• ベストアンサー
  • 困ってます

原子吸光分析法について

原子吸光分析法はどのような分野に応用または使用されているんでしょうか? そしてどのような前処理をしてどのような測定操作を行っているのでしょう? 私が思いついたのは、血液の分析や、食べ物にCdなどが入っていないか調べるのに使われていると思うんですけど、どんな前処理をしているのかまではわかりません。 どんな例でもいいので教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2060
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • elfin
  • ベストアンサー率50% (2/4)

今ではICP発光分光分析を使用することも多いと思うのですが,環境分析の分野でも原子吸光を使用します。 排水や,堆積物(土壌など),海水中などの微量元素の定量が目的です。 例えば海水を試料とする時は,濃度の高い元素が微量元素の測定を干渉してしまうので,分離,濃縮の操作が必要です。 堆積物の場合も,基本的には溶液試料にするために融解操作をすると思います。 (↑前処理は皆さんのお答えのように本当にいろいろありますので簡単に書いてしまいました・・・) あと,これは経験ナシですが,生体微量分析でも,爪や頭髪などにも使われていますよね。犯罪捜査なんか使われたと聞いたことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 環境分析の分野でも使用されているんですね。 水質調査などに興味があるのでもっと詳しく調べてみたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 原子吸光分析について

    質問No.1065924から続き、改めてご質問させて頂きます。 お茶(烏龍茶)の新規事業で重金属分析業務を行うことになりましたが、私はほとんど使用経験がないため、現在勉強中です。原子吸光分析装置自体の扱いは、簡単との事ですが、前処理が非常に難しいとの事。そこでこれらの重金属の分析前処理について情報をお教えください。 Pb,As,Sn,Cdを原子吸光分析する予定です。 1、前処理の方法について情報(本、ホームページなど) 2、具体的な方法をご存知でしたら、お教えください。 3、その他 お茶で測定すべき重金属類がございましたら、お教えください。 よろしくお願いします。

  • 原子吸光分析法

    原子吸光分析法でカドミウムCdの濃度が1.5ppmの標準試料を測定したところ、吸光度は0.130であった。純水を使って同じ手順の測定を行ったところ、0.004の吸光度を示した。ついで、カドミウムを含む実験排水を同じ条件で測定したところ、吸光度0.085となった。実験排水中に含まれるカドミウム濃度を求めよ。 分からないので教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 原子吸光分析における吸光度

    実験で原子吸光分析による、濃度測定の実験を行ったのですが、 吸光分析で吸光度が0.5以上の値は信用できないと先輩に聞きました。 なぜ?と質問しても理由まではわからないと言う答えで、分析化学の本などを調べましたが書かれているのは原理などばかりで、吸光度の信頼性などについては書かれていませんでした。 どなたかご存知の方教えてもらえませんでしょうか、宜しくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • dejiji-
  • ベストアンサー率38% (327/858)

分析の分野ですので、工業的にはかなりの範囲で使用されていると思います。 ちなみに、私のところでは、芳香族化合物の金属分析の定量に使っています。 分析装置の製造会社のホームページあたりで、納入先とか出てれば良いんですがね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >分析装置の製造会社のホームページ 見てみたいと思います。

  • 回答No.5
noname#211914

以下の参考URLが参考になりますでしょうか? 「ウエハ表面の金属汚染技術」 ◎http://www.tri.pref.osaka.jp/kankou/news/No73/TRI-SERIES.html (水質分析の環境対策への応用事例) さらに「原子吸光 応用」と入れてネット検索すると卓さんHitします。 医学関連では制癌剤でシスプラチン誘導体がありますが、これはPt錯体です。この血中動態の検討に原子吸光法で分析します。 恐らく、水俣病等の水銀中毒でも分析方法は原子吸光法ではないでしょうか・・? >どんな前処理をしているのかまではわかりません。 測定試料(検体)によってことなると思いますが、具体的なものがあれば、文献検索された方が良いと思いますが…? 測定原理に関しては、図書館で機器分析関連で原子吸光法の本には必ず記載がありますので参考にしてください。 ご参考まで。

