• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

裁判員もしくは裁判官は独自調査するのでしょうか

法律的なことに疎くて基本的な質問で申し訳ないのですが、裁判の判決で検察の主張は信憑性に欠けるとかいう主文を時々拝見しているのですが、裁判官もしくは裁判員は提出書類だけで判断しているのでしょうか? それとも独自の調査を行っているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数133
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • popesyu
  • ベストアンサー率36% (1782/4883)

>提出書類だけで判断しているのでしょうか それだけです。 弁護側も検察側もお互いの都合の良いことだけを取捨選択して主張します。その机上にのったデータのみで判断されます。 どんなに常識ハズレな主張であったとしても、等価で評価されてしまうため時には常識ではありえないような結論に達することもあります。例えばA型とB型の血液型が混ざってAB型になるということはないことはないとか。そんなの常識ではあり得ません的な反論では裁判官は理解できません。小学生に噛んで含めるようになぜ有り得ないかを分かりやすく教えてあげないと彼らは理解できません。まっさらな子供のようなものです。それを怠ってしまうと、A型とB型が混ざり合ったらAB型になってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

裁判官を納得させるのは大変みたいですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 裁判員は判決文を書くのでしょうか?

     現行の裁判では担当裁判官が判決主文とその主文を導きだすための理由を記載した判決書を書きます。最後の頁には判決を書いた担当裁判官の氏名が明記されます。  ところで、裁判員制度では裁判官と裁判員の合議の末、判決が決まった場合、判決書は誰が書くのでしょうか。  高裁では左陪席が判決書を起草して、右陪席と裁判長がチェックします。裁判員制度では誰が起草するのでしょうか。裁判員は起草したり、起草された判決書をチェックしたり、書き換えたりできるのでしょうか。  もしも裁判員が最も重要な判決書に関与できないのであれば、裁判員による最終的なチェックができないことになります。  それから、裁判員が判決書を書くとなると、裁判員の氏名が判決書に記載されるはずです。となると、裁判員の氏名は公表されないということ矛盾することになりますから、やはり、元々裁判員は判決書を書かないことになっているのでしょうか。

  • 裁判員に求められる物

     裁判員裁判が実際に行われた事もあって、テレビなどにも裁判員に関する話題が頻繁に出てきます。  私は、今年は候補者にもなりませんでしたが、いずれ選ばれるかもしれません。  しかし、裁判員裁判というのが未だに理解できません。  裁判員の人たちというのはどうやって量刑を決めるのでしょう?  裁判官との評議によって、とかの手続きの問題ではなく、各個人の裁判員はどのようにして判断するのだろうという疑問です。  実際の裁判では、市民感覚が生かされた判決が出されたとされているようですが  例えば、殺人事件で、被告が犯行を認めていたとして、法律の知識もない一般人が果たしてそれが、懲役10年なのか20年なのかどうやって判断するのでしょう。  もし自分がその立場になったら、たとえその事件の内容を詳しく説明されて、その被告が間違いなく殺したと判断できたとしても、その罪がどの程度の刑罰が適当かなど見当も付きません。きっと、裁判官から「今までの判例によると、今回の事件と同程度の事件はこのぐらいの刑罰です」言われるのを待って、(実際裁判官がそう言うかどうか分からないですけど)それに流されてしまうのではないかと思います。  私は確かに自分でも優柔不断な部分があるかなとは思いますが、私以外の世間一般の平均的な人は、10時間程度事件の説明を聞いただけで、「懲役○○年」などと言い切れる物なのでしょうか。  たとえば裁判官が「今までの判例によると」などと意見を言ったとして、「市民の感覚としてそれは絶対におかしい」と言い切れる人がどれほどいるのでしょうか。  もし、その時裁判員になった人がみんな私のように裁判官の意見を聞いて、特に反論もなくその意見に流されてしまうようでは、それはあくまで裁判官の意見であり今までの裁判の結果と何ら変わらない事になってしまい、裁判員が存在する意義はどれほど有るのか疑問です。 裁判員と言うのは、何を基準にどんな判断を求められるのでしょうか。  そもそも、法律の専門家では気づかない一般市民感覚を、などと言われますが、裁判官や、検事、弁護士と言った人たちも、仕事を終わって家に帰れば普通の市民だろうと思うのですが、  なぜ彼らは、一般的な市民感覚を持ち合わせていないのでしょうか?  なぜ、市民感覚を一般市民に頼らなければいけないのでしょうか?  一般市民を裁判に動員して、刑罰の判断をさせるよりも、法律の専門家と言われる人たちに一般市民感覚という物を教育して欲しいとも思えるのですがいかがでしょう。

