• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

小規模多機能型居宅介護について

皆様のアドバイスがいただきたくていくつか質問したいと思いますのでよろしくお願いいたします。  まず小規模多機能型居宅介護の人員配置についてですが、指定基準上では、ショートステイ利用者が0人の日は、宿直勤務者1人の配置で良いことになっています。その逆で、開設初期の登録者が少ない時に全ての登録者がショートステイを利用した場合、夜勤者のみで宿直者は配置しなくてよいと理解してもよろしいのでしょうか?  また、宿直者に関しては夜間自宅にいる登録者からの要請に対して対処(間違っていたらアドバイスお願いします)するための要員であると理解していますが、この宿直場所として利用者からの要請にすばやく対処できるのであれば自宅にて待機というのは宿直者の人員配置として認められるのでしょうか?どうかアドバイスをよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5374
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • abso
  • ベストアンサー率66% (8/12)

こんにちは。 宿直の役割が不明瞭なようなのでコメントさせていただきました。 そもそも小規模多機能の宿直と他の老人福祉施設の宿直では役割が全く違います。 小規模多機能の宿直者は夜間に「主として登録者からの連絡を受けての訪問に対応するために配置されるもの」です。 特養などの宿直者は「社会福祉施設における防災安全対策の強化」で定められている建物管理のための宿直です。 >宿直者に関しては定時的巡視、緊急の文書又は電話の収受、非常事態の発生に対処するための準備などを目的とする勤務ほとんど労働する必要がないこととありましたので これは他の老人福祉施設の宿直の考えた方ですよね。 小規模多機能については泊まりの利用者がおり夜勤職員が配置されている場合は、宿直者は自宅待機で可能となっております。これは厚労省からのQ&Aで明記されてます。

参考URL:
http://www.city.tochigi.tochigi.jp/ct/other000001000/127qa.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

absoさんありがとうございます。そして大変申し訳ありません。私の手違いで回答を締め切ることを忘れてしまいました。宿直者につきまして私もよく調べた結果 >主として登録者からの連絡を受けての訪問に対応するために配置されるもの と理解し、また厚労省が既に発表している >宿直者は自宅待機で可能 につきましてもすでに理解していました。貴重な時間をとらせてしまい大変申し訳ありませんでした。  ただ、開設初期は登録者も少なく、その登録者全てがショートを利用した場合、自宅に帰っている登録者はいないということです。したがって自宅から連絡を受けて訪問対応するという業務自体その日はないことになりますので、そういった日にも宿直者を配置しなくてはならないのかと思いまして・・。経営として宿直手当が発生してしまうので・・。 考えとしては対応することがない日は経営者が宿直を行うことにより経費を削減したいと思います。

関連するQ&A

  • 小規模多機能型居宅介護についての初歩的な質問

    在宅介護の限界とは? https://kaigo.homes.co.jp/qa_article/89/ このWEBサイトの相談の回答から 小規模多機能型居宅介護 をしりました。 凄くよいなーと思ったのですが、 小規模多機能型居宅介護とは?3つのサービス内容と料金のしくみ 2019年8月15日 https://www.heartpage.jp/contents/magazine/03-00063 を読んできになるところがありました。 デメリット 定員が少人数 多くのメリットをもつ小規模多機能型居宅介護にもデメリットはあります。小規模多機能型居宅介護は、その名の通り「小規模」の施設です。そのため、事業所登録人数29名、1日あたりの「通い」15名(条件により18名)、1日あたりの「泊まり」9名という定員数があります。そのため、稀に希望日にサービスが受けられない恐れがあるのです。 併用できない介護保険サービスがある 小規模多機能型居宅介護はデイサービスやショートステイ、 訪問介護などの介護保険サービスと併用ができません。 そのため、小規模多機能型居宅介護を利用する場合は、 それまで利用していたサービスが利用できなくなります。 これはケアマネジャーに関しても同様で、 小規模多機能型居宅介護には専属の施設ケアマネジャーがいるため、 それまでの居宅のケアマネジャーは担当できません。 ケアマネジャーや訪問ヘルパーなどとの信頼関係をイチから 築くことが必要になるでしょう。 併用できるサービスとしては、訪問看護や訪問リハビリなどの医療系、 福祉用具や住宅改修などが挙げられます。 また、「通所はいいけど宿泊は他の施設がいい」というような サービスの選択ができないのもデメリットといえるでしょう。 父が要介護3でパーキンソン病を患っているため これからどんどん介護が必要になると思います。 父は病気の影響で全く動けない日もあるのですが、元気だと 1人で勝手に自転車に乗ってふらふらしながら買い物に行ってしまったり するので、母とともに心配しています。 注意してもケロッとしているので家族が見守るしかないかもしれません。 しかし、そうなると母の負担が大きいので小規模多機能型居宅介護を 利用した方がいいかなーと思いました。 この施設であれば包括的に見てもらえるとおもったのですが、 施設が利用者が一杯だと利用できないということを知りました。 自分が仕事で母が体調が悪いなどという時は確実にみてもらえないと困るのですが そうなると、どうしようもないのでしょうか? 今、訪問看護やデイサービスを利用していてそれでなんとかなっているのですが、 今後、もっと介護が必要になった場合にどうすればいいかと考えています。 デイサービスやショートステイ、訪問介護を組み合わせてなんとかなるものでしょうか? 考えています。 アドバイス頂ければ幸いです。よろしくおねがいします。

