• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

何故日本では、すばらしいグーグルやヤフーやオラクル等のIT会社が出てこないんですか。

日本はアメリカのようにグーグルやオラクル等の会社が出てきてもよさそうな感じがします。 日本のIT環境はアメリカ並になってきており一人一台のパソコン、携帯の時代になっていると思います。でもグーグルやオラクル等の会社が出てきません。 まだ日本のIT環境は未熟なのでしょうか。それとも日本ではそんなに携帯やパソコンが個人に普及していないのでしょうか。パソコンや携帯はまだまだ国民一人あたり30パーセントくらいしか所有していないのでしょうか。 私は日本では携帯、パソコン所有率は95パーセントくらいだと思います。他に考えられる要因としてITの法律が規制しており開発ができないので規制緩和が必要なのでしょうか。 それとも多国籍企業が日本に進出してきているので内需拡大阻止が必要ですか。IT外国企業の排斥、国内のIT企業を保護する政策が必要ですか。

  • cef
  • お礼率7% (8/109)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数256
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

以下、あくまでも私感です。 検索エンジンで考えると、NECや富士通やNTTが昔から細々と研究はしておりますが、 それをビジネスとして成り立たせる方法が見つけられないから、 それに大規模投資ができないというのが本音でしょう。 (gooやinfoseekしかり) それは検索エンジンの性能の問題もありますが、 googleのように検索順位に優越を付けることに対するクレームへの配慮や 国内法の問題もあるでしょう。 (検索のためにデータキャッシュすることが、そもそも法律違反なので 検索サーバーは海外に設置して逃げるしかないなど) そのくせ、このままでは国内産業が危ないからと 役所が自身ハンコ文化のままのくせにe-japan構想とか言い出したり、 ITの発音もしらない総理大臣が陳腐なIT博覧会(インパク)をやってみたり、 国産検索エンジンや国産OSや地上波デジタルに税金を投入したり、 やってることがまと外れ過ぎで、ユーザー不在だと、だれもが気が付いているはずです。 これは、政治家や役人の頭が悪いのでも、時代遅れなのでもなく 省庁間にある利権争いに生き残るため、税金の無駄使いをし続ける必要があるからだと、私は捉えてます。 そして、それに気が付かないで、自分のエゴや目先の利益だけで政治家に投票している国民の責任でもあります。 日本という国の中での生き残りを考えるのではなく、 国際的な視野をもつ経営者や技術者が現れれば変わってくるでしょうが、 そういう人は、なにかと邪魔が入る日本という国にとっとと見切りをつけ、 シリコンバレーにフィールドを移しいるかたが多いと聞きます。 そうやって、どんどん日本は国際競争力を落としてきたように見えるのですが、いまだに政も官も財も民も、方向を変えようとしていないのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

地上デジタル放送に税金をかけているのは少し残念ですね。日本はその内、中国やインドにIT技術を抜かれそうな気がします。でも日本の技術は何とか持ちこたえるのでしょうか。 日本はアメリカの一部みたいな物なので英語が義務教育化されていますのでシリコンバレーで活躍する日本人が出てきたら少しはうれしいです。 シリコンバレー、シアトルやサンフランシスコ?はもう日本みたいな物なのでしょうか。テレビで見る沖縄はアメリカのような感じがしますが日本ですね。 日本人と考えるのはおかしくて国際的な人材が出てくる事が時代の流れなのでしょうか。日本のIT企業だけと考えるのはおかしいと少し反省しました。回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 日本のITは時代遅れだそうです。

    日本のITは時代遅れだそうです。 インドの才能ある若者はシリコンバレーに行き様々な開発されてるというではありませんか。 パソコンメーカーは殆ど外国製になってしまい細々と国産品が作られてます。 OS はアメリカ製なのでどういう事があわかるかと思います。 会社で使われていたり行政で使われていた富士通製は今はどのような事になっているのでしょうか。 OSを日本で開発したらまたアメリカが潰しにかかるのでしょうか。

