-PR-
締切済み

あなたがお気に入りの作家の「これがオススメ!」作品は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.39043
  • 閲覧数301
  • ありがとう数45
  • 気になる数0
  • 回答数25
  • コメント数0

お礼率 98% (54/55)

いろんな作家に挑戦したいのですが、まずどれから読めばハズレがないのか
皆さんのご意見をお聞かせください。
初めて読む作家の作品は、知識がない分いつも選びかねて困ります。
またベストセラーや名作ほど、気になりつつもタイミングを逃すと
かえって読み過ごしたままになりがちです。
どうしても読める数に限りがある以上、出来るだけ面白いものを読みたい!
というワガママな質問ですが、よろしくお願いします。

ちなみに私が読んでこれでハマった!という作品例は―

山崎豊子「大地の子」・・・感動・名作・圧巻!
三浦綾子「泥流地帯」「続・泥流地帯」・・・もう涙が止まらない!
篠田節子「夏の厄災」・・・パニック・サスペンスに胸がドキドキ
真保裕一「ホワイトアウト」・・・勇気と正義と愛のドラマ
帚木蓬生「臓器農場」・・・現役の医師が放つサスペンス
宮本輝「優駿」・・・(宮本ファンなのでひとつだけは選びかねるが)どれか勧めるならコレ
宮尾登美子「蔵」・・・ヒロインの生きる姿勢に心打たれる
ジェフリー・アーチャー「ケインとアベル」・・・二人の主人公の生き様に感動!名作です
ディーン・クーンツ「ウォッチャーズ」・・・ホラー(?)だけどきっと涙する
通報する
  • 回答数25
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全25件)

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 16% (68/404)

スー・ハリソンのアリューシャン黙示録シリーズですねー、なんて言っても。
第1部「母なる大地父なる空」上・下
第2部「姉なる月」上・下
第3部「兄なる風」上・下
愛と感動の嵐って感じです。
続編で「ソング・オブ・ザ・リバー」ってのもあるんですが、いまいちでした。

あと、宮城谷昌光の「花の歳月」も捨てがたいです。
涙なくしては読めないです。これが、実話だってのが驚き。

中島らもの「ガダラの豚」もおすすめ。

きりが無いので、このくらいにしておきます。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

スー・ハリソンのお名前は初めて聞くのですが、表題見ただけでもう興味シンシン!です。
宮城谷作品も、涙&実話のうたい文句にヤラれそう・・・(^▽^;
投稿日時 - 2001-02-11 15:08:15
  • 回答No.7

歴史ものに興味がなければ抵抗あるかもしれないんですが、
司馬遼太郎の、「燃えよ剣」、いいです。歴史おんちが読んでもはまる本です。新潮文庫から出てます。
あと、ダニエル・キースの、「アルジャーノンに花束を」は、私もまだ読んでないのですが、まわりで大評判です。ハヤカワミステリ文庫です。お試しあれ。後者はかなり厚いのでがんばってください。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

大家の司馬氏はいつか絶対に挑戦してみます!全くの歴史おんちですが、私でもなんとか読み通せるだろうという期待を込めて。
「アルジャーノン~」は、評判どおり面白く感動的でしたので、まだ読まれていないPeitaさんにオススメ返し(笑)をいたします。ハンカチの用意をお忘れなく!
投稿日時 - 2001-02-11 15:13:52
  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/1)

私がオススメする作家はポール・オースターです。
彼の作品の中でも『ムーン・パレス』は特に面白いです。
ニューヨークで虚無感に包まれて生きる青年が奇妙な仕事を通じて
自分の家系の謎に辿り着く、という不思議なストーリーです。
オースターの作品は新潮文庫から出ています。
映画化された作品も幾つかあるので、小説と映画を合わせて
楽しむこともできますよ。
是非一読をオススメします。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

オースター作品は未読ですが、映画化される小説の原作はやっぱりかなり面白いハズだと思いますので楽しみです。
投稿日時 - 2001-02-11 15:09:19
  • 回答No.14

既出ですが パトリシア・コーンウェルの
検死官シリーズに一票入れたいです。
特に初期の2作品は最後まで展開が読めず衝撃的でした。

あと、全く的外れかもしれませんが、山本周五郎の作品がオススメです。
主に時代小説なんですが、良いストーリーに時代とかは関係ないですよね。
作品としては「さぶ」「長い坂」等が僕は好きです。

以上の作品は、自分自身が人にすすめられた本です。
僕は、もともと読書するようなタイプではないと自覚しているのですが
そんな人間さえ、ハマってしまいました。ってな作品です。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

直木賞とか山本周五郎賞など文学賞受賞作品と聞くと、私はとたんに興味を持つのですが・・・
ハッ!Σ( ̄□ ̄; 考えてみれば肝心の山本氏らの作品はこれまで読んでいないゾ(恥)
情緒のある時代もの、あるいは商売ものや芸人ものなども好きな分野なので是非読んでみたいと思います。
投稿日時 - 2001-02-12 11:19:15
  • 回答No.8
レベル13

ベストアンサー率 46% (402/864)

サスペンスとかでなく、感動路線というか…ちょっと分類
難しいんですが、いわゆる名作で。

パール・バックの「大地」
中国の文化や歴史、国民性に興味を持てないと多少わかり
にくいものがありますが、私は小学生の時に読んで以来
好きです(小中学生向きの名作文学にも入っているくらい
ですから、難解ではありません…というと誤解されるかも
しれないけれど大人向けのはちゃんと大人向けですよ)。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

