• 締切済み
  • 暇なときにでも

緊急避難について。

法益衝突状況で、同等ないしより小さな利益を否定する行為は 違法とはいえない(優越的利益説)として、その「同等ないし より小さな利益」 に人命が該当する場合があるかどうか、 ならびにお答えの根拠となる書籍・論文をお教え願えませんか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • piccoli
  • ベストアンサー率31% (10/32)

後々役に立つと思うので判例はご自分で探してみてはどうでしょう、大学の図書館などに行けば判例集はそろってますよね、ただ生命対生命の緊急避難が問題になる場合って現実にはまれなケースでしょうからうまく見つかるかはわかりませんが。 ぼくの手元の本では違法性阻却説(判例・通説)、責任阻却説、二分説にわかれます。違法性阻却説では生命対生命の場合も含みます。責任阻却説でははっきりと書いていないのですが大きな法益の保護のために小さな法益を犠牲にする場合は期待可能性がないと考えるなら同等の利益の場合は含まないことになりますよね。二分説は違法性阻却説と責任阻却説の折衷的立場なので生命対生命の場合も含むと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#864
noname#864

法益に当然に生命が含まれることを前提に判断した判例として、ごく最近のものでは、東京地裁 平成8年6月26日判決(判例時報1578号39頁)があります。身体の自由と生命とでは法益の均 衡を欠くとして、緊急避難を否定しました。 学者からはかなり批判がされていますので、関連する評釈など調べてみてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • piccoli
  • ベストアンサー率31% (10/32)

優越的利益説というのは一般に違法性阻却説と呼ばれる、判例・通説のことだと思うんですが、この説を取る人はほとんどが生命対生命の(生命に軽重はない以上この場合は常に同等の利益ですね)緊急避難を認めているはずです。ですから刑法総論の本ならたいていこの点について書かれているはずですが?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

自分の手持ちの本にもたしかに記述はあるのですが、判例がのっておらず 不満なのです。木村光江「刑法」東京大学出版会 P86ですが。 また、質問を変えると、優越的利益説に立たない場合は、 法益衝突状況で否定できる利益に人命は該当しないのでしょうか。 そして、 優越的利益説というのは学会、あるいは判例通説なのでしょうか。 質問ばかりで申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 被害者の承諾の処罰阻却根拠→構成要件該当性阻却説とは?

    被害者の承諾が処罰阻却根拠の 「構成要件該当性阻却説」とはどのような説でしょうか? テキストには 【主張理由】 同意によって処罰を否定される犯罪類型の大半→構成要件を阻却する。 構成要件は処罰に値する法益侵害の有無を判断する。 【批判】 条文には、同意のないことは要求されていない となっているのですが、主張理由も批判の意味も全くわかりません。

  • 特約の有効性について

    例えば、ある行為(ここでは「行為A」とします)は違法行為に該当するのですが、その違法行為の適用除外規定(制限規定)にも該当する場合には、その行為は違法行為にはなりませんよね。 そのときに、行為Aが違法行為になることにより利益を受ける者と行為Aを行う者との間で「行為Aに関しその違法行為の適用除外規定(制限規定)は適用しない」という特約を結んだ場合、その「行為A」は形式上違法行為になりますが、このような特約は公序良俗(民90条)に反し、いかなる場合でも無効でしょうか? それとも、無効にはならない場合がありますか? 出来ましたら法的根拠と共にお願いします。

  • ●不倫

     法律用語としての「違法」は、法規に違反する「形式的違法」だけを意味しているのではなく、法益を侵害する行為全般(「実質的違法」)が含まれます。  さて、標題の「不倫」に関し、「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は過失がある限り、その配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の【夫又は妻としての権利を侵害し、】【その行為は違法性を帯び、】右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである。」と判示した最高裁判例があります(最判昭和54年3月30日)。  ですが、この最高裁判例を説明しても「不倫は違法ではない」と言う人が多く、一体何を根拠としてそう主張するのかと訊いてみると、「法律に違反していないから」の一点張りです。  「法律に違反していないから罪ではない、形式的違法でもない」というなら話はまだ分かりますが、夫または妻の法益を侵害していることは上記の最高裁判例からも明らかであるのに、「不倫は違法ではない(=「実質的違法」に該当しない)」との主張は全く納得できないのですが、不倫がどうして「実質的違法」に該当しないのか、どなたかご説明して頂けませんでしょうか?  「これこれこうだから、実質的違法です」とのご説明でも、ありがたく存じます。

  • 司法試験 平成18年 2問目 刑法

    司法試験 平成18年 2問目 刑法 〔第2問〕(配点:2) 刑法第37条第1項の緊急避難の法的性格について,学生AとBは,違法性阻却事由説と責任阻却事由説のいずれか異なる見解を採り 緊急避難に当たる行為に対して正当防衛が成立し得るか ,「 。」 という問題について議論したところ,学生Aは「緊急避難は成立し得るが,正当防衛は成立し得な い 」との結論になり,学生Bは「正当防衛が成立し得る 」との結論になった。 学生Aが採る見解 。 。 に関する記述として正しいものは,次の1から5までのうちどれか (解答欄は ) 。 ,[No.6] 1. 制限従属性説を前提として,この見解を採って検討すると,正犯と従犯の関係で,正犯が緊 急避難に当たる行為をした場合,正犯の幇助をした者は不可罰となる。 2. この見解は,違法性阻却の実質的理由を優越的利益の保護に求める考え方と矛盾する。 3. この見解によれば,刑法上の緊急避難に当たる行為は,民法上も損害賠償責任を問われるこ とはない。 4. 法益の権衡が緊急避難の要件とされていることは,この見解の根拠となり得ない。 5. この見解に対しては,学生Bが採る見解から「無関係な他人のためにする緊急避難が認めら れていることを説明できない 」との批判がある。 ☆☆☆ この問題の解き方を教えて下さい。 意味不明です。

