• ベストアンサー
  • 困ってます

請求書の消費税の書き方、計算方法を教えてください

請求書の消費税の書き方、計算方法を教えてください。 この度、フリーで初めてホームページ制作のお仕事を依頼されたのですが、 請求書の書き方でわからない部分があったのでどなたか教えていただけないでしょうか? 以前見積書をクライアントに送った際、「お見積金額 (税込み)」として\100,000の金額を記載した場合、 請求書には 「小計」→\95,000 「消費税等」→\5,000 「合計金額」→\100,000 このような書き方で問題ないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数71623
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

問題大有りです。 消費税は5%ですよ、法律で決まっています。 もらったお客様も正式な書類として使えません。 仕事は間違っても何とかなりますが、お金は間違うと信用問題で命取りにもなります。 そもそも、見積りの時に金額を計算したはずです、どういう計算でその金額にしたのでしょうか? 全て税別で計算して合計に5%かけて総合計が見積もり金額として出したならそのまま請求書も同じ内容でいいことになります。 見積りを税込み総額表示で出す場合は、見積もり書フォームには必ず合計欄と消費税欄と総合計欄が必要だと思いますし、そういう風に計算すれば請求も同じですみ簡単ですからお勧めします。 小技ですが、5%足した金額が整数になるような金額にすると(端数は値引きとかで調整)計算も簡単です。 ネットでフリー素材でエクセルの見積もり書フォームなどがたくさん手に入りますので参考にしてみてください。 今回の場合は他の方の計算で請求するのが正解だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まったくの私の無知でした! >小技ですが、5%足した金額が整数になるような金額にすると なるほど! 大変参考になりました。ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 消費税をとらない場合の請求書の書き方

    売上が1000万を超えないので消費税をとらない場合があるのですが、その場合請求書(請求書には消費税の金額を書く項目があります)には消費税の項目は無記入でもよいのでしょうか? 0なら0と書いたほうが処理しやすい又は、合計金額を変えずに消費税の項目に金額を書いたほうがよいのか どっちでも良いならそれでも良いのですが、こうやった方がいいよっていうのがあればアドバイス下さいm(_ _"m)

  • 請求書の消費税に関して

    フリーでイラストの仕事を初めて間もない者です。 変な質問でしたら申し訳ないですが、ご回答いただければ助かります。 納品も済ませ、金額に源泉徴収+消費税を追加して請求書を送ったところ  >個人での請求の場合消費税ではなく、  >源泉徴収を含めた価格での請求が通常かとおもわれるのですが  >源泉と消費税の両方が請求された金額となっております。 との回答が送られてきました。 先方の都合により、見積書を前もって提出していたんですが その際には「金額+源泉徴収+消費税」で送って了承いただいてたので、 請求書も同じ金額でいいだろうと思っていのですが違うみたいで…。 質問としては、以下の2点です。 (1)個人での請求は、通常、消費税の請求はしないものなのか?  (しなくていいのか、しちゃいけないのか、したほうがよいのか…) (2)見積書と請求書の請求内容が変わるのは気にしなくていいのか? 初歩的な質問だったらすみません。よろしくお願いします。

  • 請求書の消費税について

    現在フリーで作業をしているのですが、請求書の消費税についてご質問です。 現在の状態は、Aの案件は5000円。Bの案件は10000円。Cの案件は…という形です。 そしてひと月の受注文をまとめて請求書を発行するのですが、その際の消費税の記載はどうすれば良いでしょうか。 税金は先方が支払います。 161,244円を請求し、振り込まれた価格は149,120円でした。 (ちなみに請求した161,244円は案件の合計金額です。) 向こうが税金を支払う場合は消費税の記載は不要でしょうか? あと、上記の場合だと5%じゃないですよね?6%と7%で計算してみたのですが支払い価格の149,120円にならなかったんですが・・・ 消費税を記載する場合は何%にすれば良いでしょうか? 初歩的な質問で恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

「小計」→\95,000 「消費税等」→\5,000 「合計金額」→\100,000 ------------------------------------- 消費税は 5% と定められています。 5,000 ÷ 95,000 × 100 = 5.26% であり、このような消費税は誰も払ってくれませんよ。 税込金額から税抜き金額を算出するときは、100/105 をかけ算します。 なお、スーパーなどで見られる総額表示は、不特定多数の消費者に価格を表示する場合に適用されるものであって、ご質問のような個別の取引には何ら関与しません。 請求書の書き方自体は、ご質問文にあるとおりでけっこうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

見積書に税込みで見積金額を記載してしまったことに誤りがあったのでしょうか? 計算方法のご指摘ありがとうございます。 小計に1.05をかけて合計が\100,000になるという計算でよろしいのですね?

