• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

松本幸四郎と市川染五郎と松たかこ

 素朴な質問です。 松本幸四郎と市川染五郎と松たかこ。これ、親子兄弟ですよねぇ? どれが本名で芸名なんですか? できれば全員の本名をご存知の方教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4788
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

中村吉右衛門さんの本名は、母方のお祖父さん(初代吉右衛門)の養子になったので、「波野辰次郎」(養子になる前は、「藤間久信(ひさのぶ)」でした)といいます。お祖父さんの名前をそっくり継いだんですね。 私も昔、この二人は兄弟なのになんで名字が違うんだろうと思って悩んでいました。 (聞かれてもいないのに、蛇足ですいません!)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 松本幸四郎氏は勧進帳公演の度に「市川家の許し」を得ているのか?

    先日、TVで歌舞伎俳優の松本幸四郎氏のドキュメントがありましたので見ていました。 松本幸四郎氏の歌舞伎「勧進帳」の公演が1000回を迎えるということで、その前後の密着ドキュメントでした。 確か、市川家の歌舞伎十八番に収録されている演目は、市川家しか演じることは出来ず、他家の者が演じる場合は、市川家の許しが必要、と聞いた記憶があるのですが、勧進帳はそのひとつだったはずです。 松本幸四郎氏はなぜ勧進帳を1000回も公演しているのでしょうか? 1 私の記憶違い。市川家以外が歌舞伎十八番を演じることに市川家の承諾は不要。 2 松本幸四郎氏は公演の度に市川家に許しを得ている。1000回目の公演の前にも市川家に挨拶に行った。TVカメラが取材していないだけ。 3 最初のうちは毎回許しを得ていたが、松本幸四郎氏の勧進帳が非常に出来がよいので、近年は彼だけフリーパスになっている。 4 「許しを得る必要がある」というのは「歌舞伎は高尚な演芸である」というイメージ戦略。実際には誰が演じてもよい。ただし、一応マスコミ、ファン向けには「市川家にお許しをいただきました。」というポーズをとっている。 一応市川家にも事前連絡するが、電話かFAXで済ましてしまう。 5 「市川家の許しが必要」というのは、演目そのものに対するものではなく、演目プラス何か特定の要素(特定の演出を使う、とか特定の時期に掛けるとか、特定の劇場で掛けるとかの)が合わさったときだけ。それ以外の時は市川家の許しなく好きに掛けてもよい。 6 これら以外の理由 よろしくお願いします。

  • 高麗屋[当代 松本幸四郎]について

    今頃質問するのも何なのですが、H22/11月に新橋演舞場で歌舞伎(演目は「天衣粉上野初花」の「河内山と直侍」)を見ておりました際に、他の方に比べて松本幸四郎[役は河内山]の声が良く聞き取れませんでした。 声量は落ちたのでしょうか?それとも、役柄なのでしょうか? このような質問をするのは、私の思い出の中では松本幸四郎は声に張りがある方なのです。その思い出と言うのは、昔しNHK(教育)にて見たものであり、松本幸四郎と中村吉右衛門の2名による勧進帳の読み合わせをスタジオで行なうというものです。 何分にも昔の事ですから私の勘違いもあると思いますし、歌舞伎については何も知らない素人なので失礼な事を書いているのかもしれません。 高麗屋さんの御贔屓の方々を初めとする歌舞伎を大事になされておられる皆様方からの注意は甘んじて受ける所存ですが、ご指導頂ければ幸いです。

  • 「七代目 松本幸四郎」さん以降の系図が知りたい

    「七代目 松本幸四郎」さん以降の系図、市川染五郎さん松たか子さん兄妹、市川海老蔵さん、藤間勘右衛門さんの関係図が視覚的に分かるサイトはありますか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1322120318 曾祖父が同じというのは分かるのですが、中村吉右衛門さんが養子になって勘三郎さんと関係があったりと、訳が分からなくなってきます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • nobor3
  • ベストアンサー率16% (68/404)

ちなみに、長女の松本紀保(本名:藤間紀保子)さんも女優です。 中村吉衛門さんは弟です。本名は知りませんけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kuma-o
  • ベストアンサー率64% (819/1271)

松たか子さんの本名は、藤間隆子(ふじま たかこ)、 九代目・松本幸四郎さんの本名は、藤間昭暁(ふじま てるあき)、 七代目・市川染五郎さんの本名は、藤間照薫(ふじま てるまさ)、 と言います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 成田屋、市川海老蔵 (11代目)に跡継ぎがいない問題

    成田屋に(市川團十郎)跡継ぎがいない場合には、常に高麗屋(松本幸四郎)から養子が入って市川宗家を継いでいます。 参考 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%B9%B8%E5%9B%9B%E9%83%8E さて市川海老蔵 (11代目)は独身で跡継ぎが現時点でいませんね。 市川染五郎ちゃん(7代目)のご子息、長男・藤間齋(ふじま いつき)三歳 は慣例からして現代でも市川宗家を継ぐ可能性はあるのでしょうか? 歌舞伎ファン以外の方も自由な意見お待ちしてます。 どう思いますか?

