• 締切済み
  • 困ってます

化粧水に入っているグリセリンとグリセリンカリの違い

化粧水に「グリセリン」とか「グリセリンカリ」は保湿のために入っているのですが、その違いは何でしょうか? 「グリセリンカリ」はアルカリ性になると思うのですが、某石けんメーカーのCMによると「肌は弱酸性」。アルカリ性にするのは良くないのではないでしょうか。 「ベルツ水」っていうのが以前からよく使用されているようですが・・・ 「グリセリン」とグリセリンカリ」これらの化粧水での違い(構造上ではありません)を教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数5002
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.1

こんにちは。 グリセリンカリ液(ベルツ水)は、 水にグリセリンと水酸化ナトリウムとエタノールなどが入った物なので 化粧水はアルカリ性化粧水になりますよね。 温泉なんかもアルカリ性多いようですし、 pHが高すぎなければ、お肌がしっとりするらしいですね。 でも皮膚の薄い人は使わないほうがいいと思います。 グリセリンは中性なので、ほかにクエン酸などを入れなければ中性です。 私の想像ですが、グリセリンじゃなくてグリセリンカリ液を 入れてる化粧水の場合、保存性を高めるのが目的じゃないか?と思います。 でもこれだけ「弱酸性」ってやってれば、 アルカリ性化粧水に日の目が当たることはなさそうですね。 と、ここまで書いといて質問の意図とズレてたらスミマセンm(_ _;)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ふき取り化粧水の次には・・・?

    とある化粧品メーカーの方にアルカリ性のスキンケア用品はお肌に大変悪いので使うべきでないと説明されました。 NETでいろいろ調べた結果いろいろな説があるのですが大体の意見をまとめると 石鹸やふき取り化粧水など肌にずっと乗せていないものならアルカリ性のほうは汚れをふき取る力があるので良いがほかの化粧水、乳液などは弱酸性が良いということらしいのです。(まったく違うことをいっているページもありましたが・・・) そこでひとつ疑問に思ったのはアルカリ性のふき取り化粧水を使用してすぐに弱酸性のものを肌につけると肌の上で中和反応が起こらないのか・・?ということです。それってあまり肌に良くない気がするのですが・・。 中和反応を避けるにしてもアルカリ性のふき取り化粧水など使用しても数秒で肌は弱酸性に戻るという説や数時間かかるという説があり、ふき取った後どのくらいでほかのものをつけたらよいのかわかりません・・。 実は”オパールR(3)”というふきとり化粧水を愛用しておりこれは続けたいのですが ばりばりのアルカリ性化粧水のためか確かにこの後につけた化粧水の所為か顔がほてったことがあり 今考えればこれが中和反応・・? 長くなり申し訳ございませんがどなたか教えてください!また同じようにふき取り化粧水を使用されている方、次につけるもので問題がないかどうか教えていただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • ☆洗顔料と化粧水☆

     肌のためには弱酸性のものが良い、って近頃よく耳にします。  そこでさっき、弱酸性について調べたのですがわからないことがたくさんあるので教えて下さい。  ・「アルカリ性の製品を使っていた人が弱酸性のものに変えると、最初肌がピリピリして、合わないと感じる」とのことですが、どうしてですか。ピリピリという表現ではわかりづらいのですが、痛いということでしょうか。また、それは肌に悪いことなのでしょうか。  ・スキンケアに使うものは色々あると思うのですが、例えば、洗顔料、化粧水、乳液、日焼け止め、など全部弱酸性のほうが良いのでしょうか。弱酸性、アルカリ性どちらでもいいというものや、アルカリ性のほうがいいものなどはありますか。  今使っているものはたぶん全部アルカリ性ですが、今の所、肌に目立ったトラブルはありません。でも、弱酸性がそんなにいいなら、変えようかなと思います。でも変えるなら全部そろえないといけないのかな・・・知りたいです。  ぜひ教えて下さい。

  • グリセリンとグリセリンカリ液の違いは?

