• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

遮断周波数

農学部の学生です。土壌水分計としてTDRを使っています。その原理の文献に誘電緩和とか遮断周波数と言う言葉がでてくるのですがよくわかりません。誘電緩和についてはなんとなくイメージができたのですが・・・ 遮断周波数について調べてみると、電子回路の話ではよくでてくるのですが自分が使うTDRについては見つけられませんでした。 どなたかご存知でしたら教えていただけないでしょうか。参考HPを紹介していただけるのでもけっこうです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数633
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#101087
noname#101087

>遮断周波数について調べてみると、電子回路の話ではよくでてくるのですが自分が使うTDRについては見つけられませんでした。..... 確かに、「遮断周波数」と TDR とは直接関連してないようですね。 下記ページ(pdf)を見ると、TDR 測定に伴う「ノイズ」を除去するための「フィルタ」の「遮断周波数」みたいですけど。  http://www.home.agilent.com/agilent/facet.jspx?cc=JP&lc=jpn&k=tdr&sm=g&t=80030.k.1 >ノーマライゼーションを使用したTDR/TDT測定の改善(AN1304-5.2) アプリケーションノートのトップにある「タイム・ドメイン/周波数ドメイン解析における物理層解析の限界と確度」。 その p.10 図12 あたりをご覧ください。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼がおそくなってすみません。 いろいろと見てみたのですが自分ではいまいち理解できませんでした。今後とも勉強していきます。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 低域、高域遮断周波数

    低周波増幅回路についての質問です。うまく言葉にできないのですが、低域及び高域遮断周波数が存在する理由を教えてください。

  • 遮断周波数の差の原因について教えてください

    下図のようなオペアンプを用いた反転増幅回路を作り、Rin=1kΩ、Rfを1kΩ、5.1kΩ、10kΩと変えて実験を行いました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Opampinverting.svg それぞれ遮断周波数は1kΩ=1.9MHz、5.1kΩ=500kHz、10kΩ=280kHzとなりました。 GB積はそれぞれ1.9×10^6、2.55×10^6、2.8×10^6となりました。 結果から帰還抵抗を大きくすると、増幅率があがり、GB積が増えたことがわかりました。 3つの帰還抵抗に対する遮断周波数には差がありますが、特に1kΩの遮断周波数は他の2つの比べて大きいです。 この原因は「帰還抵抗Rfの抵抗値が低いと負帰還がかかりすぎてしまい、利得が下がるため、遮断周波数は高くなる。」ということでいいのでしょうか? 教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願い致します。

  • 低域遮断周波数

    ブラウン管オシロスコープと発振器・CR回路を用いて、振幅(mV)と振幅(dB)を算出し低域遮断周波数の実測値と理論値を求めました。 しかし、実測値が理論値の誤差(±0.5)より大幅に下回る結果になりました。 実測値が理論値から外れていた場合、どうすれば理論値に近づくことができますか? またオシロスコープ・回路の不具合以外の 原因のヒントを教えてくれたら幸いです。

  • カットオフ周波数とは何ですか?

    ウィキペディアに以下のように書いてました。 遮断周波数(しゃだんしゅうはすう)またはカットオフ周波数(英: Cutoff frequency)とは、物理学や電気工学におけるシステム応答の限界であり、それを超えると入力されたエネルギーは減衰したり反射したりする。典型例として次のような定義がある。 電子回路の遮断周波数: その周波数を越えると(あるいは下回ると)回路の利得が通常値の 3 dB 低下する。 導波管で伝送可能な最低周波数(あるいは最大波長)。 遮断周波数は、プラズマ振動にもあり、場の量子論における繰り込みに関連した概念にも用いられる。 ですがよくわかりません。 わかりやすく言うとどういったことなのですか?

  • 負帰還と増幅率と遮断周波数の関係について

    反転増幅回路の特性を理解するために下のような回路を作って Rin=1kΩ、Rfを1kΩ、5.1kΩ、10kΩと変えて実験を行いました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Opampinverting.svg 増幅率はRin/Rfより、それぞれ1倍、5倍、10倍になります。 遮断周波数は1kΩ=1.9MHz、5.1kΩ=500kHz、10kΩ=280kHzとなりました。 以上の結果から次のように考えました。 ・負帰還の量が多いと、増幅率が低くなり、帯域幅が広がる→利得は下がるが使用できる周波数帯域は広い回路となる ・負帰還の量が少ないと、増幅率が高くなり、帯域幅が狭くなる→利得は高くなるが使用できる周波数帯域は狭い回路となる 負帰還が増幅率と遮断周波数に関係していると考えたのですが特に関係はないのでしょうか? 手元にある資料をいくつか読んでみましたが納得できませんでした。 アドバイスをよろしくお願い致します。

