• ベストアンサー
  • 困ってます

この映画のタイトル教えてください!!

ヒントが少ないですが、どなたかわかる方いらっしゃったら教えてください。 自分が見たシーンは 暗いエレベーターの中で3~4人の黒人風の男女が、男「カバンは下においてある、取りに行け」女「嫌だ」みたいな会話を繰り広げていて、そこにギャングみたいな男達が入ってきて、最初にいた男女に暴力を振るいます。 そこに、警察官がきて事件は一段落。 そこでいきなりカットがかかり、暴力を受けていた黒人風の男が実は顔を黒く塗っていた白人で「黒人の気持ちがわかった」と発言します。 その後場面は変わりニュースキャスター風の男が次の「ケース(シュチュエーション)」について話し出します。 画面はエレベーター内は白黒に近く、その後は普通のカラーだっかような気がします。とても粗い画像でした。 ヒントはこれだけですが、わかる方いましたらお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数2
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 お探しの映画はブライアン・デ・パルマの「ブルーマンハッタンI/哀愁の摩天楼」(1970)だと思います。 デ・ニーロ扮する主人公が黒人の過激組織に参加し、 「ビー・ブラック・ベイビー」という啓蒙フィルムを作成する場面があります。 その場面がavenue8さんがお書きになっているシーンと一致します。 youtubeに動画がありますので"be black baby"で検索してご覧ください。 (リンクを貼っていいかわからないもので・・・) 日本版のDVDは出ていませんが、 品揃えのいいレンタルビデオ店ならばVHSのテープが置いてあるかもしれません。

参考URL:
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25767#1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

正解です!ありがとうございます! youtubeのまさにこの映像を観たことがあり、あまりにも印象的でずっと探していたんです。どこで聞いてもわからなかったのですが、お答えいただいて本当にありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

「トゥルー・ロマンス」に、エレベーターの中でおっかないやりとりが出てきましたが、お探しの物とは違うかもしれません。 一応、参考に。

参考URL:
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10714/comment.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 実はその作品まだ観たことがないので、この機会に観ようかと思います。

関連するQ&A

  • 交配と人種

    ライガーとタイゴンと言うライオンとトラの交配種がいますよね ライガーは父がライオンで母がトラ タイゴンは父がトラで母がライオン オスと雌が入れ替ると種も変るのは何故でしょうか? もし例えば、人間でもそれは同じなのでしょうか? 背の高い男女の双子と背の低い男女の双子がそれぞれをの子供の場合 背の高い方が男の場合と背の高いのが女の場合見かけに違いは? 例えばの話白人の母と黒人の父の場合と黒人の母と白人の父の子供は見かけが違うのでしょうか?

  • 映画の題名を教えてください

    古い映画なのです(白黒だったかもしれません)。内容もうろ覚えなので間違ってるかもしれないのですが・・・ ナチスに捕われたユダヤ人の男女が、収容所に送られる列車の中で知り合います。 男には妻がいた・・かもしれません(すみません、あいまいで) で、恋に落ちるのですが、どういういきさつでか忘れましたが、女性が先につかまります。 そして、警察(のような所)で尋問されますが 後で愛した男性がつれてこられて、お前の知り合いだろ、と言われますが、 女性は、こんな男は他人だと言い張ります でも最後に男性が女性を抱きしめる、か名前を呼ぶか・・そんな映画だったと思うのですが タイトルも何もわかりません。よろしくお願いします

  • 人間に一番必要なものは、暴力ではないのか?

    人間に一番必要なものは、暴力ではないのか? 人間に一番必要なものはなんでしょうか? 愛、正義、それとも暴力? 人類の歴史を振り返ってみると、白人は圧倒的な暴力によって 他国を侵略し、黒人、有色人種を奴隷あるいは半奴隷として扱ってきた。 過去500年におよぶ白人の侵略には、情も正義もない。 あるのは、軍事力を背景に支配し搾取するというシンプルな考えだけ。 現在は白人は紳士面をしているが、今後、世界に食糧危機などが おこれば、また白人の侵略が始まる可能性は否定はできない。 その場合、愛とか正義などというものが何の役にたとうか? 侵略国あいてに、そんなものは通用するはずもなく、通用するのは 軍事力、すなわち暴力ではなかろうか。 暴力という表現が悪ければ、ただの力でもよいが、要は奇麗事では 何も解決できない。 目には目を、暴力には暴力という考えが、正解ではなかろうか。 ちなみに僕は、お察しのとおり白人が嫌いです。 「神の名の下で」とか、「正義」とか、強引に大義名分をつくり、 戦争や侵略を繰り返してきた民族だからです。 しかし、ただそれは男どもが勝手にしてきことであり、女性たちには 何の罪もない、と僕は考えています。 したがって、白人女性には、とても好感がもてます。綺麗だしスタイルが良い。

