• ベストアンサー
  • 困ってます

月35万以上稼ぐ学生の税金、節税

アルバイトで月35万以上働きながら学生をしてます 給料はこれから増える見込みがあります アルバイト先は現在2箇所 それぞれ月5回と3回の出勤をして時間給を頂いている状況です この場合、節税をしたいと思ったらどうしたらいいのでしょうか? 個人事業主になり、このアルバイトをするための経費(専門知識を要するため、書籍代がかなりかかる)をひけたらと 思っていますが・・・ 税金について無知で申し訳ないのですが、教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数554
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

得られる所得が事業所得なのか、給与所得なのか、と言うお話ですね。 事業所得 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm 給与所得 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm 質問者の方が得られているのは、どちらの所得なのでしょうか?  アルバイトの内容、源泉徴収のされ方、年末調整の有無によって結論が変わってきます。  時間給ということでしたら、基本的には給与所得なのではないかなとも思いますが、額から見ると事業の報酬としてもらっている可能性も否定できません。支払先に所得の種類について確認してみてください。  もし事業所得であればおっしゃるような書籍代なども経費として引くことができる可能性が高いと思います。その場合、給与所得控除はありません。  給与所得であれば、引ける経費はないと思われたほうがいいと思いますが、給与所得控除があります。  いずれにしても、申告は必要です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バイトではなく、事業者として契約を結びたいとお願いすることにします 色々、調べることのキーワードがでてきて助かりました ありがとうございます

関連するQ&A

  • サラリーマン 節税について

    現在 サラリーマンですが、払っている税金をどうにかならないかと色々と勉強しています。 妻が去年からある訪問販売員で収入を得ていましたが、今年度は、総収入が138万を超える見込みです。仕事上経費を、かなり使用しており、実質は、数十万程度になります。 経費を積み上げていけば、赤字にできる程度です。 サラリーマンの節税方法で個人事業で赤字を申告して、節税が可能とありましたが、 配偶者が事業主として、私の税金を控除することが、可能なのでしょうか? 本人 会社員 年収 700万程度  妻   昨年より訪問販売員 年収 200万(天引きで税金を払っています。)   

  • 会社員から事業主になったかた(税金対策)

    数ヶ月個人事業主扱いで働くことになりました。 しかし税金のことを調べていると、如何にサラリーマンが優遇されているかを知るところとなりました。 それは給与所得控除です。 個人事業主として給与所得者と同じレベルで控除してもらうために 月5万ほど交通費以外に経費として計上しなければならないことがわかりました。 それほど高い賃金でないのに5万も計上できません。 何か裏技があるのでしょうか? 節税方法を教えてください。

  • アルバイトの税金について

    税金の仕組みが自分で調べてもあまりわからないことが多く、お聞きしたいです。 現在夢のために就職をせず、アルバイトで生計を立てています。 以前あまり税金の事がよくわかっておらず、滞納をしてしまい、気が付けば多くの延滞金と支払いの遅れた税金を支払う事になりました。 当時もよくわからないまま、提示された金額を払うためにアルバイトを増やし、必死に返済しました。 しかし翌年には更に大きな請求がきたりと、ただただわけもわからず税金を払い、夢のための活動なんてとてもできない…という状況に陥ってしまいました。 この事について、当時役所に相談したところ、【金額を下げる事はできないので翌年に払う分を貯金してください】という風に言われました。 このままでは税金のために夢を諦める事になってしまいます。 そこで、アルバイトで生計を立てている人間が出来る節税のようなものがありましたら教えて欲しいです。 また、年間いくら以上稼いだらかかる税金のパーセンテージが上がる…みたいなものがあった気がするのですが、それはいくらが境なのでしょう? 300万前後で何かしらの境があったような気がするのですが。 アルバイトに出来る節税はない…という事でしたら、何か気を付ける事などもしありましたら教えて頂きたいです。 役所に相談しても、兎に角払うしかないんですよという話で一貫し、あまり助けてはもらえませんでした。 正直税金が怖いと思うくらい恐怖でいっぱいです。 何か税金の事が勉強出来るサイトや書籍などもありましたら教えて欲しいです。 ちなみに【税金=国民健康保険料と市民税】という括りで話をさせて頂きました。 どちらも収入額によって支払額が変わりますよね。 予断ですが、以前美容院で働く友人にも相談したところ『美容師は個人事業主だから別に税金そんなにかかんないし、安いもんだよ』と言うような事を言われました。 フリーターは個人事業主にはなれないのでしょうか?収入も大して差異ないはずなのに、かかる税金が違いすぎて驚いています。。。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>なぜ私の場合はなり得ないのか分かりません… 【再掲】 他人に雇われているバイトである限り、税法上は「給与所得者」であって・・・ >たとえばSEの方たちは契約でされていた方でも… 他人に雇われているバイトではないでしょう。 自分で売り込み先を探し、注文を取っているのです。 八百屋や魚屋に例えればSEの方は店主、あなたは従業員という違いです。 事業所得として 20万以下申告不要の特典を生かしたかったら、自分の店を持ちましょう。 もっとも、一軒の店を構えれば 20万程度の所得ではとてもやっていけませんけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>個人事業主になり、このアルバイトをするための経費(専門知識を要するため… 思うのは自由ですが、他人に雇われているバイトである限り、税法上は「給与所得者」であって、個人事業主にはなり得ません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm 給与所得者には「給与所得控除」があって、経費はあってもなくても自動的に引かれることになっています。 【給与所得】 税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm 「給与収入」額で年間 130万円以上あれば、学生としての税法上の特典もなくなり、全くの社会人と同等の扱いになります。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>思うのは自由ですが、他人に雇われているバイトである限り、税法上は「給与所得者」であって、個人事業主にはなり得ません。 たとえばSEの方たちは契約でされていた方でも、 個人事業主になられてますよね? なぜ私の場合はなり得ないのか分かりません この場合アルバイト先と契約を結べばいいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 個人事業主の節税について

