 ロケール ID: 1041 この問題に関する追加情報: LCID: 1041 skulcid: 1041 ---------------------------------- ■PC環境   windows vista SP1(会社のPCなのでwindows update が禁止されていてできません)   office 2000 と excel2010 共存しています   Lenovo ThinkPad L412 CPU: cereron メモリ:8G   .NET Framework 3.5  ■試してみた事   office2000, excel2010 の再インストール   .NET Framework 3.5 の修復(MSから提供されていました) office2000 はvista と互換性がない事は理解しています。(だいたい使えています) gdiplus.dll は PCの何処にもありませんでした。 他のPCからgdiplus.dll を system32フォルダーに copyしても同じく excel2010 は突然終わってしまいます。 海外のサイトに gdiplus.dll 修復とかダウンロードかあるのですが、怪しいサイトと聞いています(?) どうぞよろしくお願いいたします。

  • 一太郎やオープンはどうしてMSオフィスを越えられないのか

    MSのソフトはバージョンが変わるごとに互換性がなくなり、操作も大きく変わってしまうと聞きます。 一太郎やオープンはどうしてMSオフィスを越えられないのか教えてください。

  • VBAで呼び出したVBのDLLのデバッグ方法

    VB2010で、COM相互運用機能を使って作成したDLLを VBAから呼び出すことはできるのですが この状態でこのDLLをデバッグすることはできないでしょうか。 本来ならば、DLLをデバッグするテストプログラムを VB2010のVB.NETのWindowsフォームアプリケーションか ConsoleApplication1で作成して、 同じソリューションの中に DLLとテストプログラムのプロジェクトを配置して 参照の追加でDLLを参照設定して 両者をデバッグをすると思われますが、 テストプログラムを作るのがかなり大変なのと、 今回作成したDLLは、元々はVBAの中のひとつのプロシージャ―で、 事情があって、このプロシージャ―だけをVBのDLLにしたものです。 このプロシージャ―は元々はVBAの中で正しく動作していたものです。 VBに書き直した時に何らかの不具合が起きていると思われます。 テストプログラムを作らずに、既存のVBAから呼び出して、 DLLの部分の動作だけを(できればVB2010で)デバッグできないでしょうか。 よろしくお願いします。 (WindowsXP SP3 , Excel2003のVBA , Visual Studio 2010)

  • msvcp50.dllのインストール方法がわかりません

    とあるシミュレーション用ソフトをwindows vistaで使っておりましたら、 ある日突然使えなくなりました。 再度ソフトのアイコンをクリックしたら、 「MSVCP50.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始 できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題は 解決される場合があります。」 こんな表示が出ました。 何とかシミュレーション用ソフトを使いたいので、 MSVCP50.dllの入手先とインストール方法をお教えくださいますよう お願いいたします。

  • WindowsVistaでのVB5.0のアプリケーションについて

    現状、VB5.0で、DAO350.dllと、CFX4032.DLLを使用して開発した アプリケーションがあるのですが、WindowsVista上で動作しません。 VB5.0のディストリビューションウィザードで作成したインストーラ を使用して、インストールした際に、上記の2つのDLLが登録できない といったエラーが発生します。ただ、インストール自体は中断せずに そのままインストールが終了するのですが、アプリケーションを起動 した際に、どうもCFX4032.DLLを使用しているCharFxが正常に動作して いないようなのです。 どなたか同様の経験された方、または、この現象の対応策をご存知の 方がいましたら、ご教授をお願いします。 ものすごくこまっています。 ひょっとしたら、作り変えないといけないのでしょうか。 設計書もあまりなくて、かなり昔に作成したアプリケーションなので 作り変えになると、かなり大変なので、なんとか、DLLの入れ替えとか で対応できないかと悩んでいます。 よろしくお願いします。

  • Windows Vistaにしたことを考えて

    Windows Vistaにバージョンアップしたとします。 もちろんVistaに対応していないソフトもあるので、互換性の変更で適用されるのでしょうか? また、変更後は、Vistaで使用可能でしょうか?

  • VBランタイムについて。

    以前から気になってたんですが、vectorなどからフリーソフトをDLする際、「要・VB6.0ランタイム」とか書いてる場合がありますよね。 一緒にDLするのはかまわないんですが、VB5ランタイムが必要なソフト、またはVB6、更にVB6SP3などなど、ソフトによって必要なランタイムのバージョン(?)が違う場合には、それぞれに対応するランタイムを全て入れないといけないんでしょうか? 一番最新のバージョン(VB6.0SP4?)を入れれば全て互換性があるというわけでは無いんでしょうか?←このように上位互換になってるなら「VB5以降」と『以降』と付ける気もするのでやはり無理なんだろうかって思いもしますが。。。

  • dllファイルをレジストリ登録できない

    Windows Vistaを使っています。 あるdllファイルがありまして、 そのファイルをレジストリ登録したいと思っております。 Windows XPでは正しくレジストリ登録できたdllのファイルなのですが、 Vistaで実行するとエラーとなってしまいます。 Vistaでの実効手順は以下の通りです。 (1)C:\WINDOWS\system32\cmd.exeを管理者権限で実行 (2)regsvr32 ~~.dllを実行 (2)を実行すると添付ファイルのメッセージが表示されてしまいます。 私なりに調べてみまして、 (1)を管理者権限で実行すること。 (2)でdllファイルをフルパスで指定して実行すること。 の2点は試しましたが、結果は同じでした。 何かほかに考えられることはございませんか? 解決できそうな案を、ご提示いただければ、私が確かめます。 ぜひご教示お願いいたします。