  • 歌手じゃないのに、歌を出した人といえば?

    先日、古い歌謡曲を詰め込んでいる私のIPodから、『野バラ咲く路』が流れてきました。 これは、今の松本幸四郎さんが市川染五郎を名乗っていたころに出した歌で、結構ヒットしたものです。 そういえば、本職ではないのに歌を出した人って、かなりいますよね? 皆さんは、どんな人が思い浮かびますか? 教えて下さい。 もし、その歌に対する印象や思い出があったら、ご披露いただけるとなお嬉しいです。 因みに私は、大ファンだった酒井和歌子さんが歌った『大都会の恋人たち』(江夏圭介さんとのデュエット曲ですが)は、今でもソラで歌えます。まず知っている人にお目にかかったことがない歌ですが・・・(笑) では宜しくお願いします。

  • 九代目松本幸四郎さんの本名は藤間さんなのに、弟の二

    九代目松本幸四郎さんの本名は藤間さんなのに、弟の二代目中村吉右衛門さんの本名は 波野さんなのですか? また、二代目中村吉右衛門さんのお母さんが藤間さんなのはなぜですか?

  • 古畑任三郎で一番面白かった話は?

    少し前になりますが、僕は古畑任三郎が大好きで、毎回ドキドキしながらテレビを見ていました。 見逃してしまったり、忘れてしまったりした回もあるかもしれませんが、僕が一番印象に残っているのは、市川染五郎が犯人の落語家役を演じていた話です。 トリックがどうのというよりも、最後に犯行を告白したあと、犯人の落語家(市川染五郎)が古畑に連行される際、その落語家の師匠がぽろりと語ったセリフが印象に残っているんです。 「お前には華がある・・・。それ以上、何がいるって言うんだ・・・。」 (トリックをバラしている訳ではないので、このセリフ書き込んで大丈夫ですよね?) そこで、ほろりと瞳が潤みました。 このシリーズで、泣くという種類の感動を覚えたことはほとんどないのですが、この最後の場面はDVDを借りて何度も見ました。 どんなに恵まれた人間でも、他人には分からない悩み、他人に対する羨ましさや妬みを、みんな胸に秘めてるんだなぁと、しみじみ思ったものです。 みなさんは、古畑任三郎シリーズの中で、どの話が一番好きですか? 逆に、これは全然つまらなかったっていう話はありますか? トリックでも、出ていた俳優の好き嫌いでも、話の内容でも、どんな見方でも構いません。 古畑任三郎シリーズのファンにとって、みなさんの意見に興味があります。 ぜひ、教えてください。 ちなみに、話の面白さでみた場合の僕のワースト1は、松本幸四郎(市川染五郎の父親!)が、日本大使館の職員役(だったかな?)で出演した回です。 確か2時間スペシャルだったんですが、話の中身を無理に2時間に伸ばしたって感じで、間延びした印象を受けました。 でも、この話も最後は涙が出ましたけど・・・(-_-;) 古畑が言った、「この世に死んでも良い人間なんて一人もいません!」ってセリフは感慨深かったです。 (良かったのか悪かったのかどっちだ!!って感じですね・・・ま、期待していた好きなドラマだったので、基準点がかなり高く設定されてます(^^ゞ) 長々とすみません。 みなさんの意見や感想を、楽しみにしています。

  • 古畑任三郎の中で一番面白かった話は?

