-PR-
締切済み

光CT(生体断層イメージング)について

  • 困ってます
  • 質問No.40333
  • 閲覧数1014
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 44% (4/9)

光CT(生体断層イメージング)について詳しく教えてください!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「光CT-光を使って生体内部を探る」 「光で身体の中の酸素を測る」 これ以外にも検索すると沢山HITします。 もう少し質問内容を絞って頂ければ調べられるのですが、補足お願いします。 ...続きを読む
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「光CT-光を使って生体内部を探る」
「光で身体の中の酸素を測る」

これ以外にも検索すると沢山HITします。

もう少し質問内容を絞って頂ければ調べられるのですが、補足お願いします。
関連するQ&A


  • 回答No.2

どんなことがはかれるのかという生物学、医学的なことはよくわかりませんが、光CT自体の原理は以下の通りです。 光源はTiSレーザとか、SLD(スーパールミネッセンスダイオード)などの時間的コヒーレンスの短いレーザを用います。 生体に光を照射し、透過してきた光の透過率を測定します。 このときに、普通生体を透過した光は、非常に多くの散乱により正確な測定が出来ませんので、直進した光のみを取り出すために、 ...続きを読む
どんなことがはかれるのかという生物学、医学的なことはよくわかりませんが、光CT自体の原理は以下の通りです。

光源はTiSレーザとか、SLD(スーパールミネッセンスダイオード)などの時間的コヒーレンスの短いレーザを用います。
生体に光を照射し、透過してきた光の透過率を測定します。
このときに、普通生体を透過した光は、非常に多くの散乱により正確な測定が出来ませんので、直進した光のみを取り出すために、参照光と干渉させ、そのビートを測定して、直接透過した光の強度を測定します。
時間コヒーレンスが短い光源を使う理由はそのためです。(散乱光は光路長が長くなるので参照光と干渉しなくなる)
これを狭い領域で行い、また多方向から測定すると、X線CTと同様なCT画像が得られます)

上記方法により、光源の波長を吸収する分子の空間的密度を求めることが出来ますので、医学的な内部の構造がわかるという仕組みです。

では。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