• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

入力レベルの調整が出来ない。

  • 質問No.3982145
  • 閲覧数319
  • ありがとう数1
  • 回答数2

お礼率 53% (7/13)

今レコードを録音しています。
ターンテーブル→フォノイコライザー→オーディオインターフェイス→Pro Tools

インターフェイス M-audio FireWire 410
Pro Tools M-Powered 7
フォノイコライザー audio-technica AT-PEQ3

で録音しているのですが、最近カートリッジを変えたら出力電圧が変わり入力レベルの微調整をしたいのですが、インターフェイス、Pro Tools、フォノイコライザーで入力レベルの調節が出来ません。
どなたか解決方法教えてください。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
 カートリジを変えた結果どの様な不具合が生じたのでしょうか?
 例えばVM、MM型カートリジをMC型に変えた場合出力電圧が約20dB程度下がります。(MC型カートリッジの出力は一般に0.3mV程度です)
 此れは無いと思いますが、クリスタルカートリッジ、コンデンサー型カートリッジ等でAT-PEQ3の最大入力60mVを超える場合は信号がクリップされ大きな歪を発生します。
 従来使われていたカートリッジがVM、MM型で有れば、FireWire 410の出力は20DBのパットを入れた状態で、(カートリッジ出力2.5mV→AT-PEQ3で150mV→FireWire 410の20dBパット入りで利得+46dB入出力特性-10dBからトータル36dB)つまり最大出力約9.6Vとなります。
 此れをMC型に変えた場合約20dB出力が下がりますので0.96Vになります。
 つまりFireWire 410の20dBパットを入れない状態で使えば略同じ様に使える事になります。
 但し、AT-PEQ3の入力レベルが約20dB下がりますのでS/N比80dBが結果的に60dBに下がりS/Nが悪くなります、此れを救済するには入力トランスを使ってステップアップするしか方法が有りませんが、特性の良い(結構高価)なトランスを使う必要が有ります。
 一例として参考URLを御参照下さい。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (6/13)

フォノイコライザー audio-technica AT-PEQ3
この機種は、VM型、MM型のカートリッジ専用のようです。MC型は使えません。

>カートリッジを変えたら出力電圧が変わり、入力レベルの微調整をしたい
何に変えたのか不明ですが、DENON DL-103 や AUDIO-TECHNICA AT-F3 IIなどですとMC型なので昇圧トランスが必要です。

Wikipedia記事抜粋・・・MC型は構造上コイルを大きくすることができないため出力電圧が小さく、イコライザアンプ(後述)の前段に低雑音の前段増幅器(ヘッドアンプ)または昇圧トランスを必要とする。

下記リンク参照(Wikipediaのレコードプレイヤーで検索してください)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC#.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.83.88.E3.83.AA.E3.83.83.E3.82.B8
関連するQ&A
ページ先頭へ