  • ◎思い出したい映画のタイトルがあります!! 協力してください!!(詳しい内容説明アリ)

    以下の映画のタイトルを思い出したいんですが、ご存知の方よろしくお願いいたします!! 私の記憶力程度なので、ふつつかな点もありますが必死に頭を絞りました笑 ①ケーブルテレビで見たんですが…洋画です。 オーロラの出現でラジオから死んだ父?…とにかく過去の人と未来の人が交信できてしまう。それで母?を助けるという話です。オーロラが出ないと交信できなかったはず。 ②これもケーブルテレビで見ました…洋画。 昔のデビットボウイのようなメイクをした不良息子と父親の物語。 父は設計会社に勤めてたがクビになり、癌を患うことに。 余生を息子と過ごすべく息子を強制的に連れて行き、小屋に住み始める。隣に家を建てようと試行錯誤する。 2人は次第に打ち解けていき、立派な家を作っていくが父の体は衰弱し… ③これもケーブルテレビ、洋画。最も思い出したい、今でも印象に残る映画です。 アメリカの田舎町。 主人公は白人の男。差別主義で、後継ぎを迫られた息子が日々の生活を苦に、ある日自殺。 もう一人は黒人の女で、デブの小学生くらいの息子を持つ。間食が多くでよく怒られる。 夫が死刑囚で罰を受け未亡人に。 家も押収されて行き場を失う。 その後息子がひき逃げに合い死んでしまう。 レストランで働いていた女だったが、あの白人男性と出会う。 互いに親密になるが、最後、その白人男性が死刑執行人だったことを女は知ってしまう……こんな内容だったと思います。切なさというか、世界の狭さというか、日本人には解りにくいですかね。人種的差別自体をあまり知らないですからね。 どうでしょうか もっと説明しろ!!と思われたら遠慮なくどうぞ!

  • 手塚治虫の作品のタイトルを教えて下さい!

    30年ほど昔に読んだ、次の手塚治虫作品(大人向け)のタイトルがわかりません。ひょっとして同じ作品集の中の短編かもしれません。教えていただければ幸いです。 【作品1】 ナチス将校(? 顔はおなじみのランプ)に長時間にわたって尋問されている博士。絆創膏をペロリペロリとなめていたが、実はそこに特殊な薬が塗ってあり、時間を遅くすることができるという。博士の秘密を知ったナチス将校はその薬を奪い、自分が銃殺されそうなときに時間を遅くして逃れようとするが…。 【作品2】 以前は労働組合で委員長を務め、バリバリのやり手だったある男を訪ねると、見る影もなく落ちぶれた姿だった。彼は食べるのに困らないから働く気にならないという。食べるのに困らない、その理由は驚くべきものであった。 【作品3】 黒人を蔑視している白人男性が心臓移植手術を受けるが、移植された心臓は黒人青年のものだった。 【作品4】 兄と妹が禁断の関係を持つ。抱き合っているふたりの背景のガラスが1枚1枚割れるような描写があったような気が…。 【作品5】 公害で汚染された川(あるいは海)のせいで、駆け落ちした男女(?)がその後半漁人のような姿(というか、魚になって?)発見される。

  • 女性に質問です

    賃貸マンションのエントランスで男女2人だけになった時、女はなぜわざわざマンションの外に出ていって、男がエレベーターで行った後に 乗り込むのでしょうか? 非常に感じ悪いです。あたかも男は犯罪者のように見られてる気がします。

  • 後になるほど…

    (1)皆さんは今までに男女兼用の物(財布や鞄)を購入して…後で兼用だけどやっぱコレは女(男)物に近いかなぁ~って思ったり後悔した事ってありますか? (2)1で後悔した人はソレをその後どうしました?気にせず使っています? いきなり質問から入ってすいません…実は自分は大学生の男で少し前に兼用の鞄をメンズコーナーで買ったのですが…買った鞄は白色でややアクセサリーみたいなものが目立ち…後になればなるほど、女性用の方に近いかなぁ~って思ってきたんです(汗) (3)女性の方から見て…いくら兼用とは言え6割くらい女性に近い鞄を使っている男ってどう思います…?

