• ベストアンサー
  • 困ってます

自作映画…原作の著作権

学校の文化祭で自作映画を作ろうと計画しています。 その物語には原作が存在します。 それは「アスキー・メディアワークス」と言う出版社のものなのですが、この場合原作者又は出版社に許可が必要ですか?? ちなみに、文化祭の上映は無料で行います・・・ もし許可が必要な場合はどこに許可を求めれば良いですか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数298
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#61929
noname#61929

原作物を無断で映画化するのは翻案権の侵害になるので原則として許諾が必要という結論になります(本件では例外には当たりません)。上映が問題なのではなくて上映以前に「勝手に映画化することが既に著作権侵害」ということです(ただし、上映の態様によっては侵害とならない場合もありますが、不特定多数相手の上映を目的とする本件では駄目です)。 許諾を誰に取ればいいかは、原作の出版社に問い合せれば普通は分かります。 ……実際問題として文化祭の自主制作映画で許諾を取っている律儀な人はまずいない気はしますが。 ちなみに、38条1項は「既に発表済みの著作物をそのまま利用する場合の規定」であり、「小説を映画にするとか表現形式を変えて(=翻案)二次的著作物を創作することは、内容に全く改変を加えていないとしても38条1項により認められることはない」です。 翻案権を制限する43条の規定には38条が入っていないのは、38条が著作物を翻案等をすることなく、そのまま利用することを認めるにすぎない規定であるから、翻案の問題が生じ得ないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#159776
noname#159776

無償での上映の場合、 著作権法38条1項により許可無く上映が可能です。 ただし、物語が改変されているような場合、著作者人格権や翻案権を侵害している可能性もあるので、物語をどこまで変えたかで判断が分かれます。ただし、著作者人格権まで侵害した例はあまり聞いたことがない。 許可は著作権者に言うのですが、通常は著者です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kou1209
  • ベストアンサー率41% (18/43)

金銭授受は問題なく許諾が必要になります。 原作者の許諾が必要になるでしょう。放映権を出版社に許諾されているのであれば、出版社も。連絡をとるには出版社がいいと思いますが、一般的には著作権使用料が必要になってきます。学校の文化祭ということで配慮してもらえればいいのですが。 又、学校長の承認も必要になると思われますが、大丈夫でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権 

    著作権  文化祭で、10分か20分のホラー映画を上映したいと思うんですけど入場料200円でお金を取る場合 著作権の許可等は取れないでしょうか?? 非営利でも許可は降りますか??

  • 携帯待ち受け画像の著作権

    携帯の原作(漫画)をそのまま使った画像サイトは、 ほとんど無法状態っぽいのですが、 某さいとの掲示板で「(c)原作者・出版社」をつければいい云々 という書き込みを見ました。 著作権マークというんですか?これをつけると違法にはならないんでしょうか? 勝手に取り込んでこのマークを勝手に書いただけで許されるものですか?

  • バトルロワイヤル2の原作

    以前に誰かしている質問かもしれませんが検索しても見つからないので教えてください。 映画で「バトルロワイヤル2」が出来るんですよね。 確か1で生き残った二人のその後を書いていくというストーリーですよね。 私は「バトルロワイヤル1」は原作を読んで、はまってしまい映画を見ました。 だから今回も原作を先に読みたいと思って探しているんですが見つからないんです。 そこで質問させてください。 「バトルロワイヤル2」の原作は出版されているんでしょうか? 出版されていないとしたらこれから出版の予定はあるんでしょうか? その場合の原作者は「バトルロワイヤル1」の原作者と同じなのでしょうか? 邦画にくわしい方、教えてください。

