• ベストアンサー
  • 困ってます

フランス語 人称代名詞・直接目的語の位置

フランス語 人称代名詞・直接目的語の位置について質問があります。 手持ちの参考書に“人称代名詞・直接目的語は動詞の前に置く”とあります。以下の例題が3つあるのですが、なぜ(3)の場合はvaisの後ろに置くのかがわかりません。(3)は近接未来だからかと思いましたが、(2)は複合過去ですがaiの前に置かれています。 例題 (1)Je cherche Mika.→ Je la cherche. (2)J´ai cherche Mika. →Je l´ai cherche. (3)Je vais chercher Mika. →Je vais la cherhcer. ご存知の方、お時間ありましたら宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。3/28のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。 ご質問1: <なぜ(3)の場合はvaisの後ろに置くのかがわかりません。> vais<allerが動詞の意味を補う助動詞的な動詞だからです。 1.vais<allerの品詞は動詞になります。 2.動詞の原形を伴い、「~するつもりである」「~しる予定である」といった、意志、未来を示唆する近接未来の用法として、助動詞的に使われています。 3.このような語自体になんらかの意味を内包する助動詞、助動詞的用法では、直接補語は助動詞の後+原形動詞の直前に置かれることになっています。 例: Je peux la cherhcer.「~することができる」 Je dois la cherhcer.「~しなくてはならない」 4.この近接未来の用法は、同じ用法で意味が反対になるvenir de+原形動詞「~したところだ」という近似過去に対する語法です。 この場合も直接補語は原形動詞の前に置かれます。 例: Je viens de la cherhcer.「~したところだ」 ご質問2: <(2)は複合過去ですがaiの前に置かれています。> 助動詞ai<avoirは語自体に意味を持たないからです。 1.複合過去をつくるavoirは、動詞に意味をそえる助動詞というより、時制を整える補助動詞的な働きをしており、avoir+過去分詞でひとつの動詞として扱われます。 2.つまり、単純過去、複合過去、単純未来といった、一種の時制の分類を表すひとまとまりの動詞になります。 3.ご質問文では、ai chercheが複合過去という時制を示唆するひとまとまりの動詞となり、直接補語は動詞の前に置かれるという原則に従い、l’ai chercheとなっているのです。 4.上記の近似過去の用法venir deが異なるのは、venir deは本来「時制を表す助動詞的用法」ではないからです。 もともとは、venir de「~から戻って来る」という原義の動詞から、時差のニュアンスを取り入れて「~したばかりだ」という近似過去の用法に転意したものです。 前回のお礼コメントでは、ご主人はフランスに長く住むまれているわけではない、ということですので、おっしゃる通り仏語の正確なレッスンを請うのは難しいかもしれませんが、日常会話ならいろいろ勉強になるかもしれませんね。 日曜はこちらは一日中雨でしたので、サイクリングは中止して映画を見に行きました。映画も仏語の勉強になりますから、いろいろ見てみられてはいかがですか?ちなみに見た映画は国内の観客動員数が「アメリ」や「Taxi」を抜いて史上最高となってこの冬大ヒット上映中の「Bienvenu chez les Ch’tis」です。 南仏で働く公務員が北仏に左遷になり、北のよさを再発見するという人情溢れるお話ですが、南仏・北仏のイメージの対照や、固定観念、両地域の訛りやアクセントなど、語学的、文化的にも勉強になる一押しの映画です。 以上ご参考になれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先日に引き続きありがとうございます。 前回同様とても分かりやすい解説ありがとうございます。(2)は制の分類を表すひとまとまりの動詞になるのですね。近接未来・近似過去は動詞の意味を補う助動詞的な動詞になる。それで納得できました。私は今までどれもひとまとまりの動詞だと思っていました。お恥ずかしい。。 実際はenなど含め使いこなせていないのが現状ですが、これも使って覚えていくしかないのでしょうね。 解答欄で1つ気になる事があるのですが。。 またここで質問をして申し訳ありません。 例題に書いて下さったJe viens de la cherhcer.「~したところだ」ですが、もしlaではなくleになる場合は、duに変わるのでしょうか?それともこの場合は縮約は起きないのでしょうか? 今回も主人に質問をしましたら、なぜか?という事は上手に説明できないようでした。話せると・文法が分かるとは違うでしょうし、話せるレベルにも色々とありますよね。おっしゃるように主人とは会話の勉強にはなると思いますので、家でなるべくフランス語を話すようにしたいと思います。 週末は残念でしたね。ご覧になった映画知りませんでした。アクセントもあまり気にした事がなかったのですが(分からないので)、こうやって説明してもらってから見るともしかしてアクセントの違いが分かるかもしれませんね。試しに是非見てみたいと思います。文化的な違いも面白そうですね。まだフランス語でのテレビや映画は難しいのですが、耳を慣れさせる為にも見ないと(聞かないと)いけませんね。語彙が少ないのが何よりのネックでしょうか。フランス語の道険しそうですが、少しずつやっていけたらなぁと思っています。 回答ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

