• 締切済み
  • すぐに回答を!

CentOS5.1にOracle10gR2インストール

CentOS5.1の端末にOracle10gのリリース2のインストールを試みているのですが、エラーが出て完了できない状態です。 エラー内容は 情報: collect2: ld はステータス 1 で終了しました 情報: /bin/chmod: cannot access `/home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/precomp/lib/proc' 情報: : そのようなファイルやディレクトリはありません 情報: make: 情報: *** [/home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/precomp/lib/proc] エラー 1 といった内容が最初に出てから collect2: 情報: ld はステータス 1 で終了しました 情報: make: 情報: *** [sqlplus] エラー 1 情報: 作成されたプロセスからの出力を終了します。 情報: ---------------------------------- 情報: アクションからスローされた例外: make 例外名: MakefileException 例外文字列: Makeファイル'/home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/sqlplus/lib/ins_sqlplus.mk'のターゲット'install'を起動中のエラーです。詳細は'/home/oracl e/oraInventory/logs/installActions2008-05-09_05-24-39PM.log'を参照してください。 例外の重大度: 1 情報: 呼出し中:アクション:unixActions10.2.0.1.0 make registerOnly = false installMakePath = /usr/bin/make installMakeFileName = /home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/rdbms/lib/ins_rdbms.mk installTarget = irman undoMakeFileName = installArguments = ORACLE_HOME=/home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1, logFile = /home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/install/make.log undoTarget = progMsg = Linking RMAN utility 情報: このMake操作の出力は次の場所でも参照できます: '/home/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/install/make.log' 情報: 情報: 作成されたプロセスから出力を開始します。 情報: ---------------------------------- と言った感じのエラーがいくつか続く状態になっています。 必須パッケージや、ユーザグループ、パラメーターの設定は10g付属のインストレーションガイドを参考に行っているのでインストール要件は満たしているとは思っているのですが… 最初のエラーのディレクトリが作成されていないのが悪いとは思うのですが、その原因がネット等利用して自分なりに調べたのですがどうしても解決できず、作業が進まず困っているので何かアドバイス等いただけないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1189
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

「必須パッケージや、ユーザグループ、パラメーターの設定は10g付属のインストレーションガイドを参考に行っているのでインストール要件は満たしているとは思っているのですが…」 Oracle® Database Installation Guide 10g Release 2 (10.2) for Linux x86 Part Number B15660-02 上記の英語版ガイドで、もう一度、パッケージ要件を満たしているのか確認されるとうまくいくと思います。 64 bit 版をインストールしているとしたら、一部 32 bit 版のパッケージも必要なのがありますので、注意が必要です。再インストールが、解決が早いと思います。がんばってください。

参考URL:
http://download.oracle.com/docs/cd/B19306_01/install.102/b15660/toc.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ORACLE8 を Linux (REDHUT7.2)インストール

    はじめまして ヤブと申します。 Oracle8 Workgroup Server for Linuxをマニュアル等を参考に環境変数も登録して インストールしたのですが、最後の方で「 Relinking Error. The executables for Oracle8 Standard (RDBMS) were not made successfully. Please check the log file (/u01/app/oracle/ product/8.0.5/orainst/install.log) and repeat the installation procedure for Oracle8 Standard (RDBMS). 」のエラーが出て正常にインストールできません。 インストールログを見ても解決策がわかりません。 インストールログは「 --------------[ rdbms.ins 2640 Action: Relinking Error. The executables for Oracle8 Standard (RDBMS) were not made successfully. Please check the log file (/u01/oracle/product/8.0.5/orainst/install.log) and repeat the installation procedure for Oracle8 Standard (RDBMS). --------------[ rdbms.ins 2643 」です どこのサイトを探しても 質問はあっても解決された方が いないようです。 大変申し訳ないのですが 考えられる点を教えて下さい。 よろしくご教授願います。

  • PHP5+Oracle10gのconfigureについて

    Linuxで、configureをして、PHP5+Oracle10gをインストールしようと思っていますが、Webなどで検索して、 # export ORACLE_HOME=/home/oracle/product/10.2.0/db_1 # configure --with-oci8=$ORACLE_HOME ・・・・ というように、記述があったのですが、WebサーバとDBサーバを 分ける場合は、--with-oci8の記述は、どうすればよいのでしょうか?

    • 締切済み
    • PHP
  • Oracle10gのデータベース作成時エラー

    こんばんは。初めての投稿です。 Windows Server 2003 R2 Standard Edition(サーバーOS)に Oracle10g 10.2.0をインストールし、 データベースを作成しようとすると このようなエラーが表示されます。  『次のエラーが原因でEnterprise Managerの構成に失敗しました。   Database Controlの起動中にエラー   詳細はC:\oracle\product\10.2.0\db_1\cfgtoollogs\dbca\orcl\emConfig.logにあるログファイルを参照してください。   C:\oracle\product\10.2.0\db_1\bin\emcaスプリクトを手動で実行することにより   後でEnterprise manegerを使用してデータベースの構成を再試行できます。』   emConfig.logを確認したところ、   「設定: パラメータ○○に値が設定されていません。」というエラーが大量に表示されています。 (MODIFY_SID、DB_UNIQUE_NAME、DBID、ORACLE_HOSTNAME、GLOBAL_DB_UNIQUE_NAME 等々…) また、スプリクトを手動で実行した後 再度データベースを作っても また同じエラーが表示されてしまいます。 全ての設定は「10日でおぼえるOracle10g 入門教室」という参考書を片手にやっているので エラーがでるはずがないと思うので、とても困っています。 何かお気づきの点ありましたら教えてください。