  • 全公判で、裁判官1人が判決を下すより、多数の裁判員が判決を下す方が、冤

    全公判で、裁判官1人が判決を下すより、多数の裁判員が判決を下す方が、冤罪が減ると思いますか、同じだと思いますか、増えると思いますか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

刑事訴訟法には、以下の規定があります。 第百二十八条  裁判所は、事実発見のため必要があるときは、検証することができる。 第百二十九条  検証については、身体の検査、死体の解剖、墳墓の発掘、物の破壊その他必要な処分をすることができる。 第百二十八条において、主語が“裁判所”とあるので、訴訟当事者(被告人、検察官)による要請によらず、裁判所(裁判官や合議体)が任意に(つまり職権)で検証を行うことは可能です。 但し、常に実施するわけではなく、それぞれの主張に対して心証を構成できず、その構成のために調査(検証)が必要と判断した場合に行われます。 裁判員制度においても、この部分は変更されていないので、裁判員を含む合議体が検証が必要と判断すれば、検証が行われ得るでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

法律まで提示してもらってありがとうございました。

  • 回答No.5
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

以下の回答は刑事訴訟を前提にしています。 >裁判官もしくは裁判員は提出書類だけで判断しているのでしょうか? 正確には「証拠によって」です。 証拠は書面とは限りません。 証人(被害者や取り調べをした警察官も、刑事訴訟ではすべて『証人』です)や被告人、弁護人の 法廷(一定の条件下では法廷外の場合あり)での発言もすべて証拠になります。 警察の実況見分調書に被告人・弁護人が同意しなかった場合、 裁判官が現場検証することもあります。 もっとも、裁判員制度では、こういうことは公判前整理手続の中で全部処理しちゃって なるべく裁判員にこういう負担をかけないようにするのではないかな、とも思います。 (この辺は詳しく調べていないですが) >それとも独自の調査を行っているのでしょうか? 以上のとおり、提出『書類』だけで判断するとは限らない、とは言えます。 ですが、「誰かの請求によらず独自に」という意味では、 法廷に出てきた証拠以外の証拠を自ら探すことはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解かりやすい回答ありがとうございました。

  • 回答No.4

例えば、一方は「死刑にしてください。」と云っており、 他方では「無罪です。」と云ってる争いに、どちらの言い分が正しいか判断するだけですから、自ら調べることはないです。 ただ、膨大な、資料のなかで、どちらがどんな言い分か、どんな証拠か等の調査はします。 そのように、資料の調査はありますが、その基となっている物まで進んで調べないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

言っていることの論理はわかりました。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.3
  • requin
  • ベストアンサー率34% (16/46)

lovemovieさんこんにちは 裁判官もしくは裁判員は提出書類だけで判断しているのでしょうか? 基本的にはそうですが(書面主義)裁判官が被告・証人に直接質問すること も有ります。 その「受答え」も証拠とされ判断に加味される場合もあります。 裁判官もしくは裁判員が独自調査する事は、裁判の公平性を欠く行為となり 許されません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

被告人等に質問するのはその為なんですよね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

やってないと思います。 麻原ショウコウのところに最高裁の判事らが出向いて、本当に精神状態が正常で無いかを見に行ったことが【極めて異例】と報道されてましたから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

麻原のとこに判事が出向いたのはしらなかったです。 それだけ信憑性を判断するのが難しかったのかもしれないですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 裁判員。

    大阪のパチンコ店放火殺人。 被告弁護団の主張が、 「死刑は残虐な刑罰であり憲法違反」 というものになるそうですね。 さらに、この、 「憲法判断」 には、裁判員は参加できないらしいですね。 これは法の不備じゃないですか。 そもそも裁判員制度は、 一般常識からかけ離れた裁判官の、 職業裁判に一般常識の風を入れるというのがうたい文句だったじゃないですか。 「憲法判断」 に、一般常識を持った、裁判員の、 判断を入れないというのはどういうことなんでしょうか。 勉強不足で、 裁判員が、 「憲法判断」 できないことを僕は知りませんでしたが、 今回の報道で、このことを知り、違和感がすごくあります。 裁判員制度、結構反対の人居ましたよね。 実は僕も反対ですけどね。 ただ、始まってみたらいつの間にかいい制度だって言う人たちが増えたような感じになってますけど、 こんな、 おかしな、 ままで、 いいでしょうか。