  • 回答No.5

>、「お見積金額 (税込み)」として\100,000の金額を記載した場合、 問題でしょう 分けるなら 本体は100/105...消費税は5/105 95,238円  4,762円 -------- 100,000円 が一般的でしょうね 見積もりは税込みなのですから請求書も税込みで請求すれば問題は無いでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど、\100,000 (税込み) として請求書に金額を記載してしまえばいいのですね。 参考になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

税別方式は、違法とする見解もあります。根拠条文は不明です。 税務署に確認されると良いでしょう 大手スパー等は、総額方式に変更しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)

当たり前ですが、元の金額に5%をかけたものが消費税額です。 ですから、95238円+4762円で10万円にするか、95239円+4761円で10万円にするかのどちらかです。前者は1円未満の消費税額を切り上げまたは四捨五入した場合、後者は切り捨てた場合です。 切り上げ、四捨五入、切り捨てについては、随時適当に決めるのではなく、「うちはこうする」と1つの方法に決めて下さい。 なお、今後はできるだけ税込ではなくて税別を基準にして見積もり&請求する方がいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

質問者からの補足

ありがとうございました。大変わかりやすかったです。 計算方法も私が思っていた方法と違うようですね。 小計→ 10万×0.05=5千円 10万-5千=9万5千 9万5千×0.05=95,238円 消費税→ 10万-小計=4,762円 合計→ 95,238円+4,762円=10万円 こんな感じで計算すればよいのでしょうか?

  • 回答No.2
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

税抜金額は  9524円です   消費税は   476円です 9524*0.05= 476 記載の方法は不明です 消費税の計算は 消費税計算要電卓があります便利です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

金額が違うようなのですが、消費税計算要電卓というものがあるのですね。参考にしてみます。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私もてっきり問題ないとおもったのですが・・・ 下の方の回答を見たら問題あったようです。 いやはや勉強になります。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 消費税を個別計算された請求書

    取引先から次のような(請求書1)をもらいました。 商品の合計に5%を掛けた消費税額に誤りがあるので (請求書2)のように訂正依頼をしたところ、商品ご とに消費税を掛けているので、そのようになっている との回答でした。 代わりに(請求書3)を提出されました。 ------------- (請求書1) 品名  単価 数量 金額 AA  1,052    3   3,156 BB   2,973    1   2,973 消費税     307 合計   6,436 ------------- (請求書2) 品名  単価 数量 金額 AA  1,052   3  3,156   BB   2,973    1  2,973 消費税        306 合計   6,435 ------------- (請求書3) 品名  単価   数量 金額 AA  1,104.6     3  3,314   BB  3,121.65    1   3,122 合計(税込)     6,436 ------------- 実際には10品目程度あり、消費税額の 差額も大きいのですが、 品目ごとに請求書をわけてもらうのは、 煩雑になり難しいと思います。 納品日が異なる商品でもあり、 取引先の会計システム上の都合もあり、 法律等の根拠さえあれば、こちらとしては (請求書1)(請求書3)でも構いません。 法律上問題がないのか教えてください。

  • 消費税を請求していいのでしょうか

    私は個人事業主として今年より活動しています。 開業から2年間は消費税を納める必要がないため、請求書には消費税を入れずに請求していました。 しかし、このサイトで消費税を納める必要がなくても消費税を頂いてよいということを知りました。 今まで消費税なしで請求していたクライアントに対して途中から消費税を請求してもかまわないのでしょうか。

  • 請求書の消費税について

    個人事業主として 内装業をやっている職人です。 現在、仕事を貰っている会社に 初めて請求書を発行した時、 請求金額に消費税をかけて 請求しました。 そしたら先方に 『手間賃だけなんだから 消費税はいらないだろう。』と言われました。  材料(壁紙・フスマ紙等)は 先方が用意した物。  のり・ボンド等は 自分が仕入れた物を使用。 その時は 『そうなのか??? もし違う(値引き交渉)としても、先方がそう言うからには 仕方が無い。』 と思い 以来、消費税はかけておりませんでした。 しかし今月から 発注書に消費税が書かれたものが 送られて来る様になりました。 もちろん、先方に確認を取り 請求をするつもりですが 実際、手間賃には消費税はかけないものかどうか? 気になり 質問させて頂きました。 (今後の参考に・・・) よろしくお願いします。

  • フリーランスは消費税を請求しますか?

