• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

硝酸亜鉛6水和物と水酸化カリウムによる水酸化亜鉛の沈殿

硝酸亜鉛6水和物と水酸化カリウムによる水酸化亜鉛の沈殿からZnOを作ろうとおもいます。完全に中和した時にPH=9.6になるようにするには水酸化カリウムをどれくらい滴下すればいいでしょうか? ちなみに[Zn2+][OH-]2=7.0*10^-18です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1242
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • nious
  • ベストアンサー率60% (360/596)

よく分からない点もありますが、とりあえず1Lの水溶液で考えてみます。 1.36/99.4=0.0137molのZn(OH)2の沈殿が生じるためには、 0.0137molのZn(NO3)2・6H2Oと、2*0.0137=0.0274molのKOHが必要になります。 これらに水を加えて1Lにすれば多分全てが溶けて、 同時にZn(OH)2の沈殿が生じると思います。 また当量加えているから、 Zn(OH)2 ⇔ Zn^2+ + 2OH^- より、 沈殿の一部が溶解して[Zn^2+]=x(M)になったとすれば、 水の解離によるOH^-を無視すると溶解度積から、 [Zn^2+][OH^-]^2=x*(2x)^2=Ksp → x=1.2*10^(-6)、2x=[OH^-]=2.4*10^(-6) この時の溶液はpH≒8.4になっている筈です。 また[Zn^2+]について、100*{0.0137-1.2*10^(-6)}/0.0137≒99.99%が沈殿している事になるから、 ほぼ1.36gが沈殿しているでしょう。 ところで何故pH=9.6にする必要があるのでしょうか。 確かにpHを上げた方が沈殿の収率が100%に近付きますが、この状態でも十分に高いです。 極微量(4*10^(-5)mol程度)のKOHを追加でもすれば計算上可能な気はしますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 水酸化亜鉛から酸化亜鉛をつくる

    水酸化亜鉛Zn(OH)2から水H2Oをとると、酸化亜鉛ZnOになりますが、 実際は何℃くらいで焼けばよいのでしょうか。

  • Zn(NO3)2・6H2OとKOHによるZnO沈殿生成

    (1)硝酸亜鉛六水和物と(2)水酸化カリウムによりZnOを約1.32g沈殿させるには(1)と(2)をそれぞれ何gずつ用意すればいいのでしょうか?

  • 沈殿生成

    硝酸亜鉛6水和物と水酸化カリウムによるZnO沈殿生成の実験をしようと思います。化学反応式を教えてください><

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

当量混ぜれば良いだけではないでしょうか? 沈殿が出来ても(洗いにくいが)水洗して乾固するだけです。 後は「か焼」する。 過剰量の水酸化物イオンは#1にあるように亜鉛を溶解させますので、注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

水酸化亜鉛の沈殿を1.36g作りたいのですが、水の溶解度積などを使って求めたいと思ってます。

  • 回答No.1
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

答え わからない。 すいさんか亜鉛は、[Znl(H2O)m(OH)n]という形のアクア・すいさんか錯体(たかく錯体を含む)を作るのでさく生成に使われるOH分量が計算できず、わかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 薬品の分量は正しいでしょうか

    Zn(NO3)2 + 2NH4OH ⇔ Zn(OH)2 + 2NH4NO3 Zn(OH)2 + 2NH4OH ⇔ (NH4)ZnO2- + H2O + H+ 上記の反応をさせるために、以下のように必要な薬品の分量を計算しました。 ◆Zn(NO3)2の分量(モル濃度:0.1mol/L、溶液の体積:50ml) 用いる薬品:硝酸亜鉛六水和物(Zn(NO3)2 + 6H2O ⇒ 189.43g + 108g) 0.1mol/L → 18.943g 硝酸亜鉛六水和物では、29.743g 50mlでは、29.743g / (1000ml / 50ml) ≒ 1.48g よって、硝酸亜鉛六水和物は1.48g必要 ◆NH4OHの分量(モル濃度:0.2mol/L、溶液の体積:50ml) 用いる薬品:アンモニア水(NH3 ⇒ 17g 、濃度28%、比重0.9g/ml) 0.2mol/L → 3.4g 50mlでは、3.4g/(1000ml/50ml) = 0.17g 濃度28%なので、必要なアンモニア水の質量は 0.17g / 0.28 ≒ 0.6g 比重0.9g/mlなので、必要なアンモニア水の体積は 0.6g / 0.9 ≒ 0.67ml よって、アンモニア水は0.67ml必要 この計算の仕方で正しいでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。

  • 化学式について質問があります

    水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなんかはNAOH KOHなんですが、なぜ水酸化カルシウムや水酸化亜鉛はCA(OH)2 Zn(OH)2なんでしょうか?でもこの上記のものはすべて周期表に書いてある価電の数と同じですが、水酸化アルミニウムと水酸化鉄はAl(OH)3 Fe(OH)3と価電子は2なのに3になっています。どういうことでしょうか?

