• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

準防火地域のバルコニーの仕様

準防火地域で木造3階建てのバルコニーをFRP防水仕上げ(アイカ工業のDR認定品)で施工する場合の下地を梁の上に28mmの構造用合板(剛床)で勾配をとりその上に9mmの構造用合板を敷いてFRPの下地にしようと計画しておりますが問題はないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数8551
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#78261
noname#78261

ほ~失礼。さっきは急いでたので。 ちょっと確認したら断熱なしでもいけますね。 木下地30以上、野地板合板9以上、断熱材20~65又はなし、補強合板9以上、プライマー0.2、防水塗膜2.06~3.8でした。 でも、釘の指定も4仕様あり、塗膜も、上塗り、中塗り、下塗りのほかに補強層が必要です。それも4仕様あるので選ばなきゃね。 なのでメーカー相談して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々ご丁寧に有難う御座いました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#78261
noname#78261

DR-0267でやるべきでしょう。 アイカのです。断熱材をはさむ形式になります。 あとはメーカーへ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

貴方の補足に答える前に以下の補足を求めます。 屋根については、耐火性能30分とあります。 バルコニー直下の天井の仕上げ構造の詳細の補足を求めます。 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

LVLの35*35野縁下地の上に大建工業のノキライト12.5mmフラット板を張る予定です。(軒裏45分準耐火構造認定品)

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

外部バルコニーの床は、屋根に相当する部分です。 準防火地域であれば質問文の構造だと問題があります。 準防火地域の場合の屋根は、不燃材料で葺く事になっています。 9mmの構造用合板を止めて、代わりに窒業系ボードt12.5mm(不燃材料)を張る必要があります。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座いました。

質問者からの補足

DR認定品(防火仕様)を使うのですがそれでも問題あるのでしょうか?

関連するQ&A

  • バルコニーFRP下地板にケイカル板は必要ですか?

    木造の 準防火地域で延焼ラインにかかるバルコニーの下地ですが 必ずしもケイカル板等の不燃下地を入れなければならない と言うことはないのでしょうか? 書籍に出ている矩計図面を見ると不燃板があるのですが 実際の現場では構造用合板+耐水合板のみの矩計図をよく見ます。 行政によるのですか?

  • 準防火地域・準耐火建築物のルーフバルコニーの床仕上げはどのようにすればよいですか?

    今、準防火地域内で木造3階建て住宅の確認申請を出しています。 この建物にはルーフバルコニーがあるのですが、そこの仕上げが少し問題があるかもとの指摘を受けました。現状「捨張+ケイカル板+FRP防水」という仕様にしています。申請機関からは「現状のままではFRP防水は防火までしかみられない」と言われました。ただ「下地にケイカル板を敷いている事でもしかしたら大丈夫かもしれないので確認はします」との内容もありました。 例えばアイカさんのジョリエースFRP防水の防火仕様などでは「準防火・22条地域に対応した工法」と記述があるのですが、こちらの方では準耐火建築物には使用できないのでしょうか。私としましてはルーフバルコニー=屋根の扱いで30分間の加熱時間かなと考えてはいるのですが・・・。 私自身設計の仕事がまだ未熟ですので質問の内容に不明な点などあるかもしれませんが、よろしくお願い致します。 あと、FRP防水以外にも準耐火に対応できる防水方法とその利点などがありましたら教えていただけないでしょうか?

  • ベランダの床仕上げ・ベランダの屋根について

    準防火地域で防火構造にする必要のある家で、ベランダの床仕上げについてFRP仕上げ以外の認定のとれる方法がありませんか。またFRPが多く使用されているならばどこのメーカーが多く使われていますか。また、ベランダの屋根について、採光の関係で、通常の屋根でなく、バルコニーテラスを考えています。その場合、バルコニーテラスは防火構造は必要ありませんか。以上の二点について教えてください。

  • 準防火地域にて3階建て鉄骨造の住宅について

    準防火地域にて3階建て鉄骨造の住宅について 構造をロ準耐-2とした場合「(2階の)床は準不燃材料で造る ほか、3階は準耐火構造とする。」(令109条の3-二-ハ)と されてますが、2・3階とも床をデッキコン(=耐火構造)として その上に木造床組み(転ばし根太)でフローリング張と してもよいのでしょうか。 「床は準不燃材料で造る」は、防火避難規定の解説では 「根太も下地材も準不燃材料とする」とあり、木造根太は ダメだとも解釈できるのですが・・・ 教えてください。よろしくお願いします