    間違ってほかのカテゴリーに載せてしまっていたので、こちらに移しました。回答いただいた方、ごめんなさい。 ところで・・・、 少し前になりますが、僕は古畑任三郎が大好きで、毎回ドキドキしながらテレビを見ていました。 見逃してしまったり、忘れてしまったりした回もあるかもしれませんが、僕が一番印象に残っているのは、市川染五郎が犯人の落語家役を演じていた話です。 トリックがどうのというよりも、最後に犯行を告白したあと、犯人の落語家(市川染五郎)が古畑に連行される際、その落語家の師匠がぽろりと語ったセリフが印象に残っているんです。 「お前には華がある・・・。それ以上、何がいるって言うんだ・・・。」 (トリックをバラしている訳ではないので、このセリフ書き込んで大丈夫ですよね?) そこで、ほろりと瞳が潤みました。 このシリーズで、泣くという種類の感動を覚えたことはほとんどないのですが、この最後の場面はDVDを借りて何度も見ました。 どんなに恵まれた人間でも、他人には分からない悩み、他人に対する羨ましさや妬みを、みんな胸に秘めてるんだなぁと、しみじみ思ったものです。 みなさんは、古畑任三郎シリーズの中で、どの話が一番好きですか? 逆に、これは全然つまらなかったっていう話はありますか? トリックでも、出ていた俳優の好き嫌いでも、話の内容でも、どんな見方でも構いません。 古畑任三郎シリーズのファンにとって、みなさんの意見に興味があります。 ぜひ、教えてください。 ちなみに、話の面白さでみた場合の僕のワースト1は、松本幸四郎(市川染五郎の父親!)が、日本大使館の職員役(だったかな?)で出演した回です。 確か2時間スペシャルだったんですが、話の中身を無理に2時間に伸ばしたって感じで、間延びした印象を受けました。 でも、この話も最後は涙が出ましたけど・・・(-_-;) 古畑が言った、「この世に死んでも良い人間なんて一人もいません!」ってセリフは感慨深かったです。 (良かったのか悪かったのかどっちだ!!って感じですね・・・ま、期待していた好きなドラマだったので、基準点がかなり高く設定されてます(^^ゞ) 長々とすみません。 みなさんの意見や感想を、楽しみにしています。

  • 歌舞伎役者が鏡台に飾っているもの

    ネットで松本幸四郎さんの鏡台を見ました。 三方がありましたが何を飾っているのかがわかりません。 その画像では染五郎さんとお孫さんの三名分の鏡台があり、いずれにも菊一輪が。何か理由があるのでしょうか? 他に歌舞伎役者さんがよく飾っているものや、必ず置くものなどあれば知りたいです。

  • 兄弟に確執ありや

    永年の疑問です。松本幸四郎と中村吉右衛門の兄弟の間には複雑な問題があるでのしょうか。互いのことについて聞いたことがありません。不仲あるいは兄弟であってももはや断絶状態になっているのでしょうか。事情をお知りの方がいらっしゃったら教えてください。

  • 「ラ・マンチャの男」について

    私は先代の市川染五郎の「ラ・マンチャの男」の初演(昭和44年、帝国劇場)を観て感動に打ち震え、それ以来何回も観て来ましたが、松本幸四郎を襲名して数年経った頃の公演を観た時に、このミュージカルのテーマソングである「見果てぬ夢」の最後の部分の歌詞の「あの星の元へ」という所を1オクターブ下げて歌ったのを聞いて、「それじゃ星の元へは行けないだろう!」と憤慨し、すっかり夢から覚めてしまい、それ以来一度も観に行っていません。いかしアルドンサを松たか子がやるのが気になって、今年は観に行ってみようかとも思うのですが、「ラ・マンチャの男」のスタッフの人に聞いた所、最近では1オクターブ上げて歌うと、裏でスタッフが拍手をすると言うほど、上げて歌うのが稀になってしまった様で、未だ観に行くかどうか最終的に決めていません。8月19日は彼の70回目の誕生日なので上げて歌うでしょうが、いい席が残っていません。それでも松たか子のアルドンサなら観た方がいいと思われる方は何方かいらっしゃるでしょうか?本当は一番好きなミュージカルなのです。同じメロディが何回も続く昨今のミュージカルとは比べ物にならないと思っています。最近の「ラ・マンチャの男」について教えて下さい。どうか宜しく御願いします。

  • サントリーBOSSのCM

    松たか子さんや松本幸四郎さん親子出演のサントリーBOSSのCMで流れているクラッシックのような音楽の曲名が知りたいのですが… 出来ましたらURLではなく曲名や作曲家など教えて下さると助かります

    • ベストアンサー
    • CM
  • 日本舞踊の流派

    先日現在新橋演舞場で公演中の 市川亀次郎さんの舞踊を見て感銘を受けました。歌舞伎俳優の方も色々な流派に属しているのでしょうが (玉三郎さん、松本幸四郎さんは藤間流と聞いたことがあります) この方はなんと言う流派なのでしょうか?また歌舞伎に直接影響のある流派、流派との関係など ご存知でしたら教えていただけますか?