  • 子供だけが欲しい男が女性に妊娠出産を頼む洋画

    子供だけが欲しい男が女性に妊娠出産を頼む洋画のタイトルが知りたいです。 昔、テレビで土曜の14時くらいによくB級映画を放映してました。この映画はそのうちの一つです。その粗筋は、ある金持ちの社長の男がいて、結婚はしたくないが子供は欲しいと思っていました。その男は確か新聞か何かに「妊娠出産してくれる人」とか募集して、そこに女性が応募してきて、契約しました。無事、妊娠して健康な赤ちゃんを産む為に二人は一緒にジョギングしたり一緒に食事したりしました。エンディングはネタバレするとアレなので、補足が必要になったときに書きます。書かなくても想像がつくようなエンディングですが。(笑) 確か、男はアフロヘアだった気がします。でも、黒人だったか白人だったかは覚えていません。女性は白人でした。それと間違いなく20年以上前の作品です。多分、有名な映画では「ありません」。土曜日の昼に放映される映画は無名な映画ばかりでしたから。これだけのヒントで判ったりしないでしょうか?補足が必要であれば出来る限りします。いい話だなと思って印象に残っていて、タイトルだけは知っておきたいと思うようになりました。では、映画マニアの方々、どうかお願いします。

  • 人様からのメールの文体にケチをつける男

    人様からのメールの文体にケチをつける男 【1】 私が昔、とある偏屈な友人(男)にメールをした時のことです。 私は相手が読みやすいようにと思い、話題毎に改行して、 段落冒頭の一文字を空白にしてメールを作成しました。 ところが後でその友人に実際に会った時の言葉はこうでした。 「友達からのメールが段落分けされていると、  何か裏があるのではないかと疑ってしまう。  君のメールは計算を感じさせて良くない。」 この言葉には私も何も言えなかったし、どっと疲れました。 「男のクセに何を言っていやがる!」と内心キレました。w (ちなみに、この男は文系頭に芸術系が混じった感じです。) 皆さんはこういう人をどう思いますか? ちょっと意見を聞いてみたいです。よろしくお願いします。 【2】 文系理系間あるいは男女間の文章コミュニケーションは、 まれに“異文化コミュニケーション”ではないかと 言いたくなるほどうまく行かないことがあります。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5725897.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5723544.html あなたが男女間あるいは文系理系間における 意思疎通に苦労した経験について教えてください。 以上。

  • 【差別】とはなにか

    差別とは一体なんでしょうか? 差別の意味、定義がわかりません。 差別と区別の違いはなんでしょうか? 仮にこの世に差別というものがあるのなら、それは本当に悪いことなのでしょうか? 以前、某掲示板(2chではありません)にこんな質問をしたら、大激論になりました。 結局、私が納得できる回答は得られませんでした。 この場で皆さんの知恵と知識を頼りにもう一度お聞きしたいと思います。 世の中には差別と呼ばれるものが沢山あります。 人種差別、部落差別、男女差別、学歴差別etc… それぞれに様々な問題があるのは承知しています。 ですが私が思うにそれらの問題は差別そのものではなく、もっと別のところに問題があるように思えるのです。 その根本的な問題に目を向けずして、被害者もしくは第三者がそれによる区別を安易に“差別”と称して相手の区別そのものを非難する。結果、差別と区別の違いが見えなくなり、差別=悪という印象が定着する。 本来、人は他人の頭の中にある感情、区別、判断に対して文句を云う権利はありません。 好きなものを嫌いになれ、とも、嫌いなものを好きになれ、とも云えるはずはありません。 問題にすべきことは『何を区別したか』ではなく、『何をしたか』ではないでしょうか? その昔、ある国では白人警官による黒人への不当な逮捕、暴力が日常化していました。 黒人差別といわれる代表的な事例です。 しかし、本来非難すべきことは、差別そのものではなく、不当逮捕、不当暴力という行為でなければならないはずです。 たとえこれが白人に対して行われたものであっても、不当逮捕、不当暴力という行為はその対象が何であれ、悪いことに変わりはないはずです。 なのになぜ、その対象が黒人だということだけで、差別という謎のベールを被り特別扱いされるのか?私には理解に苦しみます。 同じことをしてもその対象次第ではいわれなき非難をこうむる。 その結果、世の中はどうなったか。 その対象が神聖化されるようになった。 現代の漫画家は黒人を描きたがらない。 何故か? チリチリの髪の毛、大きな鼻の穴、たらこ唇、ありのままの姿を描こうとすると非難されるからだ。 市町村役場の窓口も部落民に対しては頭が上がらない。 単なる区別を特別扱した結果、逆差別が起こるようになった。 この傾向は果たして許されるべきことなのでしょうか? 先日、某大型テーマパークで見た光景です。 入口では所持品検査が行われていました。 検査とは名ばかりの簡単なものです。 そこへ、外国人男性二人組の順番になりました。 検査員は日本人の家族連れの時とは明らかに差のある時間をかけました。 私はそれを目にして「そりゃそうだろうな」と思いました。 検査員の責務は危険物を園内に持ち込ませないこと、それと同時に膨大な人数の所持品を効率的に検査すること。 それを考えれば、多少でも危険物を持っていそうな相手に対して慎重に対処する行為はごく当然のことだと思う。 きっと私とは違う考え方を持つ人がこの光景を見たら「差別だ」と思うのでしょう。 皆さんはどう思われるでしょうか?