  • 水酸化アルミの沈殿生成について

    pH1.5~2.1の10000ppmアルミ溶液を作りたく、金属アルミを塩酸+硝酸で溶解し酢酸アンモニウムを加えアンモニア水でpH調整をしようとしたところpH0.7で白色の沈殿が生成してしまいました。たぶん水酸化アルミであると思うのですが何故沈殿がでるのでしょうか。詳しい説明よろしくお願いします。

  • 水酸化鉛の沈殿について

    学校の定性実験でPb(NO3)2と3M-NaOHを反応させて、PbOHの白色沈殿を発生させました。さらに、その溶液をAとBに分けて A:3M-NaOHを過剰量加える B:6M-HClを滴下する という作業を行ったところAでは沈殿が溶解しましたが、Bでは溶解しないという実験結果になりました。同じ両性元素であるAl(アルミニウム)は同様の実験を行って溶解したのですが、この実験結果は正しいのでしょうか?また、両性元素であるZn(亜鉛)ではどうなるのでしょうか? 参考書にも載っていなくて困っています。お願いします。

  • AlとZnのちがいってなんでしょうか

    (1)3本の試験管に1mol/lの塩酸、硫酸、硝酸を2mlずつとり、それぞれにアルミニウム箔を1個入れて様子を観察せよ (2)無色の気体が発生した場合、試験管の口を指で押さえて気体をためマッチで点火してみよ (3)硫酸の場合反応がおこりにくいので少しバーナーで加熱し、反応が起こり始めたら試験管立てに静置せよ。 (4)硝酸の場合も同様にせよ (5)(3)で生じた白色の水酸化亜鉛【Zn(OH)2】の沈殿を二等分して試験管に分け、一方に塩酸、もう一方に水酸化ナトリウムを加えてみよ。 などの実験をしました。 ここで質問です。 AlとZnの違いってなんでしょうか?

  • 温度の違いによる結晶構造

    水酸化亜鉛Zn(OH)2は6配位八面体構造で、融点は125℃のようですが、結晶構造が変わる(結晶変態)温度を教えてください。 また、酸化亜鉛についても同様のことがわからないので知りたいです。

  • グリシンの加熱分解

    こんにちは、現在高3のものです。 化学の問題で次の空欄を埋めよ、という形で グリシンを濃硫酸とともに加熱分解し、過剰の水酸化ナトリウムを加えると()が発生する。この気体を、硝酸亜鉛水溶液に通すと白色ゲル状の()が沈殿し、さらに通すと最終的に()を生成して無色の水溶液となる。 とあり答えは順にNH3,Zn(OH)2,[Zn(NH3)4]2+だったのですが、なぜNH3が発生するのでしょうか???? また最後のこたえは,[Zn(OH)4]2+ではないのでしょうか????

  • 廃水処理用語について質問

    廃水処理用語について質問 廃水処理について勉強しています。凝集沈殿 水酸化物法の解説の中に、再溶解と言う用語が出てきます。抜粋すると「亜鉛の場合、水酸化物の析出に適したphの範囲は9~10.5。phを11以上にすると水酸化亜鉛は再溶解する。」 この再溶解とは、何を言っているのでしょうか。 溶解していた金属イオンがph上昇とともに水酸化物として析出。phを11とすると水酸化物が溶けて無くなってしまうことを言っているのでしょうか。

  • 亜鉛とアルミニウムの、アンモニアへの反応性

    化学専攻の高専生です。 分析関係の実験で疑問に思ったことなのですが、 水酸化アルミニウムと水酸化亜鉛の違いとして、アンモニア滴下時の溶解性が違いますよね? 水酸化亜鉛の方は錯体を作って溶解しますが、水酸化アルミニウムの場合はいくら過剰に加えても溶解しません。 なぜ、そのような違いが生じるのでしょうか? ある程度の文献には当たってみたのですが、答えらしき解答が見当たりません。 詳しく説明してくださる方がいればありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 酸化亜鉛の定性反応(フェロシアン化カリウム水溶液)

    酸化亜鉛の定性反応(フェロシアン化カリウム水溶液) 酸化亜鉛のフェロシアン化カリウム溶液による定性反応で、どうしても不明な点があったので質問しました。 わからないのは ZnOを少量試験管にとり 10%HCl3mlに溶かし これに フェロシアン化カリウム溶液を加えたところ 白沈を生じた。 酸化亜鉛の性質としては 正しいかもしれないが 問題なのは 白沈に僅かに 白に近い黄色から 白に近い緑っぽい青いった沈殿も見られたことです。 これは酸化亜鉛の中に 他にも何かが含まれていたということが考えられると思うのですが 何が入っていると思われますか? また、酸化亜鉛は 次のようにして作りました Zn+CuSO4・5H2O+?H2O→Cu+ZnSO4・7H2O+?H2O 5[ZnSO4・7H2O]+2[Na2CO3・10H2O]+?H2O→2ZnCO3・3Zn(OH)2・H2O+?H2O 2ZnCO3・3Zn(OH)2・H2O→5ZnO+2CO2+4H2O 調べてみたのですが、 いまいちわからなかったので教えてくださいm(__)m

専門家に質問してみよう