参考URL:
http://www.keytech.ntt-at.co.jp/material/prd_2005.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 図書館でも調べたんですけど、何に応用されているかとか載ってなかったんで質問させてもらいました。 うちの図書館はいい本がないみたいで・・・。 早速参考URL見てみたいと思います。

  • 回答No.3
noname#21649

>分野に応用または使用されているんでしょうか? 金属を分析する場合に.比較的低価格(150-200万/台)で.操作も比較的簡単なので.汎用分析器として使用されています。 前処理は.物によりけり。JIS K 0102とかの分析の規格を眺めれば雰囲気をつかめると思います。 >血液の分析や、 医療関係は粗雑ですよ。オーブンで450度で焼いて硝酸を滴らしていれるだけですから(鉛作業規則あたりに載っています)。鉛や亜鉛やカドミや水銀なんて.簡単に飛んでしまいます。 >食べ物にCdなどが 高温かいか(オーブン450ど1時時間程度)とか.低温かいか(過酸化水素-塩素酸)とか.あります。 参考アドレスとして.米国医学図書館のアドレスをお知らせします。食品と金属名と元素記号で.関係する報告を見つけられるでしょう。報告を取り実験方法の欄を読んでください。 黒煙路原子休講ではないですよね。単なる原子きゅうこうですね。

参考URL:
http://www3.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 高温灰化や、低温灰化のことをもっと調べてみたいと思います。 >JIS K 0102とかの分析の規格を眺めれば雰囲気をつかめると思います。 これも早速見てみたいと思います。 いろいろ教えてくださってありがとうございました。

  • 回答No.2

ご指摘の通り、食品に用いられております。 Pb、Asなどが混入されていないかどうかを、原料や製品に対して測定したりしております。 固体測定であったり、水、又は、溶解する適当な溶媒に希釈して測定したりします。 (そのままで良ければ、なるべく希釈しません) また、ZnやMoなど、健康食品と云われているもので、キーとなる元素を定量したりするのに、用いたりもします。 また、法改正前の化粧品などではPb、Asの規定があるので、原料中の含有の有無を測定したりします。 (ドラム缶で原料が詰め込まれている場合など、その容器材料からの溶出も考慮して測定したりします) 基本的には、どれも、前処理がなくて済む様なものであれば、そのままで測定し、水に溶けるものは、水で溶かし、そうでないものは、適当な溶媒に溶かします。 やはり、ケースバイケースですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 固体測定もできるんですね。知りませんでした。

  • 回答No.1
  • ADEMU
  • ベストアンサー率31% (726/2280)

ご想像通り、金属の検査に使用しています。 リチウム、プラチナ、金、銅、鉄、アルミニウム、亜鉛、マンガン、クロム、カドミウム、鉛、水銀、バナジウム、セレンなどです。 前処理は項目により様々です。 カドミウムなどはトリトンX-100(界面活性剤)で検体(血清)を希釈するだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 やっぱり金属の検査にしようしているんですね。 初めて名前を聞くんですが、トリトンX-100(界面活性剤)はオクチルフェニルエーテルのことですか?また、検体(血清)というのは測定する試料のことですよね? またまた質問してしまってすみません。

関連するQ&A

  • 原子吸光分析について

    汚泥などの固形物を原子吸光分析にかける場合にする前処理についてJIS規格に規定されていると聞き及んだのですが、どのJISでしょうか?ご存知の方いましたら、ご回答願います。

  • 原子吸光分析方法について。

    原子吸光分析について400字程度で概要をレポートで提出しなければならないのですが、教科書の図解だといまいち理解しづらいので、原子吸光分析について詳しい方、アドバイスお願いいたします。