    現在、フリーランス1年目のグラフィックデザイナーです。 請求書の書き方に非常に困っています。 こちらの作業費には特に決まった定価を付けていないので、 予算からリース代等の実費を引いた、残りの金額を私の作業費にしています。 例えば、予算が70万円のうち10万円(税込)が実費で使われて、 残り60万円があるとします。 そうすると、 「請求額540,000円に源泉税込みの600,000円を請求書の金額にして欲しい」と言われるケースが多いのですが、 そうすると、540,000円の中に消費税を含めるということになりますか? -------------------------------------------------------- 請求額514,285円 消費税 25,715円 小 計540,000円 合 計600,000円 (内、源泉税10%=60,000円込み)←これを書くか書かないか?? -------------------------------------------------------- という請求書になるのでしょうか?? それとも、 -------------------------------------------------------- 請求額540,000円 消費税 27,000円 源泉税 54,000円 合 計621,000円 -------------------------------------------------------- というのが、正しい気がするのですが、 そうすると600,000円を超えてしまいますよね? それとも、1年目=免税事業者という意味で消費税を抜いて、 -------------------------------------------------------- 請求額540,000円 源泉税 10% 合 計600,000円 -------------------------------------------------------- とシンプルに、請求書に書くのが正しいのでしょうか? もしくは、逆算していって、 600,000円から消費税5%=571,428円を小計とし、 571,428から源泉税10%を引いて、 514,285円を請求額とし、 -------------------------------------------------------- 請求額514,285円 源泉税 57,143円 小 計571,428円 ーーーーーーーー 消費税 28,572円 合 計600,000円 -------------------------------------------------------- と書くのが正しいのでしょうか? はたまた、グラフィックデザイナーに源泉税は不要だという説もあります。 なんだか、聞く人によって回答がまちまちなのと、 似たような数字がゴロゴロ出てくるので、 本当に分からなくなります。。。 ご指導宜しくお願いします。

  • 取引先に消費税を2重に請求してしまった。

    当方法人のために消費税を請求しておりますが、先日以下のことに気が付いてしまいました。 取引先に対して、請求書発行時に ○○費用  \500,000- 出張宿泊費 \ 20,000- 計     \520,000- 消費税   \ 26,000- 合計    \546,000- -------------- (数字は例えです) と、52万円に対して消費税を計算していたのですが、ホテルは元々税込みの金額でした。2万円は税込みなのにさらに消費税を請求してしまいました。 経理上どのようにすればよいのでしょうか? 取引先に差額を返す?その場合どのように計上する? 意味のわからない質問で申し訳ございません。 そんなのいいよ気にしないで。 とかかもしれませんが宜しくお願いいたします。

  • 過去の請求書の消費税分の請求について

    質問させて頂きます。 僕は、ある広告代理店A経由にて結婚相談関連のアフィリエイトサイトを運営しております。 その広告代理店Aとは2年ぐらいの取引があり、毎月売上に応じて請求書を作成し、広告代理店に送って、所定期日に振り込んでもらっています。 いつも請求書は内税で計算して請求していたのですが、今回、ふとした事から消費税分も請求できる事を知りました。 その事を広告代理店Aに確認したら、やはり消費税分も請求できると言われました。 しかし、今まで2年間(請求月で言えば24ヶ月分)、全て消費税を抜きにした金額で請求してきているのです。 最初の契約の時には、あえてそういう取り決めはしておりませんし、広告代理店Aの方からも、消費税分も請求できる旨の指摘もされませんでした。 ここで質問です。今から、過去2年(請求月で言えば24ヶ月分)の消費税分全てを請求する事はできるでしょうか?