  • バブルの犯人

    バブルの犯人は日銀だと言うことが何かに書いてありました。日銀が日銀券をバカスカ刷りすぎたというのが原因だと書いてありました。何で日銀が日銀券をバカスカ刷ったかというと前川レポートが原因だと書いてありました。前川レポートで内需拡大策をとれと書いてあったので日銀券をバカスカ刷ったということです。前川レポート+不動産価格を除いた物価が安定しているからということだったそうです。 そして、前川レポートが内需拡大を言ったのはアメリカの外圧だそうです。 それで、日銀券を日銀がバカスカ刷ってそれを銀行に借りろ借りろと言ったそうです。それで、借りた銀行は企業に借りろ借りろと言ったそうです。それで、バブルになっちゃったということだそうです。 以上が私の理解ですが、私は経済は門外漢なもので、以上の理解が正しいかどうか教えていただきたいのです。よろしくお願い申しあげます。

  • 多国籍企業について

    よろしくお願いします。 多国籍企業といえばマクドナルドとかコカコーラなどたくさんありますが親会社(と言うのでしょうか?)がアメリカ以外の企業で、日本にも子会社をつくっているのはどんな企業があるんでしょうか。 私が知っているのは、ネスレがスイスの企業であることくらいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • aki43
  • ベストアンサー率19% (817/4241)

おっしゃる疑問は確かに有ると思いますし 自分も思いますが お金の事は確かに有ると思います でもお金だけではないと思います で MSの事ですが技術を盗んだような話の様ですが 実はアップルに直接相談してるそうですよ で諸々話が有りMSもかなり悩んだそうですよ で MS社内で協議の中ある日本人の方の助言により決まったそうですよ ただ 直接は関ってないそうですよ まぁ そう言った逸話が有るそうですよ で日本はアメリカとはかなり違うので起業しにくいし育ちにくい 様ですよ でも一企業がソロ活動はとてつもなく難しいですよ 文化が違うと言う事もあり 皆苦労してますよ 様々な 要因が沢山有りますからね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

日本人が関わっているとは以外でした。日本とアメリカは環境や教育等かなり違うので育ちにくいですよね。回答ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4587/9624)

>でもグーグルやオラクル等の会社が出てきません。 主として、ベンチャー企業に対しての融資の問題です。 日本だと先端技術を評価できる投資家がいないので、元々ある程度のお金があるか、特別なコネがないとお金が集まりません。 せいぜい、レンタルサーバーで小さく始められる事業(はてな、mixi)くらいですね。 「起業して5年間毎年億単位の赤字」でもつぶれないなんて日本ではあり得ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

結局お金の問題なのですね。私としてはより単純でより安全でより高機能な製品を期待しています。MSもアップルから技術を盗んで開発はたいした事はしていなく、お金の力が強いという人もいます。 真相はどうかわかりませんがMSの力はいまだに強いです。ハイテク社会も実はお金の力で動いていると思うと少し残念です。今の若者の就職先がIT企業ばなれ化が進んでいるという現実が身にしみてわかる気がします。 特に日本は海外と違って特殊な環境ですから、なおさらですね。

  • 回答No.3

元々無名のヤフーに目を付けて、ビル・ゲーツと共同で株を買おうと持ちかけたのは何を隠そう、ソフトバンクの孫正義さんです。しかし、ビル・ゲーツはその当時検索エンジンどころかインターネットなどそんなに広がるものではないと判断して拒否したようです。世界一の大金持ちになったマイクロソフトのビル・ゲーツでさえもインターネットと検索エンジンに目をつけてなかった当時から既に孫さんは目に付けて動いてました。光ファイバーに関してもまた然りで、インターネットの「イ」の字も出てない時代から、リクルート創設者の江副浩正さんが当時から世に広めるべきだと持ちかけていたようです。 日本にも欧米よりも先駆けて目をつけていた連中も決して少なくはないのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