No.1です。早速のご丁寧なお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。 ご質問1: <もしlaではなくleになる場合は、duに変わるのでしょうか?それともこの場合は縮約は起きないのでしょうか?> 縮約は起きません。理由は以下の通りです。 1.ご質問文のleは定冠詞ではないからです。 (1)de+leがduになるのは、leが定冠詞の場合に限られます。 (2)ご質問文のleは「彼を」という補語人称代名詞なので、代名詞は前置詞deとともに用いられても縮約は起きないのです。 2.venir deのdeは部分冠詞の一部でも、名詞を伴う前置詞でもないからです。 (1)De+leがduになる縮約が起きるのは、ひとつにはdeが部分冠詞として用いられる場合があります。 例: de+le pain=du pain (2)もうひとつは、deが名詞を伴う前置詞として用いられる場合です。 例: le livre du garcon「少年の本」 このdu=le+deのdeは「~の」という所有・所属を表す前置詞になります。 (3)ご質問文のdeは不定法を伴う前置詞で、原形動詞が後続します。venir de le chercherでは、venir de/le chercherで区切れます。 つまりこのleは、de leの並列ではなくchercher le「彼を探す」の直接補語が代名詞の場合は動詞の前に置かれるという規則に則ってle chercherとい並びになったもので、deとleの間には文法上の隔たりがあるのです。従って、de+leという関係にならず、縮約も起こりません。 ご質問2: <Je viens de la cherhcer.「~したところだ」> 1.ご質問にあるje vais la chercherに対する近似過去は、正確には Je viens d’aller la chercher. 「彼女を迎えに行ったところだ」 となりますので、ここで訂正させていただきます。 2.というのは、ご質問文のJe vais la chercher.のvais<allerは近接未来の用法ではないからです。 3.この文は「彼女を迎えに行く」という意味で、aller+不定法は「~しに行く」というallerの本来の意味で使われている用法で、近接未来の用法とは異なります。 4.この文を近接未来にするには、 Je vais aller la chercher. 「彼女を迎えに行くでしょう」 と未来用法のallerを助動詞的に別途添える必要があるのです。 5.その観点からご質問に再度回答すると、aller chercherのallerもまた「~しに行く」という、助動詞的な「意味を持つ」動詞として用いられているため、直接補語となる人称代名詞は本動詞であるchercherの前に置かれることになります。 ご指摘が遅れて失礼しました。 前回のご質問の後思い出したのですが、我家の2件隣に住む年配のご婦人もドイツ人の方でした。ご主人は仏人の裁判官ですがお2人ともとても感じのいい方です。 4月1日はPoisson d’avril「エイプリルフール」だったのはご存知ですか?フランスでは毎年この日、各局の昼夜のニュースの中で、必ず1件は嘘のニュースを流すことになっています。聞いていておかしいと思われるニュースはありませんでしたか? 昨日のある局のニュースでは、前回お話した映画を大成功に導いたプロデューサー兼主演俳優が、北仏の宣伝効果に貢献したとして「北の県の名誉住人」に選ばれ、北仏の代表都市Lilleの広場に彫像が飾られることになった、ともっともらしく報じていました。主演俳優もインタビューに答え「僕の耳は特徴があるから、彫像にするならそこにポイントを置いて欲しい」ともっともらしく答えていましたが、これが「嘘」と見破れるようになれば、立派なフランス人といえるでしょう(笑)。 ニュースなども浴びるように聞いて、耳を慣らしていかれると勉強になると思います。頑張って下さい。 以上ご参考になれば、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご丁寧な回答ありがとうございます。 なるほど、この場合は人称代名詞なので起こらないわけですね。なんとなく縮約が起こらないのかな?と思っておりましたが、説明を受けて納得しました。縮約が起こるのは定冠詞の場合のみ、しっかり覚えるようにします。 3.この文は「彼女を迎えに行く」という意味で、aller+不定法は「~しに行く」というallerの本来の意味で使われている用法で、近接未来の用法とは異なります。 ご指摘ありがとうございます。aller + 動詞なので近接未来と思い込んでおりました!指摘が遅れたなんて、とんでもありません。お陰でまた1つ勘違いが分かりました。あくまでも動詞の前に置くので、leはchercherの前になるのですね。Parismadam様はドイツ人のお知り合いがたくさんいらっしゃるのですね。私はこちらに来てからはドイツ人の方とはまだ知り合っておりません。。近所の方は感じがいい方ばかりなので、とても助かっております。 昨日はエイプリルフールとは知っていましたが、フランス語でPoisson d’avrilという事は知りませんでした。ニュースで嘘ですか。。いつもラジオでrf1を聞いているのですが、全然気付いてませんでした。というより、内容を理解できていないから当たり前なのかもしれませんが。 しかし、そんな手を込んだ楽しい嘘のニュースを流すのですね!私がフランス人のようになれるには道が長いようです(笑) いつもご丁寧にありがとうございます。