  • 請求書の消費税

    フリーランスになりたてのものです。 初歩的な質問かと思いますが、すみません。 請求書に、先方の業務担当者から言われたままの額を記載し提出しました。 そうしたところ、経理の方から伝電話があり、 「他の方は消費税を書いていたりしますが、それはいいのですか?」と聞かれました。 私は、フリーになって間もない請求で、主張するのが怖かったせいもあり、 担当者の方には何も言われてないからと、その際には税込みということにしてしまいました。 そして、しばらく経ち、同じクライアントで、別件でギャラの話になった時に、 担当者の方に、思いきって 「前回、経理の方から、消費税はどうするのか聞かれたのですが? 皆さん請求しているようですが?」と言ってみました。 そうしたところ、収入は1000万を越しているのかと聞かれ、そうではないと答えたところ、 「あなたは、収入が1000万を越していないから、消費税を取られない。 よって税別で書く必要はない」と言われてしまいました。 でも、後で考えてみると、予測で1000万は越さないと分かっていても、 その年の締めにならないと年収額はでないし、 よって消費税を納めるか否かも分からないしなぁ・・・、と疑問もわきました。 経理の方が、消費税は?と聞いてきたのも気になります。 ちなみに、別のクライアントに、消費税はどうすればいいですか?と尋ねた際には、 付けていいですよ、とのことでした。 そこで質問なのですが、前のクライアントのような考えで、 ギャランティには、消費税は別途請求しないということでいいのでしょうか? このクライアントとは、一度「税別ではない」ということにしてしまったので、 もう、別途消費税をくださいとは、言い出せない状況かと思います。 それと、経費の節約を念頭に置いていそうな会社で、すんなり受け入れてもらうのは難しそうです。 ですが、今後の参考にしたいので、よろしくお願いします。

  • 消費税の計算です

    (6090円(税込み)の品物を15%引きで5個、3360円(税込み)の品物を20%引きで3個買った時の合計金額と、その消費税を求めよ。) という問題を見つけたのですが合計金額を求めるために  6090×0.85×5=25882.5  3360×0.8×3=8064  合計が25882.5+8064=33946.5 となっていたのですが途中で使われている0.85と0.8はどうやって出されたのかわかりませんでした。どうか教えてください  

  • 請求書での消費税値引きについて

    とある取引先に請求書を提出したところ修正を求められます。 仮に1万円(外税)のサービスを提供したとします。 先方より消費税分値引きをして欲しいとの要望があり、 始めに提出した請求書が以下の通りです。 ※( )内の表示は請求書作成ソフトの仕様上自動的に計算され必ず印字されるものです。 (1) ********************** 商品 10000 値引 -740 (小計 9260) (消費税 740) (合計 10000) ********************** しかし先方さんとしては10000円の消費税800円を値引きして欲しいと言うことで 値引 -800 を挿入して欲しいとの事でした。 そこで今度は (2) ********************** 商品 10000 値引(税込)-800(内) (小計 9260) (消費税 740) (合計 10000) ********************** しかしこれもまた先方の会計士さんがうまく処理できないとの事で返ってきました。 ( )内の小計が10000、消費税が800でないといけないとの事です。 併せて今度は先方より見本が届きました。 (3) ********************** 商品 10000 消費税 800 値引 -800 小計 10000 合計 10000 ********************** としなければならないとの事です。 今困っているのは請求書作成ソフトの仕様上(3)の様な請求書が作成出来ないという事ですが、 そもそもこのような消費税を丸々値引きしたような表示の請求書は大丈夫なのでしょうか? また、先方の会計士さんは、(1)や(2)の請求書だと何が問題になるのでしょうか?

  • 納品書が複数枚ある時の、請求書の消費税計算は

    エクセルの消費税計算で悩んでいます。 納品書1枚に対して請求書1枚であれば全く問題ないのですが、同じ得意先で1カ月の間に納品書を複数枚発行して、月末に納品書の合計から請求書を1枚作成するパータンで困っています。 納品書毎に注文合計金額に対する消費税計算を=rounddown(合計金額のセル*0.08.0)で作成発行した場合、月末に納品書すべての注文合計金額に対して消費税計算を=rounddown(合計金額のセル*0.08.0)にすると消費税に誤差が発生します。 回避するために、納品書は税抜きのままの合計金額だけにして、月末に注文合計金額に対する消費税計算で請求書を発行する。(お客様に税抜きの納品書を発行) あるいは請求書に納品書毎の注文合計金額、消費税を小計として作成して、請求書は注文金額合計を全部足して総計として、消費税も同様に納品書すべての消費税を足せばつじつまがあうのですが。 皆さんは、このような場合、請求書の消費税計算はどう処理しているのでしょうか。 よろしくお願いいたします。