    会社から外注費として給料を頂く事は個人事業主となるのでしょうか? もしそうならば、節税対策として経費区分(科目)の詳細を教えて頂きたいのですが・・・ 例えば(生保・健康保険・国民年金・毎日のジュース代等) お手数ですが宜しくお願い致します。

  • 特殊な学生(ポスドク)の場合の税金・節税

    来年度、主人が学生に戻ります その場合の税金や節税にアドバイスいただけるとありがたいです 収入としては月35万 うち30万は奨学金(返済不要のため所得とみなされ、所得税がかかるそうです) プラス5万円はバイトで稼ぐ予定の額です 私は、来年出産のため仕事をやめてしまいます 月35万だと多いようですが、 この中から家族分の年金や健康保険を払い、市民税や所得税を払うでしょうし、授業料も払うと 生活はキツクなると思います 税金のことは今まで会社勤めで会社にまかせっきりでなにも分からない状態です この状況だと減税してもらえないのでしょうか? レシートや領収書を残す必要はありますか? 株式会社にして、家族を従業員とみなして、給与を払い 諸経費を引くような形にしたほうが税制上はお得なのでしょうか? 家族は主人と私、6,7月に子供が生まれる予定です

  • 個人事業主です節税をしないとやっていけません

    個人事業主です。以前従業員を雇っていましたが、今は従業員はいません。 売上げが1000万円位で、消費税、住民税、等であまり残りません。 消費税分以上の値引きをしています、消費税の時期になると自分の首を絞めている気分です。 今年から、何とか節税をしようと、小規模共済に加入しました。 色々調べると、会社の場合、旅費規程を作り、出張日当を活用し、税金のかからない経費を作る云々とありますが、これは、個人事業主が、旅費規程を自分で 作成し、同じようなことをするのは可能でしょうか? 税理士さん曰く、私くらいの収入が一番税金面で損らしいです。 税金を支払うために働いているような気がします。 他に合法的な節税方法があれば教えて欲しいです。

  • 税金対策と今後・・

    私はよく言う「なんちゃって個人事業主」のようです。 個人開業の登録もしていません。派遣会社の支持通り、 「個人事業主扱い」とされています。これは違法ですか? 実際は派遣され、給与を時給でいただいておりますが、月末報告する際「個人事業主」として私から派遣会社宛てに「請求書」を決まり通り書かされています。おかしいと思っていましたが、仕事を辞める訳にはいきません。 これから、どう対処すれば良いでしょうか? (1)派遣会社に私が納得するまで聞く。 (しかしこれをやっては辞めさせられてしまいそうです。。) (2)違法の可能性があるとしりながら働いている私も罪になりますか? 法律で罰金だどか、書類送検だとか、懲役だとか・・・わかりませんが・・。 ●税金対策についてはどうしたら良いでしょう。 (3)たとえ個人事業主扱いでも、実際「開業届け」を出してないことから (開業届けは出す必要がないと派遣会社に言われました。) 「個人事業主」とはもちろん認められないでしょうから、節税などできない。 たとえ仕事のために購入したものがあっても、(文房具、プリンターなど) 交通費なども経費で税金対象外などということには「個人事業主」でないのでできない。 すべて自分で負担、品物も税金も・・・。 ちなみに有給も有りません。。派遣会社に聞くと「個人事業主には有給はないでしょ?」という答えが・・。 うまく使い分けられているように思います。。 派遣ですから普通に源泉徴収してもらい、生命保険などのごく一般的な申請は行って、普通に確定申告する。 仕事で購入したものはすべて自分で支払う。。 私に残された道は、↑これしかないのでしょうか? 「個人事業主」扱いとなり、私にメリットは何もないのでしょうか? (4)税金を多めに払わないためには、どうしたらよいでしょうか? 対策、節税など、今の私にできることはないのでしょうか?

  • 学生ですが青色申告したほうが節税にはいいのでしょうか?