  • 介護老人福祉施設と小規模多機能型居宅介護

    現在要介護度4の母が「介護老人福祉施設」のショートステイを利用しながら自宅で社会福祉協議会の訪問介護を受けています。「小規模多機能型居宅介護」が職員と仲良くなれて良さそうなので利用したいと考えてケアマネさんに相談しました。利用料が随分高くなって限度基準額ではとても納らないと聞いて一応あきらめました。 同じ介護保険の施設なのにそんなに直段が違うのですか?限度基準額を大幅に超えても支払できる人のための施設なのでしょうか?職員数や設備などで差が出てくるのでしょうか?どちらもショートを利用しながら在宅で訪問介護を受けるのに?と思いましたので質問させて頂きます。ケアマネさんは両者の性質が違うようなことをおっしゃってました。よろしくお願いします。

  • サテライト特養と小規模多機能型居宅介護支援事業所のスタッフについて

    現在、サテライト型特養と小規模多機能型居宅介護事業所の立ち上げ(2つの事業所は同一敷地内併設)に関っているのですが、まだプロジェクトが始まったばかりということもありわからないことばかりです。人員配置について教えていただきたいです。 1、「サテライト型居住施設の生活相談員及び看護職員は、常勤換算方法で1以上の基準を満たしていれば非常勤の者であっても差し支えない。」とありますが、逆に言えばサテライト型特養には1人看護師が必要で小規模の看護師と兼務はできないということでしょうか? 2、Q&Aで小規模の宿直員は併設の介護療養型医療施設の宿直員と差し支えなければ兼務できるとあったのですが、ではサテライト特養と小規模の宿直員を両方で1人にすることは可能なのでしょうか? 3、抽象的なのですがサテライト特養と小規模の職員をどうやったら効率的に配置できるでしょうか?私の地域では職員を集めるのが大変で(どこも大変ですよね汗)とりあえずどうやって基準をクリアさせるか検討を始めてます。 4、小規模(25人定員)の一般的な職員数を教えていただけないでしょうか?基本的に常勤のみの採用となる予定なのですが。 一項目でもわかる方お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

