• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

知覚動詞=他動詞?

自動詞、他動詞について質問です。 自動詞の後に名詞を置くときは一部の例外を除き基本的には 自動詞+前置詞+名詞 という形になりますよね(?)そして、他動詞の場合は前置詞を置かない。つまり 他動詞+目的語 となりますよね(?)そして今、to 不定詞のところを勉強していてふと疑問に思ったのですが、知覚動詞というのはtoを置かないようですが、知覚動詞は全て他動詞であるという認識でよいのでしょうか?しかし多くの知覚動詞(seeやknowなど)は自動詞と他動詞の両方の意味を持っているようです。ということは、知覚を表し、さらに他動詞として使われる動詞を便宜的に知覚動詞と呼んでいるのでしょうか?この辺りのことを詳しく教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数1505
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

目的語を直接取るかどうかで他動詞、自動詞を決めるのは、かなり無理があることだと考えています。でも、現状の学校英語での定義は、直接目的語を取る動詞のことを他動詞としていますから、その前提で説明します。なお、多くの動詞は、自動詞としても他動詞としても使うことが出来ます。 知覚動詞は感覚動詞とも言い、「何かが何かをしているとか何かをするのを知覚する、感覚として分かる」ことを意味する動詞です。see,look at,hear,listen to,watch,touch,feelなどがあります。要するに、見たり聞いたりしてその動きなどが分かると言う表現です。 例えば、「彼がギターを弾いているのが聞こえた」は、I heard him playing the guitar.となります。 知覚動詞は、例外なく、「何かが何かをしている」のを見たり聞いたりするわけなので、「何か」という対象物が必要で、その意味で、目的語が必ず来ます。 ただ、listen to とか look at の場合は、前置詞がすでについているので、I listened to him tell the story.:「彼がその話をするのに耳を傾けた」のように、動詞の直後に目的語は来ないので、他動詞というわけではありません。 また、主語+知覚動詞+目的語+補語 という形ですが、補語の部分には、to不定詞は来ません。なぜなら、to不定詞は、時間差をどうしても表すので、感覚する・知覚する と言うときの同時性と矛盾するからです。今そこにあるものを見たり聞いたりできるのであって、過去や将来の事を見たり聞いたりはできませんから、to不定詞を補語として取ることはできません。 一般的に、to不定詞を補語として取ることができるものは、みな、時間差を持っています。I asked him to go there. :「彼にそこへ行くことを頼んだ」(彼は、すぐにその場で「そこへ行く」と言うことはしない)  I made him go there.:「彼をそこへ行かせた」(彼はすぐにその場で「そこへ行った」)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >目的語を直接取るかどうかで他動詞、自動詞を決めるのは、かなり無理があることだと考えています。でも、現状の学校英語での定義は、直接目的語を取る動詞のことを他動詞としていますから、その前提で説明します。 なんとなくおっしゃってることがわかるような気がします。今の段階では自動詞、他動詞という言葉にとらわれずこの動詞はこういう使い方をするんだなという感じで覚えていった方がよさそうですね。to不定詞が未来のことを表わすというニュアンスがどうしても頭の中でまだ整理できていないので、そのあたりで混乱しているのかもしれません。というか、学校教育で刷りこまれた英語が抜けずにどうしても日本語で理解しようとしてしまう癖がついてしまっているのかもしれません。学校のせいにするつもりはありませんが、小さい頃からもっと意識して英語に取り組めていたらなぁと感じています。最後は愚痴になってしまいましたが;改めて回答して頂きありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

「知覚動詞」というものの定義がいまいちよくわかりませんが恐らく「見る」「聞く」などのことでしょうか。ということであればイコール他動詞と言うのはちょっと無理がありそうですね。例えば同じ「見る」でも look, see, watch などあり look at ~ですからこれは自動詞ですが watch ~ですからこれは他動詞ということになります。同じように hear と listen も違いますね。 自動詞と他動詞の両方ある場合ですがこれは好きなように使っていいということではなくある特定の場合に自動詞として使っているとか、他動詞として使っているとかいう具合です。例えば I know this. とすると他動詞ですが I know. でも文は完結しており、この場合は自動詞扱いです。じゃぁ自動詞に成れるからといって I know to it. なんて感じで目的語との間になにか入れられるかと言うとそうではないわけです。 ご参考になりましたでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ごめんなさいknowは知覚動詞じゃないですね。ん~何だか自分で何質問してるのかもよく分らなくなってきました;要するに知覚動詞は他動詞としても自動詞としても扱うことができるが、特に目的語を置くときは他動詞として扱う(SVOCとして扱う)といった感じでよいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 他動詞の後に前置詞はこない?