  • 原子吸光分析装置の正しい使い方

    今うちの会社で使っている原子吸光は島津さんのAA-7000です。 質問(1)脱脂剤の分析をしているけど、前処理をする装置がないので、 前処理をしなくて分析しています。かなり濃いアルカリ液を装置に吸い込み 分析しています。なので、バナーをいつも1Nの硝酸で洗っています。 このまま毎日バナーを洗うと、バナーがいつまでもてるかとても心配です。 脱脂剤をそのまま分析する時、バナーを長持ちするように使うにはどうすれば良いでしょうか?    (2)原子吸光を一日2回、例えば二人1時間ぐらい開けて使わないと行けない時、 原子吸光装置をガスと電源を全部切って、もう一度起動するのと、一時間ぐらいつけばなしして から使うのがどちが機器の寿命に良いでしょうか?二人効率よく使える方法を教えてくください。 よろしくお願いします。

  • 発光分析と吸光分析

    原子吸光法とICP発光分析法を例にとって発光分析と吸光分析の違いを教えて下さい。 短所や長所なども教えていただけたら嬉しいです。

  • 原子吸光分析法について

    原子吸光分析法において、原子化部で高温雰囲気をつくる方法として、フレーム法、フレームレス法、プラズマ法があるそうなのですが、 本で調べたところ、プラズマ法というのが見当たらなくて。 その代わり、原子化する方法として、水銀の還元気化法というのはあったのですが、これってプラズマ法のことなのでしょうか。 混乱して困っています。 ぜひ、教えていただきたく存じます。 よろしくお願いいたします。

  • 原子吸光でのセレン分析

    ゼーマン偏光原子吸光のグラファイト法で植物中のセレンの測定を行っています。 前処理は硝酸・過酸化水素の湿式分解を行っているのですが、サンプルに内部標準としてセレンスタンダードを添加すると添加しないものよりも吸光度が下がってしまいます。 スタンダードだけの場合では回収率が90%以上あるのですが、どうしてサンプルに添加した場合このようなことが生じるのでしょうか? どなたか教えてください。宜しくお願いします。

  • 原子吸光の吸光度と感度の関係

     原子吸光の吸光度と感度に関する質問です。  原子吸光のフレームの分析において,同じ元素,同じ濃度および条件で測定しても,測定のごとに吸光度が若干変化するのはなぜなのでしょうか?分光光度計などに比べると吸光度の変化が大きいような気がします(比較するのがおかしいかもしれません)。  また,あるカタログに「フレーム感度は従来より30%アップし、Cu5 ppm標準溶液の吸光度は0.75~1.0 Abs以上」というような記載があります。機器によって原子吸光の感度と吸光度が異なり,検量線の範囲が広いフレーム原子吸光光度計が存在するということでしょうか?  これまで使用していた原子吸光が古く教科書や文献の記載より狭い範囲で検量線しかできない(直線の範囲が狭い)こともありました。  質問自体がおかしいかもしれませんが,同様のことを経験されている方もいらっしゃるのではないかと思います。私の頭を整理できるヒントをご教授願います。

  • 有機(ヘプタン)に溶解しているイオンの分析(原子吸光orICP)

    水相から有機相(ヘプタン+酸)へイオンを抽出させて抽出量を測定しているのですが、物質収支(最初に水相にいれた量=水相に残った量+有機相に移った量)が取れないのです。分析装置はICPと原子吸光です。有機相は界面活性剤で溶解させてから測定していますがこれが良くないのでしょうか?また有機相を分析するには他にどうしたらいいのかICP、原子吸光に詳しい方お願いします。

  • 原子吸光でメッキ液の分析を、、、

    はじめまして 勤めている会社が金属のメッキをしています。 普段は分析などの化学の作業をしていません (学生のときやった事があるという記憶だけ もはや素人とと同じ、、orz) そんなんですが、いきなり手順書も無く これを分析しろ・と言われています。。 原子吸光でメッキ液の分析はどのような 手順でするのがよいのでしょうか?(;; 標準液の調整からいろいろあるようなのですが それすらわかりません。。。 使う実験器具、希釈の注意点など ありましたらお願いします><

  • 原子吸光分光光度計を使って正確に測定するには?

    原子吸光分光光度計を使ってミネラル測定をしています。同サンプルを測定日を変えて分析するとppbオーダーで2桁ほどのずれを生じるためどれが正しい値なのか分かりません。どうしたら正確に測定できますか?