 介護保険関係の法令解釈については、地方ごとに結構バラつきが見られるようなので、正確なところはやはり質問者様の地元の自治体に直接確認されることをオススメします。以下の回答はあくまで「地域密着型施設の管理運営基準」を見た小生なりの一解釈に過ぎないことを、最初にお断りしておきます。 >全ての登録者がショートステイを利用した場合、夜勤者のみで >宿直者は配置しなくてよいと理解してもよろしいのでしょうか?  ・・・これはムリな解釈ではないでしょうか?  ショートによる宿泊者が1名でもいる場合、宿直者1名及び夜勤者1名の計2名(しかも内1名は常勤者)を必ず配置しなければならないようです。 >利用者からの要請にすばやく対処できるのであれば >自宅にて待機というのは宿直者の人員配置として >認められるのでしょうか?  ・・・これは、運営基準のどこにもハッキリと明示されていないので、判断が分かれるかもしれませんが・・・  ただ、前提としての >宿直者に関しては夜間自宅にいる登録者からの要請に対して対処するための要員  という解釈の根拠がわかりません。少なくとも運営基準には、宿直者の業務をそのように限定的に解釈できる根拠がどこにも見当たりません。  在宅利用者からの緊急の要請がない晩には、宿直者+夜勤者の2名体制のメリットを最大限に生かしてショート利用者の便宜を図るべきではないでしょうか?そうなると、やはり2名体制のうち1名は自宅待機でも良い、というのは無理のある解釈、と言わざるを得ないと思われます。

参考URL:
http://www.city.omuta.fukuoka.jp/shinsei/chouju/09.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hiroki0909さんアドバイスありがとうございます。やはり詳細は自治体と相談してみたいと思います。  私なりに考えたことは、まず、夜勤者と宿直者という定義です。夜勤者の定義として夜間や深夜帯に日勤と同様の労働をすること。しかし、宿直者に関しては定時的巡視、緊急の文書又は電話の収受、非常事態の発生に対処するための準備などを目的とする勤務ほとんど労働する必要がないこととありましたので、hiroki0909さんが言われる >宿直者+夜勤者の2名体制のメリットを最大限に生かしてショート利用者の便宜を図るべきではないでしょうか に関しては宿直者が夜勤者と同様の労働をすることは労働基準法に違反するのではないかと考えています。ただ宿直について調べてみると「事業所に宿泊し・・」とありましたので緊急要請に対処できればどこにいてもよいという私の解釈は問題なのかもしれません。 >宿直者に関しては夜間自宅にいる登録者からの要請に対して対処するための要員 という考え方も、夜勤と宿直の定義からくるもので、夜勤と同様の業務を行えない以上、宿直者はショートステイしている人を対象とした人員配置ではなく、自宅にいる登録者(利用者と家族)に対して配置した人員であると考えていました。 もう少し行政と事業者さんとも話し合い考えていきたいと思います。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 障害者自立支援法においての生活介護事業

    いつも勉強させていただいてます。 早速ですが、生活介護の人員基準で、前年度の平均障害程度区分での算出(新規事業者は定員の9割を想定して)というのはわかるのですが、新規事業所の人員配置基準の見直しを3ヶ月で行い、利用者数が9割に満たない場合は人員基準が軽減されるのでしょうか? 例えば定員20名で、この段階で利用者数が8名の場合、平均障害程度区分が4以上5未満の状態であれば生活支援員及び看護士のどちらかが常勤であり、常勤換算で1.6以上配置していれば基準を満たすことになるのか? 根拠になるものが探せません。 何卒ご教授いただければと思います

  • 通所介護施設 サービス提供時間・人員配置について

    通所施設を開設したばかりです。よろしくご教授ください。 当施設は提供時間は9:30~16:30、一日定員10名と届けています。 (1)人員配置の件でサービス提供時間に生活相談員などの人員基準が定められているが一般にサービス提供時間といわれているのは、実際にケアプランのもと利用者にサービス提供している時間なのか、当施設の届けている提供時間なのか?もし後者であればたとえ利用者がいない場合でも必要人員確保していないといけないのか? (2)生活相談員が担当者会議で短時間の外出は必要な業務なので良いと確認済みであるが他利用者の送迎にての外出はどうか?

  • 介護現場の方へ

    経営者と対等の立場になりたいと思いませんか? 経営陣は、現場を甘く見ています。実際、首切りや代わりはいくらでもいる。いざとなったら外国人という発想があります。しかし介護報酬は、現場の人員配置に大きく関わっています。いきなり、4人辞めれば、報酬は激減するでしょう。 やはり、おとなしすぎる従業員が多く、反対等もしない人が多くいます。 従事しながらストライキの発想は無いのでしょうか? 有給休暇にての、”出勤”はしていないストライキ。 よく、「困るのは利用者」という事ではなく、有給にて介護は行うが、出勤扱いではない日にする。という発想はありませんか? 全員が有給の場合、配置基準にはなりません。 ボランティアで来ていただけ。という事になります。 周りと比べて、給料は”おいくら”程度が妥当だと思いますか?