    一般動詞の後ろに前置詞が来る場合その動詞は自動詞だと教わった記憶があるんですが You need to present a certificate. この文のneedは他動詞ですよね?このto不定詞は名詞的用法なので このtoは前置詞ではないということですか? つまり、to不定詞のtoは前置詞ではないということですか? もしくは、他動詞の後ろに前置詞が来ることもあるということですか? よろしくおねがいします

  • 自動詞と他動詞の区別がわかりません

    自動詞と他動詞の区別でわからないものがあります。 I would like this book. の like は他動詞とわかりますが、 I would like to know the reason. の like は他動詞でしょうか。自動詞でしょうか。 to know は名詞的用法なので、名詞と考えて、他動詞となるのでしょうか。 このように動詞のあとに前置詞がくる他動詞があるのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 一般動詞の自動詞need?

    You need to present a certificate. このneedは一般動詞の自動詞ですか?辞書には自動詞の表記がないんですが これが他動詞だとするとtoは前置詞ではなく、to不定詞の名詞的用法ということになりますか?

  • 他動詞と自動詞の考え方で

    動詞の後に名詞が来るものが他動詞 動詞の後にto、into、 at、 inとかが来るのが自動詞 こういう覚え方は、やはりダメですか? 動詞の中には両方とるものもありますが I moved into my new・・・(自動詞) I moved the chair ・・・(他動詞) I returned from the・・・ (自動詞) I returned the library・・・(他動詞) こういう例文でもやはりVの後に名詞か名詞でないかでわかれてるのでいいかなと考えていました。 お願いします

  • あれっ!?他動詞+前置詞!?

    すいません、何年も英語を勉強してきて今さら 恥ずかしいのですが (1)他動詞=直後に目的語を取る動詞 (2)自動詞=文をそこで終える事が出来る動詞。  自動詞+前置詞で直後に目的語取る事も出来る。 上の定義は文法書で解るのですが、 だとすればもちろん (A)他動詞+ピリオドで、又は自動詞+前置詞で文を終わらす。 (B)他動詞+前置詞+名詞 A、Bは文法的には間違いですよね? 大変恥ずかしいのですがお知恵を貸して頂きたいです… よろしくお願いします… ☆例文(loveを他動詞、smileを自動詞とします) I love you.(○) I love.(×) I love to you.(×) I smiled.(○) I smiled at him.(○) I smiled at.(×) 上記の解釈で宜しいのでしょうか?。゜(゜´Д`゜)゜。

  • 他動詞と自動詞の見分け方

    日本語と英語の自動詞・他動詞の見分け方はちがいますよね. 日本語では「~を」となる動詞が他動詞でそれ以外が自動詞と聞きました. しかし英語ではenter~「~に入る」など,日本語の他動詞より多くの単語がありますよね.winやloseなども前置詞なしで「~に勝つ/負ける」という他動詞の意味もありますよね. 一方go to~「~に行く」ですがgoは自動詞です. このように,日本語では自動詞,英語では他動詞.という単語の見分け方はないのでしょうか? それともこれは単語の意味を覚えるしかないのでしょうか?

  • 自動詞と他動詞

    今英語を教えています。 自動詞と他動詞をどうしても理解させる事ができません。 例文 She arrived at the station. She reached the station. reachは自動詞と他動詞があって後ろに at the station という目的語(名詞)が来て初めて 到着する意味になると するとなぜ at the station が目的になれないの? ときます。 前置詞句は目的語になれないんだよ 目的語は名詞だよと言っても どうしても理解できないようです。 なぜ She reached at the station. ではいけないのかと質問を受けます。 前置詞がついてるついてないで判断するレベルの話でなく なぜ前置詞がつくと目的語になれないのかが 頭をなやましているようです。 何かわかりやすい教え方あればよろしくお願いします。

  • 自動詞と他動詞について

    自動詞と他動詞が全くわかりません。 自動詞→後ろに目的語を置かない動詞 他動詞→後ろに目的語を置く動詞 と書いてあるのですが、まず目的語が何か分かりません。色々YouTubeで講座を聞いてみたりしましたがさっぱりです。だから自動詞と他動詞について分かりやすく教えて欲しいです。 それと今解いている問題が I can't (agree /agree with)you on this matter. なのですがこれは後に続くyouが代名詞だから前置詞が必要という考えで良いのでしょうか。 教えてください。

  • 自動詞と他動詞とはそもそもなんですか?

    自動詞と他動詞は後ろに前置詞がつく目的語がおけるか置けないかと、受動態にできるのが他動詞みたいなことしか知りません。しかし、自他動詞両方の意味をもっているのもあったりと、混乱します。 そもそもこれらはわかりやすく言うと、どういうものなんでしょうか?

  • 他動詞と自動詞

    高校生です。 後ろに目的語を置くとき、 他動詞⇛そのまま置ける 自動詞⇛前置詞+目的語 ということは解釈していますが、 どの動詞が他動詞か自動詞かは覚えるしかないのでしょうか。 日本語→英語にするときに、「あれ、これはどっちだっけ?」と思う度に 辞書を引いて調べています。 動詞と前置詞をセットで覚えるのがいいのでしょうか。 アドバイスをいただけたら嬉しいです。