少し安心しました。日本人、日本のIT企業も夢があっていいですね。最近IT界はMSやグーグルやヤフーの話題が多いいので少し残念です。

  • 回答No.2
  • gon987
  • ベストアンサー率16% (53/313)

>日本のIT環境はアメリカ並になってきており一人一台のパソコン、携帯の時代になっていると思います。でもグーグルやオラクル等の会社が出てきません。 根本的に使う側の人間と作る側の人間は別物だから いくら使う側の人間が増えたところで意味がないから もっとも携帯電話を使える人がそのままパソコンを使える人にはならないし (なんか前見た記事では携帯は使える若者が多いが肝心のPCはまったくだめって言う記事を見たことがあります。) とりあえずRubyを開発した人は日本人です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

IT社会は使う人が増えればIT開発や企業が出てくると言うように単純な発想ではないみたいですね。携帯とパソコンは別物と捕らえた方が良いですね。ただ携帯ではパソコンサイトを見れたり、パソコンでは携帯サイトを見れるみたいですが。 Rubyを開発した人のように日本人が活躍してくれたらうれしいです。マイクロソフトのビルゲイツ氏みたいに、なんかすごい人が出てくればIT業界も明るくなると思います。最近、IT業界は過労、安い給料など暗い話題が多いので。

関連するQ&A

  • 日本のデフレがなぜ、だめなのか。その他教えてください。

    (1)今、ちまたでは、デフレはだめだと言われてますが、日本のGDPもさがってないし、それに物が安く買えるから、私自身は、もっと、物が安く買えたら、よいと思うのですが、なぜ、デフレがだめなのでしょうか。・・・・ (2)私は今 34歳ですが、回りの人間はお金がなくて、ヒーヒーしてます。内需拡大、大量消費とちまたで、言われてますが、誰が、そんな、お金持ってるのか教えてください。 (3)日本人の平均年収が500万円くらいと、ニュースで言っていますが、僕の周りでは、平均年収300万円ありません。誰が、そんな、給料もらってるのかな・・・ (4)水商売の人(ホステス)は、税金を払っている人が、ほとんどいないと言いますが、税務署はなぜ、手をつけないのかな・・・。やっぱり、正直者はバカを見るのかな?そのお金で、ブランド物買うの! これも、経済政策? (5)日本の家は外国(オーストラリア、カナダ、アメリカ)に比べて、高いと言いますが、でも、住宅を供給する会社が、どんどん、つぶれていってます。いったい、誰が、もうけているのかな。

  • 景気って国の政策によって左右されるものなのでしょうか?

    自分は派遣切りにあったものです。 またまた馬鹿な質問をして、すみません。 いろいろとこの手の相談コーナーを見て、 情報を仕入れているというとちょっと大袈裟ですが、 いろいろと勉強をしております。。。 景気回復について、政治家(官僚も含む?)に頼んでいるようですが、 自分の勝手なイメージですが、 景気って、政治というか政策に左右されずに、 何か別の力で動いているものと思っていたのですが、 違うのでしょうか? もし、政治家によって景気が良くも悪くもなるということは、 たとえば、アメリカであれば、 時の大統領であったブッシュやその周りも人たち、 日本でいえば、自民党に問題があったということなのでしょうか? どうしてかというと、 こういう状況でもたとえば、ユニクロは 儲かっていると聞き及びます。 (っていうか、ユニクロしか儲かっている企業は もうないんじゃないかって感じがしますが・・・) 逆に、好景気の時は、もっと好景気にすることが 国の力(政治家や官僚の方)によって 操作できるということなのでしょうか? 政治って身近には感じられないものですよね。 たとえば、消費税が上がるとか、法律が変わるとかなら、 「うわっ」て感じになりますが、 それ以外だと、ちょっと。。。 あと、景気回復のために、 皆さん(経済評論家の方々)盛んに内需拡大、内需拡大、 と言われてますが、これにも批判的な意見が 割りとあってびっくりしました。 そこら辺のところで、 もし無知な私に教えていただければ、 ありがたく思います。 よろしくお願いします。