  • 漫画と同人誌の業界について

    漫画と同人誌の業界について 私は、とある漫画が好きで、単行本を買っていたのですが、 ある時、その漫画の18禁の同人誌というものを偶然ネットで見てしまいました。 同人誌をはじめて見た私は、好きな漫画ということもあり、 かなりショックを受けてしまいました。 そして、上記の理由と、同人誌の販売を許可したであろう原作者に幻滅して、 単行本を買うのをやめてしまいました。 しかし、同人誌というものは、原作者に許可を取らないで 販売しているものをあるという事を後で知りました。 この事実を知って、原作者に幻滅していた私ですが、 再度漫画を買いたいと思うようになりました。 しかし、18禁の同人誌を見たショックは残っているので、 なかなか買う決心がつかないでいます。 原作者が許可をして同人誌を販売しているのなら、 原作者の単行本を買わなという選択肢はあると思いますが、 原作者の知らないところで同人誌を販売して、 単行本を買わなくなったのは、原作者に責任はないため、 どう考えてもおかしいと思います。 したがって、出版社と原作者に、このことと、 同人誌の販売を、原作者が許可するしないは原作者の権利であり、 消費者である私がとやかく言うことではないが、 無許可で販売している同人誌はきちんと取り締まってほしい という手紙を送りたいと考えています。 しかし、出版社や原作者は、同人誌の存在を知っていて、 あえて見逃しているということを聞いたので、 この状況下で私が手紙を送っても意味がないように思えてきました。 出版社や同人誌の業界に詳しい方いましたら、手紙の有効性について どの程度あるのかお聞かせ願いたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 著作権について

    著作権があっても作品を自由に使える場合について調べているのですが、あるサイトで次の4つ記述されていたのですがこの他にも自由に使える場合はあるのでしょうか? 1.私的だけに使用する場合。2.先生が学校の授業で使用するために他人の作品をコピーしてみんなに配るような場合。3.学校の学芸会や文化祭で、演劇を上映する場合。(入場料をとったり出演者に出演料を払う場合には許可をとらなければならない)。4.目の不自由な人のために、小説などを点字に訳す場合。

  • 著作権について

    大学の文化祭で上映会を計画しています。調べていると、レンタルDVDは上映できないということが書かれているのですが、著作権法第38条には 「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金 (いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。 以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。」 とあります。これにはレンタルDVDは含まれていないのでしょうか。 また、youtubeにアップされているドキュメンタリー番組をプロジェクターを通じて上映することは著作権に反することでしょうか?

  • 映画の原作の投稿先について

    映画の原作として使ってほしい作品(児童小説ですが大人も充分楽しめます)を書きました。出版社へは、すでに数社に持ち込みしていますが、いまのところ児童小説としては、不採用です。映画の原作としての検討をして頂きたいのですが、映画関係では、どこに投稿(持ち込み)等をしてよいのかわからずに困っています。どなたかご存じの方、お教えください。よろしくお願いします。 

  • 著作権

    個人でミニコミ誌を作っています。 無料で配布しているもので、利益は全くありません。 その紙面に、あるマンガのイラストを内容の説明の一部として著作権表示をした上で掲載したいのですが、その場合その権利を持っている出版社などに許可を取らなければなりませんか?

  • 映画の原作本

     数年前に公開された「ツイン・フォールズ・アイダホ」という映画が非常に気になっていたんですが、公開時に見ることができず、行きつけのレンタル店でもビデオが見つかりません。  なのでせめて原作だけでも読んでみたいなー、と思っているんですが、どこの出版社から発行されているのか知っていたら教えてください。  もうかなり前なので無理かな、という気はしますが・・・。

  • 二次創作物の著作権帰属について

    閲覧ありがとうございます。 私は劇団に所属していて、来春にとある物語の台本を製作し上演することになっていました。 物語の原作者の方には、台本を二次創作すること、その台本で私たちが上演することについて許可を頂き製作していました。 ところが、団員同士のすれ違いから台本製作者が劇団に顔を出さなくなり、現在出来上がっている台本で上演すること・台本を一部改定して利用することを禁止しました。 向こうの主張としては、この台本は団員でベース案を練ってつくったものだが、台本の形に仕上げた私(台本製作者)に著作権が発生する。この台本は著作権によって守られている。 禁止事項を無視した場合、公の場で争うと言ってきました。 私の見解としては、いくら原作者に許可をいただいてとしても、台本を製作しても著作権は台本製作者ではなく原作者側にある。 台本に使われているネタなどは全部台本製作者ひとりが考えたのではないので、この主張は認められないと考えているのですが、いかがでしょうか。 みなさまの考えをお聞かせ下さい。