解決済み

切腹をしたときって、うんこは飛び出さなかったんですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.3957594
  • 閲覧数19438
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 66% (16/24)

武士が切腹をしたときって腹の中のうんこは飛び出したりしなかったんでしょうか?

切腹の前には食事制限などをしていたのでしょうか?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 65% (487/744)

他カテゴリのカテゴリマスター
>切腹をしたときって、うんこは飛び出さなかったんですか?

江戸時代も切腹するとき時代が後になるに従って、刀に手を伸ばした時に首をはねたり、刀の代わりに扇子を置き、手を伸ばした時に首をはね、痛みが伴うのを避ける傾向にあったと言われています(恐怖で腹を切れず、見苦しい状況を避ける意味もあるようですが)。そのため実際に腹を切ることは稀になったといわれます。しかし、首を打ったときに食道から胃の内容物が噴出して見苦しい状況を呈することがあり、切腹だけではなく、戦闘の中で首を獲られた時に名のある武将でもこのような状況に陥ることがあり、戒める文章を見た記憶があります。ただ、糞尿が飛び出した例は聞きませんし、腹を切ってもあまり下腹部を切らないようですから飛び出ないのではないでしょうか。
切腹も腹を切るだけでは中々死ねないようです。終戦時に切腹した阿南陸相は腹を切ってから数時間(4時間程?記憶が曖昧です)生きていたとの記録があったと思います。介錯をしてもらうか、頚動脈を切るかしかなかったようです。
食事制限については戦国時代の例でも(諏訪頼重)切腹前には酒を少々飲むぐらいで、食事は制限していたようです。
なお、腹を切って腸を取り出す行為はよく行われます。本来の切腹は、腸などの腹の内容物を見せ、潔白を証明することも目的の一つですから。ただし、投げつけることは無念腹とされていますが、太平記の中にも大塔宮の身代わりになった村上○○(名前は失念しました)が立腹を切って敵に投げつけたとか、関が原の前哨戦である伏見城の戦いで、徳川方が切腹したとき、腸を天井に投げつけた跡のある板を再利用したものが残っているとか言われているように、例は多いようです(勇気ある武士も多かったのですね)。

以上参考まで。

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 46% (251/542)

人間の体の構造からいって、
腸のなかには便が入ってますが、
腸を引きずり出しても、
腸壁を破って押し出さないと
ウンコはでてきません。
そもそも簡単に内臓のなかに
便が漏れるようでは、
人体は機能できませんからね。
豚や牛など動物の腸は食用に利用されますが、
洗浄作業は大変ですよ。

切腹の際には、腹を十字に開いて
腸を引きずり出すというのが作法ですが、
そこまでできるツワモノは少数。
現実には刺しただけで、介錯されるケースが
おおいでしょうから、
ウンコが腸からでることは、まずないでしょう。

しかし死後、死体は排泄するので、
やっぱり死体は葬式のまえにきれいにする必要があるし、
実際、現代でもすべての葬式の前にやることです。
死体洗い。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 25% (514/2010)

切腹は、せいぜい腹の皮、良くて筋肉まで切るものです。
自分で内臓を切断するまでは行きません。
そのあと斬首するのです。
儀式的なものなので、切腹する前は、断食したようです。
  • 回答No.6
レベル12

ベストアンサー率 30% (264/874)

明治の軍人乃木希典大将(伯爵)は、明治天皇崩御に際して自宅で切腹しました。この時将軍はウンチが漏れないよう紙で作った「栓」を自らの肛門に刺しておいたとのことです。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 24% (1545/6342)

江戸時代の末期、外国の使節団に斬りかかった武士たちが外国の抗議を受け、幕府がその武士達に切腹を命じた。そして外国人たちの目の前で次々武士達が切腹をしたが、その中には嘘かほんとか知らないけど腹を切って傷口に手をつっこんで腸を取り出し、見ていた外国の使節団に投げ付けて絶命したそうだ。嘘っぽいな。書いていて本当のような気がしないけどせっかく書いたから送ります。だれかこの史実を詳しくご存知のかた、フォロー願います。
間違いないのは外国人たちが青くなって切腹を途中でやめさせたことです。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 29% (147/494)

切腹の実際は他のご回答にあるとうりです。
殆どは形だけで短刀を腹に刺した瞬間に介錯人が断首するか、短刀を手に取ろうとして上体が前に伸びた瞬間に断首しました。

しかし人によっては腹を切り終わるまで待てと頼む人もいて切り終わってから断首したケースもありました。

従って腸管の壁が斬れるケースは稀で内容が漏れることはなかったと思われます。
また心得のある人は切腹前には食事を控えたといいます。

No3のご回答は有名な堺事件の際土佐藩士が切腹させられた時の話しで、彼らの内、検分に立ち会ったフランス士官に対し腸を引き出し投げつけた事があり、恐怖したフランス士官が席をたちその後の検分を中止したのでその後の切腹は中止となりました。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