  • 裁判員は何故量刑判断まで行うのでしょうか

     今さらで、すいませんが、裁判員制度では、なぜ量刑判断を裁判員が担うことになったのでしょうか?  かつて「陪審制(特に小陪審)」が憲法76条(特に二項)に反しないかが学問上争われ、裁判権の中核が「法(憲法・法律・条例)を適用(解釈し具体的事実にあてはめ)し、宣言(判決を下す)する」ところにあるから、前提としての事実認定部分だけを行う小陪審制は許される(例えば裁判所法三条)とするのがかつて通説だったと思っていました。  ところが、裁判員制度では、単に事実認定に止まらず、量刑まで裁判員が判断に関与するそうです。とすると、裁判の中核である「宣言」部分に裁判官以外の者の関与を認めることになり、憲法違反であるとの議論が出て来そうに思うのですが、寡聞にしてそのような話を聞きません。  学説が変わったのか、それともそれなりの議論があったのでしょうか?

  • 「裁判員に選ばれました」の通知がきたら、どうする?

    鳴り物入りの裁判員制度も制度疲労がみえるようになってきました。 幸か不幸か未経験ですが、私はこの「制度のための制度」には参加したくないと思っています。 裁判員候補に指名されたら"正当な理由"なく拒否できないと法で決められていますが、 一次審査でふるい落とされる方法はあると思います。 一次審査で次のような上申をすれば、落選されるでしょうか? もっと有効な落選フレーズがあれば教えてください。 1.職業裁判官がチューターとして参加し、前判例などを説明して「落としどころ」が示唆される(らしい)。 たかだか その±α を決めるのに時間と神経をすり減らしたくないので、参加したとしても『職業裁判官に全任』としか一切発言しない。 2.上記その理由は、 裁判員制度による一審で、時間と神経・時としてはPTSDを負担して判決を決めたとしても、控訴/上告審になれば、結局 職業裁判官だけによって「前例並みの判決」に変更されうる。 それを知った時の、善良なる一審裁判員の徒労感・心労は想像に難くない。  その精神的慰謝料が担保されていないのは、憲法の基本的人権に反している制度と思うからだ。 裁判屋さんは、どんな反応を見せるでしょうか?

  • 裁判員制度で質問です

    今裁判員制度について研究しているのですが、裁判員制度のデメリットの一つとして(このサイトの中で挙げていた方もいらっしゃいました)、被告から裁判員への逆恨みによる裁判員への危害の可能性があるという主張があります。 これについて疑問なんですが、現在の裁判でも有罪判決を下した裁判官が逆恨みにより害を被ったという実例は聞いたことがありません(もしご存知ならば教えてください)。 そのうえ、裁判員の一票一票により有罪が決まってしまった場合に、被告が裁判員を逆恨みするほどもその判決に不服であるならば、控訴してその判決を却下すればいいのではないでしょうか? 裁判員が参加する裁判は第一審のみということから、これは筋が通っていると思いますが。 裁判官についての実例もないわけですから、逆恨みによる危害ということをデメリットとして挙げるのは無理があるかと(^_^;)

  • 裁判官・裁判員が判決をくだしにくい訴訟

     いくつかの主張があって、どの主張にも一理あり、どちらが正しいかということを決め難い議題(もしくは判例)を探しています。  自らが裁判官になって判決をくだす、という形式をとって議論したいので、法律を使って討論できるものが好ましいです。 具体例:  病院において、一度受け入れの了承をしたのにもかかわらず、(急患が入ったなどの)正当な理由による診療拒否によって患者Aを死なせてしまった場合 医者側の主張:予期せぬ急患が入ったため、患者Aを受け入れていたところで助からなかった。 患者遺族側の主張:一度受け入れたのだから、多少無理をしてでも受け入れるべきであった。 などです。  少し難しいかもしれませんが、よい議題がありましたらよろしくお願いします。

  • 裁判員制度

    回答お願いします。 まもなく、裁判員制度が始まろうとしています。 裁判員は抽選で選ばれ、余程のことがない限り辞退出来ないと聞いいています。 この、裁判員制度は重大事件が該当になるとのことで、勿論死刑が該当する事案も含まれますよね 死刑廃止論者が裁判員に選ばれた場合どうなるのでしょうか? 初期段階で、検察、裁判官からの思想を求められろ云々とも聞いています (どんな事件でも絶対死刑判決は出しません!) とはっきり言っても裁判員から除外されないのか気になります。