  • 小規模多機能型居宅介護

    タイトルの事業を市役所に申請しようとしています。 市から種々の書類要求がありますが、どうしてもショートスティの利用積算根拠が分かりません。建設費6500万円、常勤介護職5名、非常勤1名、看護1名、管理者、ケアマネそれぞれ1名で考えています。 利用は、登録25名、通い15名、泊まり9名です。 どなたか、かんたんな積算方法を教えてください。よろしくお願い致します。

  • 小規模多機能施設は、利用登録者以外での宿泊可能?

    よろしくお願いします。 小規模多機能型居宅介護施設では、登録利用者以外の人(65歳以上に限る?)でも、宿泊費(部屋代・食費・光熱費その他)を支払えば、宿泊の利用ができるのでしょうか? 色々調べてみましたが明解がわかりません。

  • 小規模多機能型居宅介護について

    小規模多機能型居宅介護を行なう上での業務の書類を探しています。 テンプレートなどの様式が載っていたりダウンロードできるサイトは ありませんでしょうか。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 小規模多機能型居宅介護

    小規模多機能型居宅介護施設の数が増えないのはどうしてでしょうか?

  • 急ぎで!居宅介護支援・訪問介護の開始について

    とても急ぎで回答していただきたいです。 老人ホームを経営している法人が居宅介護支援事業と訪問介護事業を検討しているのですが、何点か質問があります。 (1)老人ホームの常勤の介護員を訪問介護の介護員と兼務させることはできるでしょうか? 訪問介護の人員配置基準では、介護員は常勤で2.5人以上となっており「専従」とはなっていません。老人ホームの基準では、介護員は当該施設の職務に専念すべきとなっており、ここまでで判断すると兼務不可です。 ただ、老人ホームの介護員は常勤換算で2人以上必要なところ、施設には常勤で3人配置されているので、内1人に訪問介護のほうへ異動してもらえれば、兼務ではありませんが老人ホームの介護員を訪問介護員にすることはできると考えていいのでしょうか? (2)訪問介護で利用が多いのはどのくらいの時間の身体介護・生活援助なのでしょうか?また、平均で1ヶ月(もしくは1週間)に1人当たり何回くらい利用されますか?1ヶ月の平均利用金額もわかればお教え願いたいです。

  • EXCELLで出勤計画を

    Excellで人員配置を作りたいと思っています。現在7人(それぞれA:B:C:D:E:F:G)で毎日宿直・日直をやっております。宿直は2名で毎日夕方から朝まで、日直は土・日・祝祭日2名で朝から夕方までやっています。当然土・日・祝祭日は日直2名と宿直が2名で計4名必要になり次の日は残りの3名の内2名が日直となります(宿直→日直は連勤となるため出来ません)。また宿直が連続で2日続くことも出来ません(日直→宿直はOKです)。しかも同じ組み合わせにならないようにすることが出来ればという条件が加わります。 条件:宿直→日直は不可、宿直の二日連続は不可、宿直と日直の組み合わせはランダムに   なること この出勤計画をexcellで出来るのでしょうか、一度やってみたのですが複雑になり出来ませんでした、どなたかどうやればいいか方法をご教示頂ければと質問させて頂きました宜しくお願い致します。

  • 障害者自立支援法の生活介護について教えてください

    現在大阪府H市にて身体障害者と知的障害者のデイサービスの管理者をしています。自立支援法になるとデイサービスの枠がなくなる?ため今後のことを検討しています。府の資料をみていると生活介護が現在提供しているサービスに最も近いと思います。しかし、生活介護の指定条件、人員配置などは詳細がでていません。2月13日に告知されるとも聞きましたが、、、日常の業務に追われる毎日ですが、利用者さんも不安を感じておられます。生活介護についての詳しい情報などはどこで確認すればよろしいのでしょうか?ワムネットなども調べていますが量が膨大でなかなかさがしきれていません。どなたかご指導をお願いいたします。