  • イ準耐-1、延焼のおそれの部分の屋根の構造

    現在、準防火地域に建物を計画しております。 準耐火建築物(イ準耐-1)、木造、延べ600平米。 屋根の構造で、、延焼の恐れのある部分に30分以上とありますが、 シート防水、耐水合板×2、根太、断熱材、構造用合板、梁、グラスウールt=50、PBt=12×2、ビニルクロス 以上の構造で大丈夫でしょうか。不燃材料で屋根を葺く必要はありますか? 素人みたいで、すみません・・・。恥ずかしながら、ちょっと困っています。宜しくお願いいたします。

  • 外壁の防火構造

    今度準防火地域で新築を行います。その際に、確認申請で軒裏も防火にしないといけないですが外壁を梁の上端まで立ち上げて施工すれば軒天は防火構造にしなくてもいいと聞いたことがあります。しかし信憑性がなく本当かどうかわかりませ。皆さんの中でわかる方がいれば教えてください。

  • バルコニーの防水について

     平成16年に準防火地域に木造3階建の家を建てました。 2階、3階の各部屋にバルコニーがついています。 以下、工務店いわく、 (1)船に使う防水方法を採用している。→木の上に透明な塗料をかなり厚く塗っていました。(FRP防水?) (2)公庫仕様にしてある。→上記(1)の上に、濃いグレーのアスファルトのうようなシートを敷きこんである。(1枚の大きさ30×100cmくらいで、ブツブツしているので裸足で歩くと痛いです。) このような仕様は具体的に何というのでしょうか? よく聞くFRP防水の一種でしょうか? 財形融資を使ったので、上記(2)のようにしないと審査が通らないと工務店は言っていました。 防水メンテナンスは10年スパン位で考えておけばよいでしょうか? 各部屋にバルコニーがあるのはよいのですが、今後のメンテ代があるので、もうちょっと考えたほうがよかったかなぁと思ってます。

  • 防火設備のFIX窓について。

    防火設備のFIX窓について。 準防火地域の延焼の恐れのある部分にFIX窓を設ける場合、 躯体に直接防火ガラスを嵌め込むのは大丈夫でしょうか。 例えば、20センチ間隔程で4寸角の木材で列柱を設けるとします。 この列柱の間と土台・梁で囲まれた部分をFIXのガラス窓としたいです。 この場合、柱と土台・梁は外壁ではないので防火構造にする必要はないと思います。 ではこの柱と土台・梁に溝を切って直接防火ガラスを嵌め込んで防火設備になるでしょうか。 それとも防火認定を受けているサッシを取り付けなければいけないのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 法22条区域の壁材について

    新築計画中です。22条区域に指定されている土地です。確認申請書の外壁の仕様を下地ラスモルタル20mmに杉板張り仕上げ(室内側石膏ボード12.5mm)として申請しています。しかし実際は下地構造用合板9mmに杉板張り仕上げ(室内側構造用合板12mm)なのです。申請書には壁の詳細図は添付しておらず、施工図面としての断面詳細図は構造用合板9mm~になっています。要は申請と実際の施工が違うのですが問題ありますか。着工はまだです。壁は境界から2.5mにあります。まずは皆さんのご意見をお伺いしたいのでよろしくお願いします。 

  • 重量鉄骨の二階部分について質問です

    既存の重量鉄骨倉庫に梁を渡し二階を事務所にしたいと考えてます。4m×10m 40m2ですが、大梁H300*150を10m 小梁H200*100 ササラH200*100を細かく入る見積もりをもらっています。 安くしたいので、床はデッキプレート+コンクリではなく、28mm構造用合板です。その根太材として、H鋼の上に□75*75の見積もりです。 ここで、28mmの構造用厚合板を使うので、H鋼の上に直接のせられないものでしょうか?やはり根太材が必要なのでしょうか?デッキプレートの場合は直接H鋼の上にのせますが、構造用合板は直接は無理なんでしょうか?天井が高くなく、床高を抑えたいのですが、根太分だけササラを落とさなければいけないのか?安くできる方法をお教えください。