  • 裁判員候補者名簿について

    裁判員候補者名簿について質問させていただきます。 「裁判員の選ばれ方」の中で、「裁判員はこうして選ばれます」という項目があり、その一連の流れの中で、「前年12月頃まで」というところで。  『候補者名簿に記載されたことを通知します。この段階ではすぐに裁判所へ行く必要はありません。また,就職禁止事由や客観的な辞退事由に該当しているかどうかなどをたずねる調査票を送付します。 調査票を返送してもらい,明らかに裁判員になることができない人や,1年を通じて辞退事由が認められる人は,裁判所に呼ばれることはありません。 』と、あるのですが、次の説明が何か足らないような気がします。 私が聞きたい事は、じゃー選ばれた人は、『あなたは、今回の調査票の結果裁判員に選ばれました。今後は、事件ごとに裁判員候補者名簿の中から,くじで裁判員候補者が選ばれます。  その結果、原則,裁判の6週間前までに、くじで選ばれた裁判員候補者に質問票を同封した選任手続期日のお知らせ(呼出状)を送ります。裁判の日数が3日以内の事件(裁判員裁判対象事件の約7割)では,1事件あたり50人程度の裁判員候補者にお知らせを送る予定です。質問票を返送してもらい,辞退が認められる場合には,呼出しを取り消しますので,裁判所へ行く必要はありません。』とあるのですが、いきなり裁判の6週間前までに、お知らせ(呼出状)を送られて来ても困ると思います。ですから、「あなたは、今回の調査票の結果裁判員に選ばれました。」という事を4か月前には連絡してもらいたと思うのですが。6週間前という事は2か月前という事ですよ。2か月では準備期間が短すぎると思います。調査票を提出してから4ヶ月間連絡がないのは非常に困ると思います。このへん詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。とにかく選ばれたことをもっと早めに教えてもらいたいと思います。

  • 裁判員制度の評決方法

    法律では有罪・無罪を確定する際「裁判員と裁判官が各一名ずつが含まれている必要がある」とされていますが、この用件を満たさない場合についての条文が見当たりません。用件を満たさない場合とは、例えば、裁判官3名が有罪、裁判員6名が無罪と主張している場合です。このような場合には、どのように対処されるのでしょうか。

  • 裁判員がPTSDに 請求はどうなるの?

    裁判員制度が国民に深く認識されつつある昨今です。 裁判員として参加、審理する過程で被告人が行なった行為として写真が裁判員に見せられた。 写真は白黒写真ではあるが死体のバラバラ写真が写っていた。 首、手、足、胴体が分離。当然内臓も飛び出している。 特に、殺された被害者の眼が印象的だった。 裁判官だとそういう写真は見慣れているから心理的に何とも思わない。 しかし、裁判員にとってそういう生々しい写真は生まれて初めてだ。特に女性にはショッキングに映る。 判決出す過程で、何度もその写真を見る。 そんな写真を見てしまったら終いにPTSDになってしまった。 (1)このような場合、PTSDになったのは裁判員として出て写真見たからだ、として賠償請求した場合、損害賠償が認められる可能性はありますか? (2)あと、良く聞く話しだけど、自分らが死刑判決出しといて後にPTSDになった、と云う話を聞くけど、このような人が賠償請求した場合、損害賠償が認められる可能性はありますか? ご教示を

  • 裁判員制度の量刑

    裁判員制度  平成21年5月28日までには裁判員制度が実施される予定ですが、この制度  では、量刑までを裁判官とともに決める事になっています。  裁判員制度における量刑判断について質問させてください。  現在の裁判官による判決の場合、判例を重視しています。今後裁判員は  判例を参考にしなければならないのでしょうか?  それとも、法律に則っていれば判例に縛られる必要はないのでしょうか。  現在の死刑判決は、未成年(18歳と19歳)の場合は2名殺害しても死刑  判決が出ることは皆無の状態です。  また、被疑者が成人でも被害者が1名だけの場合でも死刑判決は困難な  ようです。    裁判員となった場合、悪質な未成年者に対して1名の殺害でも死刑という  選択肢もあるのでしょうか。(勿論、法律に則ってです)  それとも、現在の様に上級審の判例に拘束されるのでしょうか?   ※裁判員と裁判官が合議の上、という事は理解していますので、裁判    員の意見が全てとは考えていません。判例も法律に則っていること    は理解しています。  判例に縛られるのであれば、裁判員制度そのものの存在する意味が無い  (もしくは意味が薄くなる)と思う次第です。   なにか情報をお持ちでしたら、ご教授お願いします。