  • Oracle10gclientで接続不能

    ローカルマシンにOracle10gclientをインストールし SQLPLUSにてサーバーのDB環境へ接続を試みたところ、以下のメッセージが表記され 接続が不可となります。 「ORA-12154: TNS:could not resolve the connect identifier specified」 Enter user-name : ちなみに、Net Configuration Assistantでは、接続可能となります。 バージョンは10.2.0.1です。 Cドライブにインストールしておりますが、 パスは以下となっています。 C:\oracle\product\10.2.0\client_1 C:\oracle\product\10.2.0\client_2 C:\oracle\product\10.2.0\client_2\NETWORK\ADMIN\の配下に 以下のファイルが存在しています。 listener.ora sqlnet.ora tnsnames.ora サイトでも調べているのですが、なかなか解決に至っておりません。 上記内容で何か考えられる原因等ございましたら アドバイスいただけると幸いです。 以上、よろしくお願い申し上げます。

  • DBD-oracle(ORACLEドライバ)の生成時にエラー

    perl(DBIモジュール)でのoracleアクセスを実験しようとしています。環境準備として、サーバにDBD-oracle(ORACLEドライバ)を生成しようとした際、下記エラーが出てしまい、DBI+DBD環境がうまく作成できていません。つきましては、考えられる原因と対処についてお教え願います。 #perlを作り直す必要があるのでしょうか?? #エラー原文添付につき長文となりましたが、ご容赦願います。 ■環境  OS:UP-UX(11.0)  DB:Oracle9.2.0.6  Perl:5.8.3  DBI:1.48 ■エラー内容 # perl Makefile.PL (中略) Configuring DBD::Oracle ... >>> Remember to actually *READ* the README file! Especially if you have any problems. Using Oracle in /home/oracle DEFINE _SQLPLUS_RELEASE = "902000600" (CHAR) Oracle version 9.2.0.6 (9.2) Found /home/oracle/rdbms/demo/demo_rdbms.mk Found /home/oracle/otrace/demo/atmoci.mk (中略) Warning: Oracle is built with multi-threading libraries You will most likely need to rebuild perl from sources with the following libraries: -lcl -lpthread Warning: Stripping `cat /home/oracle/lib32/ldflags` `cat /home/oracle/lib32/sysliblist` from link command, because it contains libraries not compiled with +z or +Z (PIC) causing link to fail. Furthermore, we should have already grabbed these libraries Found header files in plsql/public rdbms/public rdbms/demo. *** *** Warning: If you have trouble, see README.hpux... you may have to build your own perl, or go untingforlibraries *** Warning: If you have trouble, try perl Makefile.PL -l *** Checking for functioning wait.ph System: perl5.008003 hp-ux bertha b.11.00 u 9000800 136901587 # 以上

  • centos5.2にoracle10gインストールでエラー

    centos5.2にoracle10gをコマンドラインからインストールしようとするとエラーとなってしまいます。 オペレーティング・システムのバージョンを確認中: 必須redhat-2.1, redhat-3, redhat-4, SuSE-8, SuSE-9 or UnitedLinux-1.0 失敗しました <<<< というエラーです。 コマンドは ./runInstaller です。 localhost Disk1]$ ls 10104_buglist.htm install patchnote.htm response runInstaller stage rootだとエラーがでるという情報があったので、oracleというユーザーを作ってコマンドを発行しました。

  • Oracleインストール後のSQL/PLUSの実行について

    初めてLinuxのOracleのインストールをしています。 Oracle11gをインストールし11GのWEBの管理画面・クライアントからの SQLPLUSの接続は問題なくできているのですが サーバ自身でSQL/PLUSを実行すると下記のようなエラーとなってしまします。 [oracle@svr01 bin]$ sqlplus /nolog bash: sqlplus: command not found 掲示板等で調べてみますとパスが通っていないのが原因とありました。 下記のようになっておりますが、どこの記述に不具合があるのか分かりません。 また、別のファイルにも何か設定が必要でしょうか? ご存知の方教えてください。 よろしくお願いします。 ------------------------- # .bash_profile # Get the aliases and functions if [ -f ~/.bashrc ]; then . ~/.bashrc fi # User specific environment and startup programs PATH=$PATH:$HOME/bin export PATH # added by oranavi export ORACLE_BASE=/opt/app/oracle export ORACLE_HOME=/opt/app/oracle/product/11.1.0/db_1 export ORACLE_SID=svr01 export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC export ORA_NLS33=$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin export ORACLE_DOC=$ORACLE_HOME/doc CLASSPATH=$ORACLE_HOME/jre:$ORACLE_HOME/JRE CLASSPATH=$CLASSPATH:$ORACLE_HOME/jlib CLASSPATH=$CLASSPATH:$ORACLE_HOME/rdbms/jlib CLASSPATH=$CLASSPATH:$ORACLE_HOME/jdbc/lib/classes12.jar CLASSPATH=$CLASSPATH:$ORACLE_HOME/jdbc/lib/nls_charset12.jar export CLASSPATH LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$ORACLE_HOME/ctx/lib LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$ORACLE_HOME/jdbc/lib LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$ORACLE_HOME/lib export LD_LIBRARY_PATH --- MiracleLinux V5 Oracle11g 11.1.0.6