    はじめまして。税金にお詳しい方、ぜひともお知恵を貸していただければと存じます。 小生は現在医学系の大学院生であり、授業料を払いながら、複数の市中病院で外来や検査のアルバイトをして、その収入で家族を養っているような状況です。 現在アルバイト先からは給与という名目でお金をいただき、今年も普通に確定申告をいたしました。 こういったケースの場合、小生自身がたとえば医療コンサルタントという個人事業主になって、1か所でもバイト先から給与ではなく報酬としてお金をいただくことができれば、小生自身は青色申告にして、妻を青色申告専従者にすれば節税になるのでしょうか?また個人事業主に報酬を支払うということにした場合、勤務先になにか迷惑がかかることはあるのでしょうか? ちなみに今年はありがたいことにバイトの要望が多く年収にして1500万程度になりそうです。あちこちの病院をみてきた今までの経験をもとに、外来や検査をしながら経営や診察環境等についてはこうした方がいいですよなどのアドバイスは実際のところしております。 どなたか知恵を拝借できればありがたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • FXの収入と節税について教えてください

    現在会社員として年収500万円とFX(非クリック業者)で+数百万の収入があります。 今年度は雑所得で確定申告する予定です。 そして来年度の確定申告についてなんですが… 2009年度は会社員を続ける予定です。 会社員収入+FXで1500万以上利益を上げたとします この場合大雑把ですが半分近く税金になりますよね? そこで20年近く趣味でやっていて給料のほとんどを旅費や機材等で使っている写真撮影を個人事業主として登録して経費として使えないかと考えています。 そこで疑問になったのが写真家としては収入は見込めません。 しかし会社員とFXで得た利益があるので写真撮影の為の海外旅行、交通費、宿泊費などを経費として計上して結果節税は出来るのですか? 収入が2000万以上になった場合と仮定の話なんですがなった時の事も考えてと、負けたときの損失繰越控除も考えて個人事業主登録と節税についてとても興味をもっています。 色々勉強不足の面もあると思いますが回答よろしくお願いします

  • 共済、年金、保険などで節税したいのですが・・・

    昨年の10月から事業をはじめました。 法人化していなくて個人事業主で青色です。 副業で派遣社員をしています。 自信がないので税務署に確認のため電話したのですが わからないと言われて困っています。 1つでもわかる方いらっしゃったら教えてください。 1.経営セーフティー共済 損害保険料として全額経費で落とせますか? 2.個人型確定拠出年金 月23,000円までなら入れて、「小規模企業共済掛金控除」で全額控除できますか? 3.逓増定期保険 個人事業主には認められていないですか? 4.小規模企業共済 個人事業主は家事費となり、経費にならないですか? 月140時間派遣で働いていたらそもそも入れないのでしょうか? 収入は本業の半分から3分の1なのですが・・・ 私の場合、節税になるのは1と2だけですか???

  • 不動産所得 必要経費

    税金の事について知りたいのですが、私は普通の会社員で結婚しますが、代々受け継がれてきた土地を自分名義で持っております。不動産(土地)が多いため個人事業主とみなされ税金が高いです。 しかし、普通の会社員のなので、節税対策として、必要経費をおとして、節税ができません。 何かよい節税対策はないでしょうか?  不動産会社を作って妻を従業員にして給料を払いそれを経費とするなんてことはどうなんでしょうか? ちなみに不動産から入ってくるお金は年間約400万です 土地は多いのですが、ほとんど使われてないので、入ってくるお金自体は少ないです。

  • 個人事業主による節税方法

    個人事業主になることで節税できないかどうかの質問をさせて下さい。 現在私は、 (1)通常のサラリーマン(正社員)として給与所得を得ている (2)大学で非常勤講師として給与所得を得ている(年間20万円以上) (3)執筆や講演などで毎年、複数の不定期な所得がある(年間10~20万円程度) まず、(1)と(2)のため、毎年確定申告をしています。(2)からは源泉徴収を受けていないため、毎年、追加で6万円程度の税金を支払っています。(3)については必要経費が収入を上回っているため、雑所得として赤字計上しています。 そこで、ご質問なのですが、 質問1 私は、個人事業主(青色?か白色?)になれますか?     (あるいは、なった方が良いですか?) 質問2 もしなったとするならば、(2)と(3)を損益通算するなどで、     (2)分の税金を節税できますか? ぶしつけな質問で申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 確定申告での節税について教えてください。

    今年5月から働きはじめました。派遣と言われながら、個人事業主扱いです。 所得税は多めに1割給与取得時ひかれ、派遣元が言うには 確定申告にて多めに払った税金が戻るとのことです。 確定申告で節税できるということを聞いたことがあります。 以前知人が「これは経費にまわしちゃおう・・・」などと言っていましたが どういう意味なのでしょうか? 少し調べたところ、「経費」は税金を払う対象外だとか・・・。 それを証明するのに領収書が必要だとか・・・。 どんな支払いにも、とにかく領収書はもらっておけとか・・・。 私のような場合、どんな節税が可能ですか? 何も提出、申告しなければ、税金を多く払わなければなりません。 「確定申告」を学ぶのにどこか良いサイトなど教えてください。 今時期でないので、近所の本屋では 「確定申告」の本がとても少なかったのですが 本を出るのを待っていて対策は遅くないのでしょうか? 何か準備しておかなければならないことがあるように思います。 違いますでしょうか・・。 確定申告の時期になると、雑誌や本で多く紹介されますが 毎年、確定申告の報告方法など変わるのでしょうか? 宜しくお願いいたします。