  • 法律(刑法)の文章を添削お願いします

    再度お願いです。法律の文章を書きなおしたので、添削してください。 刑法の先生の回答の書き方の説明では一行問題は (1)何の問題なのかを説明する(定義を含め)ーできるだけ、それにあたる具体例を示す。 (2)その点に関する学説状況を詳しく説明する。 (3)自説の展開(自説の積極的論証・消極的論証)の順に書くと教わりました。それに基づいて書いています。 不真正不作為犯の構成要件について論じなさい。 (1)不真正不作為犯とは構成要件上作為を予定している犯罪を不作為で実現する場合をいう。 例えば、母親がその乳児に授乳をしないという不作為によって本来作為犯を予定している刑法百九十九条の殺人罪の構成要件を実現する場合である。 まず作為犯の構成要件を不真正不作為犯に適用することは刑罰法規の類推適用となり、罪刑法定主義に反するかが問題となる。この点反しないと解す。なぜなら構成要件の本質は、それが予定する法益侵害を犯してはならないことを規定したものであり、不作為によっても法益侵害してはならないことを予定していると考えるからである。 次に不真正不作為犯の成立要件がその実行行為性との関係で問題となる。不作為と結果との因果関係が必要で、あるが、処罰の限定の観点から作為犯と同視できる程度の非難可能性が必要である。 その可能性が認められるのは、行為者に作為義務があること。不作為によってなされなかった行為は当該行為者にとって可能なものであること。不作為の違法性が作為と同視できることが必要である。 ここで、作為義務の発生根拠が問題となるが、私は、法令・契約事務管理が根拠と解す。 (2)また主体に関しては作為義務の有無を違法性の問題とする違法性説と作為義務の問題を構成要件段階で検討する保証人説がある。 (3)私は後者を支持する。なぜなら犯罪の検討において、構成要件該当性、違法性、有責性の順に検討されるが、前者はあらゆる不作為はいったんは構成要件に該当するため問題である。よって、前者は妥当でない。 添削お願いします。

  • 根拠の無い法律論で・・・・・。

    ご存知の方お願いします 根拠の無い法律論で相手にたいし 不利益をこうむらせるように 誘導するのは違法行為ではない でしょうか 教えてください お願いします

  • 構成要件論と行為論が分かりません。

    構成要件論と行為論が分かりません。 構成要件論と行為論で、『犯罪論において構成要件該当性に独立した地位を認めるか否か』が問題らしいのですが、意味が分からないです。 まあそれは構成要件論に対し、行為論がよく分からないところがあるのも事実ですが。 それで、その後に『行為論はこれを否定し、構成要件該当性の問題は主として刑法各論の領域で論じ犯罪論においては違法性と関連付けて論じるのである』 とかいてあります。これは「構成要件に該当するかの問題は主にそれぞれの刑法の説の中で考えて」という意味なのは分かるのですがそこから『犯罪論において~』がどういう意味なのかよくわかりません。 どなたか教えて頂けると嬉しいです。本当にどうかお願いします。

  • 他人のメールアドレスを無断使用する行為

    他人のメールアドレスを無断使用する行為の違法性についてご教授ください。 特に、無断でどこかのサイトへ登録する行為について、伺いたく思っております。 その根拠となる法律名および第何条に該当するかも明記して頂きますようお願い申し上げます。

  • コラーゲン肌にいい説、科学的根拠はあるのか?

    コラーゲン肌にいい説は、実験などに基づく科学的根拠はあるのでしょうか? とりあえずこの2点が存在するかどうか ・ニュートン、日経サイエンスなどの科学雑誌に掲載されたことはあるか。もしそうならその号数を ・学会等で発表された学術論文は存在するか もしないならばないなりに、独自の研究でもいいのでできるだけ信頼性の高い情報を教えてください。また私が確認できなければ意味がないので、その情報源を具体的に教えてください。サイトURL、書籍名、雑誌名号数、テレビ番名組放送日、など。 知りたいのは根拠です。具体的な根拠を必ず挙げていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 阪神リーグ優勝!道頓堀川へ飛び込みは何の罪?

    阪神タイガース、リーグ優勝、おめでとうございます。 さて、道頓堀川への飛込みが随分と問題且つ話題になっています。既に、飛び込んで警察に連行され、厳重注意を受けた方々もおられるそうです。 ところで、川に飛び込んで、それが違法行為になる根拠は何なのですか。 どの法律または条例の第何条に該当するのですか。 ご存知の方、是非とも教えてください。