  • ラプラス変換と電気回路

    電気回路または電子回路の問題でs=jwとおいて解いていくとします。 遮断周波数などについての求め方について詳しく書いてある本を探しています。 求めている理想的な本は ・ラプラス変換を用いることによって何がかわっているのか ・s平面での考え方 ・電気回路(電子回路)においてどのように活用していけばよいのか です。 何かよい本を知っていましたら教えて下い。

  • BPFの遮断周波数が想定した値と違う場合の対処法とは?

    先日、友達の家で勉強会を開き(と言ってもオーディオ機器初心者達とです)、回路図は参考書から拝借を致しまして、バンドパスフィルタを作成してはみたのですが、何分専門外なもので低域遮断周波数が予想よりも1KHzほど想定していた値からずれてしまい、困っています、すみませんが、原因などのヒントなどでもありがたいので、どなたかご教授願えませんでしょうか?

  • 低域遮断周波数のコンデンサの式について

    こんばんは。 低域遮断周波数のコンデンサの3つの式について、質問したいです。 1)C1=1/{2πfC(RS+zi)}(入力側の式)  RSは信号発生源の内部抵抗を表し、ziは入力インピーダンスを表すということです。  zi=R1∥R2∥hie ということです。  この場合の、hieの求め方は「IC電流を求めて、グラフより読み取る」というのが正しいのでしょうか?    また、R1∥R2∥hie の求め方として、先生は値の小さいものを、合成抵抗として使えば、問題ないとおっしゃっていましたが、いいのでしょうか? 2)C2=1/{2πfC(R3+R5)}(出力側の式)  先生がコツとして、等価回路にしたときに両脇の抵抗を足せばいいとおっしゃっていました。  けれど、R3とR5は等価回路にしたとき、並列接続にならないでしょうか?   3)C3=hfe/{2πfC*(hie)}(何のための式か、よく分かりません) hfeやhieが出てくる理由がよく分かりません。  よろしくお願いします。

  • FETソース接地増幅回路の遮断周波数について

    下のURLのような図9のソース接地増幅回路で入力容量Ci、ゲート・ソース間に存在する容量Cgsの値が分かりません。 http://www.marutsu.co.jp/user/fet_1-2.php 図が少し違うので説明すると、上URLの図9にある抵抗RLはなく、またVccと抵抗RDの交わってるノードから右にコンデンサC4、C5が下に書いた図のようになってます。図9の右上のところです(見難いと思いますがスミマセン) VccとRDの交わっているノード→・---・-----・ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,,,,,,,,| ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,C4=,,,,C5= ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,,,,,,,,| ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,GND,,,,,,GND (※半角の点の列は空欄埋めのやり方が分からないので書いてあります) 上URLにある図9と上の説明を足してあるのが回路図です。 そこでこの回路の遮断周波数を求めたいのですが 低域遮断周波数 fL=1/2πCi・Ri  (Ci:入力容量、Ri:入力抵抗) 高域遮断周波数 fH=1/2πCgs・Ri  (Cgs:ゲート・ソース間に存在する容量) 入力抵抗RiはR1とR2の並列合成と分かったのですが、入力容量Ci とゲート・ソース間の容量Cgs の値がどう導き出すのかわかりません。 できれば、導出過程と値を教えて欲しいです。 詳しい容量や抵抗の値は C1=10μF、 C2=100μF、 C3=10μF、 C4=0.1μF, C5=10μF Vi=15V, Vcc=15V, R1=150kΩ, R2=10kΩ、 Rs=1kΩ、 RD=6.2kΩ となっています。 よろしくお願いします。

  • アドミタンスの周波数特性

    物理実験で、RLC直列回路のアドミタンスの周波数特性をグラフにしました。 すると、入力波形が方形波、のこぎり波のとき、このグラフに共振周波数とは別に副ピークが現れました。この理由を考えているのですが、よく分かりません。 テキストには『入力波形をフーリエ成分に分け、含まれる周波数成分、大きさを考えよ』と、ありました。そして、色々調べているうちに遮断周波数というキーワードにたどり着きました。 フーリエ展開の意味や共振周波数の意味などは分かっているつもりなのですが、この遮断周波数というものがどういうもので、何故これがあると副ピークが生じるのかさっぱり分かりません。 どなたか教えてください(> <)

専門家に質問してみよう