  • Oracle10gのあるマシンに8iをインストールしたい

    Oracle初心者です。 テスト環境作成のために、 Dドライブの直下にOracle10gがあるマシンに 新たに8i(8.1.6)をインストールしたいのですが、 次のエラーメッセージが出てしまい、先に進めません。 -------------------------------------------------- [Oralce ODBC Driverは単独のOracleホーム製品です。 すでにD:\Oracle\product\10.1.0\Db_1にインストールされています。 Oracle Provider for OLE DBは単独のホーム製品です。 すでにD:\Oracle\product\10.1.0\Db_1にインストールされています。 Oracle Objects for OLEは単独のホーム製品です。 すでにD:\Oracle\product\10.1.0\Db_1にインストールされています。] これらの製品を削除することも、単独のホーム製品として同じ位置に製品をインストールすることもできます。 -------------------------------------------------- やったこと (1)マシンがPentium4の場合、本体の画面表示に従ってもインストールができないということで、Cドライブ直下にtemporaryフォルダを作成し、その中にCDの中身を丸々コピー。 (2)作成したディレクトリにある 「oo4o81637\Components\oracle.swd.jre\1.1.7.24\2\DataFiles\Expanded\jre \win32\bin」と 「stage\Components\oracle.swd.jre\1.1.7.24\1\DataFiles\Expanded\jre\win32\bin」 の「symcjit.dll」を「symcjit.old」に変更。 (3)「\install\win32\setup.exe」から実行。 (4)「次へ」ボタンで先に進み、[インストール先]に自作フォルダ(C:\oracle\8i\)を指定、標準インストールを選択。 博学の皆様、ご指南いただけますでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • Oracle10g→11gコンパイル方法

    元々WindowsXP上のOracle10g+VisualStudio6.0 C/C++で開発したアプリを WindowsServer2008R2とWindows7上のOracle11g(64bit,32bit)+VisualStudio2008に アップグレードしようとしています。 ですが、コンパイル時にエラー 「LNK2019:未解決の外部シンボル _sqlcxtが・・・」 というエラーが出てコンパイルできません。 コンパイル環境としては参照する11gのLib,Includeのフォルダの定義は入れてあります。   ツール-オプションの実行可能ファイル、インクルードファイル、ライブラリファイルに   (ORA_HOME)\BINや\pricomp\publicや\LIBや\precomp\LIBなどを設定済み また、プロジェクトのプロパティの参照ライブラリも 「oraSQL10.LIB」→「oraSQL11.LIB」に変更しました。 あと、何が足りないのでしょうか? ご教授願います。

  • Oracle 10gでORA-12154:TNS:could not...

    Oracle 10gのクライアント-サーバー環境でSQL*Plusなどから ローカルネーミングで接続しようとするとORA-12154:TNS:could not resolve the connect identifier specifiedが出て接続できません。 サーバー(ホスト名;aspire) VistaHomePremiumSP1 Oracle10gDatabase クライアント XPHomeEditionSP3 Oracle10gClient tnsnames.oraの内容 # tnsnames.ora Network Configuration File: C:\oracle\product\10.2.0\client_1\network\admin\tnsnames.ora # Generated by Oracle configuration tools. ORCL = (DESCRIPTION = (ADDRESS_LIST = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = aspire)(PORT = 1521)) ) (CONNECT_DATA = (SERVICE_NAME = orcl) ) ) oracle.keyの内容 SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraClient10g_home1 レジストリの内容 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraClient10g_home1] "ORACLE_HOME"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1" "ORACLE_HOME_NAME"="OraClient10g_home1" "ORACLE_GROUP_NAME"="Oracle - OraClient10g_home1" "ORACLE_BUNDLE_NAME"="Enterprise" "NLS_LANG"="JAPANESE_JAPAN.JA16SJIS" "StatementCacheSize"="0" "OLEDB"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\oledb\\mesg" "StmtCacheSize"="0" "SQLPATH"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\dbs" "OO4O"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\oo4o\\mesg" "ORACLE_HOME_KEY"="SOFTWARE\\ORACLE\\KEY_OraClient10g_home1" "MSHELP_TOOLS"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\MSHELP" なお、簡易接続ネーミングでは成功します。 sqlplus scott/tiger@aspire/orcl また、環境変数ORACLE_HOMEを設定すると成功します。 set ORACLE_HOME=C:\oracle\product\10.2.0\client_1 sqlplus scott/tiger@orcl 諸先輩方のアドバイスをお願いいたします。