あの有名な名作「大地」が難解ではないと聞いてホッとしました。外国文化にはうとい私ですが、よぉ~し、父親が昔読んでいた蔵書(数は少ない^^)の中にあるかもしれないので探してみます。
投稿日時 - 2001-02-11 15:15:27
  • 回答No.9
レベル8

ベストアンサー率 8% (2/25)

ミステリー・サスペンスから・・・

パトリシア・コーンウェル 講談社文庫
 検死官ケイ シリーズ
    
  検死官  遺留品  証拠死体  真犯人  死体農場 etc・・・

続き物ではありませんが、出た順番に読んでいくことをお薦めします。
普通の刑事モノや探偵モノではなく“死体”からの情報で事件が解決に導かれていくので、新鮮でもありますしドキドキ感はかなり高いデス(笑)
内容的には、奇怪な殺人事件から始まって・・・と言うようなモノが多いです。
読んでいる内にいつの間にか朝になってしまうほど、のめり込んで読みふけってしまいます(^▽^笑)
 
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

困るなぁ~、思わず夜更かししてしまうような本を紹介してもらっちゃあ(ウソ)
同じミステリーでも、急展開のありそうな検死モノってすごくおもしろそうですね。
投稿日時 - 2001-02-11 15:18:34
  • 回答No.18
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/4)

私の好きなお話、もうほとんど他の方が書いてますね。
宮部みゆき、筒井康隆、中島らも、新井素子とか。
でもまだ小野不由美は出てなかったんで。
十二国記シリーズ、とってもおもしろいです。
はじめの一冊目があまりおもしろくないんですが、二冊目からはとてもおもしろいです。
「月の影 影の海」
「風の海 迷宮の岸」
「東の海神 西の滄海」
などです。ファンタジーです。

貴志祐介は、私は「クリムゾンの迷宮」の方が好きです。

仮に一週間に二冊本を読むとして、一年は約50週間あるから、100冊。
80歳まで生きるとして、あとだいたい60年。
一生にあと読める本って、たった6000冊。
一週間に3冊読むとしても9000冊。
だから、自分にとって、大切でおもしろいと思える本を読みたいと、いつも思います。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

え!そ、そんなに早く読めるんですかっ? 私は読むのが遅いので年間通してもたいした冊数いきません(^^ゞ
小野不由美氏は未読ですが気になっていた作家ですので、是非読みたいと思います。
そういえば小野氏の「屍鬼」は図書館にもあるのですが、前に借りた人がお茶でもこぼしたのか、その上巻はちょっとイイ感じの色に染まり、乾いたあとのページの歪みで、ただでさえゴツイ本が1.5倍くらい膨らんで妙に迫力があってコワいのです・・・((((( ̄∀ ̄;)ヒィィィ でもいつ見ても貸出中の人気作品です(笑)
投稿日時 - 2001-02-12 23:42:08
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 42% (118/276)

読んではまった、という一覧からすると浅田次郎さんの作品なんて
いかがでしょうか。出されているもののホトンドが感動できる作品ですよ。
映画化された鉄道員(ぽっぽや)やLoveLetterの原作者の方です。

あとは、一覧からはまったく違ったジャンルという意味では
筒井康隆さんの作品をお勧めします。たくさん出ているので
どれ、とは言えませんがショート・ショートの作品であれば
どれもハズレはありません。ドタバタのSFです。
たぶん読まれたことない分野かと思いますので(一覧からみた感じ)
お試し下さい!
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

エヘヘ、「鉄道員」は読まずに私の本棚にちゃ~んと取ってあります。
ヘ(_ _ヘ)☆\( ̄∀ ̄*)ハヤクヨメ! 泣きのツボをつく作家なので、いつか心が疲れた時や優しい気持ちになりたい時に読む用にキープしてます。
ギク、筒井氏未読なのはまんまと見抜かれちゃいましたね(^^ゞ 是非試してみます。
投稿日時 - 2001-02-11 15:06:34
  • 回答No.19
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/1)

私がお勧めする本は、
・心臓を貫かれて マイケル・ギルモア 村上春樹訳 文春文庫
これは兄が犯罪者であった著者の回想記ですが、村上春樹氏の訳もよく、本にいつのまにか引きこまれてしまう力があります。
・マルテの手記 リルケ
・泥棒日記 ジャンジュネ
・憂国 三島由紀夫
・沈黙 遠藤周作
・堕落論 坂口安吾
・異邦人 カミュ
・囚人狂時代 見沢知廉
等です。最近の本もおもしろいですが、古典的な本も色々考えさせてくれます。たとえば、太宰治が現代人も驚くような破天荒な生活をしていたように・・・・
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

『古典的な本も色々考えさせてくれます』―ナルホド、そのとおりだと思います。
はるか昔、私の父親が文学青年(!)だった頃、カミュの「異邦人」を夢中になって何度も何度も繰り返し読んだと聞きました。母親は三島由紀夫の小説のみならずその劇的な生涯にも魅了された、と・・・そういう作品をオススメされるなんて、いいものは時代を超えるとはまさにこのことですね!
投稿日時 - 2001-02-15 07:39:08
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 23% (101/435)

江戸川乱歩の「少年探偵団(怪盗二十面相)」シリーズはどうでしょう?昔から好きで、今改めて読み直しているのですが、おもしろいですよ。(同じような失敗ばっかりしてたりして・・・こいつらには学習能力があるのかしらってな感じで笑いまわっています。よければどうぞ。
お礼コメント
kunotaro10

お礼率 98% (54/55)

江戸川乱歩! あまりにも有名すぎて今まで手にとったことがなかったのですが是非読んでみたいと思います。
探偵団たちがおバカっぽいらしいところは妙にソソられます(笑)
投稿日時 - 2001-02-11 15:03:20
25件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