関連するQ&A

  • フランス語を教えてください2

    直接・間接目的語人称代名詞は、肯定命令法の場合を除いて動詞の前に置かれる。また、助動詞の前に置かれる。というのはわかります。(Je lui ai téléphoné hier....) しかし、このような場合はどのように考えたらいいのですか? Je voudrais vous dire un mots au sujet de.... Je vais vous téléphoner ce soir. この場合、vouloir と aller は助動詞にはならないのですか? そもそも、フランス語の助動詞の定義はなんですか?具体的にどんなものがあるのですか?教えてください。

  • スペイン語の間接目的格人称代名詞について

    スペイン語の間接目的格人称代名詞について 参考書の例文に、 (1)Roberto escribe una carta a María. (ロベルトはマリアに手紙を書く) (2)Roberto le presta esta novela a Pepe. (ロベルトはぺぺにこの小説を貸してあげる) とあったのですが、なぜ(1)の文章には、escribeの前に la がないのでしょうか? 他にも多くの例文で、動詞の前におく間接目的格人称代名詞があるものとないものがあったりして、混乱しています。 動詞の後に「a+人」を示す語がある場合、動詞の前に置く間接目的格人称代名詞は省略可能なものなのですか?

  • フランス語:enとle・la・lesの使い分けについて

    中性代名詞enは不定冠詞や部分冠詞がついた直接目的語を置き換えます。それと逆に、直接目的語人称代名詞le/la/lesは特定のもの、つまり定冠詞がついた直接目的語を指します。 では以下のような場合はなぜ大丈夫なのでしょうか? (教科書のディアローグにありました) A:Tu l'as trouve, ta voiture? B:J'en ai vu une super, avant-hier. A:Tu vas la prendre? B:Je n'ai pas encore decide... Bが「une super」と言っているのに、 どうしてAは「la prendre」と「la」に置き換えているのでしょうか? ここで「en prendre」とはならないとなんとなくはわかりますが、 文法的な理由はあるのでしょうか? ここでは「その車」という意が会話でわかるので、 「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?

  • スペイン語の目的格人称代名詞がこんがらがってます。

    スペイン語初心者です。 本やネットで独学で学んでますが・・躓いてます。 どなたかわかりやすくご説明いただける方、ご教授ください。 こんがらがったきっかけの文は、 Te presento a mi esposa.「君に僕の妻を紹介する」です。 では「君を僕の妻に紹介する」はどう書けばいいの?と思ったのです。 aが付いてるから「~に」なのかと思っていたら、物じゃなく人の時は「~を」の時もaが付くと本に書いてあったので、人同士の時の目的格人称代名詞がゴチャゴチャになってきてしまいました。 もう一つ分からない文は、 Pedro te me presenta.「ペドロは君に私を紹介する」です。 同じような疑問なんですが、「ペドロは私に君を紹介する」の場合は Pedro me te presenta. でいいのでしょうか? で、そうすると、「ペドロは彼女に私を紹介する」の場合は Pedro la me presenta. となるのでしょうか? 本には目的格人称代名詞の語順は「~に・~を」の順番で、と書いてあったのですが・・。 三人称の時はlo/los/la/lasとle/lesなので何とか分かるんですけど、meやteは同じなので分かりません。 どなたかスペイン語に詳しい方ご返答よろしくお願いします。

