• 締切済み
  • すぐに回答を!

井上ひさしの小説

井上ひさし著の「あくる朝の蝉」という小説を読みたくて探していつのですが、ジュンク堂など大手のHPにて検索しても、浅田次郎選の「人恋しい雨の夜に」という短編集(?)しか出てきません。 「あくる朝の蝉」の単行本などは発売されていないのでしょうか? 知っている方、いらっしゃいましたら、教えていただけますと幸いです。

noname#190442
noname#190442

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数682
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2

「あくる朝の蝉」は 短編作品集 四十一番の少年 文春文庫に所収されています。 また、インターネット上でも下記のサイトで読むことができます。 日本ペンクラブ:電子文藝館 井上 ひさし http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/novel/inouehisashi.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

リンクを載せて頂き、ありがとうございます。 本を買って読みたいと想います。

  • 回答No.1
  • hp_1200
  • ベストアンサー率53% (106/200)

日本ペンクラブ:電子文藝館というサイトで読めます。 http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/novel/inouehisashi.html 本でしたら「四十一番の少年」という作品集に収録されています。 http://www.bunshun.co.jp/book_db/7/11/10/9784167111021.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

両方のサイトに行ってみました。 本を買ってみようと想います。 リンクを二つも載せて頂き、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 心温まるいい小説ありませんか?

    浅田次郎の小説(鉄道員など、少し寂しくて心温まるもの)が好きな彼に、小説をプレゼントしたいと思っています。 できたら自分も読んでいいと思ったものをプレゼントしたいのですが、忙しいので何冊も読んでいる時間がありません(>_<) みなさんにおすすめを聞いて、何冊かに絞ってから選びたいと思い、書き込みました。 浅田次郎にはこだわりません。短編長編も問いません。寂しいけれどなんとなく救いがある、そんな小説を求めています。 何かいいものがありましたらぜひ教えてくださいm(__)m

  • 浅田次郎氏の歴史小説の入門編は何でしょうか。

    浅田次郎氏の歴史小説の入門編は何でしょうか。 浅田次郎氏の創り出す家族愛の世界は大好きなのですが、 恥ずかしながら私、歴史は中学生以下の知識しかないため、 今まで歴史小説は避けてきました。 こんな私でも読破できそうな浅田氏の作品を教えてください。

  • おすすめの小説家、作品を教えてください!

    ご覧いただきありがとうございます。 私は浅田次郎が好きで今まで彼の作品ばかりを呼んでいましたが、ふと他の方の作品も読んでみたくなりました。 浅田次郎が好きならこの人(作品)もおすすめ!というものがありましたら教えてください。 短編小説が好きですが、長編でも全然構いません。 よろしくお願いします。

  • 笑い泣きするような小説を教えてください

    浅田次郎さんのプリズンホテルのような、笑いながら泣けるようなハートフルコメディーの小説を教えて下さい

  • 読みごたえのある現代小説

     タイトルの通りですが、そんな小説、何かありますか。 再び読みたくなるような、できれば文庫化されている作品がいいです。 最近、よく読んでいるのは浅田次郎や伊坂幸太郎、重松清さん等です。  そんな、小説、作家があったらお答えください。  

  • 入院で気持ちがへこんでいるときに読むお勧めの小説

    近々2週間ほど入院することになりました。手術も控えておりちょっとへこんでます。ゆっくり本を読む時間がありますので、気持ちがへこんでいるときに元気が出る・楽しくて幸せな気分になれるお勧めの小説があれば紹介してください。 時代物・歴史物は苦手です。好きな小説家は宮本輝・鈴木光司・浅田次郎・箒木蓬生などです。 病気を克服していくような直接的なものでなく鈴木光司の「シーズザデイ」、宮本輝の「朝の歓び」、浅田次郎の「プリズンホテル」などの何か前向きに明るい気持ちになれるような小説を探してます。 よろしくお願いします。

  • 少女マンガの単行本化について

    デビューしてから年数的には結構経っていて作品数もそこそこ多いはずなのですが、最近になってやっと1冊単行本を出された方がいまして。 それは連載されているお話なので続きが出るとは思うのですが、単行本化して欲しいのは短編集のほうだったりします。 でもこのままですと連載されている作品の2巻が出るのは目に見えていますし、単行本は年に数回発売されればいいほうですからその短編集が発売される可能性もどんどん低くなっていきますよね。 出版社にそれを希望する人が多ければ単行本化する可能性はあるのでしょうか? やはりいつ発売するか、増してや発売するかも定かではない短編集は諦めてオークションなどで掲載されている本誌を入手して読んだほうが現実的なのでしょうか?

  • 浅田次郎の作品

    これから浅田次郎の小説を読みたいと思っているのですが、数々の浅田小説の中で、これが一番心に残った作品は何ですか?

  • お盆休みにお勧めの小説

    来週、1週間休めるので、お勧めの小説を教えてください。 ジャンルでいうと主にエンターテイメント小説が好きです。宮部みゆき、東野圭吾、乃南アサ、浅田次郎などを昔はよくよんでいました。最近は、ここ1年以上は、読んでいないのでこれらの作家のものも含めてご教授ください。

  • タイトルがすばらしいと思う小説を教えてください

    本を買うときにタイトルで選ぶ癖があります。 そんな私にタイトルがすばらしい小説を教えてください。 内容は何でもかまいません。 お願いします。 ちなみに私がいままで読んだタイトルがイイと思った小説は 「誰がたねに鐘は鳴る」ヘミングウェイ(訳し方がステキ) 「西の魔女が死んだ」梨木香歩 「きよしこ」「流星ワゴン」重松清 「椿山課長の七日間」浅田次郎 ほかイロイロ。