  • 世界のITトレンド等のサイト、雑誌を教えて下さい

    今世界のITはどうなっているのか、どんなトレンドなのか等、世界の(特にシリコンバレーなどの)IT業界の情報を知りたいと思っているのですが、Webサイトなど検索しても見当たりません。 @ITとか、技術者系のサイトなどは良く見てはいるのですが、日本の情報しかあまり目にしませんし、情報が遅かったり、世界が今どうなってるんだろうと思うことがあります。 こういった情報が載っているサイトや雑誌などお勧めのものがあれば教えていただきたいのですが。 自分は日本語サイトしか調べまわっていなかったもので海外サイトの事はあまり良く分かっておりません。 MicrosoftがWindows8を出すとか有名企業の事は大きく見出しになるなど分かるのですが、以前のようにアメリカではクラウド技術の芽が出てきていたとしても、日本では「クラウド」の文字が出始めたのは数年経ってからだったように思います。 今どんな技術が生まれていて、どんな企業がどんなものを作っているのか、大きく変わりそうなトレンドはどうかなどの情報が知りたいと思っております。 宜しければ紹介していただけませんでしょうか?

  • 内需拡大策の弊害と転換?

    内需拡大策はそもそも、アメリカとの輸出の拡大によるものからはじまったと思います。 所得が高い割に生活の質が低いなど。 現地に工場を建てたり、消費が洗練したりなどしました。 反面、外国の事情に疎くなったり、ガラパゴスの製品、ゆとり教育などもありましたね。 これには良い面とゆがみがあるかと思います。 日本国内の循環、背伸びした豊かさ。 かつてと違い、時代の趨勢が変わった今、製造業の力が落ちている現在転換すべきでしょうか? するとすればどのようなものでしょうか?

  • 【日本からIT雑誌が消えた日】もしかして、日本の書

    【日本からIT雑誌が消えた日】もしかして、日本の書店からIT雑誌が消えたのは、ITガジェットの世界競争から日本企業が負けて着いていけなくなったので、製品レビューや比較記事を書かれると世界メーカーに勝てないので広告を出さなくなったので出版社は広告収入を失って撤退、廃刊になったのでは? 最後まで残っていた角川グループのアスキーメディアワークスの週刊アスキーも製品レビューでわざとSONY製品が良く見えるように後半は意図的に捏造記事を書いていたが、さすがに国内メーカーの質の悪さに嘘を突き通すのには無理があって消費者が離れていってしまった。 後半はSONY、Microsoftの広報誌になっていた。 アスキーはまともなレビューをせずに広告主が優位になる記事を書き続けていた。 海外では糞みたいな評価のトレンドマイクロのアンチウィルス対策ソフトやらを勧めたり、読んでいる読者はある程度PCに興味がある読者がターゲットなのに、PCを何も知らない人を相手にしているような記事を書き続けていた。 で、ウェアラブル端末時代を迎えたときにさすがに糞みたいな日本メーカー製のITガジェットと中国メーカー、韓国メーカーのSAMSUNG、LG、ハーウェイ辺りの製品が明らかに日本メーカーより優れた物を投入してきたときにちゃんとレビューせずに広告主に優位になる記事を書き続けて、さすがにバレバレな偏った記事にメーカーサイドもどう考えても日本メーカーの方がアメリカの新興メーカーのベンチャー企業が出してくるガジェットの方が比較評価すると星が多くなってしまうので、宣伝そのものを辞めてしまった。 そういうことですよね? 自国の製品の質が良いときは雑誌が多く、勝てなくなるとわざわざレビューして貰って酷評になるより、載せずにレビューなしで知らずに買ってくれる素人相手に売った方が儲かると踏んだ気がします。 違いますか?