  • フランス語での直接目的語の位置

    Le chien traversait la rue. Le chauffeur a freine, mais il n'a pas pu l'eviter. (アクサン記号は省略しています) 2つ目の文中の<eviter>の前にある<l'>は<le chien>を代名詞で受けたものだと思いますが、 この場合、 il ne l'a pas pu eviter. とならないのは何故ですか? <l'>はeviterの直接目的語に当たるから?とも想像しましたが、 複合形の場合、代名詞は助動詞(ここではavoirの活用形a)の前に置くと習いました。 pouvoirがあるから、ややこしいのかな? 分かる方いらっしゃいましたら、お願いします。

  • フランス語で、直接補語が1人称又は2人称の場合に、間接補語には3人称しかとれないのでしょうか?

     QNo.2512202 フランス語で補語人称代名詞を2つ並べる場合の語順について http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2512202.html で質問させていただいた者です。  直接補語が1人称又は2人称の場合に、補語人称代名詞を並べなくても2つ動詞に付属させるにはどうしたらよいか、ということを知りたいと思っています。  フランス語早わかり(猪狩廣志著:三修社)によると、 「直接補語に1・2人称を使うときは、3人称は、間接補語を使えませんので、<a`*強勢形>の形にします。」とあります。  私の理解では、直接補語に1・2人称を使うときは、3人称に限らず全ての人称で、間接補語を使えないと思っていました。(先の質問も、その前提でお聞きしました。)とすると、1人称又は2人称を間接補語みたいににしたいときには、どうすればいいのでしょうか?単純に<a`*強勢形>でいいのでしょうか?(すると、私が読んでいる参考書の記載は、どう理解したらよろしいのでしょうか?)  よろしくお願いします。

  • フランス語教えてください。

    フランス語初心者です。 (1)近接未来と単純未来の違いについて Je vais rentrer a la maison. Je rentrerai a la maison. 近接だから、前者はすぐ近い未来をさすのでしょうか?後者だと、今すぐ!ではなくただ未来というニュアンスですか?? もしそうならば、 Je rentrerai a la maison tout de suite. みたいな文章はおかしいですかね・・? (2)Je les ai forces a se taire.について 私は彼らに黙ることを強いた。という文ですが、この強いるという動詞forcerはなぜ複数形になるのですか? (3)C'est une tarte aux poires.について 簡単な前置詞もよく分かりません。この場合、洋ナシのタルト、で所有だから前置詞はaになるのでしょうか?ですと、 Ou est la bibliotheque de l'ecole? のdeも学校の図書館で所有を現しませんか?? 初心者です・・例文を用いて解説して頂けるとうれしいです。。 (*アクサン等省略しています)

  • フランス語の中性代名詞enが分りません!

    フランス語の中性代名詞のenと目的語人称代名詞の違いがよくわかりません!以下は自分で作った例文なのですが ・Vous achetez des pommes? に対する答えは中性代名詞を用いると、 ・Oui,j'en achete.  になりますよね?(アクサンはつけることができませんでした。)しかしこの場合 ・Oui,je les achete. の様に目的語人称のlesを用いる事はできないのでしょうか?またそれぞれの違いは何でしょうか? enについてよく分かっていないため拙い文章になってしまいましたが回答いただけると幸いです。

  • 人称代名詞

    日本語は少し人称代名詞が多すぎるのでは ないでしょうか? そこで老若男女、カジュアル・フォーマル問わず に使える一人称・二人称、 作るのはどうでしょうか? 我ながら名案だと思うのですが。

  • フランス語で補語人称代名詞を2つ並べる場合の語順について

     フランス語で補語人称代名詞を2つ並べる場合の語順は、間接補語が1人称又は2人称の場合は間接補語・直接補語の順、間接補語が3人称の場合は直接補語・間接補語の順ということのようなのですが、その説明の前提として、「直接補語は常に3人称」とありますが、なぜなのでしょうか?