    手作り化粧水を作ろうと、薬局で「グリセリン下さい」と言って 購入したのですが、帰って来てパッケージをはがしてみたら、 「グリセリンカリ液(ベルツ水)」でした。 自分で調べてみたのですが、今ひとつ違いがわかりません。 どちらでも化粧水は作れるみたいですが、 顔につけるものだけに、よく分からないまま使用したくないので、 違いをご存知の方、教えて下さい。 また、レシピにグリセリンとあるものについては、 カリ液は使用しない方がいいのでしょうか? 交換してもらうべきか困っています。 アドバイスをお願いします。

  • 化粧水のphについて

    化粧水を手作りしています。 洗顔を石鹸でしている場合、洗顔後は肌がアルカリ性に傾いていると言われるので 化粧水にクエン酸を入れてみようと思っていますが、その場合はどれくらいのphに すればいいのでしょうか? 人に近いと言われる弱酸性(5-6ph)にするべきなのか、肌がアルカリ性に傾いている ことを考慮して酸性にするべきなのかわからず悩んでいます。 おわかりになる方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いいたします。

  • グリセリンなしの化粧水はどうか

    アトピーで困っています。 脱保湿をしてきましたが外出時は保湿したいです。 まだまだ皮膚は薄く、赤みもありますが、、。 そこで、グリセリンなし、セラミド入り化粧水を作ってみてはどうかな、と思いました。 そこに至った経緯としては グリセリン→肌から水分を吸いあげるとの記述があったためです。 わたしの場合、極度の乾燥肌状態ですので、グリセリンを使うことはより肌から水分を奪うことになる、と考えました。 そこでシンプルすぎますが、精製水と植物性セラミドのみで化粧水を作ったらどおかな?と考えた次第です。 熱がこもらず、かゆみの原因にもなりにくく、乾燥も防げるのでは…と。 お詳しい方がいれば、上記に関して、良い・悪い、その理由などアドバイスいただけませんでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 手作り化粧水 グリセリン+精製水

    手作り化粧水 グリセリン+精製水 肌をなるべく、負担をかけないように、手作り化粧水を使おうと思っています。 グリセリン+精製水を使用しようと思います。 使用したことある方がいらっしゃいましたら、感想を教えてください。

  • 純米酒と緑茶、又はどちらか一方を使用して弱酸性の手作り化粧水を作るには?

    こんにちは。 いつもお世話になっております。どなたか教えてください。 昨年、とあるHPに緑茶とグリセリンを入れた化粧水のレシピが紹介されており、試しに作ってみた所、これが結構自分の肌にあってました。 今度は、純米酒で化粧水を作ろうと思い、いろいろと手作り化粧水のHPを検索し、純米酒と緑茶とグリセリンを入れた化粧水のレシピを見つけました。是非作ってみたいと思い、それでふと気づいたのですが、スキンケアは「弱酸性」の物が良いと聞くので、更にこのレシピに弱酸性になるようにするとしたら、何をどれだけ付加すればよいのでしょうか?(ここからどうやって調べてよいか解りませんでした。(^^ゞ)私としては、「クエン酸」又は「お酢」かな?と考えておりますが、他の材料との相性もあると思うので、素人考えでいろいろ加えて、美肌どころではなくなったなんて事にならないよう、どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、詳しく教えてください。(ちなみに、クエン酸て、薬局で売ってるんですよね?(^^;) そう考えると、上記のレシピは、「弱酸性」じゃないわけですよね?となると、アルカリ性?中性?などと他の疑問が沸いてきてしまいました。それもご存知でしたら、教えてください。宜しくお願い致します。

  • ニキビにぃぃ化粧水!!教えて(涙)

    もうニキビが出来たり、治ったりで最悪ですッ!! 今は何もつけないし、化粧もしないでいたら多少治りましたが、 化粧はしなければならないし、化粧水をつけていないので肌はカサカサ。 弱酸性の化粧水がぃぃと言われましたが、実際どれを買っていいか分からす、肌に合うかも心配で選べません!! 誰かこれはぃぃ!!って言う化粧水、乳液など教えてください。 今まではメナードを使っていました。 宜しくお願い致しますm(_ _)m

  • パシャパシャ化粧水で、

    とろみのないパシャパシャした化粧水で、肌にグングン染み込んでいくような使用感の、保湿力の高い化粧水をご存じありませんか? できればあまりマイナーなメーカーじゃなく、田舎でも手に入る物でお願いします。

  • 手作り化粧水、ホウ酸を入れる理由

    肌荒れがひどく、皮膚科にかかったところ、化粧水を処方されました。その化粧水がとても肌に合い、自分で作ってみようと思います。念のため、それぞれの成分がどんな働きをしているのか調べてみたのですが、材料の一つのホウ酸を入れる理由がわかりませんでした。ご存知の方、教えていただけると嬉しいです。 処方内容を書いておきます。カッコ内は自分なりに調べた効能です。手作り初心者なので、間違いがありましたら、ご指摘お願いいたします。また、おすすめ材料も大歓迎です。 クエン酸0.2グラム(弱酸性にするため) グリセリン2ml(保湿) エタノール4ml(殺菌) 精製水24ml(希釈) ホウ酸0.4グラム