  • 大企業の賃上げが進みませんが・・・・

    大企業の賃上げが遅々として進みません。多額の収益を内部留保し続けていると聞きます。日本の景気回復に貢献するためにも、賃上げ、一層の設備投資などにより、技術開発や内需拡大に繋がるのではと感じています。お金を大会社の金庫に眠らせておくのが良いとは思えませんし、国もお金の流通の促進を謳っています。 解決を阻んでいる原因は何でしょうか。

  • 日本発のイノベーションIT企業について

    よく 「日本からはAppleやGoogleのようなイノベーションを生み出すIT企業が生まれない」 といわれますよね。 この言葉が正しいかどうかはともかく、この言葉が正しいとすると、以下の疑問が生まれます。 (1)なぜ、日本からイノベーションIT企業を輩出する必要があるのでしょうか。 「国力増強」や「競争力増強」が理由かもしれませんが、これだけ多国籍企業やボーダーレス化が進行している現在において、「国力」も「競争力」もクソもないんじゃないの? などと思ってしまいます。 (2)AppleもGoogleもアメリカ発の企業ですよね。 AppleやGoogleを輩出したわけではない中国やインド、あるいは新興国が発展しているわけですが、これについてはどうでしょうか。 つまり、中国やインドの例を見ると、AppleやGoogleのようなイノベーション企業が生まれなくても発展はするのではないか? そういう企業が生まれないと競争力が持てないというのは幻想ではないか? と疑問に思うのです。

  • 規制緩和や民営化が日本(企業)にもたらす影響って?

    日本は小泉政権発足以降、官から民へと規制緩和や民営化の方向に猛進している気がします。 確かに人口減少や高齢化社会で固定費削減などして、効率的でシンプルな形に日本の財務体質をしていかなければならないのは分かります。 しかし、先日ある本で世界では企業の力が大きくなりすぎて、公益を侵害しているといった内容を読みました。 特にそこではアメリカが舞台になっていたのですが、 日本もアメリカや他の国のようになる危険性が高いのではないでしょうか。規制緩和や民営化を進める上で 日本の政府は企業が悪事を働かないように何か具体的な案とういものを決めてるのですか。 教育や医療など敏感な分野は特に心配です。 ライブドア、そして偽装問題は行過ぎた利益追求の 結果ですが、こんなので日本の企業は信頼できるのですか。 みなさんは、規制緩和や民営化が進んでいくこれから 日本はどうなっていくと思われますか? そしてどうするべきなのでしょうか?その方法は日本特有のものなのでしょうか。 また、アメリカなどと日本の企業が異なる点というのはあるのですか? 今、大学で組織論について学び始めようとしているのですが、知識不足のために??なことが多いです。 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • 愛国心教育、日本軍の自決関与の項目削除、ミャンマー過剰報道の目的

    最近は新聞も右傾化していますが、目的は1~5のどれでしょう? 1 アメリカの積年の要求に応え、世界中でアメリカの手足となって働き、多国籍企業とそこで働くアメリカ国民の豊かな生活を支えるため 2 かつての軍事大国日本と、かつての軍人すなわち今の老人の過去の苦難と功績を称え、日本人の誇りを取り戻し、アメリカから自立するため 4 経済活動がうまくいかずもだえ苦しむ国民の不満を外部にそらすため 5 そのほか

  • 円安、元高が進めば、メーカーの工場は中国を離れ、タイやインドネシアなど

    円安、元高が進めば、メーカーの工場は中国を離れ、タイやインドネシアなどへの進出へ積極的になるでしょうか?日本車がアメリカで売れていたときの円安、ドル高のときのように日本国内で生産して輸出するというスタイルはもう成り立たないのですか?現地生産が妥当なのでしょうか。 経済成長している新興国では働く人の勤勉さなどが評価されているようですが、日本人はそれと比べると劣るでしょうか?政治が工場が日本に留まる政策を何もならないようであれば、日本国内の動きはどうなか心配です。 内需拡大はありえない話のようになっていますが、どうにかならないものでしょうか。